バス釣りアパレルTシャツ
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

クロー系ワームで使いたい5つのリグ!

クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

ザリガニを模したワームの「クロ―系ワーム」は、ずっと昔から常に人気のあるワームのひとつです。その理由のひとつに、さまざまなリグで使えるということがあるのですが、実際にクロー系ワームで釣れるリグ5つを紹介します。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”The 5 Best Ways to Rig a Soft Plastic Crawfish for Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:lurenet.com”The 5 Best Ways to Rig a Soft Plastic Crawfish for Bass”By Alan Clemons Sep 9, 2022

昔から常に人気の割るワームのひとつ、クロー系ワーム。

ご存知の通り、ザリガニを模したルアーですよね。

なぜザリガニ系ワームが人気なのかと言えば、バスがザリガニを良く食べているからでしょう。

しかし、それだけではありません。

クロー系ワームが人気なのは、さまざまなリグで効果的にバスを釣ることができるからということもあると思います。

クロ―ワームにはさまざまな形状、サイズ、カラーがあるため、あらゆるフィールド、あらゆるレンジ、あらゆる水質、あらゆるコンディションに対応するバーサタイル性があることが人気なのではないでしょうか。

しかし、一方で、その多種多様な使い方を知らなければ、効果的にバスを釣ることができないとも言えてしまいます。

ここで、あらためて、クロー系ワームに効果的な5つのリグについて学んでみましょう。

この記事は、アメリカのルアー通販店「LURE NET」のブログ記事で、ライターのアラン・クレモンズ氏が、クロー系ワームの効果的なリグ5つを解説してくれています。

どのフィールドでも必ず使うクロー系ワームですから、ぜひ最後まで読んでみてください。

テキサスリグ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Spawned decades ago in, of course, Texas for big bass, this simple fish-catching technique never will go out of style. Why? Because it’s effective in shallow or deep water throughout much of the year, is effective around cover and allows for natural presentations. Even in early and late winter on Southern impoundments, with a bright sunny day and some shoreline or woody cover you could pick up a bass or two lurking amid the mess. I fished one December day on Wheeler Lake in north Alabama with a guide who was throwing a swim jig while I plunked a Texas rig in holes. Temps were chilly and we were bundled up, but we caught fish. The Texas rig involves four components: your line, a weight, a hook and the craw. Run the sinker on the line, tie on the hook, thread on the craw and go fish. One tip that can help is to use a rubber bobber stop, or the tip of a toothpick if you’re old school, to keep the sinker, hook and craw together. The weight should be chosen based on how fast or slow you want the craw to fall. A common size is 3/8 or ½ ounce, but pick as needed depending on current, depth and cover. Flip and pitch around woody cover, rocks, docks, boathouses or vegetation or drag offshore on hard bottom.
クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

この数十年前にビッグバスを釣るためにテキサスで生まれたシンプルなテクニックは、決して時代遅れになることはありません。なぜでしょうか?シャローでもディープでもシーズンを通して効果を発揮し、カバー周りでも効果を発揮し、自然なプレゼンテーションを可能にするからです。

アメリカ南部のリザーバーでは、冬になっても、明るく晴れた日の湖岸線にウッドカバーがあれば、その中に潜んでいるバスの1本2本は釣ることができます。 12月のある日、アラバマ州北部のウィーラー湖でガイドと一緒に釣りをしました。ガイドはスイムジグを投げていましたが、私はテキサスリグをカバーに投げ込みました。気温は肌寒く、身がかじかむほどでしたが、バスは釣れました。

テキサスリグは、ライン、シンカー、フック、クローワームの4つで構成されます。シンカーをラインに通し、フックを結び、クローワームを付けて釣りをします。役立つヒントの1つとして、シンカーとフック&ワームの一体感を保つために、ゴム製のシンカーストッパーを使用することです。シンカーの重さは、リグのフォールスピードに基づいて選ぶ必要があります。一般的なサイズは 3/8ozまたは 1/2ozですが、流れ、深さ、カバーに応じて必要に応じて選択してください。

ウッドカバー、岩、桟橋、ボートハウス、ウィード周りをフリッピングやピッチングで狙うか、沖のハードボトムでズル引きします。

パンチングリグ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
The punch rig is aptly named because it can deliver a smashing jab or uppercut. The rig setup is identical to the Texas Rig setup: line, weight, hook and craw. The difference is that the punch rig uses a notably heavier weight designed to punch through thicker vegetation. How thick? Think about the acres of matted vegetation at Guntersville, Okeechobee, Seminole or lakes with hydrilla, eelgrass, primrose, hyacinth and other vegetation. It may be several inches thick and require something heavy to get through to bass chillin’ out underneath. A 1-ounce weight is a good starting point. Add another half or even use 2 ounces to get the job done. A pointed weight helps the rig punch through, and a rubber bobber stop above the weight is a must. You may opt against pegging the classic Texas rig, but it’s critical with the punch rig to keep everything together. You don’t want the weight and craw separating in the thick slop. For more visual appeal, some anglers add a punch skirt between the weight and hooked craw. And while smaller craws may work, you can’t go wrong with a big one while using this rig. Some Florida anglers for years have used a heavy weight and slim 3-inch craw, while others opt for the big meal. Have both rigged up to see which works best.
クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

パンチングリグは、ボクシングのパンチをイメージさせるにふさわしい名前だと思います。リグのセッティングはテキサスリグと同じです( ライン、シンカー、フック、ワーム)。違いは、パンチングリグは、より厚いウィードマットを突き抜けるための非常に重いシンカーを使用することです。どれくらいの厚さのウィードマットか?ガンターズビル、オキチョビー、セミノールなどのカナダ藻やホテイアオイなどの植物が生い茂るビッグレイクのウィードマットをイメージしてみてください。数センチの厚さがあり、その下には低水温を必要とするバスがいると考えられます。

まずは1オンスのシンカーから始めてみます。だめなら1.5オンスから2オンスにして、マットを突き破ってください。先端がとがっているシンカーは、リグがマットを突き抜けるのに役立ち、シンカーにはペグ留めストッパーが必要です。普通のテキサスリグのようにペグなしでもできますが、パンチングリグはすべてが一体化していることが重要です。厚いウィードに邪魔されてシンカーとワームが離れてしまうのは望ましくありません。

見た目をより魅力的にするために、アングラーによってはシンカーとワームの間にラバースカートを追加します。このリグで釣るときは小さめのワームを使うことが多くなりますが、大きなクローワームでも失敗することはありません。フロリダの釣り人の中には、何年もの間、高比重でスリムな 3インチのクローを使用してきた人もいれば、バルキーなワームを選ぶ人もいます。両方を使ってみて、どちらが良いかを確認してください。

キャロライナリグ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
When things get tough in summer, the bass playbook says to break out the Carolina rig to catch a limit. It’s not just a limit rig or something to use as a Hail Mary, though. The Carolina rig is highly effective to catch fish that are suspended on offshore cover or structure. Thanks to its subtle presentation, it helps keep schools together, unlike a big crankbait, football jig or flutter spoon, which can scatter the school. The setup involves a two-way barrel swivel, weight, leader, beads or clackers, hook and craw. In clear water you want the leader to be at least 18- to 24 inches long, and possibly 3 to 4 feet if you’re in deep, clear water like Lake Lanier, Martin or Norman. Here’s the old school method to rig it: Slide a 3/4- or 1-ounce brass or lead bullet sinker on the main line, then a flat brass clacker and glass bead, and tie that to one loop on the barrel swivel. Then tie your leader to the other loop of the swivel, with the hook and craw. The clacker and glass bead serve two purposes: to make a click-clack noise, and to protect the knot from banging against the sinker. A craw adds a solid twist from the oft-used 7-inch worm or finesse worm. A bass seeing a craw twitching-dancing-skittering along just off the bottom likely won’t ignore it.

夏、釣りがタフになったらキャロライナリグにして釣ると良いと、バス釣りの入門書には書かれていました。ただし、これは単なる数釣りなどに使われるものではありません。キャロライナリグは、沖のカバーやストラクチャーにサスペンドしているバスを釣るのに非常に効果的です。その絶妙なプレゼンテーションのおかげで、群れを散らしてしまう恐れのあるディープクランク、フットボールジグ、メタルジグなどとは異なり、バスを集めるのに役立ちます。

セッッティングは、スイベル、シンカー、リーダー、ビーズ、フック、ワームで構成されます。クリアウォーターならリーダーの長さは少なくとも45~60センチ、ラニア湖、マーティン、ノーマンのようなディープのクリアウォーターなら1~1.2メートル必要です。

このリグの昔からの使い方は次のとおりです。3/4オンスから1オンスのブラスシンカーまたは鉛のバレットシンカーをメインラインに通し、次に真鍮またはガラスビーズを通し、スイベルの片方に結びます。次にリーダをスイベルのもう片方の穴に結び、フックを結び、ワームを付けます。ガラスビーズは、カチッカチッという音を立てることと、結び目がシンカーにぶつからないようにすることの2つの目的があります。

クローは、よく使われるロングワームやフィネスな釣りに対してンパクトがあります。ボトム付近でトゥイッチし、踊ったり跳ねたりするクローを見たバスは無視できないでしょう。

ジグヘッドリグ

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
This is an easy rig to fish in small waters or while wading creeks, or for targeting spawning bass if you have a clear presentation. It’s a no-frills, no-nonsense setup with great upside and minimal downside. The upside? You can fish smaller baits, which is great on creeks and in ponds with smaller fish. A good example is the Buffalo River in Arkansas, which winds through the Ozark Mountains and has a fun population of smallmouth bass. A 3-inch craw on a 1/8- or 1/4-ounce jighead offers fantastic realism with no muss. All the fish see is a craw making its way across the rocky or sandy bottom. I’ve fished this on small creeks in Alabama and Kentucky, too. It’s simple to pack a dozen or so jigheads in an old pill bottle, stash a pack or two of craws in my shirt pockets and go fish. You can upsize the weight of the jighead for deeper or swifter water, if need be. I’ve thrown 1/2-ounce and 3/4-ounce jigheads with craws for bedding smallmouth on the Niagara River in New York. Rig the craw on the jighead one of two ways: weedless, like a Texas rig, with the hook point buried in the craw’s body, or with an open hook if you’re not around snaggy cover.
クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

これは、小さなフィールドで釣りをしたり、クリアウォーターでスポーニング中のバスをターゲットにするのに向いているリグです。これは意外とメリットが大きく、デメリットが少ない、よく釣れるリグです。

メリットはなんでしょうか?スモールマウスバスがいる小さなフィールドで使うような、小さめのワームに向いています。良い例は、アーカンソー州のバッファロー川です。この川は曲がりくねってオザーク山脈を通り抜け、スモールマウスバスがたくさん生息しています。 1/8オンスまたは1/4オンスのジグヘッドに3インチのクローを装着すると、無駄のない素晴らしいリアリティを得られます。バスが探しているのは、岩や砂の底をはっているザリガニだけです。アラバマ州とケンタッキー州の小さなクリークでもこれで釣りました。

適当な入れ物に十数個のジグヘッドを詰め込み、シャツのポケットに1~2本のクロ―ワームを入れて行ける簡単なリグです。必要に応じてジグヘッドを重くし、ディープや速い流れに対応します。私は、ニューヨークのナイアガラリバーでスモールマウスのべいっどに 1/2オンスや3/4オンスのジグヘッドリグを投げていました。

リグの方法は2通りあります。フックポイントをクローワームのボディに埋め込みテキサスリグのようにウィードレス仕様にするか、根がかりそうなカバーが周りにない場合は、オープンジグヘッドを使用します。

ラバージグのトレーラー

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Jigs are workhorses, doing everything from swimming at high speed to wriggling just under the surface, to plodding along on bottom and dropping in around trees, brush, docks or vegetation like a little surprise. Options are many, but the jig is virtually useless without a trailer. Adding a soft plastic craw to a jig is like having fried chicken at a Sunday lunch. They just go together. The rigging part is simple. Slide the craw on the jig hook and snug it on the shank against the skirt. Some jigs have notched or wire trailer keepers. For those without, add a small dab of Super Glue before snugging it against the skirt and head. It’ll hold. The key with jigs and trailers is two-fold. First, you need to match them so the combo resembles something a bass wants to eat. Black-and-blue is standard as a bluegill or dark craw. Ditto for a camo skirt with green pumpkin craw to mimic a crayfish or bluegill. White/black skirt with a white (or pearl) craw works if you’re swimming the jig to mimic shad. A bass won’t look at a white jig and trailer and think, “There’s no such thing as a white crayfish. I shan’t touch that.” If it’s white and chattering by them, chances are they’ll smoke it. The other factor is to use the right size craw. With a 1/2-ounce jig, you’re fine with a 3- or 3.5-inch craw. If you put a giant craw on a small jig, it’s not going to work well. A big 4-inch (or bigger) craw on a 1-ounce jig, for example, looks logical. A 4-inch craw on a 1/8-ounce finesse jig is too much. Match the hatch, in color and size, for better success.
クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

ラバージグは主力ルアーであり、高速スイミングで水面直下を通す、ボトムをゆっくりと這わせる、オダ、レイダウン、桟橋、ウィード周りなどでもリフト&フォールなど、あらゆることができます。ただし、やれることはたくさんありますが、ラバージグはトレーラーなしではほとんど役に立ちません。ラバージグでクローワームをトレーラーにすることは、クリスマスにフライドチキンを食べるようなものです。もはやワンセットと言ってもいいのです。

リグはシンプルです。クローワームをラバージグのフックに通し、フックシャンクの付け根のスカートにぴったりとくっつけます。ラバージグによっては、なんらかのトレーラーキーパーが付いています。トレーラーキーパーがない場合は、ヘッド部分のスカートに密着させる前に、少量の瞬間接着剤を付け、少しの時間持ちます。

ラバージグとトレーラーの鍵は2つあります。まず、その組み合わせがバスが食べているものに一致させる必要があります。ブラックアンドブルーは、ブルーギルまたは暗めのザリガニカラーとして標準的です。他にザリガニやブルーギルを模したものとして、グリーンパンプキンのクローワームとカモフラスカートもあります。ベイトフィッシュを模倣するためにスイミングジグとして使う場合は、ホワイト(またはパール)カラーのクローワームが付いた白/黒のスカートのものが有効です。バスは白いジグやトレーラーを見て「白いザリガニなんているわけがない。こんなのにだまされるものか」なんて考えません。白いものがチラチラしているだけで、バスはバイトする可能性があります。

もう1つの要因は、適切なサイズのクローワームを使用することです。 1/2オンスのラバージグなら、3インチから3.5インチのクローワームで問題ありません。小さなラバージグに巨大なクローワームを付けると上手くいきません。たとえば、1オンスのジグに 4インチ以上の大きなクローを乗せるのは良いと思いますが、1/8オンスのフィネスジグに4インチのクローは大きすぎます。より釣るためには、マッチザベイトを意識してください。

クロ―ワーム・リグ
Photo by Lurenet.com

クロ―ワームを効果的に扱うリグは、テキサスリグ、パンチング、キャロライナリグ、ジグヘッド、ラバージグトレーラーということでしたね。

まさにどれも基本中の基本のリグがクロー系ワームを有効にしてくれるのですから、覚えておかなければなりませんね。

もう少し細かい話になりますと、それぞれのリグに向いているクロ―ワームというものもあるんですよね。

たとえば脚や触覚などのパーツが少ない方がパンチングには向いているとか、爪がバタバタと強い動きをするのであれば、重いシンカーを使うリグに向いているとか、薄い爪のパーツのものはスイミングで使う、などなどです。

もちろんその使い方については絶対的なものではありませんので、個人が自由に使って良いと思います。

重要なのはこの記事に書かれていた通り、マッチザベイトではないでしょうか。

ザリガニがいて、バスがザリガニを食べているようであれば、ぜひこのクロ―ワームを使ってバスを釣ってみましょう。

また、そのフィールドでよく使われているワームがストレート系やフィネス系のワームが多い場合も、見た目やインパクトが違うクロー系ワームが爆発する可能性もあるのではないかと思います。

これは私だけかもしれませんが、クロー系ワームで釣るとちょっと嬉しいんですよね(笑)

みなさんはどうでしょうか?

それではまた。

毎度ありがとうございます!