秋のラージマウス&スモールマウスバスを釣る

      2018/10/30

スポンサーリンク

Photo by northernontario.travel

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”WHAT YOU NEED TO KNOW ABOUT FISHING LARGE AND SMALLMOUTH BASS IN THE FALL”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:northernontario.travel”WHAT YOU NEED TO KNOW ABOUT FISHING LARGE AND SMALLMOUTH BASS IN THE FALL”By Kevin King SEPTEMBER 19, 2017(海外サイトです)

 

秋のアウトドアライフ、皆さんは楽しんでおられますでしょうか。

釣りはもちろん、アウトドアアクティビティの代表的なもののひとつになりますが、その他のアウトドアアクティビティにも、シーズンというものがあります。

屋外で活動することですから、(その人にとって)快適でなければならないと思います。苦しい思いをしてまでやるようなことではありませんよね。

そういう意味では、バス釣りは冬がオフシーズンとなります。気温も寒くなり、バスの活性も下がる冬にわざわざ辛い思いをしてまでバスを釣ろうとする必要はないと思います。となると、多くの方は秋が来るとオフシーズンのことを考え始めるでしょうか。

実際、秋はそれまで賑わっていた湖上のボートが一気に台数を減らす時期になります。バス釣りはいったん止めて、冬が近づくと面白くなる魚を釣ることに移行するのもいいですし、スキーやスノーボードなどの準備に取り掛かるのもいいですし、冬山登山の準備をされる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、バス釣りを続ける方もいらっしゃいます。

冬は寒くて好きじゃない、だから秋は来ないでほしいと思ってらっしゃる方はたくさんいると思います。私もそうです。なのに、バス釣りのオフシーズンがないという。それはなぜかといいますと、釣りづらくなる中で釣る1本に魅力を感じているか、秋や冬の魚のクオリティに魅せられてしまっている方々でしょう。

この記事は、カナダの食とアウトドアの専門メディア「Northern Ontario.travel」の記事で、記者のケビン・キング氏が、秋のラージマウス、スモールマウスを釣るための基本的なことが書かれています。

釣りのヒントというよりも、ハイクオリティな秋の魚の写真が多く掲載され、釣りに行きたくなる記事です(笑)

ぜひ読んでみてください。

 

秋のラージ&スモールを釣るうえで知っておきたいこと

When temperatures start to drop and the leaves begin to change, most people are thinking about putting their boats away. When it comes to the fall, that’s the last thing I am thinking about. This time of year is when you have the best chance of catching a fish of a lifetime. A time I look forward to all year. Not to mention that not only can you catch a true giant, but you can catch them in great numbers.

気温が下がり始め、葉の色が変化し始めると、多くのアングラーはボートを片付けることを考え始めます。 それは秋を迎えた私にとっては最も考えたくないことです。 この時期は、記念となりうる魚をキャッチする絶好のチャンスの時です。 私は一年を通して一番楽しみにしています。 本当のジャイアントバスをキャッチできるだけでなく、そんなバスばかりをキャッチすることができることは言うまでもありません。

Photo by northernontario.travel

Chasing largemouth and smallmouth bass in the fall starts with knowing about their movements throughout the year and prime locations where they will winter during the ice season. Whether you are chasing smallmouth or largemouth, the difference in migration patterns are significant.

秋にラージマウスやスモールマウスバスを追うということは、年間を通しての彼らの動きと、冬季の主な居場所を知ることから始まります。 スモールマウスかラージマウスかに関わらず、移行パターンの違いを知ることが重要です。

Photo by northernontario.travel

Photo by northernontario.travel

Largemouth that primarily use shallow water and hang around heavily vegetated areas will group up and vacate to primary points on the main lake, or the deepest weedlines when rock is not abundant. They like to school together on points with rocky, hard-bottomed structure where bait will tend to always be feeding through. You can also still find largemouth shallow throughout the fall following bait and hanging on the last green areas they can find, but this tends to be on shallower lakes where shallow vegetation is prominent.

主にシャローに多く生息し、濃いベジテーションエリアまわりにつくラージマウスは、岩場があまりないようなフィールドでは、メインレイクの主要な岬や、最も深いところにあるウィードエッジに移動します。 彼らは岩場の岬やハードボトムの地形変化を好むベイトとともに群れを成し、常に捕食を繰り返しています。 また、秋にベイトを追ってまだシャローに残るウィードエリアに付くバスを見つける可能性もありますが、それは水深の浅い湖でシャローのウィードがかなり濃い湖である傾向があります。

Photo by northernontario.travel

Smallmouth bass on the other hand always seem to move to the deepest offshore structures they can find, like rock piles and shoals.

一方、スモールマウスバスは、常にロックパイルやサンドバーのような、彼らが居られる限り最も深い沖の地形変化に移動しているようです。

Photo by northernontario.travel

In early to mid-fall, you can use much more aggressive and reaction-style baits, as their strike zones are much larger and they will still chase a bait a good distance. Late fall is a time when you have to slow down and use baits that can stay in the strike zone a lot longer, as they will barely move to hit a bait. Earlier in fall, good bait selections include spinnerbaits, crankbaits, and lipless crankbaits. Later in fall, it's all about bottom baits like jigs, tubes, and drop-shot style baits.

初秋から秋にかけて、スモールのストライクゾーンはかなり広く、またルアーを長い距離を追いかけてくるため、よりアグレッシブにリアクション系のルアーを使用することができます。 晩秋になると、ルアーを喰うためにほとんど移動しなくなるので、ストライクゾーンに長く滞在できるルアーをスローダウンして使用する必要が出てきます。 初秋のころは、スピナーベイト、クランクベイト、バイブレーションなどがいいルアー選択となります。 その後、秋が深まるにつれ、ジグ、チューブ、ダウンショットなどのボトム系のルアーが良くなるでしょう。

Photo by northernontario.travel

 

Photo by northernontario.travel

When it comes to fall here in Algoma Country, this is the time be in your boat, enjoying the beautiful scenery along with the best fishing of the year. Dress appropriately and be sure to bring the camera, because you don't want to miss out on capturing your best view or moment of the season.

ここ(カナダの)アルゴマ・カントリーの秋に関しては、今年一番の釣りと最高に美しい景色を楽しむことができます。 ベストシーズンの瞬間を捉えるのを逃したくない方は、ちゃんとした防寒対策をしてカメラを忘れずに持って来てください。

Photo by northernontario.travel


 

いかがでしたか。カナダのアルゴマ地方というのはグレートレイク(五大湖)に隣接する、オンタリオ州北部にある地方行政区のことで、ナイアガラの滝よりもさらに北へ500㎞から900㎞あたりまでの範囲にあるかなり自然豊かな地方のようです。

こんな話をしていいのかわかりませんが、よくアメリカのゾンビ映画を見ていると、全世界がゾンビに感染しているのに、カナダは感染されてなくて安全地帯になっている設定のものが多いような気がします。

これは、アメリカ側から見てカナダというのは身近で自然が美しく、悪を寄せ付けない汚れのない土地であるという感覚があるからではないかと思います。

アメリカも充分美しい国だと思いますが、それにしても私の勝手な推測でしかもなんの役にも立たない情報ですみません(笑)

カナダは私にとって一度は釣りで訪れたい国のひとつです。

 

さて、この記事をここまで読まれているということは秋や冬になってもバス釣りをやめない方である可能性は高いわけですが、この記事にもある通り、まずは防寒着やライフジャケットなどの点検をして、厳しい季節に備えていただきたいと思います。

野尻湖や木崎湖は当然のように気温ひと桁台に突入してきますので、防寒対策をしないと、どんなに釣りが上手でも釣りになりません。

落水した時も夏場の比ではないくらい危険度が増すと思いますので、そのあたりをしっかり準備していきましょうね。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, ラージマウスバス, スモールマウスバス, ポイントについて

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status