水野浩聡プロが教える「スモールマウス的デラクーの使い方」

2019年5月4日

気になるテーマでブログ内を検索!

水野浩聡プロが教える「スモールマウス的デラクーの使い方」

こんにちは!店長の小山です!

本日はキープキャスト2017で水野浩聡プロが当店のカメラに語っていただいた内容をお伝えしたいと思います!

水野浩聡プロと言えば、実は木崎湖にあるレンタルボート屋さん「モダンボート」さんの広報部長を務めるなど、かなりのスモールマウスバス好きなんですよね。

最近のジャッカルのヒットルアーであるデラシリーズは小さめのサイズ展開なルアーですが、どんなバスでもとりあえず釣るための小ささなのではなくて、きっとスモールマウスバスを相手にしたときのデータが水野さんの頭の中にあって、これでデカいスモールが釣れるっていう確信があってのサイズ展開なのだと思います。すみません、私が勝手にそう思っているだけですが(笑)

私自身、野尻湖のオカッパリでデラクーを使い、40アップが3投連続ヒットしたことがあったりと、かなりの信頼を持ったルアーなのですが、今回、水野プロ自らその使い方を解説してくださいました。

それでは動画をご覧ください。

 

最後に野尻湖釣具店の宣伝までしていただいてありがとうございます!

 

 気になるところだけ読んでもOKです 

水野浩聡プロのアドバイスまとめ

動画の水野浩聡プロの解説をまとめると、

  • ディープでも1/4オンスを使う(6m~8m、時には10mも)
  • サンドバー、岬の張り出しなどのフラットエリア
  • ディープでリフト&フォールで使う
  • ワームで釣れる時はワームで釣る
  • 晴天無風、場荒れ、魚がスレた、などワームでも騙しきれない時に使う

こういった感じでしょうか。

1/4オンスでも結構フォールスピードが速いので、やっぱりリアクションで食ってくるパターンになるんでしょうか。

スモールマウスバス相手だと、ワームが通用しなかった時の潰しが効かない場合が多いんですよね。そんな時にこういうルアーがあるとシャローからディープまで使えますし、巻きでもリフト&フォールでも使えるので非常にありがたい存在なんじゃないかと思います。

 

ぜひワームで釣れない時のデラクーをお試しください!

水野プロ、忙しい中お時間を割いていただいてありがとうございました。

 

JACKALL デラクーの売場へ行く

 

 

それでは、また。

当ブログをご覧の皆様へ
 当店のブログは「釣りに行きましょう!」という主旨のものが多くなっておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大が進んでしまっている現在、これを防ぐには外出を自粛することも同時に求められています。
 個人的には皆さまが楽しく釣りをしてほしいのと同じくらい、安全であってほしいと願っております。どうかお出かけの際は、社会的距離を保てる方、出掛けられる状況の方、3密の状況を避けることができる方など、各自で適切なご判断をされますようお願いいたします。
 言うまでもなく、すべてクリアできるようであれば、正しく釣りを楽しみましょう。