木崎湖でバス釣り:2018.7.8 (イガジグスピン)

   

スポンサーリンク

 

こんにちは!店長の小山です!

本日は2018年7月8日に行きました木崎湖の様子をお伝えいたします。

 

この日はデプスカップ

なぜこの日に木崎湖へ行ったかといいますと、この日はモダンボートさんと星湖亭さんの共同開催のデプスカップという大会だったのです。もともと私は大会だとか他の方と競い合うような柄ではないのですが、野尻湖の大会に出た時に釣り人の輪が広がったといいますか、そういう交流のような感じが楽しかったので、木﨑湖の大会も出てみることにしたのでした。

さてこの日、朝イチは雨で、先日の桧原湖同様、動画が撮れないとなるとなんだかもったいないような気になってしまうところでしたが、このくらいの雨なら何とかなりそうかな、という感じ。

受付後、朝のミーティングが行われました

ゲスト参加としてデプスの前田純プロが参戦されました

朝からとても面白いトークで、緊張していた私でしたが、和むことができました。

そしてスタート。

数日間続いた雨のおかげで湖は増水、濁りもややある状態です。

先週撮影した木﨑湖の水中映像が頭の中に残っていたため、私の好きな農具川の沖へ向かい、あの日ワカサギが多かった6メートルレンジを見てみると、まだまだ大量のワカサギがいることが分かりました。

ワカサギが濃すぎて、魚探が水深を間違えるほどです。

どうやらここのワカサギは動かないんだなということが分かったので、今日はここでずっと粘ることに決めました。

それでは動画の方をご覧ください。

 

いかがでしたか。

画面だとあまり感じないかもしれませんが、本当にボートとボートの距離が近かったんです…。顔なじみの方も多かったので距離が近いこと自体はそれほど苦にはなりませんでしたが、キャストの方向や距離が制限されてしまうのは我慢するしかありません。

それでも、みなさん気を使ってくれる方ばかりだったので、気持ちよく釣りはできました。

ひとまずこれほどの船団の中でも釣ることができたのが自分としては収穫でした。良かったです。

ライブウェルの魚が元気なことを確認して、帰着です。

 



大会を終えて

この大会の参加者が全部で48名、うちウエイインが33名という中で、2本で1430グラムで11位という、自分としては充分な順位で終えることができました。ありがとうございます。

優勝された方は3本で2500グラム以上でした。スモールマウスでこの差は大きいです。やっぱり釣る方は釣ってくるんですね。

その後表彰式があり、豪華な賞品がみなさんに渡されていきました。

私がいただいたのはデプスのロゴの入ったパラソルでした。

巨大ですね…!

これは順位とか関係なく、早い者勝ちでもらえるやつです(笑)

これはモダンボートさんに寄付して使っていただこうと思います。

 

今回、ありがたいことに多くの方に声をかけていただきました。当店のブログや動画を見ていただいている方がこうして同じ大会に出ているというのがなんだか不思議な感じがしますし、私のような人物の動画でも参考にされるなんて、やはりみなさん本当に熱心で、お好きなんだなあと思いました。

中には、先週の木崎湖水中動画を見て「あの動画のおかげでワカサギの周りにバスはいるということを信じて釣ることができました!」という風に言ってくださる方もいらっしゃって、私の動画が少しでも役に立っていることを実感できたのが、本当にうれしかったです。

声をかけていただいた方の中には実際に当店でお買い物をしていただいた方も多かったのですが、そう言われるとなんだか照れくさくて、焦ってしまい変な感じでお返事をしてしまったかもしれません…。私に失礼なことを言われてしまった方がいらっしゃいましたらすみませんです…。なんだか照れくさかっただけなんです…。

しかし皆様、あたたかく声をかけていただきましてありがとうございました!

また、大会参加者の皆様、運営の皆様、大変お疲れ様でした。おかげさまでとても楽しかったです。

 

使用ルアー

さて今回釣ったルアーですが、6月に雨の桧原湖でいっぱい釣らせてくれたストライクキングのKVD・ドロップショットハーフシェルというワームがこの日も活躍してくれました。

3/16オンスのシンカーでリーダー30センチのダウンショットのボトムスイミングで食いました。

意外と渋いこの日でしたが、バラシも含め、バイトも他にもありました。いい感じでしたよ。

大きさは3.5インチです。詳しいことはわかりませんが、独特の立体的な形状に大きな意味があるのだと思います。ケビンバンダムはこのワームで、2016年にアメリカのトーナメントのスモールマウスレイク戦で優勝しました。さすがのワームです!

ストライクキング・KVDドロップショットハーフシェル3.5インチの売場へ行く

 

もうひとつはジャクソン・イガジグスピンです。

ワカサギの群れをターゲットにすると決めていましたので、当然、このルアーの出番です。

木﨑湖はウィードがあるのと、なんとなく好きになれなかったのでお腹のトレブルフックは外しておきました。

それをワカサギの群れのいるあたりに投げ込み、ボトムまで落とすか、カウントダウンして途中からとか、色々な方法で巻きまくりました。なんとなくですけど、水深6mの中層3mあたりで食ったような気がします。

とにかくロングキャストして、任意のレンジまで沈め、一定スピードで巻いたり、変化を付けたり、早巻きしたり、リフト&フォールさせたりと、本当に色々と試してみたのですが、食ったのはステディリトリーブでした。これは日によって変わると思いますので、今後も色々試してみようと思います。

ジャクソン・イガジグスピンの売場へ行く

 

まだまだ修行が足りない私ではありますが、こんな私でも釣れるルアーというのはやはりいいものなんだと思います。

これからもまたいろんな形で、良いルアーを紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 木崎湖, フィールド情報, 動画

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status