タク石黒プロ:春はこのルアーを巻いてバスを釣ろう!

 

こんにちは!店長の小山です!

本日はキープキャスト2019でタク石黒プロに取材させていただいた「春はこのルアーを巻いてバスを釣ろう!」というテーマについてお伝えさせていただきたいと思います。

当店での恒例記事ともなりましたキープキャストでの取材記事と動画のほうを楽しみにして下さる方もいらっしゃるようで、大変ありがたく思います。

今年も多くのプロの方にお時間をいただき、お話をお聞きしましたが、本日はタク石黒プロが最近やっている巻きの釣りについてのお話をお伝えさせていただきたいと思います!

まずは動画の方をご覧ください。

タクさんは私が仲良くしてもらっているから言うわけではないのですが、見ているとライトリグから巻きの強い釣りまでなんでもこなすオールマイティーなバスアングラーというイメージがあります。

体つきが大きいのでライトリグをやるとギャップがすごいからか、ライトリグのイメージが強くなることもあるのですが、実際はなんでもやってどんなルアーでも釣っています。そしてバスだけでなく海のシーバスからジギング、エギングやティップランでのイカ、トラウトまでなんでも釣ってはバス釣りにフィードバックしているという感じなんです。

ルアー以外でもヘラブナ釣りも好きです。

そういう魚釣り全般が好きな人ですから(バスプロの方はそういう方が多いですけど)、魚の好みみたいなのを感覚で分かっているというのを私が見ていても感じます。

そこでレアリスから出ている既存のルアーですがレアリススピンのタクカラーを任されたというのも非常に納得で、どんなフィールドでもマッチする3色が出るようです。

画像にタクマークが入っているのがそれですね。

レアリスのカラーリングはどれもきれいなのですが、タクカラーもいい感じです。

このレアリススピンは弱い波動の巻きルアーという位置づけで、強いルアーとしては次のレアリスバイブレーション65ナイトロが出てきました。

このルアーはこれまでのレアリスバイブレーションよりもヘッド部分が幅広にデザインされ、バイブレーションの中でも強い波動が出るようになっているようです。

これまでのレアリスバイブレーション自体が薄いボディデザインでバイブレーションの中でもやや抑えた波動を出していたのに対してですので、それに対して真逆となる強波動バイブレーションという位置づけでしょうか。

春は流れ込みなどから湖に濁りが入ると水温上昇につながり、バスが入りやすくなると思うのですが、その濁りの中で存在感の出るルアーになるでしょうから、まさにうってつけのルアーになるのだと思います。

 

ということで、タク石黒プロのおすすめする弱い巻きモノと強い巻き物の使い分け、これは非常に楽しい春の釣りを予感させられます。

どんな釣りでもこなすタク石黒プロのおすすめルアー、みなさんもぜひ乗っかってっみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。

 

毎度ありがとうございます!

 

当店ブログが面白いと思ってくれた方は
ぜひシェアお願いします!

ツイッターで野尻湖釣具店をフォロー!☞