スモールマウスバス釣り入門

      2018/04/19

スポンサーリンク

Photo by worldfishingnetwork.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Smallmouth Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:worldfishingnetwork.com”Smallmouth Bass”Posted Mar 17, 2000(海外サイトです)

 

スモールマウスバス釣り。私のスモールマウスバス釣りは、1996年に始まりました。

野尻湖のルアーフィッシングが解禁されたのは1995年でしたが、情報に疎い私はスモールマウスバスの存在も、地元の野尻湖でバスが釣れることも知りませんでした。

たしかBasser誌のイラスト付きの巻末記事で読んで、それで初めてスモールマウスバスの存在を知りました。その頃は初心者と中級者の間くらいの腕前だったと思いますが、新しい物好きだった私は新たなるターゲットの登場に胸を躍らせました。

スタートはオカッパリの釣りでしたが、まず衝撃的だったのが、水がクリアでバイトシーンが丸見えだったことでした。水がクリアなこと自体はそれほど珍しくない地域柄なのですが、スレていないスモールの目の前でのバイトはこれまで経験したことがなく、かなりエキサイティングでした。ちなみに、スライダーワーム4インチ(ソリッドブラック)のスプリットショットリグでした。

それと、当時はこちらではメガバスブームに火が付くかつかないかくらいの時期で、ディープX100やPOP-Xが店頭に並んでいて、その後入手困難になることも知らずに、買うことができました。それがPOP-X(イリュージョンファントム)で、これがものすごく効いたのを覚えています。

このお祭り状態があったおかげで、中級者レベルに昇格できたような気がします(笑)

今はスモールマウスたちもだいぶスレてしまって、いつでもどこでもだれでも釣れるような状況ではなく、これが全国的にはいたって普通の状態だと思いますが、逆にゲーム性は高くなった状態と言えると思います。

 

日本のスモールマウスバスを取り巻く環境としては、日本で遊漁として認可されているのは野尻湖と桧原湖に限られているため、釣り具業界としては狭いニーズに対応するほどのうまみがないことからスモール専用タックルが出ることもほとんどなく、公の情報が出ることが少ないのが現状ということもあります。

そのため、スレてルアーに冷めてしまった日本のスモールたちとは対照的に、一度スモールの魅力に取りつかれてしまった私たちのスモール熱はどんどん加熱する傾向があると思います。

 

この記事は、北アメリカのフィッシングメディア「World Fishing Network」のホームページの記事ですが、日本とは違い、特に北アメリカでは非常にメジャーなターゲットで、公の情報もあふれています。

もちろん初心者さんに対する導入部分となる基本的な記事もあり、ここでは、そんなスモールマウスバスフィッシングの入門書的な記事を読んでいただこうと思います。

上級者の皆さんには退屈な内容になってしまうかもしれませんが、新たな情報を有効なものにするためにも、ここで基礎をおさらいしておくのもいいことではないでしょうか。

それでは読んでいきしょう。

 

スモールマウスバスの他の呼び方

Bronzeback, brown bass, brownie, smallie, bronze bass, bare back bass.

ブロンズバック、ブラウンバス、ブラウニー、スモーリー、ブロンズバス、ベアバックバス。

 



スモールマウスバスの外観

Typically green or brown with vertical dark bands along the side, and red eyes. Unlike the largemouth bass, a smallmouth's upper jaw never extends past the eye.

一般的には、緑または茶色の身体に、側面には縦の暗い縞模様があり、赤い目を持っています。 ラージマウスバスとは異なり、スモールマウスバスの上顎は決して目の後ろにまでは伸びません。

Photo by worldfishingnetwork.com

 

スモールマウスバスの最大サイズ

Generally no more than 6 pounds (2.7 kg), but can grow to be upwards of 12 pounds (5.4).

一般的には6ポンド(2.7kg)を超えないが、12ポンド(5.4kg)以上に成長することができます。

 



スモールマウスバスの生息域

Originally native to the Mississippi River basin, Great Lakes area, and north toward Hudson Bay. Now the fish is stocked in nearly all of the lower 48 states.

もともとはミシシッピ川流域、五大湖エリア、ハドソン湾北部の原産です。 現在では、魚はそれより南部の48州ほぼすべてに分布しています。

 

スモールマウスバスの食べ物

Crayfish, small fish, aquatic and terrestrial insects, worms, frogs and tadpoles.

ザリガニ、小型魚、水生や陸上の昆虫、ミミズ、カエル、オタマジャクシなどがあります。

 



スモールマウスバスの生息地

Smallmouth bass prefer clear-water lakes and cool streams with gravel or rocky substrate.

スモールマウスバスは、砂利や岩の多いきれいな水の湖や冷たい流水を好みます。

 

スモールマウスバスのスポーニング

Spawning takes place in the spring when water temperatures reach 60 to 75 degrees Fahrenheit (15.5-24°C). Nests are built on gravel bars in three to 20 feet (6m) of water. The male drives a ripe female to the nest. After she lays her eggs, he searches out another, and then frequently a third female. Each female lays from 2,000 to 7,000 eggs per pound of body weight. Little or no parental care is provided after hatching.

産卵は、水温が15.5〜24℃に達する春に行われます。 ネストは水深1m~6mの砂利帯に造られます。 オスは成熟したメスを巣に導きます。 メスが卵を産んだ後、オスはまた別のメスを、時には3回もメスを探し出します。 メスは、体重1ポンドにつき2,000〜7,000の卵を産みます。 孵化後は親による子育てはほとんどまたは全くされません。

 

スモールマウスバスを食べるもの

Muskie, pike, walleye, turtles, and catfish.

Information above courtesy of Oklahoma Department of Wildlife Conservation and Texas Parks and Wildlife Department.

マスキー、パイク、ウォールアイ、カメ、ナマズ。

オクラホマ野生動物保全省およびテキサス州公園野生生物局の情報より拝借。

 

スモールマウスバスの人気の理由

Smallmouth generally refers to one of the more popular game fish out there, the smallmouth bass. Also called smallies, these freshwater fish inhabit the temperate waters of North America. They have been stocked throughout the continent as a sport fish for freshwater anglers.

Belonging to the sunfish family, smallmouth bass tend to weigh between two to six pounds, with females being the larger of the species. The basic rule of thumb is that the warmer the water the fish is found in, the larger it is going to tend to be, thanks to increased feeding time throughout the year.

In terms of appearance, the fish tends to mirror its surroundings for better camouflage: the brighter the environment, the lighter the scale color. They may not grow as large as their more popular cousins, the largemouth bass, but pound for pound smallies tend to put up a better fight when reeling in, though they usually do not jump out of the water when putting up a fight.

スモールマウスと言えば、一般的には世の中で人気のゲームフィッシュのひとつ、スモールマウスバスの事を指します。 スモーリーとも呼ばれるこの淡水魚は、北米の温帯水域に生息しています。 彼らは淡水の釣り人のためのスポーツフィッシュとしてアメリカ大陸全体にストック(放流)されました。

サンフィッシュ科に属しているスモールマウスバスはだいたい0.9~2.7㎏の重さになりますが、メスのほうが大きくなる種です。 基本的な経験則によると、魚が水温が暖かくなるにつれて摂食時間が増えるため、年々大きくなる傾向があるということです。

外観に関しては、魚はカモフラージュのために周囲の環境を映し出す傾向があります。環境が明るいほど、色調は明るくなります。 彼らは親戚であるラージマウスバスほど大きくならないかもしれませんが、ひとたび針に掛かれば、体格以上の引きを見せ、ファイト中は通常ではありえないほどのジャンプをします。

Photo by worldfishingnetwork.com

 

スモールマウスバスはどう釣ればいいか

Those who are going after smallmouth can use a variety of different tackle and styles of approach. It is just as common to see fly fishing for smallmouth as it is to see anglers making use of the more traditional spinning or bait casting rigs. The choice is up to you, but the right books and expert advice from those experienced in catching this fish can go a long way towards helping you get to be something of an expert on this particular species.

It should be noted that smallmouth can be quite picky about what they will pursue in terms of bait. It may take some time to get used to exactly what approach is going to offer the best pay off. They are not quite as picky as many trout, but they can be a challenge. Since they are stocked far outside their range, they may differ in their behavior from one area to the next so it is best to find out what the locals are using to succeed and then copy their methods.

Smallies are great game fish because they have a good level of top water fighting ability. This means they are going to put on quite a show when you are trying to reel them in. They are normally catch and release fish, but that is just fine considering how hard they fight for the right to survive. However, many enjoy eating these fish so keeping a few, in accordance with local laws, will give you a tasty meal.

スモールマウスを求めている人々は、いろいろな種類のアプローチやスタイルを使うことができます。釣り人はスピニングタックルやベイトタックルを使うのと同じように、スモールマウスをフライフィッシングで釣るのも良く見ることができます。選択はあなた次第ですが、この魚をキャッチした経験のある人たちの本や専門家のアドバイスは、あなたがスモールマウスの専門家になるのに役立つはずです。

スモールマウスは、ルアーの好き嫌いがかなりはっきりしていることに注意しなければなりません。最高の釣果を出せるアプローチが正確に出来るようになるには時間がかかるかもしれません。彼らはトラウト類ほど好みはうるさくありませんが、挑戦であることに変わりはありません。遠征しなければ彼らに会えない場合、彼らの行動は地域によって異なる可能性があるので、地元の人々がうまく釣っている方法を調べて、その方法を真似するのが最善と言えます。

スモールマウスはトップウォーターに対する高い戦闘能力を持っていることが、素晴らしいゲームフィッシュとされる理由でもあります。これは、スモールを釣った時に彼らがかなりのショーを見せてくれることを意味します。通常は魚を釣ったらリリースしますが、そのとき、生き残りをかけた激しいファイトに感謝さえ覚えることでしょう。しかしまた、多くの人々がこれらの魚を食べることも楽んでいます。地元の条例に従って少数をキープして、おいしい食事をいただきましょう。

 

スモールマウスバスに禁漁期間はあるのか

Most of the time, smallmouth fishing takes place during the regular fishing seasons in a particular area. This is typically late spring through early autumn. Most areas are not going to approve of smallmouth fishing in winter because they are simply not a common ice fish. Bass season is generally closed for winter, so make absolutely certain you know the laws before you attempt fishing in the winter months.

But not all destinations in North America have seasonal restrictions. For example, Northern Ohio is a prime smallmouth bass hotspot that's open all year-round. Just be sure to follow catch and length limits that vary by water.

ほとんどの場合、スモールマウスバスフィッシングは特定の地域では解禁期間中に行われます。 これは一般的には晩春から早秋です。 ほとんどの地域では、冬のスモールマウスバスフィッシングはアイスフィッシュではないということで、承認されません。 バスのシーズンは一般的に冬には閉鎖されていますので、冬に釣りをしようとする場合は事前に法律や条例を調べてください。

しかし、北米のすべてのフィールドに季節的な制限があるわけではありません。 たとえば、北部オハイオ州は一年中開かれている一流のスモールマウスバスのホットスポットです。 持ち帰るにはそのフィールドの長さ制限に必ず従ってください。

 

人気のスモールマウスバステクニック

As was stated earlier on this page, smallmouth bass can be pretty finicky about what they are willing to pursue in terms of bait.. Here are some smallmouth fishing techniques to get you started:

Drop Shot

A very easy way to go after these fish and it has become a very popular technique for smallmouth in recent years. This is also called the down shot rig and it is known for getting steady bites although it may not be the best technique to try and bag the biggest fish in a given body of water. This technique simply involves attaching a plastic bait to a hook with a sinker, and dropping the line off the side of the boat. No casting required, all you do is bounce the lure (or live bait) off the bottom. Learning to tie the knots is as simple as researching some tying instructions online and these will generally offer visuals guides to help the aspiring drop shot angler. Low visibility line is crucial. Having a swivel on the hook can help because a little bit of shaking can go a long way with this type of approach.

Jerkbaits

Early spring at the morning time is the best time for jerkbaits, though this is a technique that can work throughout the boat-fishing season.. The idea here is to move the bait along, generally an artificial bait designed for smallmouth, at a pace that can be described as jerking. The motions emulate dying fish, particularly shad in many parts of the United States, and these motions will bring the smallmouth on like crazy. It is definitely a smart idea to take a look around and see what others in your area are doing when it comes to jerkbaits. Knowing when to do a pull is definitely going to be paramount to having success with this method.

Dragging Tubes

Using plastic tubes when fishing for smallmouth can be an excellent strategy, particularly when you drag them across the rocks. Smallmouth bass love to hang around rocky ledges, making this lure particularly effective. Tube bait can work out exceptionally well for those who have a bit of experience, but newcomers to this style of fishing should know that it can be a little bit frustrating at the beginning as you are learning the ropes. Catching rocks on the bottom is quite probable, which can lead to breaking your line and losing your lure if you can't get it unstuck.With a hollow lure like this and the tentacle like streamers, dragging tubes are perfect for smallmouth.

Burning Spinner Baits

In one of the more exciting ways to fish for smallmouth, the burning spinner bait method is a colorful way to describe the art of 'burning' the bait through the water to try to get a reaction from the fish. If it strikes, the smallmouth will be a lot easier to hook this way and that can lead to a nice, aggressive fight from the fish. Many anglers recommend using willow leaf blade since they have less resistance to their spinning through the water which means they will go far faster as a result. This also means they will stay in the water rather than working their way to the surface where it will do very little good.

Live bait

Every fish loves live bait and smallies are no exception. For larger bodies of water with rocky structure, crayfish will be most effective. Leeches, minnows, and worms work on any body of water. Frogs can be useful on grassy lakes, though it should be noted that this particular bait is best used for largemouth instead.

このページで先に述べたように、スモールマウスバスは、ルアーの面で彼らが何を求めているかについてかなり気にする気難しい一面を持っています。これから始めるためのスモールマウスバス釣りテクニックをご覧ください。

 

ダウンショット

近年、この魚を追いかける非常に簡単な方法で、非常に一般的なスモールマウスバス用のテクニックとされています。これはドロップショットリグとも呼ばれ、そのエリア最大の魚を釣るのには最適なテクニックではないかもしれませんが、安定したバイトを得られることで知られています。この技術はシンプルにワームをフックに取り付けシンカーを付け、ボートの側面からラインを落とします。キャスティングは必要ありません。あなたが行うのは、ルアー(または生き餌)をボトムから跳ねさせることだけです。結びかたを覚える場合は、その結び方の説明をオンラインで調べれば簡単なことです。これらは一般的に、ドロップショットの釣りを覚えたい人に役立つビジュアルガイドで提供されています。見えにくいラインを使うことが重要です。フックの上にスイベルを噛ませることは、このアプローチでは少しの揺れが成功の鍵となるため、役立ちます。

 

ジャークベイト

早春のモーニングタイムがジャークベイトにとって最高の時間ですが、ボート釣りにおいては季節を通して有効なテクニックです。ここでは、ジャークと呼ばれる動きでルアーを前に進める、スモールマウスのために設計されたルアーのことを指します。その動作は瀕死の魚、特に米国の多くの地域に生息するシャッドを模倣します。この動きによって、スモールマウスは狂ったようになります。ジャークベイトに関しては、その地域の他のアングラーたちが何をしているのかを調べることは、間違いなく賢明な考えです。どんなリズムでジャークを繰り返しているかを知ることは、この方法で成功するために最も重要なことです。

 

チューブワームのズル引き

スモールマウスを釣るとき、特に岩場のエリアでチューブワームのズル引きをすることは優れた戦略になる可能性があります。スモールマウスバスは、岩棚などに集まるのが大好きで、このルアーは特に効果的です。チューブワームは経験のある人にとっては例外なくうまくいくことになりますが、まだこの釣りの方法を始めたばかりで、コツをつかもうとしているうちは少しイライラすることもあることを初心者の方は知っていなければなりません。底の岩に引っかかってしまうことが非常に起こりやすいので、ラインが切れてルアーを失うことにつながります。このような中空ルアーや吹き流しのような触手をもつチューブワームのズル引きは、スモールマウスに最適です。

 

スピナーベイトの早巻き

スモールマウスを釣るためのより刺激的な方法の1つは、バーニングスピナーベイトメソッドで、バスからの反応を得るために水中のルアーを「バーニング」と呼ばれる超早巻きで使うものです。これにヒットするようであれば、これほど簡単にスモールマウスを釣る方法はなく、魚からのファイトも非常にアグレッシブなものになる可能性があります。多くのアングラーは、ウィローリーフブレードを使うことを勧めています。なぜなら、水中を通る抵抗が少ないため、結果としてはるかに速く通せるからです。これで釣れるということはまた、トップウォーターが効かないということを意味し、バスが水面に出るよりもむしろ水中にいたがっていることを意味しています。

 

生き餌

すべての魚は生きている餌を愛しており、スモールマウスバスも例外ではありません。岩で形成される大きなフィールドの場合、ザリガニが最も効果的です。ヒル、小魚、ミミズは、あらゆるフィールドで有効です。カエルは水生植物の多い湖では有用かもしれませんが、この餌はラージマウスに最もよく使われていることにも注意してください。

 

Photo by worldfishingnetwork.com


 

いかがでしたか。

スモールマウスバスが人気のターゲットとなっているのは、その大きさよりも激しいファイトにあるということになっていますね。

記事内にも書かれているのはその大きなジャンプについてです。

スモールマウスバスを釣ったことのある方であればお分かりと思うのですが、彼らは本当に高く、滞空時間の長いジャンプをします。そしてその瞬間、よくフックアウトします(泣)

ラージマウスバスはパワー型、スモールマウスバスはスピード型と言われていますが、まさにその通りで、車に例えるとラージはダンプカーで、スモールはスポーツカーと言われています。これもまさにその通りだと思います。

私はプロレスラーに例えるのが好きで、ラージはヘビー級レスラーです。ヘビー級レスラーはパワーがものすごいですがトペ・スイシーダやブランチャーなどの技はあまり得意ではなく、それはジュニアヘビーの選手のための技だと分かるように、スモールマウスは重量こそないものの、スピードによる鮮やかな空中殺法が得意で、そんな相手と戦う釣りという感じです。

そして、おじさんはすぐプロレスに例えてしまうという特徴があります(笑)

 

しかし、私がいくら説明しても、ほとんど意味を持たないでしょう。

なぜなら、スモールのファイトは他の淡水魚には例えづらく、「釣ってみないと分からない」というのが本当のところだと思うからです。

知ったかぶったような言い方で嫌われてしまう言い方かもしれませんが、これは私がスモールを釣った自慢をしたいのではなく、みなさんにもスモールの引きを体験していただきたい気持ちで表現したものなのです…。

ぜひ、野尻湖、桧原湖などお近くのフィールドへお越しいただいて、スモールマウスバスに挑戦していただけたらと思います。

 

ブログのメニューから、スモールマウスバスに効くルアーを揃えた当店のwebショップの方へ行けますので、買う買わないは別として、どんなルアーが効くかなど、研究していただければと思います。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - スモールマウスバスのこと, フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status