シーズン初期のスピナーベイトのバス釣り

      2018/05/13

スポンサーリンク

Photo by mysterytacklebox.com & Loaded for bass

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”How To Use Spinnerbaits To Catch Early Season Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mysterytacklebox.com”How To Use Spinnerbaits To Catch Early Season Bass”(海外サイトです)

 

シーズン初期のスピナーベイトといいますと、季節的には春を指しています。

春といっても地域によってずいぶんと感覚が違いますので区別が難しいものですが、冬と春で大きく違うところというと、春は水が濁りがちだということではないでしょうか。

冬は低水温により水中の多くのプランクトンが死んで、水がクリアアップしますが、春は水があたためられていくことでターンオーバーを起こしたり、雪しろなど水の流入が増えたり、プランクトンの発生などもあって、冬よりも濁る要素が多いんですよね。

そのため、冬はシャッドやアラバマリグなど、視覚に頼るルアーが威力を増す傾向があると思うのですが、では春は、どうでしょうか。

よく聞く早春に有効とされるルアーとしてはバイブレーションをはじめ、チャター、ジャークベイトなどがあると思います。

スピナーベイトはそれらに比べると、ルアーのトレンドとしても最近は低いポジションのような気もしますのであまり使われていないのかもしれませんが、釣果として聞くことも実際に少ないような気がします。でも、スピナーベイトで釣りたいという人って、本当は多いんですよね。

私としてもスピナーベイトは得意な方ではないのですが、そんな私でも、まだあまりみんなが投げていないタイミングでスピナーベイトで釣るにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事は、アメリカのタックルショップ「Mystery Tackle Box」のブログ記事で、早春のスピナーベイトの考え方、使い方などが書かれています。

ここはひとつ、読んでみたいと思います。

 

シーズン初期のスピナーベイトでのバス釣り

Cold, muddy water ranks at the top of the toughest conditions for catching early season bass. This is where the blade bait comes in handy.

Heavy spring rains tend to muddy the water on most lakes, which will draw bass to the shallows. In clear-water situations, bass suspend over deep water and can rely on their sight to key on a suspending stickbait slowly twitched in front of them. However shallow bass in muddy water are unable to see many lures so they have to rely on their sense of hearing to feed.

Although bass don’t have external ears like humans, they can hear through inner ears consisting of tiny bones that detect sounds as subtle as the clicking of a crawfish. Bass mainly find prey in dirty water though with their lateral line that extends from the gills to the tail on both sides of the fish. The lateral line consists of nerve endings that can detect even the slightest vibrations.

So blade baits such as spinnerbaits are the ideal lures for coaxing early season bass to bite in dirty water for a couple of reasons. The baits have plenty of flash so bass might be able to see it in the limited visibility situation and the blades produce lots of vibration for bass to hone in on the lure.

While some guys like to use double willowleaf spinnerbaits, I prefer a 3/4-ounce model with a single number 6 Colorado blade that has plenty of thump. Since I can feel the vibration of that lure through my rod blank I know bass will have an easy time sensing that vibration as well.

One key to remember about fishing a spinnerbait in the early season is to retrieve it s-l-o-w-l-y. Bass are still sluggish in that cold water so they will have a hard time catching up to a spinnerbait even if you wind it at a moderate pace. I slow roll the blade bait by reeling just fast enough to where I can feel the blade thumping but slow enough so the spinnerbait will constantly bump the bottom.

Another blade bait retrieve that produces early season bass is yo-yoing a spinnerbait. Start your retrieve by letting the spinnerbait fall to the bottom and then slowly lift your rod so the lure rises a foot or two off the bottom. Then let the lure flutter down on a semi-taut line and watch for any line movement indicating a strike.

冷たいマッディーウォーターは、シーズン初期のバスを釣るのに最上級のタフさ加減かと思います。こういうときはブレードベイトが使えるときです。

激しい春の雨は、ほとんどの湖で水を濁らせる傾向があり、バスをシャローへ引き出します。クリアウォーター下では、バスはディープゾーンでサスペンドしているため、バスの目の前でサスペンドジャークベイトをゆっくりとトゥイッチさせるなど、彼らの視力に訴えます。しかし、マッディーシャローのバスは多くのルアーを見ることができないので、彼らはフィーディングを聴覚に依存しなければなりません。

バスは人間のような外耳は持っていませんが、ザリガニの爪の音ほどの微妙な音でも検出する小さな骨からなる内耳を通して聞くことができます。しかしバスは、マッディーウォーターで獲物を見つけるとき、主に魚の両側のエラから尾まで伸びる側線で発見します。側線は、わずかな振動でさえも検出できる末端神経からなります。

そういう意味で、スピナーベイトのようなブレードベイトは、いくつかの理由からマッディーウォーターのシーズン初期のバスを釣るための理想的なルアーと言えます。このルアーにはたくさんのフラッシュがあり、視界が限られている状況​​でバスが見えるようになり、またブレードが発する多くの振動がルアーに更なる磨きをかけます。

Photo by mysterytacklebox.com

多くの方はダブルウィローリーフのスピナーベイトを使われるかもしれませんが、私は#6ブレードをつけたシングルコロラドの3/4オンスのモデルを好みます。ロッドのブランクを通してルアーの振動を感じることができるので、バスが振動を感知するのも簡単だろうということがよく分かります。

シーズン初期の季節にスピナーベイトで釣ることについて覚えておくべき1つの鍵は、超スローリトリーブをすることです。バスは冷たい水の中ではまだまだスローなので、普通のペースで巻き上げてもスピナーベイトに追いつくのは難しいでしょう。私はブレードが回っていることが確認できつつ、絶えずボトムを叩いてこれるようなギリギリの遅さで巻くスローロールで使います。

シーズン初期のバスを釣るまた別のリトリーブとしては、スピナーベイトのヨーヨーイングです。ルアーをボトムまでフォールさせたら、ロッドを使ってゆっくりとボトムから30~60センチほどリフトし、リトリーブを開始します。次に、張らず緩めずのラインテンションでルアーをヒラヒラとフォールさせ、バイトに備えてラインの動きをよく観察します。

Photo by mysterytacklebox.com


 

いかがでしたか。

やはり春は水が濁りがちだということはアメリカも同じようです。そういうフィールドでは、この記事はとても参考になるものだと思います。

ちなみに野尻湖は、真冬でもまだ水温が下がり続けていて、水深もあるためフォールターンオーバーが真冬まで続き、1月から2月ごろが一番濁っています。それが春になるにつれて徐々に濁りが取れてくるのですが、これが普通だとすれば多くの山上湖はこの記事の逆パターンになるのかもしれませんので、ちょっと当てはまりませんかね…。ただ、クリアレイクなりに、シーズン初期は濁っているのですけどね。

筆者の方はシングルコロラドをすすめています。ダブルウィローのスピナベが主流なのは日本だけだと思っていましたが、アメリカでもそうなんですね。それだけダブルウィローのスピナベがよく釣れるということなのではありますが、ここはシングルコロラドだそうです。

日本のメーカーではなかなか探せないシングルコロラドですが、アメリカのスピナーベイトを探せばまあまああります。

おすすめなのはウォーイーグル社のスピナーベイトで、これは評判がいいようですが、当店としましては断然、LOADED for BASS(ローデッドフォーバス)のスピナーベイトをおすすめいたします!

ローデッドフォーバスは北アメリカ地方のローカルベイトですが、地域柄でしょうが特にスモールマウスに対しての実績が高く、またシングルコロラド、タンデムコロラドというブレードラインナップは、引き抵抗が強く、初心者の方にもルアーが今どこにあるかがわかりやすい、そういう意味でも釣果に繋がりやすいスピナーベイトだと思います。

クレイジーゲージスピナーベイト、ラインナップは1/4ozと1/8ozがございます。フィネススピナーベイトは世界共通の釣れ線ルアーですね。

カラーは以下の通りです。

LOADED FOR BASS クレイジーゲージスピナーベイトの売場へ行く

 

アイクローザースピナーベイトは1/4ozと3/8ozにそれぞれシングルコロラドとタンデムコロラドがございます。非常に強波動で、使っていてとても楽しいスピナーベイトですね。

カラーは以下の通りです。

LOADED FOR BASS・アイクローザースピナーベイトの売場へ行く

 

現在日本では当店のみのお取り扱いとなっております。使っている人が少ないというのは、それだけでバスにとっては好奇心をそそるもの。価格も手に取りやすいものとなっておりますので、ぜひお試しいただければと思います!

春のスピナーベイティング、ぜひ楽しみましょう!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status