クリアウォーターでのフリッピングのバス釣り

      2018/02/28

スポンサーリンク

 

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”The Clear Water Tactic You Might Not Have Tried…”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mysterytacklebox.com”The Clear Water Tactic You Might Not Have Tried…”(海外サイトです)

 

皆さんは、お好きな水の色なんて言うのは、お持ちだったりしますでしょうか。

どちらかというと濁っている方が好きな方、どちらかというとクリアな方が好きな方、どちらも好きな方…それぞれいらっしゃることかと思います。

私が野尻湖のある長野県に住んでいるからか、私の知り合いの中には「クリアウォーターがどうも苦手でね…」と言ってくる人がいます。なんだか私がクリアウォーターが得意という風に思われているようで、決して得意なんてことはないのですが(笑)、言われてみれば、苦手と思われる方の気持ちも分かるなあと思うことはあります。

あまり気にしたり、他人と比べたりしなければ、きっと苦手も得意もないんでしょうけどね、やっぱり釣り人ですから、自分にとって優しい水の方が好きになってしまうものなのでしょうね。

この記事は、特にクリアウォーターでのフリッピングについて書かれたもので、アメリカの釣具店「Mystery Tackle Box」さんが共有してくれたものです。

例えばいつも濁っているところで得意なフリッピングをメインに釣りをしている方が、クリアウォーターを同じ方法で攻略するためには、どんなことを考えればいいのでしょうか。

さっそく読んでみましょう。

 

クリアウォーターでのフリッピング

Visibility is at least 6 feet deep and no fish are in sight anywhere in the shallows.

Anglers who like to pitch and flip might be tempted to change their clear water tactic when they encounter this situation. While murky water provides the ideal situation for flipping and pitching, bass can still be caught on these short-range techniques in even gin clear water if you make a few adjustments.

Pitching and flipping experts know adapting to the water color is the key to flipping and pitching in clear water. The biggest difference between pitching in dirty water versus clear water is the mood of the fish. When bass are shallow in clear, high-water conditions they are usually in the thin water to spawn or feed. If bass are in a feeding mode in clear shallow water they are going to be twice as aggressive as bass in shallow colored water.

A precise presentation requiring a particular lure size and color is a necessity when pitching to clear-water bass. Down-sizing baits and line and keeping a safe distance from the target are keys to catching bass in this pitching situation.

If bass have enough shelter in the clear water, the fish will move up as shallow as their dirty-water cousins. The thickness of the cover dictates how shallow bass hold in clear water. If you find some thick cover that creates lots of shade bass will stay as shallow as 6 to 8 inches. Large rocks in the shaded areas of bluffs and ledges are also ideal cover to flip for bass in clear water.

視界は少なくとも水深2メートルほどあるのだけど、シャローのどこを見ても魚はいないようです。

ピッチングやフリッピングを好む釣り人は、このような状況に遭遇したときにクリアウォーター用に作戦を変えたほうがいいのかという誘惑にさらされます。濁りはフリッピングやピッチングに理想的な状況ではありますが、いくつかアジャストすることで、クリアウォーターでもショートレンジでバスを引きずり出すことができます。

ピッチングやフリッピングのエキスパートたちは、クリアウォーターでピッチングやフリッピングをするときは、水の色に適応することが鍵であると考えています。濁った水と透明な水にピッチングする時の最大の違いは、魚の気分です。バスが満水時のクリアウォーターのシャローにいるということは通常、スポーニングが絡む時かフィーディングの時です。バスがクリアウォーターのシャローでフィーディングモードにある場合、濁った水のシャローにいるバスより2倍も攻撃的になります。

クリアウォーターのシャローのプリスポーンバスに対しては、正しいルアーサイズや色と、正確なプレゼンテーションの必要性が増します。ダウンサイズしたルアーやライン、そしてターゲットへの安全な距離を保つことは、この状況でピッチングでバスを釣るためのキーとなります。

バスがクリアウォーターの中に充分な逃げ場を持っているならば、濁っているフィールドと同じようにシャローまで上がってきます。カバーの濃さで、クリアウォーターのシャローにどれだけのバスを持つかが決まります。濃いカバーになるほど多くのシェードが作られるため、水深15センチの浅さでさえバスはいます。大岩や崖、水中の段差などでシェードができているようなエリアは、クリアウォーターのフリッピングでバスを釣るための理想的なカバーです。

Photo by mysterytacklebox.com

The increased visibility in clear water might discourage you from flipping an area because you can’t see any bass. However in clear water bass blend in with the surrounding greenery while holding tight to flooded bushes and waiting for bait to enter their lair. I recall times when I have seen a jig flipped into a bush and watched it sink to the bottom and then all of a sudden it would disappear even though I never saw a bass in that bush. All I saw was a flash as the fish sucked in the jig.

Being able to see bass in the cover is preferable if you are flipping vast stretches of thick bushes in clear water. Then you can pinpoint targets easier than trying to flip all of the cover in the area.

Flipping to sighted bass requires more stealth. Aggressive bass will still hit your offering in clear shallow water, but once a bass has been spooked you usually don’t get it to bite.

クリアウォーターで水中が良く見えると、見えバスがいないと思って、フリッピングで釣るのは無理だと思ってしまうかもしれません。 しかし、クリアウォーターの中では、周囲の緑にうまく紛れ込んでいるのです。水中のブッシュなどにぴったりと寄り添っては、エサがその隠れ家に入ってくるのを待っているのです。 私はいつか、ブッシュにジグをフリッピングし、ボトムに落とすまでを見ていたら、そのブッシュから見えていなかったバスが突然出てきてジグを消したことがあったのを思い出します。 バスがジグを咥えていったのは、まさに一瞬の出来事でした。

クリアウォーターで濃いブッシュが続く広大なストレッチを釣っている場合は、カバーの中にバスが見えることが望ましいです。 それなら、そのエリアのカバーにすべてフリッピングして行かなくても、より簡単にターゲットを特定できます。

見えバスをフィリッピングで狙うには、よりステルス性(こちらの存在に気付かれないこと)が必要となります。 積極的なバスであればまだクリアシャローウォーターでも食ってくると思いますが、ひとたびバスが警戒してしまえば、通常はバイトしてくることはありません。

Photo by mysterytacklebox.com

The best lures for flipping to clear-water bass are 1/4- or 5/16-ounce finesse jigs with some type of small plastic trailer. Another small profile bait for pitching in clear water is a small jig with its skirt removed and replaced by a twin-tail plastic grub or a tube bait. The most productive colors for the jig and trailer are green pumpkin, black-and-blue, root beer and watermelon.

Fluorocarbon allows you to fish with heavier line in clear water because of its low visibility. You can use 15- to 20-pound test fluorocarbon to flip to thick bushes and other types of heavy cover. Whenever I am pitching to boat docks or rocks in clear water, I prefer 12-pound fluorocarbon because it is easier to pitch the lure farther and more accurately with the lighter line. The abrasion resistance of fluorocarbon allows me to use lighter line for pitching to these targets without worrying about a fish breaking my line when it makes a run under the dock or into the rocks.

When flipping with heavy line in the 20-pound class, you can use a standard 7 1/2-flipping stick. I opt for a 7-foot medium-heavy action baitcast rod with a soft tip when pitching with 12-pound test because the lighter action and softer tip of the rod prevents me from breaking my line when setting the hook at short distances.

A flipping presentation is most effective when presenting lures to thick cover. When targeting sparse or isolated cover in clear, shallow water, stay one to two boat lengths from the cover and pitch your lure to the target. Despite remaining at least 15 to 20 feet from the target, you still need to deliver your lure quietly without a splash on entry into the water if the weather is calm. A noisy entry will triggers strikes sometimes on windy days when bass are reacting more to sound than sight.

A quick retrieve to trigger a reaction strike usually works best for clear-water flipping because a bass has less time to look at the lure passing through the fish’s hideout. If your lure fails to generate a strike on the initial fall, quickly reel it in and pitch to another target.

クリアウォーターのバスをフリッピングで狙う場合は、1/4から5/16オンスのフィネスジグに、小さ目なワームをトレーラーにします。クリアウォーターのピッチングで釣るためのまた別のルアーとして、小さなラバージグのスカートを取り外し、ツインテールグラブやチューブワームを付けたものです。ジグとトレーラーの最も有効なカラーは、グリーンパンプキン、ブッラク/ブルー、ルートビア、ウォーターメロンです。

フロロカーボンは可視性が低いため、クリアウォーターでもより太いラインで釣ることができます。 15〜20ポンドのフロロカーボンを使用して、濃いブッシュや他のヘビーカバーにフリッピングすることができます。私がクリアウォーターのドックやロック地帯で投げるときは、12ポンドのフロロカーボンが好きです。なぜなら、ルアーをより細かく正確に投げるにはライトラインの方が簡単だからです。フロロカーボンの高い耐磨耗性は、ドックの下や岩の中を通すときに魚にラインを切られることを心配することなく、これらのターゲットにライトラインでピッチングすることを可能にします。

20ポンドクラスの太いラインでフリッピングするときは、7.5フィートのフリッピングロッドを使います。12ポンドでピッチングするときは柔らかいティップの7フィートのミディアムヘビーアクションのロッドを選択します。これは、短い距離でフッキングするとき、ややライトアクション寄りなのと柔らか目のティップがラインブレイクを防ぐためです。

フリッピングは、濃いカバーにルアーをプレゼンテーションするときに最も効果的です。クリアーシャローウォーターで散っていたり孤立したカバーを狙うときは、カバーからボート1〜2つ分の距離を保ち、ルアーを投げます。目標から少なくとも4.5~6メートル離れていたとしても、天気が穏やかなときは、着水音をなるべく静かにルアーを入れる必要があります。騒々しい着水音にバイトしてくるのは風の強い日で、バスが視覚よりも音に反応しているときです。

リアクションバイトをのきっかけとなる早い動きは、魚の隠れ家を通過するときのルアーを見る時間が短いため、クリアウォーターのフリッピングには最適です。ルアーがファーストフォールでバイトして来なかった場合、すぐにそれを回収し、別のターゲットに投げてください。


 

いかがでしたでしょうか。

ここに書かれていることで納得したことは、クリアウォーターのバスの態度についてです。

ここには「気分」と書かれていましたが、確かにクリアウォーターのバスは臆病になりがちだと思います。しかし裏を返せば、警戒心さえ与えなければ遠くからでもすっ飛んできて食ってくるということです。

例えばおかっぱりで、同じ場所で粘っているのに飽きてしまって、しゃがんで釣っていたら急にバイトが出たということを経験したことはないでしょうか。

しゃがむことでバスからはこちらの姿が見えなくなり、すぐ食ったということが考えられます。

野尻湖のシャローをウロウロしているスモールの数匹の群れに岸からワームを落としてもみんな逃げるのですが、ちょっと下がって木の陰に隠れてキャストするとあっけなく食うことなんて相当あるんです(笑)

 

フリッピングという技についてはよく分かりませんが、今の話とは逆で、今度はバスの方がしゃがんでいて、私たちの姿が見えていない状態ですので、そこにいてさえくれれば、かなりの確率で口を使ってくれそうです。

あれ、むしろ、こっちが本来のバスフィッシング姿でしたかね(笑)

すみません、クリアウォーターに慣れてしまって、その辺の感覚がおかしかったかもしれません。

 

やっぱり、人には得意・不得意が無意識のうちにあるものなんですね(笑)

 

クリアウォーターのショートレンジでのアプローチ、ぜひ試してみて下さい。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと, ポイントについて

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status