野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

今日の琵琶湖♪2017.11.5

   

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は2017年11月5日の琵琶湖釣行の様子をお伝えしたいと思います。

 

前日に「タク石黒×石黒養豚場主催 オフ会 第3回仔ブタの集い」に参加していたため、せっかくなので翌日はレンタルで出よう!ということでの挑戦です。

しかし、このオフ会でボーリングを2ゲームほどやっていたためか、身体のあちこちで筋肉痛がおきており、朝の目覚めから起き上がるまでになかなか苦労したのは私くらいの年齢の諸兄様方にはご理解いただけることと思います(笑)

さてこの日の天気は晴れ時々曇り。朝の気温が10℃、日中の最高気温は17℃。11月上旬でこの暖かさは釣りをするにはありがたいです。水温は15.5℃から16.5℃に上がる感じで、水質が悪く水面近くまで伸びているウィードが30センチくらいしか見えない感じです。これでもだいぶマシになったようですけどもね。

風速は朝イチから南の風4メートルくらい吹いていて荒れ気味だったのですが、日中は穏やかになった感じでした。

それではひとまず動画をご覧ください。

いつも琵琶湖では50アップが出ていませんのでいい釣果とは言えないのですが、やはりこの日も厳しいものでした。

年に数回しか行けないのに、全域が見たことのないような濁りとあっては、どう対処したらいいのかわかりません。

そしてこの日は3連休の最終日でもあり、琵琶湖ではバス釣りの大会がいくつか重なっていたらしく、これまた今まで見たこともないような数のボートが浮いており、アウェーの私にとっては非常に立ち回りがしづらい感じ。

メインの戦略はスコーンリグとクランクとアラバマリグを巻いていく予定だったのですが…あの、ボーリングのせいで握力が筋肉痛でロッドを握っているのが辛いのです(笑)

もう言い訳なんていっぱいありすぎて書ききれません(笑)

 

それでも青空のもと、琵琶湖の広大な水面を駆け回るバス釣りはいつもは味わえない気持ち良さがあり、1日があっという間に過ぎてしまいます。

そしてお昼を少し回ったころ、私の知っている数少ないハードボトムのピンポイントでダウンショットを通したところ、食ってくれました!

40くらい…40あるなしですかね…

満足できるサイズではないのですが、狙った所にいてくれたのを当店のワームで釣れてくれたのが嬉しい1本でした!

 

釣りをしたエリアは志那沖、浮御堂沖、堅田沖、アクティバ沖、烏丸沖といったところだったのですが、全体的にショートバイトが多く、やっぱり濁りのせいか広いエリアを釣るときにライトリグだとバスから見つけてもらえない感じなのかな、という印象でした。

とはいえ、濁りに強そうなクランクを押し通す勇気も体力もなく、まさに実力と経験不足を実感する結果ですよね。

完全にワームの良さに助けられた1本です…。

それがつまらないかと言えば全然そんなことはなく、そういうことが分かるだけでもめちゃくちゃ楽しいのです。私の場合は(笑)

 

今回のヒットルアー

Z-MAN・フィネスシャッドZ 4インチ

カラー:The Deal

このワームに限らず、Z-MANのワームはすべてフローティングであり柔らかいのに高耐久というのが特徴なのです(2017.11現在)。この日はこのフィネスシャッドZのダウンショットのボトムスイミングにバイトが多かったのですが、初めから終わりまでこのワーム1本で持ちました。釣っても壊れず、飛んで行ったりしません。ショートバイトでワームが何度もかじられても千切れません。

この水中姿勢や動きの良さを見てください!

このワームの売場へ行く

その他Z-MAN製品を見てみる

 

もっともっと経験を積んで、いろんな状況に対応できるようになればもっといい釣りができると思うのですが、そんなのはあと何年も先になるでしょう…。

それでいいんです、おいしいものはあとで食べるタイプの私にとっては、それがいいんです(笑)

また次の琵琶湖へリベンジする口実ができました。

そのときもまた目一杯楽しみたいものです!

皆様もそれぞれに遠征など行かれることがあるかと思いますが、お互い頑張って楽しみましょうね。体力には気を付けながらですね(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - フィールド情報, 琵琶湖, 動画