気難しい秋のバス釣り

      2019/10/16

気難しい秋のバス釣り
Photo by sportsmans guide.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Tactics For Finicky Fall Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:guide.sportsmansguide.com ”Tactics For Finicky Fall Bass”September 29, 2014 By Ken McBroom

秋のバス釣り。

一般的には春がシーズンインということになりますから、春、夏、秋ということで、秋はシーズン後半ということになりますよね。

当然、バスは春の時よりもスレて来るでしょう。

春夏を通して、トーナメンターやサンデーアングラーたちによって水中は何百何千ものルアーが通ったことと思いますから、秋になる頃にはバスはルアーを見慣れてしまっていると考えてもいいのではないかと思います。

また、ウェイクボードなど釣り以外の水上レジャーによって、バスは怯えているかもしれません。

秋は荒食いの季節であるはずなのに釣果としてそれほど実感できないというのは、そういうところに原因があるのかもしれませんね。

気難しくなってしまった秋のバスたちに対して、私たちができることというのは一体どんなことなのでしょうか。

この記事は、アメリカの巨大アウトドアショップのホームページであります「sportsman’s guide.com」のブログ記事で、そんな気難しくなってしまったバスへの対処法が書かれています。

アメリカで有効である秋バスの攻略法というのはどんなものでしょうか。

ぜひ読んでみましょう。

小さめのルアーを使う

引用文(タップすると開きます)

Downsizing your bait can help get more strikes when bass have seen, and probably have been caught upon, the larger, more popular, aggressive-type baits such as spinnerbaits and crankbaits. The relentless bombardment of these lures all season leaves the bass weary of striking, and a more subtle and natural-looking bait may be needed to score more strikes. My favorite bait to use during the fall, when finesse is needed, is the Zoom Fluke.

I use the Super Fluke Jr. when the water is clear and the Swim’ Super Fluke Jr. in stained to muddy water. The split tail on the Super Fluke Jr. gives off a subtle action needed in clear water when natural presentation is a must. The Swim’ Super Fluke Jr. is a must in stained to muddy water where finesse is still the ticket, but a little vibration will help the bass locate your bait, which means more strikes.

Downsizing your baits for finesse usually means downsizing the weights you use. I rig the Zoom Fluke Jr.’s with a 1/4-ounce or smaller sinker. A split-shot works great either positioned at the nose of the fluke or a few inches above it.

Positioning the split-shot above the nose really creates a lively and realistic presentation and is a great rig for fall bass. Use a bobber stop below the split-shot to keep it from sliding down the line. Another great bait for this rig is the Berkley Shaky Shad or the Zoom trick worm. The trick worm gives off a great realistic action that even picky bass can’t refuse.

ルアーを小さくすると、スピナーベイトやクランクベイトなどのような人気があり大きくアグレッシブな類のルアーを良く見ていたり、またはそれで釣られてしまったバスから、より多くのバイトを得ることができます。アグレッシブなルアーによる絶え間ないキャストにより、バスはこれまでのシーズンを通してバイトすることに疲れてしまっているため、より多くのバイトを得るにはフィネスでナチュラルなルアーが必要になるかもしれません。秋にフィネスが必要だと考えた時に使用する私のお気に入りのルアーは、Zoom(ZBC)フルークです。

私の場合、クリアウォーターではスーパーフルークジュニアを使用し、ステインからマッディーウォーターではスイミングスーパーフルークジュニアを使用します。 スーパーフルークジュニアのスプリット(二股)テールは、クリアウォーターで必須となるナチュラルな見た目が欲しい場合に絶妙なアクションを放ちます。 スイミングスーパーフルークジュニアを使うのは、ステインやマッディーウォーターでもフィネスな方がいいと判断した時で、波動がやや大きくなることでバスがルアーを見つけやすくなり、バイトが増えます。

フィネス戦略としてルアーを小さくするということは通常、使用するシンカーも小さくすることを意味します。 Zoomフルーク Jr.は1/4オンス以下のシンカーを使います。スプリットショットは、ワームの先端またはその数センチ先に位置すると効果的です。

ワームの先端にスプリットショットを噛ますと、生き生きとしたリアルなプレゼンテーションが発生し、秋のバスに最適です。スプリットショットが滑らないように、スプリットショットシンカーの先にペグ留めゴムを使用します。このリグに有効な他のワームは、バークレー・シェイキーシャッドやズーム・トリックワームです。トリックワームは、警戒心の強いバスでさえも抗えない素晴らしくリアルなアクションを放ちます。

気難しい秋のバス釣り
Photo by sportsmans guide.com


バスはベイトフィッシュの下にいる

引用文(タップすると開きます)

When pursuing fall bass it is tempting to chase the schoolers in the shallows as they rip apart schools of baitfish. I know it is hard to do, but while you can find wolf packs of good bass within these schoolers most of the time the bigger bass will linger around and patiently devour the wounded shad that the schoolers miss. The commotion above will wound baitfish and they will soon fall out of the school, and like a wolf on a weary deer bass will nonchalantly move in for the kill.

Big fall bass are not only cautious about their actions, but also experienced and they know that laying back, allowing the young bucks to do the work, will save much needed energy for the upcoming winter months.

While everyone is slinging topwater baits and spinnerbaits into schools of 14-inch bass, you can lay back with your finesse baits and fool the prowling bass below. The trick is to present your best dying baitfish presentation to the wolf pack below and with few anglers fishing for them, you might find that these bigger bass will readily smash your bait as they let their guard down in the midst of their own little feeding frenzy below.

Whether the bass are tucked away in thick brush, waiting to ambush wounded baitfish, or roaming beneath the massive schools, waiting for one to drop out, give these techniques a try this fall and remember that often the road less traveled is often paved with bigger bass!

秋のバスを追う場合、バスはベイトフィッシュの群れを襲っているので、シャローにその群れを追い込もうとします。難しことを言うようですが、多くの場合、その群れにバスの群れが付いている時、より大きなバスは様子をうかがい、群れからはぐれた弱ったベイトフィッシュを辛抱強く食っています。バスの群れが襲い掛かることでベイトフィッシュは傷つき、群れからはぐれますが、鹿を襲う狼のように、バスは無慈悲にとどめを刺します。

秋のビッグバスは経験を積んでいるため、自分自身のエネルギーは抑えつつ、若いバスに仕事をさせ、冬の数ヶ月に必要なエネルギーを節約しようとしているのです。

みんなが30センチぐらいのバスの群れをトップウォーターやスピナーベイトで釣っているとき、フィネスな釣りをすることで、その周りにいるビッグバスを狙うことができます。コツは、死にかけているベイトフィッシュのように演出し、そのビッグバスにプレゼンテーションすることです。この釣り方をするアングラーはほとんどいないため、若いバスがフィーディングしている横でエサを待っているビッグバスはあなたのワームがやってくると油断して簡単に食ってくる可能性があります。

バスが濃いオダの中に隠れているか、大きなベイトフィッシュの群れに付いて回遊し傷ついたベイトフィッシュを待ち伏せしているかどうかにかかわらず、このテクニックをこの秋に試してみてください。ビッグバスへの道は道なき道を行くということを忘れないでください!

気難しい秋のバス釣り
Photo by sportsmans guide.com

「大きいバスには大きいルアー」というのはビッグバスを釣るためのひとつのセオリーだとは思いますが、特に秋のバス釣りに関してはその言葉に裏切られることが多くなるのではないでしょうか。

秋に釣れたでっかいバスとのファイト中に水面でジャンプした時、またはライブウェルに入れた時、驚くほど小さいベイトフィッシュを大量に吐き出すというのを見たことがある方は多いのではないかと思います。

秋のビッグバスは、かなり小さなベイトフィッシュを食べていることは多いと言えます。

それに合わせてワームを選んだ場合、ラインも細くなることも多くなり、タックル全体がライトタックルになっていくかと思いますので、ドラグ調整などもしっかりしておきたいところですね。

また、この記事で面白かったのは、小さなバスたちにベイトフィッシュを襲わせて、傷ついたベイトフィッシュが群れからはぐれてくるのを待ってビッグバスが食うと書かれていたところでした。

ビッグバスは賢いため、体力を使わずに頭を使っているんですね。

本当にその通りなのかどうかは分かりませんが、確かに、私がスモールマウスを狙っている時も、ワカサギの群れが魚探に映るところで釣れるバスは小さく、ワカサギが映らないところでなぜか釣れれしまうバスが大きいと感じたことはあります。

ただ私の場合、それをわかっていても、ワカサギが映らないと不安になるため、なかなかそういうでっかいバスを狙ってパターン化して釣るまでに至らないことがほとんどです…。経験と自信が足りませんね。

デカバスの法則を見つけ出して釣るのは本当に難しいですが、こういった記事をもとに、いろいろ試してみたいものですね。

そして記事に出てきましたのがこちら、ズームのスーパーフルークジュニアです。

ズーム スーパーフルークJr. 4インチ ZOOM Super Fluke Jr.-野尻湖釣具店
ザ・フルーク。ザ・ソフトジャークベイト! これまで発売されてきた中で最も人気のあるソフトジャークベイトと言えばこのズーム・フルークでしょう。 通常のフルークとの違いは、やや重く設定されたウエイトにより、ロングキャスト性の向上と、シンキングスピードがやや速くなった点、そして飛び出たお腹にはスリット(切れ込み)が入っており、ナローゲイプのオフセットフックなら完全にボディに隠れ、フックの存在感が薄くなる点も挙げられます。 ベイトフィッシュそのもののシルエットにスプリットテールの組み合わせというシェイプはすべての魚を狂わせるということがこれまでの数々のトーナメントで証明されてきました。 スーパーフルークjr.はノーシンカーのトゥイッチングのほか、ダウンショットリグ、テキサスリグ、キャロライナリグ、ジグヘッドリグ、ワッキーリグ、スピナーベイトのトレーラーなど、シンカーの有無にかかわらず威力を発揮します。 アメリカではフルークをタックルボックスに入れずにボートを出すアングラーはいないと言われているほどです。 塩入でスーパーソフトかつ高耐久素材 サイズ:4インチ 10本入り  
気難しい秋のバス釣り

だれもが疑うことのない釣れるミノータイプワームの決定版ですよね!

さらにサイズダウンするとこちら

ズーム タイニーフルーク 2.75インチ ZOOM Tiny Fluke-野尻湖釣具店
まさに最終兵器、食わせのフルーク! 通常のフルークをダウンショット専用とするために開発されたのがタイニーフルーク。 しかし、日本のフィールドにおいてはこのサイズでもマッチするフィールドや季節は多くあり、オリジナルのフルークと併せて試してみることで反応の良い方との使い分けが可能。 オリジナルのフルークのシルエットとアクションはそのままに、食わせのサイズになったタイニーフルークは、口を使わなくなってしまったバスに効果を発揮する、まさに最終兵器です。 20本入りなのも嬉しいところ。 塩入でスーパーソフトかつ高耐久素材 サイズ:4インチ 20本入り  
気難しい秋のバス釣り

タイニーフルークの実力も誰もが疑いません。20本入りでコスパも最強ですね。

そしてそして、そんなズームのワームに割って入るのが当店おすすめの最強ミノー系ワームのひとつ、フォロースティックです!

フォロースティック 3.2インチ FOLLOW STICK-野尻湖釣具店
目指したのは、I 字もトゥイッチも思い通りに出来るスティックベイト! 五十嵐誠がI字系で最重要視したのは、真っ直ぐにイメージ通りに引いてこれる事。 水を綺麗に掴み受け流し真っ直ぐ引いてくることを可能にしたボディー形状。 トゥイッチなどのアクションにはイレギュラーなダートを発生。 上面の突起にオフセットフックの先端を隠せばカバー回避能力が向上。 ボディー中腹のリブは適度に水を掴みボディーの揺らぎを軽減させ、円錐形のピンテールは わずかな水流に反応し怯える小魚のような微振動を発生させます。 そして特にI字系は形を崩さずベストな形で使って貰いたい、という想いからブリスターパッケージを採用。 まずは実際に使って、FOLLOW STICK の威力を体験してみてください! サイズ:3.2インチ 8本入り エコタックルエコタックル認定申請中
気難しい秋のバス釣り

トップトーナメンターとしての実績を持つ五十嵐誠プロが開発したミノー系ワームはさすがのメイドインジャパン品質で、他のワームに良くあるクセ付きを排除するためにブリスターパック(トレイ)入りで販売されており、ワームにクセが付かないということで、ワームを究極にまっすぐに引いてきたい場面や、逆にトゥイッチで左右に均等なダートをさせたいという、こだわりの場面で効果を発揮します。

野尻湖のようなクリアレイクや亀山のようなハイプレッシャーレイクを拠点とする五十嵐プロが開発し、実績を残してきたことに疑いはありませんね。

それでもなお、秋のバスは手強い相手だと思いますので、我慢強く攻めていこうと思います。

皆さんもぜひ、お試しくださいませ!

それではまた。

毎度ありがとうございます!

この記事が面白かったら
いいね ! お願いします

Twitter で野尻湖釣具店を

 - 攻略法,  秋

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status