バス釣りアパレルTシャツ
ニシネルアーワークス_シムコー_通販

【バス釣り初心者向け】S字系ビッグベイトの基礎・基本

バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

日本が発祥とされているバス釣りのルアー、S字系ビッグベイト。ビッグベイト専用のタックルが必要になることから、やや敷居の高い釣りになりますが、このルアーは釣りの経験の長さに関わらず、誰にでも一発を秘めたルアーだと言えますよね。

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Go Old School with Glide Baits for Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:gameandfishmag.com”Go Old School with Glide Baits for Bass”By Ken Duke|July 06, 2022

バス釣り初心者の方にはちょっと手を出しにくい釣り、ビッグベイト。

なぜならビッグベイトには専用のタックルが必要で、それなりの予算が掛かってしまうためです。

ビッグベイトが上級者の釣りと言いたいのではありません。

あくまでも予算的な面で、他にも覚えたい釣りがたくさんある初心者の段階では手が出しにくいのではないか、という意味です。

実際にやってみると、ビッグベイトの釣りはある意味で初心者~上級者に関わらず平等な部分があり、キャストさえできれば誰にでも1発がある釣りだと思います。

ビッグベイトの釣りはバス釣りの中では比較的あたらしいジャンルというイメージがありますが、ビッグベイトの釣り自体は昔からありました。

しかし、なかでも特に最近になって広く認知されたものが、いわゆるS字系のビッグベイトです。

S字系のビッグベイトは日本が発祥のものとされていて、アメリカでも最近になってブームが来たものでした。

日本では最近はかつてほどの勢いはないものの、すっかり定番化した釣りと言えます。

そこで、ここではS字系のビッグベイトの釣りの基礎・基本について、もう一度学んでみたいと思います。

この記事は、アメリカのゲームフィシング専門メディア「GAME & FISH」の記事で、ライターのケン・デューク氏が、アメリカの有名ビッグベイターにインタビューした記事です。

ビッグベイト初心者さん、上級者さんに関わらず、ぜひ読んでみてください。

S字系ビッグベイトとは

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
For a lure type that’s been around for more than 100 years, glide baits don’t get the attention—or the fishing time—they deserve. What is a glide bait? For starters, it’s a hard baitfish imitation made of wood, plastic or resin, with a single joint that’s usually located just aft of the midpoint. The sides of the lure are flat, or relatively so, to create a planing surface, and the line tie is typically positioned directly on the nose of the bait. Glide baits generally sink slowly, though some float and a few are weighted to sink quickly for deep-water applications. They come in all sizes and colors, but most anglers opt for glide baits that are at least 6 inches long. Of course, they get much bigger, including some Japanese models that measure nearly 20 inches. And they’ve been around much longer than many anglers realize. The first glide bait was probably the K&K Animated Minnow, patented in 1911. Today, most of the major hard-bait manufacturers market at least one glide bait, and hundreds more are being produced in garages, at kitchen tables and in basements by avid designers who believe they are building a better mouse trap. Glide-bait and swimbait aficionados wait patiently for these garage baits to become available. Many sell for hundreds of dollars, but you can buy quality mass-produced glide baits for around $20, or even less.

100年以上前から存在しているルアーのなかで、S字系のビッグベイトというのはこれまで気にされてきませんでしたが、これは注目に値します。

S字系ビッグベイトとはなにか?これは、木、プラスチック、樹脂などで作られたハードルアーで、だいたい真ん中よりもやや後方にジョイントがあります。ルアーの側面は平らか平らに近く、これがS字の軌道を描く要因になっています。ラインアイは通常、ルアーの先端にあります。

S字系ルアーはだいたいがスローシンキングですが、フローティングのものもあれば、ディープで使うためのファーストシンキングもあります。その多くはサイズやカラーにバリエーションがありますが、多くのアングラーは15センチ前後のものを好みます。もちろんもっと大きなものもあり、日本には50センチ近いものまであります。

そしてS字系ビッグベイトは、多くのアングラーがイメージするよりすっと昔から存在しています。最初のS字系は、おそらく 1911 年に特許を取得した K&KのAnimated Minnow でしょう。

今日、主なルアーメーカーのほとんどは、少なくとも 1 つはS字系ルアーが販売されており、マイナーメーカーやインディーズブランドを含めると、さらに数百種類も生産されています。S字系ビッグベイトやスイムベイトの愛好家は、彼らのようなインディーズの製品を入手するのを辛抱強く待っています。数万円で買えるものも多くありますが、高品質で大量生産されているS字系ビッグベイトは2千円前後で購入できます。

S字系ビッグベイトはいつ使うか

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Tim Little is the co-host of YouTube’s “TacticalBassin" and a glide-bait expert. He’s been fishing the lures since they gained fame as big-bass catchers in the 1990s and has caught dozens of lunkers on glides of all sizes, colors and shapes. His personal best glide bait fish weighed more than 10 pounds and came from California, but he’s fished them all over the country with great success. Little’s opinion on the best time to throw a glide bait is straightforward. “I’ll throw a glide bait 12 months out of the year," he says. “Whenever bass are fairly shallow—say 10 feet or less—a glide bait can be a great tool to catch big fish or just to get them to show themselves." That’s right. Big glide baits serve double duty for bass anglers targeting larger-than-average largemouths, smallmouths or spotted bass. A big glide looks like an easy meal, and even if a lunker chooses not to eat the bait, big fish are drawn to it and will often come out of cover or move up from deeper structure just to get a look. When they do, savvy glide baiters take note. In addition to shallow bass, another requisite for good glide-bait action is clear water. Little looks for at least 4 feet of visibility. Some glide baits are equipped with rattles and make a lot of noise; others are quiet. Either way, a big glide bait gets a lot of attention, as long as the bass can see it.
バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

ティム・リトル氏 は、YouTubeチャンネル「TacticalBassin」の司会者のひとりであり、S字系ビッグベイトの専門家です。 1990 年代にビッグバスハンターとして名声を上げたときから彼はこの手のルアーを使い続け、あらゆるサイズ、色、形のS字系ビッグベイトで何十ものランカーをキャッチしてきました。彼のS字系ビッグベイトでの自己記録はカリフォルニアで釣った10ポンドオーバーですが、彼はアメリカ全土で釣りをして大成功を収めています。リトル氏にとってS字系ビッグベイトを投げるのに最適な時期というのは、単純明快です。

「1 年のうち 12 か月はS字系ビッグベイトを投げています。」と彼は言います。 「バスがシャローにいる場合、たとえば水深3メートル以下にいるなら、S字系ビッグベイトはビッグバスをキャッチしたり、チェイスを見るための優れたアイテムです。」

まさにその通り。S字系ビッグベイトは、平均よりも大きなラージマウス、スモールマウス、スポッテッドバスを狙うバスアングラーに 2 つの役割を果たします。S字系ビッグベイトは単純にエサに見えます。ビッグバスがフィーディングモードに入っていなくても、ルアーに引き寄せられ、ただ見に来るためにカバーから出てきたり、ディープのストラクチャーから浮いてきます。S字系ビッグベイトの達人たちは、この瞬間を逃しません。

シャローという場所の他に、S字系ビッグベイトと相性のいい条件はクリアウォーターです。リトル氏は、少なくとも1.2メートルの視界が欲しいと言います。一部のS字系ビッグベイトにはラトルが内蔵されており、大きな音がしますが、だいたいはサイレントモデルです。いずれにせよ、S字系ビッグベイトは、バスがその存在に気付いた時から、バスの注目を集めます。

2種類のS字系ビッグベイトの使い方

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Little puts glide baits in two categories and chooses between those styles depending on the water he’s fishing. First, there are the open-water glide baits. “An open-water glide has a really wide, sweeping action," Little says. “They’re my choice when searching expansive cover like submerged vegetation or broad structure, like a point." Examples of open-water glide baits include the Deps Slide Swimmer, the Baitsanity Explorer and the Baitsanity Antidote. The most expensive glide baits tend to be open-water glides, and they can command anywhere from $50 to $250 or more. Several garage-made glides and limited-production models out of Japan sell for more than $1,000. The other style of glide bait is the cover glide. “Cover glides have a less expansive side-to-side sweep on the retrieve, and are more responsive when you twitch them," Little says. “They work well in tight areas like around boat docks or laydowns." Cover glides are rarely inexpensive, unless you’re comparing them to high-end, open-water glides. Some of the most popular cover glides include the River2Sea S-Waver 168 and 200, the Arashi Glide, the Savage Gear Shine Glide, the G-Ratt Sneaky Pete and the Gan Craft 230. The least expensive of these baits start at around $20, but some retail for a lot more. “I generally like to match the hatch," he says. “If the water I’m fishing has trout, I’ll fish a rainbow [trout] pattern. If it has golden shiners or hitch, or gizzard shad, I’ll try to match that. I generally stay away from wild colors like hot pink or bright yellow. The boldest color I’ll use with a glide bait is bone."
バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

リトル氏はS字系ビッグベイトを 2 つに分類し、釣りをするフィールドに応じてどちらかのスタイルから選択します。まずは、オープンウォーター系です。

「オープンウォーターに適したS字系ビッグベイトは、非常に幅の広いスライドアクションをするものです。 ウィードエリアや水中岬のような広いストラクチャーや広大なカバーをサーチするときは、これを選択します。」

オープンウォーター用ビッグベイトの例としては、Deps・サイドワインダー、Baitsanity・Explorer、Baitsanity・Antidote などがあります。オープンウォーター用のものの方が高価になる傾向があり、5,000円から25,000円まであります。インディーズブランドや日本製の限定品の中には10万円以上するものもあります。

S字系ビッグベイトのもうひとつのスタイルは、カバー系です。

「カバー用のものは、リトリーブ時の左右のスライド幅がそれほど大きくなく、トゥイッチしたときのレスポンスが良いものです。 桟橋やレイダウンのような狭い場所で使いやすいものです。」

オープンウォーター用のS字系ビッグベイトと比べて、カバー用のものはそれほど効果ではありません。人気のあるカバー用S字系ビッグベイトには、River2Sea・S-Waver 168 および 200、Arashi・Glide、Savage Gear・Shine Glide、G-Ratt・Sneaky Pete、ガンクラフト・ジョインテッドクロー230 などがあります。他にも多くあります。

「私は通常、マッチザベイトで選んでいます。 私が釣っているフィールドにトラウトがいる場合、レインボートラウトカラーで釣ります。ゴールデンシャイナーやギザードシャッドが住んでいる場合は、それに合わせます。私は通常、ホットピンクまたはチャートイエローは使いません。 私が使うもので一番派手なものはボーンカラーです。

S字系ビッグベイトの釣り方

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Little’s glide bait retrieves depend on the type of glide he’s fishing and where he’s fishing it. If he’s around cover, he likes to cast a cover glide past the target and slowly and steadily reel the bait until it reaches the spot he expects to hold a fish. Most glide baits have a lazy “S” pattern when retrieved in this way. When the bait gets to the anticipated strike zone, he gives it a couple of sharp, short twitches. This can be done with the rod tip or by quick turns of the reel handle, which is Little’s preference. When stopped and twitched like this, a glide bait will turn nearly 180 degrees to face any pursuer. Little wants the bait to appear as though it’s been seen and recognizes the peril. He likes the cover glide here because it responds well to quick twitches. If that doesn’t trigger a bass to strike, Little continues his retrieve, making six or seven steady turns of the reel handle before pausing momentarily and doing the double twitch again. He repeats that rhythm all the way back to the boat. In open water that is free of obstructions that could hang or foul a lure, Little opts for an open-water glide. “With the open-water glide, I’m covering water," he says. “But I still want some of that erratic action. Instead of pausing to twitch the bait every six or seven turns of the reel handle, I’ll do it every 10 or 12 turns. By reducing the number of twitches, I can fish an area faster. But if I see a bass following, I can pause and twitch the bait to trigger a bite." Whether fishing a cover glide or an open-water glide, a key element of Little’s gear is a quality pair of polarized sunglasses. Apart from offering protection from the sun, they’re essential for looking into the water and spotting any lunkers that are tracking or checking out his glide baits. “If you’re not seeing the fish that are following your glide bait, you’re not getting as much out of these lures as you could be," Little says. “They have tremendous drawing power—especially the really big baits—and you can have a productive day with glide baits even if you never get a strike. They’ll pull big bass away from cover or up from structure and allow you to see them when otherwise you’d never know they were there. Then you can come back in an hour or two and cast to those fish from a different angle or with a different bait."
バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

リトル氏のS字系ビッグベイトのリトリーブは、使っているルアーや釣りをしている場所によって異なります。カバーの周りにいる場合、彼はそのカバーの向こうへカバー用S字系ビッグベイトをキャストし、バスがいるであろう場所に到達するまでスローステディリトリーブをするのがお気に入りです。多くのS字系ビッグベイトは、この方法でリトリーブすると大きな「Sの字」を描きます。

ルアーが狙ったストライク ゾーンに来たら、鋭く短いトゥイッチを 2 回おこないます。これはロッドティップで行うか、リトル氏が好きな方法はリールハンドルを素早く回す方法です。ルアーが止まっている時にこのトゥイッチをすると、S字系のビッグベイトはほぼ 180 度回転して追ってきたバスの方を向きます。エサが危険を察知して振り向くようなルアーなど今までありません。この素早いトゥイッチによく反応するという理由で、彼はこのカバー用S字系ビッグベイトを気に入っています。

それでもバスがバイトして来なければリトリーブを続け、リールハンドルを6~7回転させてから、再びポーズからのダブルトゥイッチを行います。彼はそれを回収するまでずっと繰り返します。

ルアーを引っ掛けてしまうような障害物のないオープンウォーターでは、リトル氏はオープンウォーター用S字系ビッグベイトを選びます。

「オープンウォーター用を使って広く探ります。 しかし、やはり先ほどの不規則なアクションは必要です。ただしここではリールハンドル6~7回転ではなく、10~12回転ごとにトゥイッチを行います。トゥイッチの回数を減らすことで広く探っていますが、バスが追ってきているのが見えたら、ポーズを入れてトゥイッチし、バイトを誘います。」

カバー用でもオープンウォーター用でも、リトル氏が重要視するのは高品質の偏光サングラスです。太陽光から目を保護するのもそうですが、これで水中を見て、自分のルアーを追ってきているランカーを見つけるために不可欠なのです。

「ビッグベイトを追ってきているバスが見えなければ、このルアーの能力を最大限に引き出せていないのかもしれません。」とリトルは言います。

「このルアーは途方もない引き寄せ力を持っています。そして、もしバイトがなかったとしても、S字系ビッグベイトは有意義な時間をもたらしてくれます。このルアーはビッグバスをカバーから引き出したり、ストラクチャーから引き離したりして、私たちの目で見ることができます。これがなければ、バスがそこにいることを知ることもなかったでしょう。 同じ場所へ1~2時間後に戻ってきて、別の角度から、または別のルアーででそのバスを狙うことができます。」

S字系ビッグベイトのタックル

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
Anglers can fish glide baits on traditional medium-heavy to heavy bass tackle, but you’ll have a better experience, and hook and land more big fish, if you equip yourself specifically for the task. Little maintains that you’ll benefit from two different combos: one for glide baits measuring 6 to 8 inches and weighing up to a couple of ounces, and another for bigger glides. “For smaller glide baits," he says, “I recommend a medium-heavy or heavy casting rod that’s 7-foot-2 to 7-foot-6 with a 150- or 200-size casting reel with a 7-to-1 gear ratio. You need that reel speed to make effective twitches with your reel. I’d spool it with 15- to 20-pound-test fluorocarbon line.’ For fishing the bigger glides, Little scales things up considerably. “I think you need a dedicated swimbait outfit for the bigger glides," he says. “I’d go with a 7-foot-6 to 8-foot heavy or extra-heavy rod and a 300-size casting reel. I’d spool it with 80-pound braided line and use a leader of 25- to 30-pound monofilament to absorb some of the shock of the hookset."
バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

ほとんどはこれまでにあるミディ​​アムヘビーからヘビーのバスタックルでS字系ビッグベイトのを使うことができますが、いくつかを使い分けることで、より良い釣りができ、よりビッグフィッシュを釣ることができます。

リトル氏は、2 つの異なるタックルを使い分けています。

「小さなS字系ビッグベイトには、7フィート2インチから7フィート6インチほどのミディアムへぼーからヘビーロッドに、ギア比7:1 の 150から200サイズのベイトリールをお勧めします。 リールを使って効果的なトゥイッチを行うには、このくらいのギア比がが必要です。ラインは15~20ポンドのフロロカーボンラインを巻いています。

より大きなS字系ビッグベイトを使う場合は、よりスケールアップします。

「より大きなS字系ビッグベイトを使うのであれば、専用のスイムベイトタックルが必要だと思います。 7フィート6インチから8フィートのヘビーまたはエクストラヘビーロッドと300サイズのベイトリールを使います。ここにPE80ポンドを巻き、25~30ポンドのリーダーを使用します。リーダーはフックキングの衝撃を吸収してくれるナイロンラインです。」

よく釣る人のメンタル

引用文を読むにはこちらをタップ(英文)
As is often the case when trying to learn a new method or improve with an old one, the experts place an emphasis on attitude. Tim Little’s approach to glide baits is no different. “If you want to be an effective glide-bait angler, the most important thing is not your technique," he says. “It’s your mindset. Keep throwing it; don’t put it down. Eventually you’re going to have success, either by catching bigger fish than you’ve been catching or by finding them with the glide bait.’ That’s what you call a win-win.

新しい方法を学ぼうとしたり、古い方法を改善しようとしたりするときによくあることですが、プロは心構えを重要視しています。 ティム・リトル氏のS字系ビッグベイトへの考え方も例外ではありません。

「上手なS字系ビッグベイトの使い手になりたいなら、最も重要なことはテクニックではありません。」と彼は言います。 「それはあなたの考え方です。投げ続けてください。ボックスにしまわないでください。結果として、今までよりも大きなバスを釣ることに成功するか、ビッグベイトを使ってビッグバスを発見することで、成功に近づくでしょう。」

まさにウィンウィンの関係ですね。

バス釣りビッグベイト
Photo by game and fish

S字系ビッグベイトにはオープン系とカバー系があるという考え方、良いですよね。なるほどと思いました!

ビッグベイトって、こう言っちゃなんですが、意外と釣れるんですよね。

私でもそこそこ釣れるんですからね。

私でもそこそこ釣れる理由はなぜかといいますと、キャストが適当でもルアーのパワーでバスのほうから近寄ってきてくれる、障害物を利用すればショートキャストでも釣れる、という2点があるからです。

障害物があればショートキャストでも釣れるというのは、ビッグベイトはルアーのパワーでバスが近付いてくるのですが、釣り人と目が合うとビビッてバイトをやめてしまいます。

そこで、障害物を利用して自分の身を隠したり、リトリーブコースに障害物を入れてバスから自分を発見しにくくさせるだけでバイトのチャンスは上がるというイメージです。

ショートキャストなら専用タックルでなくてもなんとか正確なキャストができますから、余計に釣れやすくなりますからね。

また、ティム・リトル氏の言う通り、必ずしもビッグベイトで釣るわけではなく、バスが見えたところを覚えておくためのものとして使うのもかなり有意義だと思います。

悲しいことに、市場にはかつてのビッグベイトブームに乗っかって作られただけの商品も多くありますが、リトル氏のようなビッグベイターがおすすめするルアーは信頼できるものです。

もし、ビッグベイトの釣りを始めたい場合、あなたのまわりに信頼できるビッグベイターさんがいるようであれば、その方に聞いて、本当に釣れるルアーでビッグベイトの釣りを楽しんでみることをおすすめいたします。

きっと新しい可能性にワクワクすると思いますよ!

それではまた。

毎度ありがとうございます!