大自然の中で人が死亡する原因

      2019/01/10

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトの中から、大自然を楽しむバックカントリー(手つかずの自然の中でキャンプやスキーなどを楽しむこと)で人間が死亡する事故について、いくつか引用してご紹介させていただこうと思います。

引用先:outdoorlife.com ”10 Ways to Die in the Backcountry”By Tyler Freel November 26, 2018

 

私たちバスアングラーは、釣りが好きなのはもちろんなのですが、元々には自然が好きで、釣りが好きという方も多いものです。

私は父の影響で、割りと小さいころから登山をさせられてきたり、もちろん釣りもしたり、キャンプ、冬山スキーハイキングなど、ファミコンをなかなか買ってもらえない代わりに、こういったアナログな楽しみ方を教わってきました。

冬山で雪を鍋に沸かし、家族で分け合って食べたカップラーメンの味はいまだに忘れられません。

自分的にはこれでもまあまあハードなアウトドアライフなのですが、まだ立ち入り禁止区域や手つかずの自然にまで立ち入ってアウトドアライフを楽しむ、いえ、真のサバイバル生活をしたなんてことはありません。

いくら自然が好きでも、そこまでの勇気はないというのが正直なところです。

しかし最近、バックカントリーといって、手つかずの自然の中へ入っていって自然を楽しむという行為が流行しているようです。

人の人生の楽しみ方にケチをつけるつもりはありませんが、立ち入り禁止区域でスキーをして雪崩に巻き込まれたですとか、入山禁止区域で山菜取りをして事故に遭ったですとか、悲しい事故に遭うのだけは避けてもらいたいなと思います。

それよりはるかに軽いアウトドア好きの私としましても、釣りやキャンプをしていて、何かの拍子に手つかずの自然の森の中に入ってしまい、危険な目に遭うことだってあるかもしれません。

そんなときのために、大自然にはどんな危険があるのかを知っておく必要もあるのではないかと思いました。

この記事は、アメリカのアウトドア専門メディア「OUTDOOR LIFE」の記事で、バックカントリーで人が死ぬパターンが書かれた記事の中から、いくつか抜粋し紹介させていただこうと思います。

みなさまもぜひ、読んでおいてください。

 

熊と闘う

While statistics prove that lethal bear attacks are unlikely, there are people who meet this fate every year. And, they probably don’t think it will happen to them. Know the difference between black bears and grizzly/brown bears, and how to react to both. Try to fight a grizzly that’s on top of you, and it will likely be the end of you, but try to play dead with a black bear, and he’s going to eat you. You absolutely should practice with and carry defensive weapons, whether that’s a firearm or bear spray, but also understand that if it comes to using it, things have already gone very wrong. Staying safe in bear country is all about conflict avoidance.

統計によれば、クマに襲われる可能性はわずかだと証明されていますが、毎年この犠牲になる人々はいます。 そして彼らはそれが自分の身に起こるとは思わないのです。 クロクマとヒグマの違い、そしてその両方がどういう反応をするかを知ってください。 自分よりも大きなヒグマと戦ってみてください、おそらくあなたに終わりが来るでしょう、クロクマには死んだふりをしてみてください、彼はあなたを食べるでしょう。 あなたは火炎放射器や熊よけスプレーなど、防衛用の武器の使い方を学び練習し、持ち歩くべきですが、それを使うことになるということは、物事はすでに間違っているということを理解してください。 クマのいる地域で安全に過ごすこととは、熊との出会いを避けることがすべてです。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 



脱水症状の合併症

You’ll note that I said “complications of dehydration.” Sure, there is plenty of backcountry in which water is scarce, and poor planning could get you killed directly from dehydration. But the more likely demise is less obvious. Dehydration can easily become the catalyst for more serious problems. In many backcountry haunts, it can be easy to become dehydrated, even where water is relatively abundant. While backpacking or hunting, you should be drinking more water than you normally would, and unfortunately, we often tend to drink less than we normally do. It can be easy to find yourself running low on potable water, and dehydration combined with fatigue can lead to poor decision making. Even “non-dangerous” levels of dehydration can make it harder to stay sharp and focused, and leave you more vulnerable to things like hypothermia. Many backcountry mishaps are the result of a single poor decision, so you need to always be on your game. Think about everything you do. As for water, remember this rule: Any time you leave a water source, make sure to have a plan for where you will find the next one.

「脱水症の合併症」と書いてあることにお気付きでしょうか。確かに、バックカントリーでは水が不足することが多くなり、しっかり計画しないと脱水症が直接の死亡原因になる可能性があります。しかし、より死亡する可能性が高くなるのはそれではありません。脱水はより深刻な問題のための原因になることがあるのです。多くのバックカントリーの死体を見ると、水を比較的多く持っている状態で、脱水状態になっているのです。バックパッキングやハンティングをしている間は、通常より多くの水を飲むべきです、そして残念ながら、我々はよく、通常より少ない量を飲む傾向があります。飲用水の量が少なくなっているのに気付くのは簡単なことであり、脱水症状と疲労が組み合わさって判断力が低下する可能性があります。 「危険ではない」レベルの脱水であっても、ちゃんと集中し続けることは難しくなり、低体温にでもなりかけるとより悪くなる可能性があります。多くのバックカントリーのミスはだいたいが一つの悪い決断による結果ですので、あなたは常に自分を客観的に見る必要があります。自分がすることすべてについて考えてください。水に関しては、このルールを覚えておいてください:水源から離れる前に、次の水源を見つける場所までの計画を立てるようにしてください。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 



転落

There's a reason that most of us have a natural fear of heights to some degree. Falling is a very real and dangerous risk to those of us poking around in the mountains. Many people have slipped and fallen to their death while hunting, hiking, or climbing. Of course, a cliffy hillside that would result in a 300-foot fall is deadly, but some of the less obvious falls are just as deadly. In any construction-oriented fall safety class, they teach that fatalities dramatically increase in falls over 10 feet. We may not find ourselves shuffling across the top of 800-foot cliffs often, but 10 feet? Definitely. Even if a fall doesn’t kill you outright, all it takes is landing the wrong way, a single rock giving loose under your feet, for you to sprain an ankle, break a bone, or hit your head. In the backcountry, a simple injury like that can kick off a series of events that turn fatal.

私たちの誰でもある程度の高所恐怖症を生まれつき持っているのには理由があります。 転落は、山の中を歩く私たちにとって非常に現実的で危険なリスクです。 多くの人が、ハンティング、ハイキング、登山の間に滑って亡くなっています。 もちろん、100メートルも落ちる崖のようなところでの滑落は致命的ですが、それほどでもない落下であっても同じように致命的です。 どんなに転落事故に考慮した安全建築物でも、3メートル以上の転落での死亡件数が劇的に増加することがわかっています。 私たちは240メートルもの崖の上を頻繁に通ることはしないでしょうが、3メートルではどうでしょうか。 落ちた時に死ぬまでは行かなくても、たった一つの岩に片足で着地することで、足首を捻挫したり、骨を折ったり、頭を打ったりします。 バックカントリーでは、そのような単純な怪我が致命的な一連の出来事の始まりになる可能性があります。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 



For those backcountry hunters who like to browse and supplement their diet with natural foods, getting poisoned could be a real threat. Things like mushrooms, berries, and even flowers can kill you if you don’t know exactly what you’re eating. On the upside, your risk of death by poisoning is basically zero if you stick to the practice of not eating anything that you don’t know is 100% safe.

食べることや栄養補給を自然の物で補うことを好むバックカントリーハンターたちにとって、毒は本当の脅威となるでしょう。 きのこ、果実、花であっても、食べられるかどうかが正確に分からない場合は、あなたは死亡する可能性があります。 逆に、あなたの中毒による死亡の危険性は、知らないものや100%安全であるもの以外は食べないという慣習にこだわることで、基本的にはゼロになります。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 



低体温症

Hypothermia is one of the most famous backcountry killers, and plenty of time is spent covering it in any good hunter’s safety class or survival class. Hypothermia is one of the easiest ailments to acquire in the field, and it’s one of the most deadly. The kicker is that once you are falling under its effects, it can be extremely difficult to recover on your own. You lose your ability to make good decisions and motor functions go, too. Recognizing the symptoms early is the key. Most of the time hypothermia is completely preventable, and it often occurs in relatively warm ambient temperatures. These hypothermia cases are the result of poor planning or unpreparedness. Think of a hiker getting soaking wet in cold river with no way to dry off or start a fire. If you are venturing into the backcountry, you should always have enough clothing to rewarm yourself if you say, twist your ankle and have to spend the night on what was supposed to be a day hike. Also, wool or synthetic clothing that will insulate when wet is literally a life saver. I also recommend ALWAYS having a waterproof means for starting a fire on your person. When I’m hunting, I’ll have a kit in my pocket, in my bino pouch, and more in my backpack. When boating, I keep a sealed road flare on my life jacket, so that even with minimal motor function, I can easily get a raging fire going quickly.

低体温症は最も有名なバックカントリーキラーの1つであり、どんな良いハンターでもそれを予防するのに十分な時間が費やされています。低体温は、この分野で患うのが最も簡単な病気の1つであり、最も致命的な病気の1つです。一度その症状が出ると、自分自身で回復することが非常に困難になる可能性があるのです。あなたは、良い決断を下す能力や運動能力も失うのです。症状を早期に認識することが重要です。ほとんどの場合、低体温は予防可能であり、そしてそれは何故か周囲が比較的暖かい温度で起きます。つまりこれらの低体温症の症例は、計画不良または準備不足の結果です。

冷たい川に落ちて濡れて乾かすための火を起こせないことを考えてください。バックカントリーという冒険しているならば、足首をねん挫してその日は夜を越さなければならない場合に備えて、十分な服を常に持っているべきです。また、濡れたときに発熱するウールや合成繊維の服は文字通り命の恩人になります。また火を起こすための防水手段が常にあることをお勧めします。私がハンティングをしているときは、ポケットの中、ポーチの中、バックパックの中に火を起こすキットを入れるでしょう。ボートに乗るときは、ライフジャケットの密封されたポケットに火気を入れます、それにより運動機能が落ちた時でさえ、急速に激しい火を起こすことができます。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 



落石、落木

Sometimes the mountains are an absolutely serene environment. However, trees and rocks come crashing down on in that serene environment—and more often than most people would expect. Falling trees and rocks can kill or badly injure you in the blink of an eye. Recently, a sheep hunter here in Alaska was killed when he was hit by a falling rock. You can usually avoid this risk if you pick your campsite carefully. If you’re camping in the timber, make sure there are no dead or unhealthy looking trees that could fall on your tent, especially if you expect storms or high winds. Usually trees will give some warning before they snap off or tip over. You will hear them pop and crack with the wind (not just the typical groaning). Also be careful to never set your tent at the bottom of rock slides or other areas where you can tell rocks have frequently fallen. You always assume some risk when crossing hillsides or walking below steep faces, but take extra caution during very rainy weather or after a blizzard when the snow is melting. It is very common for rocks to fall at those times as the soil erodes.

時には山々は穏やかな環境になります。しかし、その穏やかな環境の中で、そしてほとんどの人が予想するよりも多くの場合、木々や岩石が落下してきます。落下する木や岩石は瞬く間にあなたを殺したり、重傷を負わせることがあります。最近、アラスカの羊ハンターが落下する岩に見舞われ、亡くなりました。あなたが慎重にキャンプ場を選べば、この危険を避けることができます。あなたが森でキャンプをしているならば、あなたのテントの上に落ちてきそうな腐った、または不健康に見える木がないことを確認してください。特に嵐や強風が予想されているなら尚更です。通常、木が折れたりちぎれる前に、いくつかの警告サインを出します。木が風でひび割れ、飛び散る音を聞くことができるでしょう(典型的な風のうなり音だけではありません)。また、崖崩れ跡の下や落石があったことが分かる場所には絶対にテントを置かないでください。山の中腹を横切るときや急斜面の下を歩くときは、常にある程度のリスクを負うことになりますが、雨が降っているときや吹雪の後などで雪が溶けているときは特に注意してください。一般的には土壌が侵食されることによって、岩が落ちてきます。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 

銃、弓矢、ナイフ

This category is a prime example of how important it is to act purposefully in the backcountry. When we are out hunting, we carry tools that are made for inflicting damage. When these tools are handled carelessly, even for a second, the consequences can be dire. Much like other items on this list, an accident with a gun, sharp broadhead, or knife can kill you very quickly, but even more superficial injuries can turn deadly in the backcountry due to infection. Every year, hunters are injured by their own arrows, knives, or careless gun handling. Accidents happen, but most of them are absolutely preventable. You should always have some sort of first-aid kit in your backpack. You won’t be able to treat everything, but a small trauma kit and a tourniquet (if you know how to use it) can save your life.

この項目は、バックカントリーでは意識的に行動することがいかに重要であるかの良い例です。 私たちが狩りをするとき、動物にダメージを与えるために作られた道具を持っています。 これらの道具が一瞬でも不注意に扱われると、結果は悲惨なものになる可能性があります。 銃、ナタ、ナイフなどでの事故によりすぐ死に至ることもありますが、さらにかすり傷でさえ感染症によってバックカントリーでは致命傷になることがあります。 毎年、ハンターは自分の矢、ナイフ、または不注意な銃の取り扱いによって怪我をします。 事故は起こるものですが、それらのほとんどは予防可能です。 常にバックパックにはある種の救急箱を持っているべきです。 すべてを治療することはできませんが、小さな手当箱や止血帯(使い方を知っていれば)はあなたの命を救うことができます。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com

 

溺れる

Drowning is a very real possibility in remote places where you may be on a raft, canoe, or boat trip. On backpack hunts, drowning is a possibility when crossing swollen streams. Even a knee-deep stream can quickly kill you if you lose your footing with a heavy backpack, especially if you are injured in the fall. Always exercise extreme caution, and don’t be too proud to wait it out or find a different spot to cross. While boating or rafting, no one plans on going overboard, but it does happen for a litany of reasons. Even if you’re a good swimmer, you might be weighed down by clothing or incapacitated, so a flotation device is a no-brainer. I never used to wear a PFD while running my river boat. But then a family friend, who was a veteran river-runner, hit a submerged log, and was thrown out of the boat, never to be seen again. He wasn’t wearing a PFD. Now, I always do. In addition to wearing a PFD, prepare to fight off hypothermia, because if you go in the water and don’t drown, you will likely still have figure out a way to get warm and dry.

溺死は、僻地でのいかだ、カヌー、ボートにおいて非常に現実的な可能性があります。リュックサックでのハンティングでは、増水した川を渡るときに溺死の可能性があります。あなたが重いバックパックによって足場を失なったとき、特に転んで怪我をしているようなときなどは、膝ほどの深さの川でさえすぐに死ぬこともあります。常に細心の注意を払ってください、そして得意げにタイミングを計ったり、他の渡る場所を見つけるようなことをしてはいけません。ボートやラフティングをしている間は誰もが船外に落ちるつもりはありませんが、多くの理由で起こります。たとえ泳ぎが得意であったとしても、衣服によって重くなったり、能力を発揮できないことになるかもしれません。そんなときはライフジャケットです。私は川でボートを走らせているとき、ライフジャケットを着たことがありませんでした。しかし、その後、ベテランの川漁師であった友人の家族は、水没した丸太に当たって船から投げ出され、帰らぬ人となりました。彼はライフジャケットを着ていませんでした。現在では、私は常に着用します。 ライフジャケットを着用することに加えて、低体温を予防する準備もしています。なぜなら、水に落ちても溺れないのであれば、次は乾燥し暖かくする方法を考え出す必要があるためです。

大自然の中で人が死亡する原因

Photo by outdoorlife.com


 

いかがでしたか。

読んでいて少し気分が悪くなってしまったかもしれません。申し訳ありません。

私もなんだか嫌な気分になってしまうのですが、少なからず自然を相手にする釣りというものを楽しんでいる以上、心当たりがないわけではありません。

命がけでやるという意味ではありませんが、命の危険は常にあるということを意識していかないといけないなと、改めて感じました。

特に最後の溺死の項目に関しては、直接的に私たちにも関係があります。

残念なことに、日本でも毎年のように釣り人が亡くなっています。また、SNSのたかが私のタイムラインを見るだけでも、ボートや岸から落水したという投稿をこれまで何回か見ました。「ライフジャケットを着ていてよかった。」という書き込みなのですが、逆に言えば、ライフジャケットを付けていなければ、その書き込みすら見ることもなかったのかもしれません。

先にも書いたように、私のようなレベルのアウトドアでもそうですし、冒険は人によってさまざまなレベルで行われますが、誰にもそれ相応のリスクが付いて回ります。そして小さな問題があっという間に大きな問題になるということがこの記事でよく分かりました。

遊びと言えども、準備や予防対策はしっかりして、良く考え、慎重に行動するべきですね。

皆さんはどう思われましたでしょうか。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

↓ためになったよと思ったらボタンをお願いしますー!

 - フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status