プリスポーンで試したいルアー5選

      2018/04/01

スポンサーリンク

Photo by luckytacklebox.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 PRESPAWN BAITS YOU NEED TO TRY”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:luckytacklebox.com”5 PRESPAWN BAITS YOU NEED TO TRY”Written by Andrew Schadegg(海外サイトです)

 

プリスポーン時期のバス釣り。冬という厳しい季節がようやく過ぎ、快適に釣りができるという意味で、この時期が好きという方は多いことかと思いますが、もっと単純に、冬に比べたらはるかに釣れる、というのも、この時期が好きという理由に充分ですよね。

なぜ急にバスが釣れ始めるのかと言えば、この時期のバスは空腹で、攻撃的で、縄張りを主張し始めるためという風に言われてまして、おかげで数も、サイズも出るような時期と言われています。

こういう時期は1年を通してそう多くはありません。

もしこの時期、釣りに出かける機会が多くあるようでしたら、新しいルアーに挑戦してみることをおすすめいたします。これまで手を出しずらかったジャンルやタイプのルアーや、苦手意識のあるルアーを試してみれば、使い方のコツを掴んだり、ややもすれば得意なルアーに昇格することもあるかもしれません。

この記事は、アメリカのタックルショップ「LUCKY TACKLE BOX」のブログから、バスのやる気のあるこの時期に有効でありつつ、まだ使っていないんじゃないか的なルアー5つを紹介してくれています。

今までこの時期によく釣れていたルアーを今年も使うのは当たり前で、簡単なことです。今年は、新しい何かに挑戦してみるのはいかがでしょう。もしダメなら、今まで釣れていたルアーに戻せば大丈夫なわけですから。

次の5つに、この時期やったことのないものがないかどうか、チェックしてみて下さい。

 

1:ビッグスイムベイト

If you haven’t experimented with the bigger swimbaits, this is the time of year to do it. By big we mean something 6 inches or bigger. Huddleston, Osprey, Castaic, LIVETARGET and Savage Gear all make excellent bigger swimbaits. Get out of your comfort zone and learn this very effective technique.

もしビッグスイムベイトを試したことがないなら、今年はやってみてはどうでしょう。 ビッグというのは、6インチ以上のものを意味します。 Huddleston(ハドルストン)、Osprey(オスプレイ)、Castaic(キャスティーク)、LIVETARGET(ライブターゲット)、Savage Gear(サベージギア)などはすべて優れたビッグスイムベイトを作っています。 安定の世界から飛び出し、この非常に効果的なテクニックを学んでみてください。

 



2:プロップ系トップウォーター

These types of baits have really been making a splash in the industry. From the popular Whopper Plopper to the new Lunkerhunt Prop Series, these rotating water chugger baits create a ton of disturbance and induce some serious explosions. If you’re not throwing them, you should be.

このタイプのルアーは、業界でも盛り上がりを見せています。 人気のあるWhopper Plopper(ウォッパープロッパー)から新しいLunkerhunt Prop(ランカーハントプロップ)シリーズまで、これらの回転系チャガーベイトは水を大きく掻き回し、まさに大爆発を引き起こします。 もしこれらを投げたことがないなら、投げてみるべきです。

 

3:ディープクランク

Not your 15 foot crankbaits, we’re talking about those super deep 20 foot plus versions. These require some specialized crankbait equipment, but they are big time fish catchers, particularly with the schools of bass that haven’t moved up yet, but are starting to get hungry early in the prespawn stage. The Strike King 10XD is pretty much all you need in this category.

これは、4.5メートルダイバーのクランクベイトではなく、6メートルオーバーのスーパーディープクランクについての話しになります。 これには専用のクランクベイトタックルを必要としますが、特に、プリスポーンの段階になり始めて空腹になっていながらもまだ上がってきていないバスの群れに対しては、非常に有効な武器となります。 ストライクキング・10XDこそ、このカテゴリーで必要としているものです。

 



4:アンダースピンジグ

This little jighead with a blade underneath is a gold mine for catching fish not just in the spring, but all year round. Get some different weights and sizes, then pair your favorite paddle tail swimbait like a Keitech or Strike King Rage Swimmer. Run this sucker slowly along the bottom, on the outside of a tule or reed line or around spawning flats and hold on, cause you’ll catch some fish.

下部にブレードを持つこの小さなジグヘッドは、春だけでなく、一年中魚をキャッチできるまさに金鉱脈です。 いくつかの異なるウエイトとサイズを用意して、Keitech(ケイテック)やStrike King Rage Swimmer(ストライクキング・レイジスイマー)のような、好きなパドルテールスイムベイトを組み合わせます。 これをボトムに沿ってゆっくりと、アシやガマの外側やスポーニングフラットエリアまわりを通していくことで、魚を釣っていくことができます。

 

5:S字系ビッグベイト

These jointed style hard baits, like big swimbaits, are sometimes intimidating for anglers to dive in and try. You will not be disappointed if you spend some time getting to know this technique. It is a great fish locator, as many times giant bass will follow it all the way to the boat. When they are striking it though, they destroy it. This is a great bait to fish around spawning areas when they are territorial. Great versions from River2Sea, Savage Gear, Castaic and many others.

ビッグスイムベイトに近いこのハードルアーのジョイント系ルアーは、投げて巻くことに対し、時にアングラーをためらわせることがあります。 しかしこのテクニックを身に着けるために時間を少々かけたとしても、失望することはありません。 何度も巨大なバスがボートのそばまで追ってくるので、素晴らしいバス発見器と言えます。バイトがない時こそ、バスはこの手のルアーを破壊しに来ます。 これはスポーニングエリアでバスが縄張り意識が強くなってきた頃に効くルアーだからです。 River2Sea(リバートゥーシー)、Savage Gear(サベージギア)、Castaic(キャスティーク)など多くのメーカーから発売されています。


 

いかがでしたか。

私がこの時期、このなかであまり積極的に使っていなかったと言えば、プロップ系トップウォーターとアンダースピンジグでしょうか。

 

プリスポーンのバスは空腹でシャローをうろつき始めるというのは大きな特徴だと思いますので、それに合わせて、食性に訴えるようなルアーをチョイスするのがありだと思います。たとえば私の場合ですが、シャッドやミノーなど、低水温でも追いつけるようなルアーをチョイスしたり、I字形など弱ったベイトに合わせてみたりしてきました。

もうひとつが、威嚇系です。

スポーニングを意識し出すと、縄張り争い的な行動をしたり、1匹のメスを奪い合うというか、意識しているようなそぶりを見せたりします。そんなときにビッグベイトに反応が良かったりすると思いますので、投げることもありました。

しかし、プロップ系トップウォーターやアンダースピンジグは投げてきませんでした。

あまりこういうルアーが効くという話は聞きませんが、そういうことなら、ぜひ試してみたいところです。

問題は、あまり売ってないというところでしょうか(笑)

 

今現在、こうしている間にも、SNSではナイスバスの写真がたくさん上がっています。「うわっ、こんなルアーで釣ったのかあ!」というものもいっぱいあり、とても刺激を受けています。

新しい情報や考え方を知って、試してみることはとてもいいことだと思いますし、釣れた時の喜びも大きいものです。

 

私もそういう皆さんの仲間入りができるよう、新しいチャレンジをしたいと思います。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

 

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと,

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status