ブラックバスという魚と釣り

      2018/04/17

スポンサーリンク

 

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:worldfishingnetwork.com”Bass"By: WorldFishingNetwork.com Staff Mar 02, 2018(海外サイトです)

 

ブラックバスという魚、私はこの魚を追い続けてもう今の人生の半分近くなります。

 

なんだかもうバス釣りのことを(ほかの釣りも含めますが)考えているのが当たり前になり過ぎて、惰性で動いている部分があるのではないかと思うほどです(笑)

それでいて、いよいよ明日は釣りに行く日だとなると、楽しみで夜も眠れない、そんなことがいまだにあるわけで、いい年こいて恥ずかしいなと自分で思いつつも、本当なんだから仕方ありません。

それほど、私にとってブラックバスという魚は身近であり特別な存在です。

きっと皆さんのなかにも、そんな方が多いことかと思います。

 

この記事は、おもに北アメリカを中心としたフィッシングメディア「World Fishing Network」のスタッフによって書かれたもので、ブラックバスの基本的な事柄について書かれたものです。

このワールドフィッシングネットワークは、釣りやアウトドア全体の情報をテレビやアプリを通して発信するメディアなのですが、そんな専門チャンネルでさえ、今この時代に、このブラックバスという魚についてまとめられた記事があるというほど身近であり特別な存在であるということを示しているのではないかなと思います。

この素晴らしい記事をこれから3回にわたって、このブログでご紹介させていただきます。今回はブラックバスという魚そのものやバス釣りを取り巻く環境についてです。

本当に基本的なことだけかもしれませんが、時々は初心に帰ってみるということで、いかがでしょうか。

 

はじめに

Bass are one of the most popular gamefishes in the world with many species inhabiting both fresh and saltwater environments. They belong to the Perciformes order, which contains 40 per cent of all bony fish in the world. They tend to prefer warmer water temperatures, ranging from tropical to temperate habitats. Some of the more popular bass groups are black bass (largemouth, rock, smallmouth), temperate bass (striped, white), and sea bass (black sea bass, European sea bass, giant sea bass). The term "bass" is sometimes used to describe fish that are not technically part of the bass family, like South America's peacock bass, which is actually a cichlid.

バスは世界で最も人気のあるゲームフィッシュの一つで、淡水と海水の両方に生息する多くの種がいます。 それらは世界中のすべての骨のある魚(硬骨魚)の40%を占めるスズキ目に属します。 彼らの生息地は、熱帯から温帯までの暖かい水温を好む傾向があります。 一般的にバスのグループは、ブラックバス(ラージマウス、ロックバス、スモールマウス)、テンペレートバス(ストライパーバス、ホワイトバス)、シーバス(ブラックシーバス、ヨーロピアンシーバス、ジャイアントシーバス)です(アメリカには日本でおなじみのスズキは住んでいません)。 「バス」という言葉は時々、南アメリカ原産のピーコックバスなど、実際にはバスの仲間ではない魚でも記述として使用されることがあります。

 



バスの種類

Black Bass

  • Largemouth Bass
  • Smallmouth Bass
  • Spotted Bass
  • Shoal Bass
  • Redeye Bass
  • Suwannee Bass
  • Guadalupe Bass
  • Bartram's Bass

Temperate Bass

  • Striped Bass
  • White Bass
  • Other Kinds of Bass
  • Peacock Bass

Sea Bass

  • Rock Bass
  • Australian Bass
  • Papuan Black Bass

一般的なバスの仲間は、以下のような種類があります。

ブラックバス

  • ラージマウスバス
  • スモールマウスバス
  • スポッテッドバス
  • ショールバス
  • レッドアイバス
  • スワニーバス
  • グアダルーペバス
  • バートラムバス

テンペレートバス

  • ストライプドバス
  • ホワイトバス

その他のバス

  • ピーコックバス
  • シーバス
  • ロックバス
  • オーストラリアバス
  • パプーンブラックバス

なぜバスフィッシングは人気があるのか

Bass fishing is very popular because it is not overly difficult to pick up. The fish's eagerness to bite and its strong fighting spirit make for an exciting fishing experience.

Big mouth bass fishing continuously attracts both novice and professional anglers across North America.

習得するのが難しくないことから、バス釣りはとても人気があります。 魚の食欲と激しいファイティングスピリッツは、刺激的な釣りの経験をもたらします。

ブラックバスフィッシングは、北米全域で初心者からプロのアングラーまでを魅了し続けています。

 



ブラックバスの世界記録

  • Largemouth Bass - 22 pounds 4 ounces - Lake Biwa, Shiga, Japan and Montgomery Lake, Georgia, USA
  • Smallmouth Bass - 11 pounds 15 ounces - Dale Hollow Lake, Tennessee, USA
  • Striped Bass - 78 pounds 8 ounces - Atlantic City, New Jersey, USA
  • Black Sea Bass - 10 pounds 4 ounces - Virginia Beach, Virginia, USA
  • Spotted Bass - 10 pounds 4 ounces - Pine Flat Lake, California, USA
  • Shoal Bass - 8 pounds 12 ounces - Apalachicola River, Florida, USA
  • Guadalupe Bass - 3 pounds 11 ounces - Lake Travis, Austin, Texas, USA
  • Rock Bass- 3 pounds 0 ounces - Lake Erie, Pennsylvania, USA and York River, Ontario, Canada
  • White Bass - 6 pounds 13 ounces - Lake Orange, Orange, Virginia, USA and Amite River, Greenwell Springs, Louisiana,USA
  • Australian Bass - 8 pounds 4 ounces - Lake Wivenhoe, Queensland, Australia
  • Suwannee Bass - 3 pounds 14 ounces - Suwannee River, Florida, USA
  • Butterfly Peacock Bass - 12 pounds 9 ounces - Chiguao River, Bolivar State, Venezuela
  • Papuan Black Bass - 42 pounds 5 ounces - Fly River, Papua New Guinea
  • Redeye Bass - No official record
  • Bartram's Bass - No official record
  • ラージマウスバス - 22ポンド4オンス - 滋賀県琵琶湖,日本 and モンゴメリーレイク, ジョージア州, USA
  • スモールマウスバス - 11ポンド15オンス - デールホローレイク, テネシー州, USA
  • ストライプドバス- 78 ポンド8 オンス- アトランティックシティ, ニュージャージー州, USA
  • ブラックシーバス- 10 ポンド4 オンス- バージニアビーチ, バージニア州, USA
  • スポッテッドバス- 10 ポンド4 オンス- パインフラットレイク, カリフォルニア州, USA
  • ショールバス- 8 ポンド12 オンス- アパラチコーラリバー, フロリダ州, USA
  • グアダルーペバス- 3 ポンド11 オンス- トラビスレイク, オースチン, テキサス州, USA
  • ロックバス- 3 ポンド0 オンス- レイクエリー, ペンシルバニア州, USA and ヨークリバー, オンタリオ州, カナダ
  • ホワイトバス- 6 ポンド13 オンス- レイクオレンジ, オレンジ, バージニア州, USA and アマイトリバー, グリーンウェルスプリグス,ルイジアナ州,USA
  • オーストラリアバス- 8 ポンド4 オンス- レイクワイブンホー, クイーンズランド, オーストラリア
  • スワニーバス- 3 ポンド14 オンス- スワニーリバー, フロリダ州, USA
  • バタフライピーコックバス- 12 ポンド9 オンス- チグアリバー, ボリバル州, ベネズエラ
  • パプーンブラックバス- 42 ポンド5 オンス- フライリバー, パプアニューギニア
  • レッドアイバス-公式記録なし
  • バートラムバス-公式記録なし

(1ポンド=約0.45キロ)

 

バスフィッシングのおおよその歴史

Bass fishing in North America evolved independently of European influence. The more wealthy U.S. angler concentrated on going after trout and salmon, while the working-class folk went after bass using poles and live bait. This is a major reason why bass culture and literature were targeted more toward the commoners.

The first artificial flies used for bass fishing were borrowed from the already existing trout and salmon designs. Later, anglers began to develop flies that were specifically targeted for bass fishing.

With the expansion of the U.S. railroad system, there was a possibility to expand the presence of black bass around the country. The species proved able to adapt to new environments and populations started to grow throughout the country.

Even the U.S. Department of Agriculture started assisting farmers to spread the largemouth bass and raise its numbers.

Industrialization polluted and changed many of the ecological systems previously inhabited by other fish species like trout. In its place, smallmouth bass was often introduced and was able to survive these harsher environments. With time, however, even the smallmouth bass began to decline in numbers due to worsening conditions.

Recently, there has been more emphasis placed on cleaning up and preserving lakes and rivers. This action has brought about an increase in smallmouth numbers and a resurgent reputation among anglers.

北米でのバスフィッシングは、ヨーロッパの影響を受けず独自の進化をしてきました。裕福なアメリカの釣り人は、トラウトやサーモンを求めることに集中し、労働者階級(サラリーマン家庭)の人々は、ロッドと生き餌を使ってバスを追いかけました。これが、バスの文化と文学がより一般向けの対象になった主な理由です。

バスフィッシングに使用された最初の人工的なフライは、既に存在するトラウトやサーモンのデザインから取り入れられたものです。その後、釣り人はバスフィッシング専用のフライを開発し始めました。

アメリカの鉄道システムの拡大に伴い、ブラックバスの存在が全国的に拡大した可能性があります。バスは新しい環境に適応できることがわかり、その数は全国的に増加し始めました。

アメリカ農務省でさえ、農家がラージマウスバスを拡散しその数を増やすことを支援し始めました。

(国の産業の)工業化により以前はトラウトなど他の魚種が棲息していた多くの生態系を汚染し、変化させました。そういった場所でも、スモールマウスバスを導入すると、これらの過酷な環境で生き残ることができました。しかし時間が経ち、条件が悪化するにつれてスモールマウスバスも減少し始めました。

最近では、湖や川の清掃と保護に重点が置かれています。この行動は、スモールマウスバスの数と釣り人からの評判の復活と増加をもたらしました。

 



バスを釣る場所

There are several bass fishing locations that anglers can choose from based on their proximity and preference.

Bass Fishing In Ponds

Many weekend anglers fish for bass in ponds, even more so than in lakes. They often go out bass fishing with live bait, like creek chubs. This requires using a slightly larger hook to assure that a biting bass can be easily hooked. Using a hook that is too small will allow bass the opportunity to bite and slip away.

You can find bass fishing live bait in close proximity to many of the fishing spots. It is always best to use live bait that is local to the spot where you plan to fish because fish are familiar with it.

Bass Fishing In Rivers

Bass fishing in rivers is very popular and opens the opportunity to use a variety of different baits and fishing styles. One of the more effective methods is to use live worms that do a great job of hiding the presence of a hook. A decent substitute for this is the bass worm, an artificial worm that allows an angler to avoid the use of live bait. Plastic bait comes in many varieties of shapes, sizes and color.

Artificial lures like spinners and spoons are also very effective. Choosing the right one depends on the conditions and usually requires a bit of experimentation to get it right. Make sure to use spinners with the water flow, not against it. Cast your line upstream and allow it to float naturally downstream towards you. Bass like to face upstream and wait for their prey as it swims downstream.

It is often difficult to choose the best bass fishing hot spots along a river as even just a few yards upstream or downstream can make a huge difference. Look around, there may be excellent bass guides available in your area to make your experience a lot more productive and enjoyable.

Bass Fishing In Lakes

Bass lakes are readily available throughout North America and are excellent spots to develop and perfect your bass fishing strategies. Unlike ponds and even some rivers, a lake is a perfect body of water to take the boat our for a nice long day of bass fishing.

Many of the popular bass sport fishing competitions are held on lakes. For example, the Bassmaster Elite Series held tournaments on Pickwick Lake, Alabama and Lake Murray, South Carolina in the 2011 season.

The Bassmaster Classic, often dubbed the Super Bowl of bass fishing tournaments, has taken place on many different lakes in its history. $500,000 is awarded to the winner, and notoriety and many endorsements are often gained through a Classic victory.

釣り人は、アクセスの良さや好みによってバス釣りの場所を選ぶことができます。

池のバス釣り

多くのサンデーアングラーは、池のバスを、湖のバスよりも多く釣っています。彼らはしばしばウグイのような生きている餌でバス釣りに出かけます。このとき、食いついたバスを簡単に掛けることができるように、少し大きめのフックを使用する必要があります。小さすぎるフックを使用すると、バスがバイトしても抜けてしまい逃げられる機会が増えてしまいます。

多くの釣り場の近くにバス釣りに適した生きている餌を見つけることができます。魚が知っているほうがいいので、釣りに行く地方に住む生きた餌を使うのがベストです。

 

川のバス釣り

河川でのバス釣りは非常に人気があり、様々な餌や釣り方があります。より効果的な方法の1つは、フックの存在に気付かせない素晴らしい仕事をする生きたミミズを使用することです。その代用品としては、生き餌を使うのが好きでない釣り人のための人工的なミミズであるバス用ワームです。このワームには、形、大きさ、色など、さまざまな種類があります。

スピナーやスプーンのような人工的なルアーも非常に効果的です。適切なものを選択するには条件にも依存されるため、正しい選択をするにはある程度の経験が必要です。流れる水にはスピナーを使用することを忘れないでください。上流に向かってキャストし、自分の方へナチュラルドリフトさせ漂わせるようにします。バスは上流に頭を向け、下に流れてくるものを待つためです。

川での最高のバス釣りのスポットを選ぶのは難しいことがよくあります。わずか数メートルのズレでも大きな違いがあります。周囲を見回してみると、その地域で利用可能な優れたバスフィッシングガイドがいますので、より多くの釣果と楽しい経験をすることができます。

 

湖のバス釣り

バスレイクは北米全域で容易に見つけることができ、あなたのバス釣りの戦略を試すための優れたスポットです。池や一部の川とは異なり、湖はバス釣りの長い一日を有利にするためのボートを使うのに最適なフィールドです。

人気のあるバススポーツ釣りトーナメントの多くは湖で開催されています。例えば、バスマスター・エリートシリーズは、2011年のシーズンにサウスカロライナ州のピクウィックレイク、アラバマ州マレーレイクでトーナメントを開催しました。

バスマスタークラシックはよく、バス釣りトーナメントのスーパーボウルと呼ばれ、その歴史の中で多くの湖で開催されています。優勝者には50万ドルが授与され、クラシックの勝利によって多くの賞賛が得られます。

 

季節ごとのバス釣り

When and where you go bass fishing will make a difference to your overall angling success.

Spring Bass Fishing

Early spring is bass spawning season and they begin to feed vigorously in preparation for the big event. Mature largemouth bass are best lured with small baitfish or imitations of baitfish that are flashy enough to catch their attention.

There may be some specific regulations in your region on bass fishing limits. Areas that are trying to expand their bass numbers may place special limits on fishing during the bass spawn season.

It is best to call or check your local online bass fishing home site for information on any special rules and regulations in your region.

Summer Bass Fishing

Summer bass fishing may be an excellent pastime on the weekends with family and friends. Bass feeds well in the summer so your fishing outlook is positive.

Although you may fish all day, experts seem to agree that early morning and late evening are the two times of day that produce the best results. The bass's large eyes allow it to see other fish in low intensity light while keeping a stealthy profile during such times. This may be one of the reasons that bass have adapted to feeding during low light conditions. However, when there is no light at all, the feeding rates drop considerably.

The summer is also a perfect time to enjoy your boat and to try out bass trolling. Trolling is a fun way to combine riding your boat and fishing at the same time. The fishing line is dragged by the speed of the boat, providing a different type of fishing experience. Trolling is quite complex, as the speed of the boat, equipment used, and skill of the fisherman are huge factors to success.

It is always a wise idea to check your local bass reports when planning a trip to find the best times and spots to fish in the summer.

Fall Bass Fishing

The fall is also an excellent time for bass fishing. The cooling temperatures make bass more active and the fishing itself is similar to spring time. The fall usually brings many changes in conditions so the anglers must learn to adjust their technique quickly to these conditions.

The live bait or lures used during the fall season should normally be larger than ones used during the spring. The natural prey of the bass has had all spring and summer to grow, so by fall time it is much bigger. The fall also lends well to using different types of bait, but you should always try to match the types of bait used to the natural prey that the bass is accustomed to in the particular location.

You will often need to experiment with a few lures and techniques to fine-tune your fall bass fishing on any given day.

Winter Bass Fishing

For most anglers, winter and bass fishing do not mix very well. During the cold winter months, many recreational anglers pack it in until the next early spring fishing action. However, most does not mean all. Some brave souls do go out during the coldest winter months to continue bass fishing year round.

Winter bass fishing is of course much different than during the other seasons. An angler has to be determined and very patient. Bass does not feed as often during the winter months so the fishing really slows down. It does not, however, fully disappear. Fish can even be caught through ice or on partially frozen lakes. One simply needs the will power to handle the cold and the long waiting period that it may take to catch the fish.

The one special feature about winter bass fishing is the quality of fish that tend to bite. During winter, you may get a lot fewer bites, but on average they tend to be a lot larger fish.

Winter fishing is similar to summer fishing in that much of the action happens around sunset and sunrise. In addition, the bait or lures need to move a lot slower in the winter as the fish are not as aggressive. By moving the bait too quickly an angler may demotivate a slow moving fish from the chase.

あなたがどこに行くのか、そしていつ行くのかによって、あなたの全体的な釣りの成功に差が出ます。

 

春の釣り

早春はバスの産卵期であり、その大きなイベントに備えて激しく餌をとるようになります。成熟したラージマスバスは、小さなベイトフィッシュや派手にベイトフィッシュを模したものに最も注意を引かれます。

あなたの地域ではバス釣りに関するいくつかの特別な規制があるかもしれません。バスの数を増やそうとしているフィールドでは、バスのスポーニングシーズンに特別なルールがあります。

そのフィールドの特別な規則やルールについては、地元の釣り場のサイトへ電話またはオンラインで確認することをお勧めします。

 

夏の釣り

夏のバスフィッシングは、週末に家族や友人とするには素晴らしい娯楽になるかもしれません。あなたがよく釣れるんじゃないかと思うとおり、バスは夏によく食べています。

あなたは一日中釣りをしようとしているかもしれませんが、専門家によると1日のうち早朝と夕方が最良の結果を生み出す2つの時間帯であると言っています。バスのその大きな目は、自分の存在を隠しつつ、少ない光のなかでも他の魚を見つけることができるからです。これは、ローライトコンディションでバスがフィーディングを行う理由の1つです。しかし、光が全くない場合、フィーディング率はかなり低下します。

夏はボートを出してバスのトローリングを楽しむのにもってこいの時期です。トローリングは、ボートに乗ることと釣りを組み合わせる楽しい方法です。釣り糸はボートの速度で引かれ、また違ったタイプの釣りの体験が味わえます。トローリングは非常に複雑です。ボートのスピード、使用する機器(魚探)、アングラーの技量が成功への大きな要因となります。

夏に釣り遠征を計画するときは、釣るのに最適な時間と場所を見つけるために、地元のバス釣果レポートをチェックすることが賢明でしょう。

 

秋のバス釣り

秋は、バス釣りにも最適な時期です。水温が下がることでバスをよりアクティブにし、そして釣りそのものは春に似ています。通常、秋は状況に多くの変化をもたらします。そのため、釣り人はこれらの条件に素早くアジャストする技術を学ばなければなりません。

秋に使用される生き餌は通常、春に使うものよりも大きいでしょう。バスの獲物は春と夏に育つため、秋になると大きくなっています。また、餌はさまざまな種類の餌を使うのもいいのですが、使用する餌の種類はその場所で目にする自然のエサに合わせるようにしてください。

大抵、その日の秋のバスフィッシングにアジャストするには、いくつかのルアーやテクニックを試す必要があります。

 

冬のバス釣り

ほとんどの釣り人にとって、冬にバス釣りはほとんどしません。寒い冬の間、多くの趣味的なアングラーは、次の早春に釣りを再開するまでしまっておきます。しかし、それはすべてのアングラーを意味するわけではありません。いくつかの勇敢なアングラーは、寒い冬であってもバスの釣りを続けています。

冬のバス釣りはもちろん、他の季節とは大きく異なります。釣り人は覚悟しなければならず、とても忍耐強くなければなりません。冬の間はバスは頻繁にフィーディングを行わないため、釣りもスローダウンします。しかし、完全になくなるわけでもありません。魚は氷上や部分的に凍った湖でも釣ることができます。アングラーは魚をキャッチするためには寒い中、長い時間を待つ意志の強さが必要です。

冬のバス釣りについての1つの特徴は、バイトしてくる魚のクオリティです。冬の間は、バイトの数は少なくなるかもしれませんが、釣れる魚の平均サイズが大きくなる傾向があります。

冬の釣りは、夏の釣りに似ていて、バイトの多くは日没や日の出の周りに起こります。さらに、魚は攻撃的ではないので、餌やルアーは冬にはかなりゆっくりと移動させる必要があります。餌を速く動かしてしまうことによって、釣り人は動きの鈍い魚のやる気を失くさせてしまう可能性があります。

 

バスを釣るための5つのコツ

  1. Always make sure that your hooks are sharp to maximize results.
  2. Stay aware of your surroundings - you can get a lot of clues about the fish's location.
  3. Do not be afraid to experiment. It is a good idea to try out different things to see what is working best.
  4. Fish at a pace that allows the bass to discover and strike the bait. Going too fast does not allow the fish a chance to strike.
  5. Safety first. Always make sure you know the weather forecast and keep safety at the top of your list.
  1. 結果を最大限にするには、常にフックをシャープにしておいてください。
  2. あなたの周辺の環境を意識してください - 魚の位置についての多くの手がかりを得ることができます。
  3. 実験するのを恐れないでください。 何が最も効果的であるかを確認するには、さまざまなことを試してみることをお勧めします。
  4. バスがルアーを発見してバイトできる速さで釣ること。 速すぎると、魚が攻撃する気になりません。
  5. 安全第一。 常に天気予報を確認し、安全第一で行動してください。

 

いかがでしたか。

色んな種のバスの世界記録を見ると、ブラックバス(淡水)の中ではラージマウスバスだけが飛び抜けた存在であることがよく分かりますね。他の種は10ポンドくらいが釣られたバスのほぼ限界のウエイトなのに対し、ラージだけは20ポンドオーバーです。

 

また、バス釣りの記事なのに生き餌のことに多く触れられていてびっくりした方もいらっしゃるかもしれません。

日本でのバス釣りはルアーでしか認められない傾向がややありますが、アメリカではスポーツフィッシングとしてのバス釣りと、レクリエーションフィッシングとしてのバス釣りの両方が楽しまれていまして、例えば日本人がウグイやオイカワ釣りを子供に教えるのにエサ釣りでも毛バリ釣りでも両方どちらでも楽しいよと教えるのと同じように、バス釣りは楽しまれているようです。

私も、ミミズや生きたワカサギでバスを釣るのは大好きです。

生きたエサを使ってバスを釣るとどうなるか、ご存知でしょうか。そりゃあもう、ものすごい勢いで飲み込まれるんです。そういう意味でも、大きめのフックを使います。フックが飲まれて外せなくなってしまうので。

生きたエサでのバイトを経験していると、ワームを使って釣った時のバイトの出方や飲み込まれ具合でバスの本気度がわかります。「これはエサの喰い方だ」と分かった時の正解を見つけたような嬉しさや当たりルアーに出会っちゃった感は、しめしめと思うことができるので、エサ釣りもいいものです。結局、ルアー釣りにフィードバックできるものなんですよね。

 

もし何かに行き詰ったら、ドバミミズを掘って針にかけて投げてみてはいかがですか?意外な答えが返ってくるかもしれませんよ。

 

さて、今回はアメリカのバス釣りや環境についてでした。

次回からは、「ラージマウスバスについて」と「スモールマウスバスについて」という記事をお伝えしたいと思います。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status