バス釣り・トレーラーの効果と役割

      2018/04/07

スポンサーリンク

Photo by in-fisherman.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Adding Softbait Trailers to Bass Lures”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:in-fisherman.com”Adding Softbait Trailers to Bass Lures”Steve Quinn March 29th, 2018(海外サイトです)

 

トレーラーと聞いて思い浮かぶものと言えば、ボートをけん引するために車の後ろに付ける台車(?)のことを思い浮かぶこともありますが、ここではルアーとしてのトレーラーを指していまして、その意味は、後ろに付けるもの。という感じのものになります。

代表的なものが、ジグトレーラーです。ラバージグは一般的には、それ単体で使われることはなく、だいたいトレーラーとの組み合わせでその使い方を特徴づけていくルアーですよね。

他にトレーラーの出しどころといえば、スピナーベイトやバズベイト、チャターベイトに付けるのが一般的になるのですが、ここにトレーラーを付けるか付けないか、これは好みによって分かれるところであります。

この記事は、アメリカのフィッシングメディア「In-Fisherman」の記者、スティーブクイン氏が取材した様々なプロの視点から、トレーラーの役割やその効果についてまとめてくれたものです。

トレーラーを付ける、付けないの前に、まずは付けた時にどうなるのかということを知って、それからどうするかを決めなければなりません。初心者の方はぜひここでその基本を学んでいただいて、エキスパートの方ももう一度トレーラーについておさらいし、新たなひらめきにつなげてみてはいかがでしょうか。

 

バスの生態とトレーラー

When a lure produces the right vibration pattern, it hits a nerve, actually a series of them that run from the fish’s lateral line directly to its small brain. The message: “Get out and eat!”

In addition to their good hearing, fair vision, and barely adequate sense of smell, black bass possess a sensitive organ to detect vibration passing through the water column. While bass incorporate input from all their senses while feeding, the vibration sense works best at close range when the decision to bite is imminent.

This remarkable ability is so foreign to humans that scientists did not understand its function until famed neurophysiologist Sven Dijkgraff identified its role in detecting water motion in the 1960s. Lab studies, using what’s called inductive neural telemetry, have found that neurons in the brain begin to fire and increase their firing rate as fish approach prey, suggesting that the lateral line is studying the item more intently as the time to strike approaches. Active predators like bass may be able to differentiate prey species based on their vibration fingerprints, and they may use this information when deciding whether or not to bite.

Soft trailers on the back of jigs, spinnerbaits, bladed jigs, and buzzbaits contribute to a lure’s vibration package in important ways. The vast variety available allow us to fine-tune presentations to match the situation and mood of the bass.

ルアーが正しい波動を出すと、バスの側線から脳をつなぐ神経をある信号が刺激します。その時の信号とは「出てきて食べるべきだ!」

鋭い聴覚、良好な視覚とそこそこの嗅覚に加えて、ブラックバスは、水中を通り抜けようとする振動を検出するための敏感な器官を持っています。バスはフィーディングを行う時にはすべての感覚を使っていますが、いざ食いつこうとする近距離の間合いでは、振動センサーが最も働きます。

この特徴的な能力は人間にとっては非常に異質なので、科学者たちは有名な神経生理学者、Sven Dijkgraffが1960年代に水の動きを検出する器官を認識するまで、その機能を理解していませんでした。帰納的神経テレメトリーと呼ばれるものを用いた研究では、脳内のニューロンが発火し、魚が接近するにつれて発火率が上昇することが判明し、捕食の瞬間が近づくにつれて側線がより深く対象物を捉えていることが示唆されました。バスのような活発な捕食者は、それらの振動を聞き分けて、餌となる生物種を区別することができ、食べることができるかどうかを判断する際にこの情報を使用することがわかっています。

ジグ、スピナーベイト、ブレーディングジグ、バズベイトの後ろのトレーラーは、ルアー全体の波動を作り出す重要な役割を持っています。豊富な品揃えにより、バスの状況や気分に合わせてプレゼンテーションを微調整することができます。

 



ジグ

When we select a classic bass jig, factors that enter the decision matrix include style, weight, color, hook size, guard type, and finally trailer. Notable exceptions to the use of trailers are marabou jigs and those crafted of various types of hair that perform like a trailer. Other jigs like ball heads, dart heads, or special ones like the Scrounger or wiggling jigs (with a hook loosely attached to the head) serve to bring a softbait trailer to the proper depth and allow it to move at optimal speed.

Weedless jigs generally are intended to mimic crayfish, and worked on the bottom, so craw-style trailers have dominated. The “chunk” originally was of pork rind and fat but now includes trailers of soft plastic shaped like an Uncle Josh pork trailer (no longer in production, sad to say), with a fat end and two flat legs. These trailers give a jig a slight gliding action on the fall, while the thin legs flutter in subtle fashion.

At the other end of the vibration spectrum, flapping-style craws like the Berkley Chigger Craw, NetBait Paca Chunk, and Strike Rage Craw create vibration as they fall, since the claws are built to catch water. This also slows the fall rate and gives the presentation a parachuting action that can be deadly when bass suspend in the upper parts of brush or standing timber. As the lure flutters past a limb, they dart out to eat it. In that situation, anglers must watch the line closely to see if the jig stops falling before it “should,” based on depth of the spot. Setups that produce maximum vibration also excel in thick vegetation, where bass vision is restricted to a couple of inches.

Bassmaster Elite pro Jacob Powroznik of Virginia is a renowned flipper and also one of the most patient and skillful bed fishermen on the tour. He recently helped design a lure for V & M, named the J-Bug. “For me, ­having a lure fall straight down is important, whether I’m flipping to logs or trying to drop a lure on the sweet spot on a bed,” he says. “I designed the J-Bug to fall straight down when Texas-rigged or on the back of a jig.” The 4-inch lure has four curly appendages and a ribbed body.

Swim jigs beg for an action trailer, and for years I relied on a 5-inch grub to add a subtle wiggle and a color accent. Lately though, 3½- or 4-inch swimbaits have proved deadly as well. I’ve found that in darker water, the swimbait often is best, as it increases the lure’s vibration output. In clear water, the grub shines.

Unlike swim jigs, football jigs imitate bottom critters—crayfish, sculpins, gobies, or small bullheads. I use a double-tail grub on skirted football jigs, and a skirted one like the Yamamoto DT Grub on plain jigheads. The grub tails offer a steady pulsing action as the jig’s pulled along bottom. For greater bulk, go with a flapping craw, like Berkley’s Chigger Craw or Strike King Rage Craw. These options increase vibration, an advantage either in deep or murky water.

我々がラバージグを選択するとき、スタイル、重量、色、フックサイズ、ガードタイプ、そして最終的にはトレーラーも決定要因に入ります。トレーラーを使わない例外としては、マラブージグなど、それだけでトレーラーのように機能するヘアジグ類があります。他のボールヘッド、ダートヘッド、スクロンガー(リップ付きジグ)やウィグリングジグ(ヘッド自体がリップのような働きをするもの)などのような特殊なジグにも、トレーラーは狙ったレンジを保ち最適な速度で動かせる役目を果たします。

ウィードレスジグは一般的にザリガニを模倣することを意図しており、ボトムで使うことを想定しているので、クロー型のトレーラーが主流でした。チャンクはもともとはポークリンドと脂肪(脂身)でできていましたが、今やアンクルジョシュのポークトレーラーのように(生産中止が非常に悲しい)、太ったボディと2つの平らな脚があるワームも含まれています。これらのトレーラーは、フォール時に平らな足が水を受けてジグに僅かなスライド効果を与えます。

その対極にある振動という意味では、Berkley Chigger Craw(バークレイ・チガークロー)、NetBait Paca Chunk(ネットベイト・パカチャンク)、Strike Rage Craw(ストライクキング・レイジクロー)のようなフラッピングスタイルのクロ―系ワームは爪が水をつかむように作られているため、フォール時に振動が発生します。これもまた、フォールスピードを遅くし、オダや立木の上部でサスペンドするバスに効果的なパラシュート効果を与えます。ルアーがはためきながら枝を通過すると、バスはそれを食べるために飛び出してきます。そういった状況では釣り人は、この水深ではジグが止まるはずのないところでフォールが止まったなどという時のように、ラインを注意深く見ている必要があります。振動が大きくなるようなセッティングが活きる状況としては、バスの視覚が数センチに制限されてしまう厚いウィード内においても優れていると言えます。

バージニア州のバスマスター・エリートプロ、ジェイコブ・ポウロズニクは有名なフリッパーであり、またツアー中最も忍耐強く熟練したベッドフィッシャーマンの1人です。彼は最近、J&Bugという名前のV&Mのルアーをデザインする手助けをしました。 「私にとっては、木の中にフリッピングしたり、ベッドのスイートスポットにルアーを落とそうとしているかどうかに関わらず、ルアーがまっすぐフォールすることが重要です。J-Bugは、テキサスリグやジグのトレーラーとして付けてもまっすぐフォールするように設計してあります。」その4インチのルアーは、リブ付きボディに4つのカーリーテールを備えています。

スイミングジグにはアクショントレーラーが必要です。何年もの間、私は5インチのグラブを使って微妙なウィグリングとカラーアクセントを加えていました。最近では、3.5インチまたは4インチのスイムベイトも効果的であることが証明されています。それがルアーの振動出力を増加させるため、より見通しの悪い水中では、スイムベイトが最適であることが分かりました。グラブはクリアウォーターで本領を発揮します。

スイミングジグとは異なり、フットボールジグは、ザリガニ、カジカ、ヨシノボリ、または小さなナマズなどボトムの生き物を模倣します。私はスカート付フットボールジグではダブルテールグラブを使用し、通常のフットボールジグヘッドではゲーリーヤマモト・ダブルテールフラグラブのようなスカート付ワームを使用します。ジグでボトムをズル引きすると、グラブのテールは安定した脈打ちアクションを起こします。よりバルキーなものとしては、バークレーのチガークロウやストライクキングレイジクローのようなフラッピング系クロ―ワームを使ってください。これらのオプションは振動を増加させ、ディープレンジや濁りなどの状況でアドバンテージとなります。

Photo by in-fisherman.com

ブレード系ルアー

Spinnerbaits and bladed jigs like the Chatterbait can be enhanced with a trailer. They can increase vibration, add a color accent, or bulk the presentation, either to appeal to big bass or to allow the lure to be worked more slowly while maintaining action. Anglers initially relied on standard double-tail trailers that wiggle as the lure moves, particularly with bladed jigs. Several years ago, FLW Tour pro and Lake Fork guide Tom Redington showed me how well a Lake Fork Tackle Live Magic Shad worked on a Chatterbait and Phoenix Lures Vibrator. We impaled the 5-inch jointed softbait on the back and worked them around stumpy flats for Fork’s famous lunker bass. The response was amazing: Bass often had the entire lure in their gullet, particularly impressive given the throngs of anglers who ply Lake Fork with lures of all sorts. These are educated bass, but their enthusiasm was contagious.

Given this success, Gary Yamamoto has added the Zako, Japanese for “little fish,” a lure than can be worked on a weighted wide-gap hook or used to bulk bladed jigs, while adding an enticing wiggle. Like the Live Magic Shad, its segmented body allows it to move from side to side with wild abandon, deadly for big bass in thick cover. These lures have a flat tail, which allows the lure to flap more easily than a boot-tail trailer. Other top options include Z-Man’s 4.5-inch Razor ShadZ and Strike King’s Blade Minnow.

Other anglers, such as Californian Jared Lintner, use a swimbait as a trailer. He matches a Chatterbait Freedom with Jackall’s new Rhythm Wave, made with a special plastisol formula to maximize tail wag and rolling action, yet remain durable. Meanwhile, Peoria, Illinois, bass expert Chef Todd Kent, often films In-Fisherman TV with Editor In Chief Doug Stange. Stange reports that Kent favors matching blade jigs with the Berkley Havoc Boss Dog, a lizard-like trailer with a curly tail and four vibrating legs. The wild action is irresistible to bass, as recent In-Fisherman show segment with bass surpassing six pounds attest.

At the 2016 Bassmaster Classic, Oklahoma pro Jason Christie matched an old favorite with a new one to lead the event for two days before falling to Edwin Evers who rallied with a record-setting bag on a jig. Christie worked a 1-ounce Booyah spinnerbait with a single #6 Colorado blade, backed by a new Yum Pulse swimbait. “Grand Lake was murky from spring runoff,” he says, “and I found that the intense thump of that big Colorado blade and the added vibration of the Pulse got the big prespawn females chomping. I wound it slowly and steadily over the top of brush and logs, confident that the fish could find the lure and would eat it.” His confidence was not misplaced, though Evers’ last-hour heroics dropped him to runner-up status. I’ve used big single-blade Colorado spinnerbaits in fall as well, working along deep clumps of vegetation. A bulky trailer lets you work the lure even slower, a benefit in murky or cold water.

Many anglers fish buzzbaits straight out of the package, and they do produce an impressive surface racket on their own. But like many lures, a few tweaks can improve catches at times. A swimbait buoys a buzzbait so the blade starts churning quickly and also helps it run straight. Some anglers prefer to remove the skirt, replacing it with a swimbait or fluke-style lure.

チャターベイトやスピナーベイトのようなブレード付きルアーはトレーラーで強化することができます。これにより振動を増やしたり、カラーアクセントを加えたり、全体のシルエットをボリュームアップさせることができ、ルアーをゆっくり動かしてもアクションが発生するため、ビッグバスにアピールすることができます。特にチャターベイトでは、ダブルテールグラブがウィグリングが発生しやすいということで初期のころの釣り人はこれに頼っていました。数年前、FLWツアープロでありレイクフォークのガイドであるTom Redington(トム・レディントン)が、Lake Fork Tackle Live Magic Shad(レイクフォークタックル・ライブマジックシャッド)がChatterbait(チャターベイト)やPhoenix Lures Vibrator(フェニックスルアー・バイブレーター)で使うアクションがいかに有効かを教えてくれました。私たちは5インチのジョイントソフトベイトをトレーラーにし、レイクフォークの有名なランカーバスのためにスタンプのあるフラット周りでそれを使っていました。バスの反応はすばらしかったです:バスはほぼすべてのルアーに喰ってきました。特に、レイクフォークであらゆる種類のルアーをアングラーたちに見せられているバスたちが集まってきたことが印象的でした。これらはルアーをよく知るバスたちのはずですが、狂気が伝染したようでした。

この成功を受けてゲーリーヤマモトは、日本語で言うところの小さな魚を意味する「Zako」を開発しました(日本未発売)。これは、ウェイテッドワイドゲイプフックや大きめのチャターベイトに使用することで、魅力的なウィグリングを加えることができます。ライブマジックシャッドと同様のジョイントボディは、まるで生きているかのようにに左右にくねらせ、ぶ厚いカバーのビッグバスにも効果を発揮します。これらのルアーはフラットなテールを持ち、ブーツテール系のワームをトレーラーにするよりも簡単にはためきます。他の効果的なオプションとしては、Z-Man 4.5インチRazor ShadZ(ジーメン・レーザーシャッドZ)やStrike King Blade Minnow(ストライクキング・ブレードミノー)があります。

他にも、カリフォルニアのジャレッド・リントナー(Jared Lintner)のような釣り人は、トレーラーとしてスイムベイトを使います。彼はChatterbait Freedom(チャターベイトフリーダム)と、テールの揺れとローリングアクションを最大限に引き出すために特殊なプラスチゾル配合で作られていながら耐久性があるジャッカルのリズムウェーブを組み合わせます。一方、イリノイ州ピオリアのバスのエキスパートであるシェフ・トッド・ケントは、インフィッシャーマンTVの編集長ダグ・シュタンゲと撮影に多く出ています。 シュタンゲ氏によると、ケント氏は、チャターベイトにカーリーテールと4つのバイブレーションレッグを持つリザード系トレーラーBerkeley Havoc Boss Dog(バークレイ・ハボック・ボスドッグ)との組み合わせを推しています。このワイルドアクションは最近のインフィッシャーマンTVで6ポンドオーバーのバスを釣ったことで証明されたように、バスは抵抗できないのです。

2016年のバスマスター・クラシックでは、オクラホマ州のプロ、ジェイソン・クリスティが古いものと新しいものとの組み合わせで、記録的なウエイトでエドウィン・エバースに逆転されるまで、2日間試合をリードしていました。 クリスティは、#6のシングルコロラドブレードのついた1オンスのブーヤースピナーベイトに新発売のYum Pulse Swimbaits(ヤム・パルススイムベイト)をトレーラーにして使いました。 「グランドレイクは春特有の流入により濁っていました」と彼は言います。「私は、その大きなコロラドブレードの強烈な激しい振動と、トレーラーの追加された波動に、大きなプリスポーンのメスが反応することに気付きました。私はそれをゆっくりとしたステディリトリーブでオダや沈んだ木のトップを通すことで、魚がルアーを見つけてそれに食ってくると確信していました。」エバースが最後の追い込みでヒーローになりクリスティを蹴落としてしまいましたが、彼の確信は間違っていませんでした。私は秋にも大きなシングルコロラドのスピナーベイトを使用し、ディープのウィード群に沿って使いました。バルキーなトレーラーはルアーをさらに遅く使うことができ、濁った水や水温の低い時にその恩恵を受けることができます。

多くの釣り人はバズベイトをパッケージから取り出してすぐに釣りはじめ、それのみで水面を騒がします。しかし、上記のルアーのように、ちょっとした微調整によって釣果を改善できることがあります。 スイムベイトはバズベイトを浮かせる効果があるため、ブレードの立ち上がりが良くなり、またまっすぐに走らせるのにも役立ちます。何人かの釣り人は、スカートを取り外すことを好み、それをスイムベイトまたはフルーク系のワームに付け替えます。

Photo by in-fisherman.com



沈下率

Especially for jig trailers, the amount of vibration and its frequency are related to a lure’s rate of fall. That’s because, all else equal, vibration is linked to a slower fall. As a lure vibrates, it moves more from side to side or up and down, which reduces its fall rate. The difference in fall rate, say between a Zoom Super Chunk and a Netbait Paca Craw on the back of a 3/8-ounce jig, is substantial. Lures that produce a lot of vibration also slow the fall, and vice versa.

Vibration and fall speed often work in tandem. For example, in murky water, lures that fall slowly and create a vibration aura work best, since bass vision is limited, and fish may need a few seconds to zero on a falling or dragging lure, even if it’s close by.

On the other hand, bass can become leery of a lure that moves slowly in clear open water. They get too good a look at it. In that situation, vibration can be sacrificed for speed, since a snapping or zipping motion often gets a fish to chase, if it’s in an active state. There, straight trailers that create minimal vibration work well.

特にジグのトレーラーにおいては、振動の量とその頻度は、ルアーの沈下率(フォールスピード)に関係しています。他のすべてが同じだとすれば、振動はより遅いフォールにつながるからです。ルアーが振動するということは、左右に、または上下に移動するということですので、フォールスピードは低下するのです。 3/8オンスのジグにズーム・スーパーチャンクとネットベイト・パカクローを付けた場合の両者の沈下率の差はかなり大きくなります。多くの振動を発生させるのがフォールを遅くするルアーであり、同様に逆のことも言えます。

振動とフォールスピードは大抵、並行して作用します。例えば、濁った水の中ではバスの視界が限られてしまうため、振動が多くゆっくりと落ちるルアーが最も効果的になります。バスが近くにいる場合でも、フォールやズル引きしているルアーまでゼロから数秒かかるかもしれません。

一方バスは、クリアなオープンウォーター下ではゆっくりと動くルアーに対しては慎重になることがあります。見えすぎてしまうということです。活性が高い場合にはなりますが、このような状況では、急だったり鋭い動きに魚が反応することが多いため、スピードを優先し振動を犠牲にする必要があります。この場合は、振動が最小限になるストレートトレーラーがうまく機能します。

 

その他のトレーラー

Sometimes adding a little something to a lure enhances its look and feel to fish. While adding a feathered treble is an old trailer tweak, it’s still effective. A rear feather on a topwater bait, jerkbait, or crankbait can turn a so-so day into spectacular action, particularly when bass follow lures without striking or seem inactive.

A few years ago, Bassmaster Elite pro Fred Roumbanis showed me his trick for spicing up an Ima Roumba, a pudgy crankbait that runs in the 1- to 2-foot range. “I clip a large Tru-Turn Hitchhiker to the rear hook eye, above the split ring that holds the treble,” he says. “Then skewer a 6-inch Straight Tail Roboworm onto the corkscrew Hitchhiker. It gives the lure an amazing wiggle that’s deadly when worked across grass flats.

“During the shad spawn in late spring, I add a 1- or 2-inch tail section of a paddletail swimbait to the Hitchhiker instead. It churns the surface almost like a propbait, and it adds bulk to the presentation. This trailer tail works particularly well in breezy conditions, as the extra commotion helps draw strikes.”

Last winter, Capt. Terry Lamielle of Florida resorted to a trick I first heard about at the 2012 Bassmaster Classic, when Keith Poche added a Colorado spinner to the tail of a NetBait Saltlick, a Senko-style lure to pocket $40,000 for his third-place finish on the Red River Louisiana.

Lamielle and I used a Berkley Gulp! Sinking Minnow with a #0 gold Colorado spinner affixed to the tail via a Hitchhiker on a barrel swivel attached to the blade with a split ring.

Cut the last 3/4 inch off the worm to provide surer attachment. If it sounds a bit complicated, nothing could be simpler.

On a tough cold-front day with a stiff breeze, the heavily fished bass of Ansin-Garcia Lake in Florida seemed willing to bite little else and we managed to boat a couple lunkers on it. Poche recommends this rig especially during the Prespawn Period. “The spinner adds flash and vibration, but it still is a subtle presentation,” he says. “And you can cover water faster than with a plain stickworm.

“I make a long cast and let it sink for 4 or 5 seconds, then slowly wind it back, keeping the lure about a foot below the surface. Moreover, it works in windy conditions when stickworms normally are difficult to fish.” And I’ve used it with great success for prespawn and postspawn bass in Minnesota.

Instead of making your own rig, Tackle Warehouse offers Humdinger Keith Poche Power Spinners, ready to screw into your favorite softbait. Three sizes are available in 11 colors, with choice of willowleaf or Colorado.

The one thing tricky is the hook-set. While the retrieve is a bit like working a crankbait or spinnerbait, the hook-set is completely different since the big wide-gap hook is buried in the lure. At the slightest tap, keep reeling slowly as you move the rod back toward the bass, giving it a second or two to eat the lure. Then give a solid set. A baitcasting rod over 7 feet with medium power works well for casting and setting hooks. Match it with braided line and a 3- to 4-foot fluorocarbon leader.

Adding a softbait trailer that complements the lure by increasing its visual and vibration appeal to bass is the easiest and most effective way to do that.

時にはルアーに何かを加えることで、魚に対し見た目と印象が強化できます。フェザートレブルフックを追加するのは使い古された手段ですが、それでも効果はあります。トップウォータールアー、ジャークベイト、クランクベイトのリアフックをフェザーにすることで、その日は低活性だったりチェイスだけでバイトに至らないようなバスでも目を見張るような行動に変えることができます。

数年前、バスマスター・エリートプロのフレッド・ランバニスは、0.3〜0.6メートルレンジを通るずんぐりしたクランクベイトであるアイマ・ランバにひと味加えるトリックを教えてくれました。 「私は大型のTru-Turn Hitchhiker(トゥルーターン・ヒッチヒッカー。ワームをねじ込むらせん状のワイヤー)を、リアフックのアイに留めます。 そして、6インチのロボワームストレートテールをヒッチハイカーにねじ込みます。そのルアーがもたらすウィグリングは、ウィードフラットを横切らせて使うと効果的なものになります。」

「シャッドが産卵をしている晩春のころ、ヒッチハイカーにスイムベイトのテール部分だけを1~2インチほど追加します。これでプロップベイトと同じように水面を掻き回し、プレゼンテーションにバルキーさが加わります。騒がしさが追加されることでバイトを引き出すのに役立つので、このテールのトレーラーは凪いでいるような条件で特にうまくいきます。」

昨年の冬、フロリダ州のテリー・ラミエル船長は、2012年ルイジアナ州レッドリバーでのバスマスタークラシックでキース・ポシェが3位に入り40,000ドルを獲得した、NetBait Saltlick(ネットベイト・ソルトリック)というヤマセンコー系のスティックワームのテールにコロラドブレードを追加したという、初めて聞いたトリックに頼ることにしました。

ラミエルと私はバークレイ・ガルプのシンキングミノーにヒッチハイカーにスプリットリングとスイベルを介して#0のコロラドブレードを取り付けたものを使いました。

ワームの最後の3/4インチを切り取って、確実に取り付けるようにしました。もしかしたら少し複雑に聞こえるかもしれませんが、やったことはいたってシンプルです。

Photo by in-fisherman.com

激しい嵐が通り抜けた寒冷前線のあと、フロリダのAnsin-Garcia Lakeの多くのバスボートは全くバイトが得られなかったようですが、私たちはその中で2匹のランカーバスを手にすることができました。 ポシェはこのリグを特にプリスポーンの間に勧めています。 「ブレードによりフラッシュと振動が加わりますが、まだフィネスなプレゼンテーションと言えます。それでいて、普通のスティックワームよりも速くエリアをカバーすることができます。」

「私はロングキャストをして、4〜5秒間カウントしてからゆっくりとリーリングし、ルアーを表層レンジに保ちます。さらに、スティックワームでは通常は魚を釣ることが難しいような風の強い状態でもこれは使えます。」そして、ミネソタ州のプリスポーンからアフタースポーンのバスに対し大きな成功を収めています。

自分でリグを作るのが面倒なら、タックルウェアハウスからHumdinger Keith Poche Power Spinnersが発売されているので、あなたのお気に入りのワーム組みこむことができます。 ウィローリーフかコロラドそれぞれに3つのサイズ、そして11色から選択可能です。

ここで大事なことの1つはフッキングです。リトリーブはクランクベイトやスピナーベイトのような感じですが、大きなワイドゲイプフックがルアーに埋め込まれているため、フッキングは全く異なります。わずかにコツンときたら、ロッドをバスの方に戻しながらゆっくりと巻きつつ、ルアーを食わせる時間を1〜2秒与えてください。それから確実なフッキングをします。ミディアムパワーの7フィートを超えるベイトロッドは、キャストやフッキングに適しています。PEラインと1メートル前後のリーダーで使ってください。

このように、トレーラーワームに視覚と振動を加えることは、バスへのアピールを増やすために最も簡単で効果的な方法なのです。

Photo by in-fisherman.com


 

いかがでしたか。

トレーラーという概念そのものはもうずっと昔からありますが、ポークのように生産中止になってしまったようなものを除けば、今でも使われ続けていますよね。

冒頭でもトレーラーを使う派、使わない派に分かれるとは書きましたが、色々な理由はあるにしても、使う方にとっては確実に効果があると実感しているということになるはずです。

また、最近は伝統的な使い方のトレーラーから、新しい形のトレーラー(またはアタッチメント的なもの)まで出てきました。ブレードを使ったものや、ティンセルなどの繊維、水鳥の羽根などの素材など様々なものを合わせると、その数はかなりのものになると思いますし、それがなんの根拠もなく発売されているとは思えません。

この記事にあるように、すべてのものが、振動やフォールスピード、食わせの効果など、色々な役目をもっているのだと思います。

この記事に書かれていたものは勉強できたわけですが、それ以外のトレーラーについてもどんな効果があるのか調べてみて、自分の釣りに取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 

また、当店一押しのトレーラーといたしまして、例の生産中止になってしまったポークの代替品となるものがございます。

それが、LADED For BASS JIG TRAILERです

これは天然素材でできた革に近い素材で、浮力があり、吸水性が高く丈夫な素材でできています。

これまでのポークは乾燥させるとカチカチになってダメになってしまいましたが、このトレーラーは水に浸ければあっという間に元通りになり、ボート上での管理も非常に楽です。

吸水性が高いため各種フォーミュラーとの相性も抜群に良く、フォーミュラに漬け込んでおけば水中でずっとその成分を出し続けます。

ジグにもスピナーベイトなどにも使えるこのLODAED for BASSのトレーラー、サイズ・カラーも選べます。ぜひお試しください。

LOADED for BASSトレーラーの売場へ行く

 

また、フォーミュラにはDr.JUICE USA BASS SCENT(ドクタージュース・バスセント)をおすすめしております。

こちらはこれまでの匂い系フォーミュラとは違い、フェロモン+ニオイという全く新しいフォーミュラです。ベイトフィッシュが恐怖を感じた時に出す恐怖フェロモン、ベイトフィッシュが群れを作っている時に出すスクーリングフェロモン、ビッグバスがスポーニングの時に縄張りを持った時に出す性フェロモンという、どれもバスを刺激する、3種類のフェロモンが配合された、化学が裏付けるフォーミュラなのです。

全く新しいフォーミュラ、Dr.JUICE Bass Scent!
アメリカ直輸入のフォーミュラですが、ドクタージュースはひと味違うのです。これまでのフォーミュラーはエビの匂い、ニンニクの匂いなどを配合させたいわゆる「フレーバー系」だったのですが、このドクタージュースは「フェロモン系」と位置付けることができるのです。

Dr.JUICE BASS SCENTの売場へ行く

 

どちらも現段階では日本では当店のみの販売です。新しいもの好きのバスたちに、全く新しいトレーラーとフォーミュラ。ぜひ、お試しください。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

 

 

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status