バス釣りは視覚化(イメージ)が大事

      2018/06/12

スポンサーリンク

 

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Visualization: Seeing Is Believing!”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:BassResource.com”Visualization: Seeing Is Believing!”By Bob Popp(海外サイトです)

 

「バス釣りはイメージが大事」これは、バス釣りの雑誌を読んだりDVDなどを見ているとたびたび出てくる言葉です。

私もその通りだと思います。とは言ってもそれがなかなかできないから困ったものなんですが・・・では、なぜ、私がなかなかできていないと自覚しているかといいますと、それはプロの方々のイメージ化と自分とでは全然レベルが違うと感じるからです。

私も曲がりなりにも数十年、バス釣りをやってきていますから、ある程度は腕に覚えのあるつもりでいました。しかしプロの方と実際に現場でロッドを振ってみることで、自分に全然足りていないものがよく分かりました。

それが、水中のイメージ化の部分です。

もっと言うと、本当はその水中のイメージした部分の通りにルアーを通す能力も必要なんですが、私のしょぼいイメージ力ではそもそも、その段階まで行けないのです。

ルアーやタックル選びですとか、キャストの精度みたいな、目で見える部分はある程度のレベルまではそこそこ行けると思うのですが、水中の目で見えないことに関しては、成長スピードの個人差は大きいのではないかと思います。

それは能力差というよりは、「ちゃんと意識しているかどうか」の差で、その意識×経験だと思いますので、そこに気付いて早くから取り組んでいた人ほど、その精度が高いという感じです。

自分の過ごしてきた数十年が、いかに井戸の中だったかがよく分かりました。

それに気づかせてくれたプロガイドの方々には本当に感謝しています。おかげで今もなお、バス釣りが楽しくて仕方ないですからね…。

 

さて、この記事は、アメリカのバスフィッシング専門メディア「BASS RESOURCE」の記事で、そんなイメージの世界をどうやって持てばいいのかというお話です。

今私が書いた部分は水中をイメージすることの話でしたが、この記事に書いてあることはもっと大事な、もっと根本の部分について書かれています。ぜひ読んでみて下さい。

 

視覚化:百聞は一見にしかず

There is an old saying; a picture is worth a thousand words. How true that is! But what does that have to do with bass fishing? Plenty, read on!
Bass anglers have one of the most powerful tools available to them but very few take advantage of it. That tool is the human mind. The human mind is the most powerful computer in the world. Like all computers the mind must be programmed.

The key to programming the mind is this:

  • 1. Input negative information, output negative results
  • 2. Input positive information, output positive results

Our mind is such a powerful computer that it will try to recreate what we are programming into it! If we see ourselves not catching any fish during a tournament, guess what our mind tries to do? You're right, it tries convincing us not to catch any fish. Our mind does this by natural instinct to make us comfortable. To get positive results we have to input positive information. We have to see ourselves winning the tournament!

Think back to a successful fishing trip you had. Now close your eyes and "Visualize" that trip in your mind. Picture in your mind the lake your were fishing, the fish you caught, the bait you caught them on, your casts, what the bites felt like, feel the bass pulling as you were reeling them in.
How can we use that experience to help us get better as bassfishermen? We can use this to "Visualize" success on all of our fishing trips by programming our minds for success. We must "Visualize" the bass eating our bait on every single cast! The more details we include in our visualization the better.
For example, say you are practicing for a tournament. You catch a couple of bass flipping boat docks with a jig-n-pig. You leave this spot to save it for the tournament. That evening while preparing for the tournament you can now "Visualize" making that perfect flip that yields a 5-pound largemouth! You can feel the bite, set the hook, land the fish and put it in your livewell, ALL IN YOUR MIND! Remember visualization does not stop on the water; this is when it should kick into high gear. Just keep "Visualizing" that 5-pound largemouth. You should be visualizing everything you do!

You should visualize the bass eating your bait on every single cast! (Sorry to repeat myself but that is very important point) This is not easy, but with practicing visualization everyday it will become easier. This will not happen overnight. It will take time and effort but don't give up!
Remember the more successful you can visualize your fishing trips, the more successful you will become because your mind is "Seeing" you succeed, and won't stop until it happens!

古いことわざがあります。「百聞は一見にしかず」なんて素晴らしい言葉でしょう!しかし、それがバス釣りと何の関係があるというのかって?まあ読んでみてください!
バスアングラーには最も強力なツールの1つがあるのですが、それを利用している人はほとんどいません。そのツールとは、人間の「心」です。人間の心は世界で最も強力なコンピュータです。すべてのコンピュータと同様に、心もプログラムされなければなりません。

心のプログラミングのキーはこれです:

  1. ネガティブな情報を入力し、ネガティブな結果を出力する
  2. ポジティブな情報を入力し、ポジティブな結果を出力する

私たちの心は、自分にプログラミングしたものを再現しようとする強力なコンピュータなのです!自分自身がトーナメント中に全然魚をキャッチできていない時、私たちの心はどう思うでしょうか? 自分は正しい、これで数本の魚をキャッチできるはずだと自分に言い聞かせます。私たちの心は、自分自身を快適にするための自然な本能によってそうするのです。ポジティブな結果を得るには、ポジティブな情報を入力する必要があるのです。自分自身がトーナメントに勝っているところを見なければならないのです!

あなたがうまく行ったときの釣行を思い出してみましょう。今すぐ目を閉じ、心の中でその釣行を「視覚化」してください。あなたが釣った湖、あなたが釣った魚、あなたが使ったルアー、キャスト、バイト、バスの引きとどういうランディングをしたかをあなたの心の中に描いてください。
その経験をどのように利用すれば、アングラーとしてより良くなるのか? 成功体験を自分の心にプログラミングすることによって、その「イメージ」を釣行全体に使用することができます。私たちは、すべてのキャストでバスがルアーに食ってくることを「イメージ」する必要があります。そのイメージをもっと詳細にすると、より良いものになります。
たとえば、あなたがトーナメントのためのプラクティスをしているとします。 ジグ&ポークを使って、数匹のバスを桟橋へのフリッピングで釣ったとします。あなたはトーナメント本番のためにこのポイントを温めておこうということで、そこを去ります。その晩のトーナメントの準備中、イメージ内では5ポンドのラージマウスを釣る完璧なフリッピングができるようになりました!あなたはバイトを感じるとフッキングをし、魚をランディングし、ライブウェルに入れる。全てはあなた次第です!そのイメージは水上だけに留めないでください。頭をフル回転させ、その5ポンドのラージマウスが水中にいることを「イメージ」したまましておきます。あなたはいつだってそのことをイメージしている必要があります!

すべてのキャストであなたのルアーを食べるバスをイメージする必要があります! しつこく繰り返すようで申し訳ありませんが、それは非常に重要なポイントです。簡単ではありませんが、日々のイメージ化を実践することでより簡単になります。これは一朝一夕でできることではありません。時間と労力がかかりますが、あきらめないでください!
あなたの釣行のより良い成功体験をイメージ化することで、より良い成功体験ができるようになります。心で「見えている」ので、成功するまで立ち止まることはないのです!


 

いかがでしたか。

イメージというにもいくつかの種類があるということです。私が言うところの水中イメージのような「頭の中」で見るイメージと、この記事に書かれているような「心の中」で見るイメージ。

技術や知識では得ることのできないものです。

プロのバス釣り動画は素晴らしいものですが、釣った場面しか見ることができません。

プロのフィッシングガイドなどでもいいので数時間も一緒に釣りをすると、釣ったその1本のために辿り着いた考え方みたいなものが分かります。聞かないと教えてくれないことが多いのですが、「こうじゃないかなあと思ってやってみたら来ました」みたいな風に教えてくれます。「あくまでもイメージですけどね」なんて言いますが、すごく勉強になるものです。

そしてそのお手本フィッシュこそが、私たちお客さんに与えてくれるポジティブイメージで、その疑似成功体験を自分自身が持てることで、お客さんである自分もより釣りやすくなるのでしょう。

 

私は成功体験も覚えていますが、釣りの準備中は成功体験の”イメージ”よりも「明日はこのルアーでめっちゃ釣れちゃうんだろうなあ」などという”妄想”をしているからだめなんでしょうかね(笑)

もっと毎キャスト、地形やバスが食ってくるイメージをもって、釣ってみようかなと思いました。

イメージ通りに来たら最高でしょうね。

とにかく、現場に行きたい。そんな風に思わせる記事でした。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - フィッシングライフ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status