チャターベイトのバス釣り・5つの誤解

      2018/06/27

スポンサーリンク

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 Common Chatterbait Mistakes to Avoid”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”5 Common Chatterbait Mistakes to Avoid”By WALKER SMITHMon Apr 23 2018(海外サイトです)

 

チャターベイトというルアー、皆さんはお使いになりますでしょうか。

チャターは私自身が得意ではなく、なんとか習得したいという想いから、このブログの海外記事のなかで何度か採り上げておりますが、それ以降、投げていないルアーのひとつです…だめですね…食わず嫌いというものは…。

チャターベイトは厳密にいうと商品名に当たるもので、アメリカではブレーデッドジグと呼ばれています。ブレード付きのラバージグという位置づけです。個人的にはラバージグも大好きでスイミングジグのテクニックも好きなんですが、ブレードを付けてジグを泳がせるのはなんとなく苦手…なんでなんでしょうね(笑)

チャターが得意な方から言わせれば、いいところはいっぱいあるのでしょうし、私も1本釣れば言うことがコロッと変わる可能性は大いにあるのですが、なんとなく苦手、そして食わず嫌いというのはなかなか、厄介なものです。

 

この記事は、アメリカのバスフィッシングメディア「Wired2Fish」の記事で、記者のウォーカー・スミス氏がこれまでチャターを使ってきた中でいくつか誤解があったことを打ち明けてくれています。

私も含め、チャターが苦手、嫌いという方がいるようであれば、それは何らかの誤解があるのかもしれません。ウォーカースミス氏は自分に間違いがあったことを認め、今ではチャターは信頼できるルアーの仲間入りを果たしたようですし、私と同じ過ちをみんなにはしてほしくないとまで言っています。

そこには、どんな誤解があったというのでしょうか。ちょっと読んでいきましょう。

 

間違いその1:クリアウォーターでこそ使え

Let’s touch on this first because I believe it’s the most common mistake for many shallow-water anglers. I’m going to bold the next two sentences to make a very clear point: If the water is too clear for a crankbait, throw a Chatterbait. You will catch the same fish.

I am a diehard shallow crankbait guy. I’m a much more effective angler when I’m moving quickly and winding my reel handle. Everyone’s different, but I love covering water. There was only one (major) problem: When the water would clear up, they wouldn’t even sniff a crankbait around here. So I’d have a small, prespawn window with dirty water and rising temperatures, I’d crush ‘em on a crankbait for a week and then fade back into obscurity. I’d go right back to sucking.

Not anymore, though. The Chatterbait has become my clear-water crankbait and I’ve been able to extend that bite for months. I’ve been able to leave my main areas, let them rest and find similar areas in other parts of the lake—water color hasn’t really mattered. If it’s dirty, I’ll still throw a crankbait. But if it’s clear, I’m not spun out anymore. I’ll pick up a bladed jig and fish it the same way with outstanding results.

Don’t ever let clear water deter you from winding a fast-moving bait.

私は多くのシャローアングラーにとって最も一般的な間違いだと思いますので、まずはこれに触れましょう。私は次の大胆な文章をもって、非常にハッキリと分かったことがあります。:もし水質がクランクベイトを巻くにはあまりにもクリアであれば、チャターベイトを投げてください。あなたは同じ魚を捕まえます。

私は頑固なシャロークランクマンです。私はリールハンドルをすばやく巻いていくことで実力が発揮されるアングラーです。誰もが同じではありませんが、私はそうしてエリアをカバーしていくのが大好きなのです。ただ、それには唯一の(大きな)問題がありました。水がクリアアップされると、クランクベイトに近寄ってくることすらありませんでした。だから私はこのプリスポーン時期に水温上昇を伴う濁った水という小さな可能性を探しました。結局私はクランクベイトで1週間を潰してしまい、その後は曖昧になってしまっています。未熟だったあの頃に逆戻りです。

しかしもはや、チャターベイトは私のクリアウォーター用クランクベイトとなり、数ヶ月間も長くバイトを得るようになりました。私は自分のメインエリアを離れることができ、場を休ませ、湖の他の場所で同様のエリアを見つけることができました - 水質もはや重要ではありません。濁っているなら、私はまたクランクベイトを投げるでしょう。しかし、クリアであっても私はもう逃げ出したりしません。私はブレ―デッドジグを手にし、同じ方法で同じ結果を出します。

ファーストムービングルアーをクリアウォーターで使うことに戸惑ってはいけません。

 



間違いその2:ロッドでフッキングしてはいけない

This issue might have taken me the longest to adjust. Chatterbaits are incredible around grass and I’ve been fishing them in the bank grass around my home lakes. But there’s a hidden challenge that you have to learn to work around: That grass sure can feel like a bass bite when you bump into it.

For the longest time, I’d half-jerk on a lot of those “bumps” but I was missing a bunch of fish. I’d bump into a stalk of grass, I’d jerk thinking it was a bite—but as the Chatterbait ripped free of that grass stalk—a fish would actually bite it. The result? My rod tip was way too high and out of position when the bite occurred, which was making me lose leverage and miss fish.

I’ve started employing a technique that has really cut down on those miscues, though. Instead of jerking when I feel a bump, I’ll actually reel very quickly for about five or six turns of the reel handle. If it’s a bass, your rod will load up similar to a swimbait bite and you’ll be able to swing into your hookset much easier.

My particular Chatterbait of choice is the Z-Man/Evergreen Chatterbait Jack Hammer; I choose it because of how well it comes through grass. When you reel quickly through the grass as I just mentioned, the lure pops out of the grass nearly every time without fouling. So this power-reeling method accomplishes one of two things: It either hooks the fish or pops your Chatterbait out of the grass. There’s no need to swing on everything that feels like a fish.

この問題は、私が習得するのに最も長い時間を要したかもしれません。 チャターベイトはウィードエリアの周りで効果的で、私はホームレイクのバンク沿いのウィードエリアで使い、よく釣っています。しかしここには、どうしてもぶつかってしまう壁があります:ウィードの感触とバイトの見分けがつきづらいということです。

私はずっと、それらの "アタリ"の多くを空アワセしていましたが、多くの魚を見逃していました。私はウィードの茎にぶつかるたびにバイトだと思い、ロッドをあおっていましたが、実際はチャターベイトがそのウィードの茎をスリ抜けた時に、魚はバイトしてきます。結果として、バイトが起きた時のロッドティップの位置が高すぎてしまったので、「合わせしろ」が足りなくなり、魚を失いました。

私はこれらのミスを失くすことができるテクニックを採用し始めました。私がアタリを感じたときにジャークするのではなく、リールのハンドルを5〜6回すばやく巻くのです。それがバスであれば、ロッドはスイムベイトのバイトに似たような感じで絞り込まれるので、フッキングの動作がはるかに簡単になります。

私の選りすぐりのチャターベイトは、Z-Man / Evergreen のジャックハンマーです。私はどれくらいウィードのすり抜けがいいかで選んでいます。先ほどお話したようにウィードエリアをすばやく巻いてきても、ルアーはウィードが付かずにほぼ毎回ウィードを抜けてきます。というわけでこのパワーリーリングメソッドは、次の2つのことを同時にこなします。それは、魚をフッキングするか、チャターベイトをウィードから抜けさせます。バイトだと思っても毎回ロッドを上にあおる必要はありません。

Photo by scout.com

 

間違いその3:なんとなく巻いている

You will catch some bladed jig fish on a standard, chuck-and-wind retrieve. But I guarantee you’ll catch more if you incorporate some action into the retrieve with your rod tip. Old habits die hard, but I suggest doing everything in your power to avoid getting into that robotic mode with your retrieve.

Now, this doesn’t mean you have to rip it through grass like a lipless crankbait. But just a simple pause in your cadence or pop of your rod tip can be enough to elicit a reaction strike from an otherwise uninterested bass.

I like to make these small twitches and cadence changes while my Chatterbait is near irregularities. These can be defined as small points in grass, pockets in grass or even ladders coming off of boat docks. If it looks different than the surrounding area, there’s a great chance that a big bass is using that area as an ambush point. You might catch that fish by haphazardly reeling your bladed jig in front of its face, but I prefer to play towards the biological instincts of a bass instead.

These small changes in your cadence cause your Chatterbait to act erratically, which imitates two very important things: Injured forage or fleeing forage. Both of these things are easy pickings for opportunistic bass and they are hard-wired to attack in these situations.

あなたは普通のタダ巻きでもブレードジグフィッシュをキャッチできると思います。しかし私は、リトリーブ中にロッドティップで何かアクションを組み込んだときは、より多くキャッチできることを保証します。これまでの習慣を変えるというのは大変なことですが、リトリーブがロボットのようになってしまわないためには、あなたの力が必要だということを提案します。

さてこれは、バイブレーションプラグでウィードに引っかかった時にロッドでウィードを切るといったことをする必要があるということを言っているわけではありません。しかし、リズムの中のシンプルなポーズやロッドティップでのポップは、無気力なバスからリアクションバイトを引き出すのに十分な可能性があります。

私はチャターベイトに不規則なリズムの変化やトゥイッチを与えていくのが好きです。これらは、ウィードの小さな岬、小さなウィードポケット、または桟橋から降りているはしごなどで有効です。そのエリア内で周囲と違って見えるものには、ビッグバスがそこを待ち伏せポイントとして使用している可能性が高いです。あなたは、その目の前をチャターベイトを無意識のままに通してバスをキャッチするかもしれませんが、私はそれよりもバスの生物学的本能を刺激して食わせることを好みます。

これらの小さな変化によって、あなたのチャターベイトは不規則に変化し、非常に重要な2つの事柄を模倣します。傷ついたベイトや逃げるベイトです。両方とも、気まぐれなバスにとっての簡単な獲物であり、こういう状況では攻撃するようにプログラムされているのです。

 



間違いその4:トレーラーを接着していない

This is something that, in my opinion, is overlooked entirely too often. Bladed jigs are one of the best skipping options when you’re targeting shallow cover, whether it’s willow trees, boat docks or laydowns. With a little practice and a streamlined trailer—I prefer a RaZor ShadZ because it’s so slender—you can skip these baits just like a traditional jig.

The biggest thing that will screw up your presentation and efficiency, however, is when your trailer slides down the shank of the hook. Regardless of your preferred soft-plastic trailer, I strongly suggest putting three or four dabs of super glue on the head of your trailer to affix it to the Chatterbait.

This five-second process will open up an entirely new dimension for you. You can skip for hours without constantly messing with your trailer. You also won’t have to worry about those perfect skips that are wasted by your trailer sliding down and screwing up the action of the Chatterbait. I keep my super glue in a small, waterproof boat box to make sure it doesn’t leak on my carpet.

I started doing this last year and as a result, I’ve found myself reaching for a bladed jig much more frequently.

これは私の意見ですが、あまりにも見過ごされていると思います。ブレーデッドジグは、オーバーハング、桟橋、レイダウンのようなシャローカバーをスキッピングで狙っていくときの最適なオプションの1つです。少しの練習とそれに合ったトレーラー・・・私はZ-MAN・RaZor ShadZを好んでいます。これはとてもスレンダーなため、普通のジグのようにこのルアーをスキッピングさせることができます。

このプレゼンテーションの効率を台無しにする最大の理由は、トレーラーがフックシャンクからズレてしまうことです。あなたの好きなトレーラーがなんであろうと、私は、あなたのトレーラーの先端に3〜4滴のスーパーグルー(ワーム用ゼリー状瞬間接着剤)を付けてチャターベイトに装着することを強くお勧めします。

このたった5秒間のプロセスが全く新しい次元の扉を開くでしょう。あなたは、トレーラーを常に気にすることなく何時間もスキップすることができます。トレーラーがズレて、チャターベイトのアクションを台無しにさせている上にスキッピングの邪魔にもなる心配をする必要はありません。私は、ボートのカーペットの上で漏れたりしないように、小さな防水ボックスにスーパーグル―を保管しています。

私は去年からこれをやり始めました。その結果、私はブレーデッドジグを使う回数がもっと増えました。

 

間違いその5:カラーを見落としがち

I talk about this with a wide array of techniques and there’s good reason for it—I used to overload my boat with a bunch of similar colors because I always wanted to have the “perfect” color. Truth be told, it spun me out more than anything. I keep it incredibly simple these days and have noticed an increase in both my confidence and success. In my area of the country, I’m only trying to imitate two things with a Chatterbait: A sunfish or a shad. So that leaves two base colors for me to work from—green pumpkin and white.

I’ve actually noticed something pretty interesting lately. I’ve started throwing the plain green pumpkin color a lot less. Instead, I’ve had a lot more success with the B-Hite Delight color. It’s a green pumpkin base, but it has some bright undertones on the belly. In my opinion, I think this color scheme may stick out a bit more when fishing around the grass. I feel like an all-green pumpkin bladed jig gets lost in its surroundings when you’re reeling it through vegetation. If you can find a color in your preferred bladed jig model that has some chartreuse strands in it as well, I might suggest giving it a shot.

If the bass are feeding heavily on shad, just go with something white. I think most of it is a confidence thing, to be quite honest. Don’t overthink it and try not to spend more time retying different colors than you do fishing. Stick it in your hand and roll with it.

私は幅広いテクニックにおいてカラーについての話をしています。それには正当な理由があります。私は常に「完璧な」色を使いたかったため、ボートには同じような色をたくさん積んでいました。正直に言うと、それが何よりも私を混乱させました。私は最近になってシンプルに考えるようになり、自分の自信と成功の両方が信じられないほど増していることに気づきました。私の地元では、チャターベイトでは2つのものを模しているに過ぎません。サンフィッシュとシャッドです。ですので私はグリーンパンプキンとホワイトの2色だけを基本色として残しました。

私は最近、かなり面白いことに気づきました。私は普通のグリーンパンプキンカラーを投げるのがかなり少なくなりました。代わりに、B-Hite Delight(日本版ジャックハンマーでは#40グリーンパンプキンチャートというカラーです)というカラーでもっと成功しています。それはグリーンパンプキンをベースにしていますが、腹の部分に少しの明るく落ち着いた色が入っています。私の意見では、このカラーパターンは、ウィードのまわりで釣るときに効果的だと思います。私はグリーンパンプキンカラー1色のスカートでは、ウィードエリアを通して巻いているとその環境に溶け込みすぎるように感じます。同様にチャートリュースが入っている場合も、バイトが多いのではないかと思います。

バスがシャッドに大きく偏ってフィーディングしている場合は、白系のものでやってみてください。私はそれに一番の信頼を寄せています。これは正直な意見です。いろいろ考えすぎて、カラーチェンジしすぎて釣りをする時間を減らさないようにしてください。手の中にあるものにこだわって、巻きまくってください。

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

いきなり私の誤解を解くような項目が出てきました。クリアウォーターでこそチャターだそうです。

スイミングジグを基準とすると、濁った時にチャターの出番となるわけですが、クランクベイトを基準とすると、クリアな時にチャターの出番というわけですね、なるほど、と思いました。

私の固い頭では、こんな風な間違ったルアーの覚え方がまだまだいっぱいあるんだろうなと思います。

正確に言うと、自分のことをかばうわけではありませんが、本当は間違っているということは誰にも何にもないのだと思います。この記事を疑う方もいるかもしれませんが、この記者さんはこの記者さんの経験がそう気づかせただけの話ですし、私の経験ではチャターは釣れなかったからあまり好きじゃなくなった、それだけのことで、間違っていることなんてないんです。

だれもが違ったやり方でバスを釣ることになんの不思議もありません。

ただこれは、今までチャターを苦手としていた私に新しい知識をくれたので、少しだけ「もうちょっと巻いてみようかな」という気にさせてくれました。

多くのプロが言うハードルアーのコツは「信じて巻くだけ」と言いますから、巻いてみようという気になったことは信じる気になったということで、これで釣れたら本当にコロッと考えが変わってしまうのでしょうね(笑)

私の好きなZ-MANのジャックハンマーを買って、巻いてみましょうか…

 

他にチャターが好きじゃない皆さんは、どう思いましたでしょうか。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, タックルのこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status