アーリープリスポーン時期に取るべき5つの行動

      2018/01/31

スポンサーリンク

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 Key Ingredients for Awesome Early Prespawn Action”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”5 Key Ingredients for Awesome Early Prespawn Action”by Walker Smith -Jan 30,2018(海外サイトです)

 

アーリープリスポーンとはまたややこしい表現なのですが、スポーニングの前段階であるプリスポーンのさらに前段階のことを指しています。まだほとんど冬、冬と早春の間みたいな時期でしょうか。

しかし私たちにとってはこれが「ほとんど冬」なのか、それとも「スポーニングに関係している時期」なのかという言葉の響きで、それが指し示す時期が同じようでも聞こえ方が全く違いますよね。

もちろん、ほとんど冬、と言われるより、アーリープリスポーンと言われた方がずっとワクワクします(笑)

多くの方が、冬にくすぶっていたバス釣り欲をはやく発散させたく、この時期が来るのを心待ちにしていますが、ただ単純に釣りができるということだけでなく、釣れるサイズがいいというのもこの時期が待ち遠しい理由のひとつなのではないかと思います。

しかし、いざ実際にフィールドに立ってみた時、他の釣り人もまだまばらで、バイトもあったかないのかすらよく分からず、「そうか、まだ冬なんだな」と思い知らされることも多々あります。

この記事は、まだ他のみんなが本腰を入れていないその時期だからこそ、フィールドにたった自分が取るべき5つの行動を、アメリカのフィッシングメディア「Wired2Fish」の記者、ウォーカースミス氏が共有してくれました。

春の足音がようやく聞こえてきたか、そんなタイミングにぜひ活用したいものです。早速読んでみましょう。

 

暖かくなってきた時がカギ

This can be a little tricky to explain to such a broad audience because the term “warm” is so relative to your particular location. But I’ll use my local weather as an example to better illustrate my point.

This winter, our highs have been in the 30s and 40s during the day. My deer hunting season ends on January 14, so you can take a wild guess at what I’m doing come mid-January—I’m thumbing through all of my weather apps looking for upcoming warming trends and scheduling my life around them. More specifically, I’m looking for three consecutive sunny days with daytime highs in the upper 50s to mid 60s.

These warmer temperatures allow hard, shoreline cover to conduct heat throughout the afternoons and in my experience, it takes a few full days before the bass catch onto what’s happening. On that third day, you’ll find bass in uncharacteristically shallow water ready to gorge on a well-placed bait. The water temperature surrounding this hard cover (riprap, pea gravel, clay banks and laydowns) can be several degrees warmer than the rest of the lake.

In the life of a bass, just a few degrees is all it takes for their proverbial switches to flip; and I have personally seen the switch flip in just a matter of hours.

「暖かい」という用語は、あなたが住んでいる場所にもよるため、幅広く対応するにはちょっと難しい言葉かもしれません。しかし、私が説明しやすくするため、私の地元の気候を例として使用させていただきます。

この冬、この地域の最高気温は-1℃から4℃の間で行き来していました。私の冬の鹿狩りシーズンは1月14日で終わるので、1月中旬からは天気予報を見ながらそろそろ暖かくならないかなと期待しつつ生活の予定を立てています。具体的には、昼間の最高気温が10℃から15℃になるような晴れた日が3日連続するのを待っています。

これらの暖かい気温は、午後になると岸沿いのハードカバーが熱を保ちやすくなるのを可能にしますが、私の経験では、バスが状況を把握するのに数日を要します。ですのでその3日目には、いつになく浅い場所でエサを待ち伏せしているバスを見つけることができるでしょう。このハードカバー(リップラップ、石、赤土、レイダウンなど)まわりの水温は、ほかの部分よりも数度ほど温かい場合があります。

バスの生活の中では、たった数度の違いでスイッチが入るというのはよく知られています。私は個人的には数時間でスイッチが切り替わったのを体験しています。

Photo by scout.com



風は時に味方となります

While I’m studying the temperature forecast, I’m also paying close attention to the expected winds. As you know, the north winds this time of year can be brutal and seem to negate any tangible increase in water temperature. It may be a beautiful 60-degree day on the water, but a strong north wind can make fishing incredibly difficult.

For instance, I almost went fishing today. It’s roughly 60 degrees and although it seems like a nice day to fish, we have cold, 23 mph north winds. I know the fish aren’t going to bite very well, so I’m writing this article instead.

Here in Georgia, a light and variable west or south wind can do wonders for the early prespawn bite for two reasons: It’s normally a relatively warm wind and doesn’t drive down water temperatures. Also, that small bit of surface disturbance breaks up the profile of your lure and makes bass more willing to attack it.

Pay close attention to nearby fronts and gain an understanding of where your cold and warm air is most likely to come from. If the wind is cold, it might be tough. If the wind is warm, you just might experience the beatdown of a lifetime.

私は天気予報を見るときに、風の予報にも細心の注意を払っています。ご存知のように、この時期の北風は残酷で、水温の上昇を見るからに妨害してきます。水上の気温としては15℃といい感じなのかもしれませんが、強い北風は釣りを信じられないほど困難にする可能性があります。

例えば、ほとんど釣りができる日があったとします。気温はおよそ15℃あり、魚が釣れそうな楽しい一日になりそうだと思っていたら、ひどく寒い風速10メートルの北風が吹きました。これでは魚はバイトしてこないと思ったので、代わりに今この記事を書いています(笑)。

ここジョージア州では、ゆるい西風または南風になることが、アーリープリスポーンの釣りに2つの要因で有利に働きます。それは通常は比較的暖かい風なので、水温を下げないこと。また、水面の少しの乱れがルアーの印象をぼかし、バスがより攻撃的になってくれることです。

直近の前線には細心の注意を払い、寒い空気や暖かい空気がどの向きから来るのかを理解してください。風が冷たければ厳しいかもしれません。風が暖かい場合は、もしかしたら一生の思い出になるかもしれません。

 

濁りを探す

I still haven’t quite figured out why so many anglers run from dirty water. I guess it depends on your background and how you’re most comfortable fishing, but I’ll tell you one thing: My dream day of early prespawn fishing would be the third day of a warming trend and chocolate milk-colored water. That’s one of the deadliest combinations you could possibly hope for.

Case in point: Look at the water color in the lead photo of this article. It looks like ketchup.

First, and most importantly, dirty water is dense and warms up much quicker than clear water. Remember, it only takes a few degrees to trigger a major change in bass behavior. I’ve routinely seen a 5-degree temperature increase when going from clear to dirty water. Sometimes all it takes is a quick run up a muddy river and the giants will be ready to wrestle.

Dirty water can also make bass much more secure in shallow water and, not to mention, much more predictable. Let’s put this in human terms: Imagine you’re in a dark, smoke-filled room. If you want to leave that room, you’re going to feel your way around the walls in order to find the door.

Stained water makes bass do the same thing—they can’t navigate as effectively, so they’ll position right next to hard cover, whether it’s a stump, dock post or small irregularity. This makes them much less apt to roam freely and much easier to pinpoint.

私はなぜ多くの釣り人が濁った水から逃げていくのか、よく理解できません。おそらく釣りをしていて快適かどうかということがその背景にあるのだと思いますが、しかし、1つだけ言わせてください:私のアーリープリスポーンの釣りでの一番の理想の日は、暖かい日の3日目とカフェオレ色の水です。これはおそらく望むべく最も素晴らしい組み合わせの1つです。

例えば:この記事の始めの写真の水の色を見てください。ケチャップのような色ですよね。

まず第一に、最も重要なのですが、濃い濁りはクリアウォーターよりはるかに早く暖まるのです。バスの動きを大きく変えるには数℃の変化でいいのです。クリアからマッディウォーターへ移動したときに5℃も高かったことなど私には日常茶飯事でした。時にはジャイアントバスと戦うため、泥だらけの川を駆け上がったこともあります。

濁った水は、シャローのバスの居場所をより見つけやすくすることができます。人間で例えた場合:あなたは煙が充満して視界の悪い部屋にいると想像してください。もしその部屋から出たければ、ドアを探して壁伝いに進みますよね。

濁った水はバスを同じようにします。彼らも効果的に進むことができないので、スタンプ、ドックの柱、または少しの変化でも、ハードカバーのすぐ横に位置しようとします。これにより、バスが自由に移動することが容易になり、私たちが正確に特定するのもずっと容易になるというわけです。

 



晴れたほうが釣りやすい

Not only do sunny days create warmer water, but they also put bass in predictable spots, just like we discussed with dirty water. When you combine dirty water and a day full of sunshine, potential hiding spots for early prespawners will stick out like a sore thumb.

On these days, I’m not fishing very much “in-between” water. If the bank is bare, I’m kicking my trolling motor on high and racing to the next high-percentage target. Even a stump the size of a small bucket will draw big females in from a distance. If there’s a piece of cover within 50 yards, a female bass will find it and post up until the next cold front hits.

晴れた日は暖かい水を作り出すだけでなく、濁った水の話と同じように、バスを予測しやすい場所に動かします。 濁った水と晴れた日が組み合わさった場合、アーリープリスポーンのバスの居場所が手に取るようにわかるはずです。

こんな日は、私は中層を釣ることはありません。 もし何もないバンクであれば、私はエレキを速くして、次の良さそうなエリアに向かいます。 小さなバケツほどの大きさのスタンプでも大きなメスバスを遠くから引き寄せます。 50メートル以内にカバーがある場合、メスバスがそれを見つけて、次の寒冷前線が来るまでそこに居座ります。

 

月齢も大事にします

You’ll find some people who swear by the full moon when targeting spawning bass, but you don’t hear it mentioned much in the early prespawn period. While I don’t think it’s the end-all, be-all (see the reasons above), I’m a firm believer that it does play a role in the movement of big bass this time of year.

If you can go fishing within three days on either side of the full moon, I’d strongly suggest you get out there and give it a shot. Save up some sick days and try to take a day off work. I’ve caught some of my biggest early prespawners in that time period.

For instance, we have a full moon coming up on January 31. I’m certainly not saying that all of the bass are going to go into full prespawn mode—because they won’t—but there will be some big fish move into the shallows, even if it’s only for a few days.

Check out the local weather forecast around that time period. The one day that sticks out to me is Monday, January 29. It’s at the end of a three-day warming trend, it’s going to be sunny, winds will be light, we'll have some warm rain on Sunday and it’s two days before the full moon. I’m going to be fishing that afternoon. The big fish will be biting.

Although the big “wave” that everyone waits for probably won’t move up until our next full moon on March 1 when the days are a bit longer, I’ll probably have most of these fish all to myself. They’re dumb as a bag of rocks when they first move up and many biologists will agree that it’s not uncommon for the biggest females to move up first.

If you have a date in your head that usually dictates when your prespawn fun begins, I’d urge you to reconsider. Pay very close attention to the weather, ride around the lake and look for dirty water and pull up the full moon calendar on your phone. You’ll be darn glad you did.

スポーニングのバスをターゲットにする場合には、満月がいいという人はいると思いますが、アーリープリスポーンのバスの場合にはそれほど言われることはありません。私もこれまでの説明がある通り、それを結論とはしませんが、この時期のビッグバスの動きにある程度関係していると確信しています。

もしあなたが満月の前後3日以内に釣りに行くことができるのであれば、フィールドへ行って挑戦することを強く勧めます。仮病を使ってでも、仕事を休むようにしてください(笑)。私はそのタイミングでアーリープリスポーンの最もデカいバスを何本かキャッチしました。

例えば上の図を見てください、これによると1月31日が満月です。私は確実にすべてのバスがプリスポーンモードになるとは言いません。さすがに、そこまで期待できないでしょう。しかし、大きなバスはたとえ数日であっても、シャローへ動きます。

その下の週間天気予報を見てください。一番左の日曜日には暖かい雨が降り、それから3日間あたたかい晴れの傾向があり、その3日目が満月です。私なら2日目の満月の前の日の午後に釣りに行きます。ビッグバイトのチャンスでしょう。

みんなが待っている周期はおそらくもう少し日が長くなる3月1日の満月でそれまで上がらないと思っているかもしれませんし、私自身もこの日にほとんどの魚が上がると思いますが、最初に上がってくるのはバカでかいメスですし、多くの生物学者も、最大のメスが最初に移動することは珍しいことではないことに同意するはずです。

あなたの頭の中で、プリスポーンバスを釣りに行くのに日付けがもう決まってしまっている場合、もう一度考え直すのを勧めます。スマホで満月をチェックして、天気にも細心の注意を払い、湖に出たら濁った水を探してみてください。きっと満足していただけることでしょう。


 

いかがでしたか。

この記者さんが住んでいるところは1月でも気温が10℃とか15℃になるんですね…うらやましいですね…。

もしかしたらこの記事を取り上げるタイミングが早かったんじゃないかと思われるかもしれませんが、この記事にも書かれているように、暖かいという言葉は相対的なものであって、10℃や15℃でなければいけないというわけではありません。

私の住む長野県の北部では、1月下旬でも最高気温はマイナスということなどしょっちゅうなのですが、冬至から1か月ほど経った1月下旬あたりは日が少ーし長くなっただけで気温は相変わらず低いままですが、少し陽射しが暖かく感じるものです。おかしな感覚ですが(笑)

きっとバスも、こういう少しの変化に気付いていることでしょう。

暖かい地域なら暖かい地域なりに、寒い地域なら寒い地域なりに、春がやってくると感じるということですよね。

 

この厳しい冬に熱心にバス釣りをしているアングラーさんは本当に寒くて心も折られるかもしれませんが、もう少しです。もう少し続ければ、最大のメスが近くまで来るかも知れません。

防寒対策はしっかりとして、ぜひ、フィールドに出続けてみて下さい。

 

良い日があっても、仮病で仕事を休むのはダメですよ(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 攻略法, ポイントについて, ,

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status