野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

雨の日のバス釣り、3つのヒント♪

      2016/12/17

Pocket

こんにちは!

今日は海外のサイトから”3 Pro Tips For Fishing In The Rain”という記事があったので引用して紹介するよ♪

引用先:mysterytacklebox.com”3 Pro Tips For Fishing In The Rain”(海外サイトです)

みんなは雨の日のバス釣りって好きかな?

これには色々な意見があると思うんだけど、雨の日は、少なくとも晴れの日とは色々な面で違ったバス釣りになることは間違いないよね、濡れることに気を使ったり、釣り方に気を使ったり、食事に気を使ったり…。

ちなみにバス釣りに関する雨の効果っていうのは一般的に(季節や状況にもよりますが)、水面を叩いて人的プレッシャーが薄れる、流れが発生する、水中の栄養素が掻き回されるっていう効果があって、どれもバスのやる気を引き出すものなんだ。

風邪をひいたりしたら嫌だし、滑って事故にでもなったら大変だから、雨の日に釣りをした方がいいよっていうことではなくて、もし雨の日が釣れないから好きじゃないっていう理由で釣りをしていないのなら、この記事を読んでみることをおすすめするよ♪

1.トップウォータータイム

Because the surface is broken up by the raindrops, and the clouds are obscuring the sun – rainy days are some of the best times to fish topwater baits… All day long. Fish are more willing to roam and actively pursue bait – which makes them much more likely to demolish a topwater as it skitters across the surface. When fishing in the rain, focus on classic schooling areas like points, ditches, ledges, or current seams, but keep a topwater on your deck all day – you never know when a group will come up schooling.

雨粒が水面を叩き、雲が太陽を隠す…雨の日はトップウォーターで釣りをするベストタイムです。1日中です。魚はよりゴキゲンに回遊し、ベイトフィッシュを積極的に追い回します。これにより、水面を横切るトップウォーターに襲い掛かる可能性が高まります。雨の中で釣りをするときは、岬、水路、ブレイクショルダー、合流点など典型的なベイトの群れる場所に集中しますが、デッキの上には常にトップウォーターを用意しておいてください。ベイトの群れがいつ現れるかわかりませんので。

2.速い釣りを

With no sun, bass are more likely to roam when it’s raining than when it’s sunny. For that reason, the bass that were once locked on that little sweet spot are now likely spread out over a much bigger area. To connect, speed up whatever presentation you are fishing – so you can cover more water in a day. If you’re fishing in the rain and throwing a spinnerbait, start burning it. If you are fishing in the rain and throwing a worm – don’t soak it as long. The fish are more aggressive during the rain, so you shouldn’t need to work as hard to make them bite.

バスは晴れている時よりも雨の日の方が回遊する可能性が高くなります。その理由から、小さなスイートスポットに一旦着いていたバスは、はるかに広いエリアに散っているようです。出会うためには釣りのスピード、プレゼンテーションを速くすることです。それは一日の中でより多くのエリアを探ることに繋がります。雨の中でもしスピナーベイトを使っているなら、速巻きに切り替える。雨の中でもしワームを使っているなら、長い時間水中に浸けておく必要はない。雨が降っている間はバスは積極的になっているので、バイトを得るためにあなたが頑張る必要はありません。

3.流れ込みを見つける

Surface runoff brings nutrients into the water, which attracts baitfish, and in turn – bass. Focus on any places you find where runoff is coming into the lake, particularly if it’s still reasonably clean. Bass will move quite a distance to line up and feed on bait along mud lines, culvert pipes, and creek inlets. Focusing on these areas when fishing in the rain can be extremely effective when it really starts coming down.

流れ込みはベイトフィッシュを惹き付ける栄養分を運び込んできます。そしてバスも…。流れ込みを湖で見つけたら、特にそれがまだきれいな状態であれば、注意してください。バスはかなりの距離を移動して、濁りの境界線、水中の導水管、小川のあるワンド沿いに移動してベイトを捕食します。雨の降り始めにこれらのエリアに集中しておくことは非常に効果的です。


僕自身は雨が降ると魚の活性が上がることを感じるから、雨っていう天気は嫌いじゃないんだけど、実際に釣りをするとカッパに雨が当たってうるさいとか、カッパを着てても雨が入ってきたりして気持ち悪いとか、釣りに集中しづらいから好きじゃないっていう感じなんだよね…

でもやっぱり、いつもは使わないようなビッグベイトで釣れたりだとか、そういうことも起きるのが雨だから、嫌いにもなれないんだよね(笑)

結局は天気予報が晴れでも雨でも、そこしか釣りに行く日がないから行くんだけどね(笑)

みんなもそんな感じかな?それなら、雨を味方にして、雨の日を得意にするしかないよね!

そんなわけで、僕も頑張ります(笑)

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

Pocket

 - 攻略法, ポイントについて