野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

釣り人を彼氏にしたときの10のあるある

      2017/06/23

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”10 Ways You Know You're Dating a Fisherman”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”10 Ways You Know You're Dating a Fisherman”By WALKER SMITH 02/19/2016(海外サイトです)

 

これを読んでいらっしゃる方の多くはアウトドアを愛し、釣りを愛する方々だと思います。

これは私の偏見かもしれませんが、私たちのような人種は、流行りの都会的なカフェなどに行くこともあまりなく、週末の夜に豪華なフレンチレストランでディナーなどということもあまりないような気がします。

そのかわり、おにぎりをかじりながらロッドやリールをメンテナンスしたり、休みの前の晩はタックルボックスをひっくり返し、コーヒーを片手に持っていくルアーを一生懸命選んでいるだけでも満足しますよね(笑)

こういう人たちとお付き合い、または結婚するとなると、必ず付きまとうことがあります。

この記事では、そんな釣り人と付き合ったときの「あるある」が書かれています。

もし、今これを読んでいる方で、釣り人と付き合うことになりそうな方がいらっしゃるなら、よーく読んでおいて下さい。

そして、ある種の覚悟をしておいて下さい(笑)

いいですね?ちゃんと警告しましたよ?

 

1:早寝早起き

Photo by scout.com

A lot of people use the weekends to catch up on much needed sleep. After a long work week, sleeping in until mid-morning is something to which many look forward.
Fishermen, however, are much different. We’ll start yawning when the sun goes down and we’re awake and stomping around the house long before the sun even thinks of rising. We might not quite make it all the way through that 8:00pm episode of The Real Housewives—or whatever they call that show where the ladies with big hair keep hollering at each other—but by gosh, we can sure make you a nice breakfast before we climb in our trucks and head to the lake.

The silver lining: There’s no need to worry about our whereabouts on a Friday or Saturday night. We might have a few cold ones with our fishing buddies, but we leave the nightlife antics for the other guys.

多くの人が週末を使ってこれまでの寝不足を解消しています。 長い仕事が続いた後の休日、午前中まで寝ることは、多くの人が楽しみにしていることです。
しかし、釣り人たちはずいぶん違います。 私たちは、太陽が沈むころにはもうあくびをしています。そして太陽が昇るよりずいぶん前から、家の周りを歩き始めます。 人気ドラマで出てくるような素敵なものではないかもしれませんが、車で湖に出掛ける前に、あなたに素敵な朝食を作ってあげられるかもしれません。

プラスに考えて:金曜日や土曜日の夜にもしいなくなったとしても、心配する必要はありません。 どうせ釣りの仲間と一緒に2、3杯飲んでいるだけです。

 

2:そこらじゅうからワームが出てくる

Photo by scout.com

It’s not uncommon to find a few stray coins or maybe a stick of chapstick in the dryer from time to time—we’ve all done it. But globs of melted plastic that stick to every possible item of clothing? Yep. Leave it to a fisherman.
I know, it seems simple. Just empty out the pockets before you put your britches in the washing machine, right? But here’s the issue with that logic: When our jeans start smelling ripe with fish slime and they finally get that good “funk” on ‘em, they’re just getting good. We’ll go awhile without washing our fishing pants, so it’s easy to forget about the lint-covered plastic lizard we stuffed in our pockets 10 days ago.

The silver lining: I’m not quite sure on this one, to be honest. Based on previous experience, it’s probably best to just say, “Sorry, babe. I’ll do better and you’re beautiful.” It works … sometimes.

洗濯の時に小銭やリップスティックが出てくることは珍しくありません。 しかし、衣服のすべてのポケットからワームが出てくる可能性があるとしたら? うん それが釣り人ですから。
わかっています、それはシンプルなことですよね。 あなたは洗濯物を洗濯機に入れる前に、ポケットを空にしますよね。 しかし、ここにその問題があります。ジーンズは魚の粘液などで匂い始めると、終いにはひどい匂いになってきます。 私たちは釣り用のズボンをしばらく洗うことなく釣りに行くので、以前にポケットに入れた糸くずと一緒のワームをそのまま忘れるのは簡単なのです。

プラスに考えて:正直言って、これについては何も言えません。 経験から言えば素直に 「申し訳ありません、ベイビー。 あなたは美しいよ」と言うだけです。それで時にはうまくいきます。

 

3:親指がザラザラしている

Photo by scout.com

Fishermen come in all kinds of sizes; short, tall, skinny, round, husky, pleasantly plump, large-and-in-charge, beanpole—the list could go on forever. Although we might not look like we came off the set of Baywatch, we do have one claim to fame: Our hands are pretty darn strong.
Unfortunately for our lovely wives and girlfriends, these strong hands come with some pretty gnarly callouses. It feels and looks like we’ve been playing catch with cinder blocks and broken glass—especially when the fishing is good. We wear ‘em like a badge of honor.
So if our back rubs feel like a mix between a Vise-Grip and 100-grit sandpaper, it’s not because we’re not trying. We want to be sweet, but back rubs aren’t always the best option. And no, we won’t try your gingerbread-scented hand lotion. It’s hard to tie a good Snell knot with greasy hands.

The silver lining: We view jar lids as an ultimate contest of brute strength and masculinity. The next time you’re unable to open a jar, ask a fisherman. We may not be able to bench press 500 pounds, but defeating the pickle jar is a close second.

釣り人にはあらゆるサイズの人がいます。背の低い高い、痩せている、丸い、ガッチリした、中肉中背、太りかけの人、ひょろ長い人 …それは様々に。アスリートのような理想的な体系ではないかもしれませんが、私たちは自慢するところもあります。それは手がかなり強いことです。
しかし残念なことに、素敵な妻や彼女にとっては、かなりかっこ悪いザラザラした硬い皮膚といえます。それは、私たちが調子よく釣れている時は特に、コンクリートブロックやガラスの破片をつかまえて遊んでいるように見えるかもしれません。私たちはその親指を、名誉の勲章のように感じていますが。
だから、もし私たちの親指がヤスリや100番のサンドペーパーのように感じたとしても、それはわざとではありません。私たちはちゃんと治したいと思っていて、親指のザラザラが常に最高と思っているではありません。だからと言って、私たちはあなたが貸してくれるいい香りのハンドローションを試しはしません。その滑らかな手でラインのノットを結ぶのは難しいからです。

プラスに考えて:ビンのフタは、男性の屈強さを示すものだと思います。次にフタを開けられないときは、釣り人に相談してください。私たちは100㎏の重量をベンチプレスすることができないかもしれませんが、ビンのフタは開けられます。

 

4:魚くさい

Women are great at giving not-so-subtle hints throughout the year. Our stockings are stuffed with special fish scent-eliminating soap bars, and our birthdays aren’t complete without receiving at least one bottle of ridiculously expensive cologne that smells like cat urine and diesel fuel. We get it—you don’t like the fish smell. Point taken.
That fish smell, however, is the sign of success. It means our hours of map study, tackle rigging, hook changing and casting have paid off. Show me a fisherman who hasn’t taken a few deep, hearty wiffs of his hands after an all-day bass beatdown, and I’ll show you a liar. We might even delay taking a shower at night because it smells that freakin’ good. When you turn the other way, we quietly sniff our hands again. It’s the sweet nectar of triumph and it makes our insides tremble with elation. Yes, it’s weird. But at least we own it.

The silver lining: When we come home reeking of the day’s catch, ask us to do anything, and we’ll probably agree to it. We just had an awesome day on the water, and we’re in one heck of a good mood.

女性というものは常にあからさまなヒントを与えるものです。私たちの洋服には、魚臭さを消すための特別な消臭剤を撒かれます。私の誕生日には、変な香りが漂うばか高いコロンのプレゼントを受け取らなければ終わりません。私たちはそれを受け取ります - あなたは魚のにおいが好きではないんですよね。そもそもね。
しかし、その魚の臭いは成功の証しです。何時間にも及ぶ地図による調査、タックル、リグ、フックやキャスティングが功を奏したということです。1日中バスを釣った後に、愛する妻とさえ手を取り合わない釣り師がいます。ちょっとした嘘をつくこともありす。夜にシャワーを浴びることさえ先延ばしにするかもしれません。あなたがそれでそっぽを向いたとたん、私たちは静かに再び手の匂いを嗅ぎます。それは勝利の匂いです。そして、その匂いに私たちの心は喜びで震えるのです。ええ、変でしょうね。しかし、少なくとも釣り人とはそういうものなのです。

プラスに考えて:釣りを終えて家に帰った時に魚臭ければ、何かするように言いつけてみてください。おそらく言うことを聞くでしょう。私たちは釣りですばらしい一日を過ごしました。非常に上機嫌なのですから。

 

5:1年中、目の周りだけ日焼けしてる

Photo by scout.com

Much like the aforementioned calloused hands, “coon eyes” are also a major badge of honor for a fisherman. In our simple minds, those permanent tan lines represent the hours and days we’ve invested perfecting our craft. In a woman’s mind—and rightfully so—they represent the need for more sunscreen and an education on skincare.
Coon eyes also serve as an easy identifier when we’re stuck behind enemy lines at your company’s Christmas party or your best friend’s baby shower. When we see another dude with coon eyes, we know he’s an outdoorsman and a potential ally. So while our coon eyes might not look too hot when you make us take cutesy “couples photos” on railroad tracks, in wildflower fields and in the backs of old, rusty pickup trucks, they actually have a lot of practical uses.

The silver lining: Because we always wear sunglasses, we (hopefully) won’t have funky-looking cataracts when we’re old men.

前述した親指の話のように、「タヌキの目」もまた漁師にとって名誉の勲章です。 無邪気な心による消えない日焼けの線は、私たちが時間と日を使って作り上げた工芸品ともいえるものです。 女性の心の中では当然のように、日焼け止めとスキンケアの必要性を教えてあげたいと思っています。
タヌキの目は、あなたの会社のクリスマスパーティーや親友のホームパーティーで見当たらなくなったときの簡単な見分け方としても役立ちます。 タヌキの目を持つ別の男を見つけたとき、彼はアウトドアマンであり、なんとなく味方であることがわかります。 だから、お花畑や昔の錆びたトラックの後ろ、鉄道の線路などのアウトドアな風景で私たちカップルの写真を撮ると、このタヌキの目は見栄えはよくないかもしれませんが、実際には多くの実用的な用途があります(仲間を見つけやすくなる)。

プラスに考えて:私たちは常にサングラスを着用しているので、私たちは(願わくば)老人になっても白内障を抱えないでしょう。

 

6:ちょっと車貸して?だって俺の車ボートついてるからさ

Photo by scout.com

Let’s paint a quick picture: We’ve been fishing all day and the bass were absolutely gagging on our favorite lure. We’re planning on going again in the morning because, well, they’re biting. What’s the point of unhooking our rig if we’re heading back out before daylight? It’s like eating dinner before you go to Golden Corral. It just doesn’t make sense.
What does make sense, however, is taking your car to run a few late-night errands. We’ll drive—that’s not a problem at all. But we’d love to save a few minutes in the morning by leaving our war wagon hooked up in the driveway.

The silver lining: The savvy fisherman will show his appreciation by periodically washing your car, filling it up with gas and changing the oil. Maybe even run by the friendly neighborhood Dairy Queen for a surprise Blizzard. Take notes, guys.

ちょっと想像してみてください:私たちは一日中釣りをしていて、バスは私たちが好きなルアーによく反応してきた。 バイトが多かったので、私たちは明日の午前中に再び行くつもりです。 夜明け前にまた行くのですから、トレーラーを切り離したりしますか?レストランに行く前に夕食を食べるようなものです。 それは意味をなしません。
しかし、もし深夜に急用が入ったりしたとき、わたしはあなたの車を借りることがあるかもしれません。 運転だってします。それをまったく問題とは思いません。 だって、車とトレーラーをつないでおくことで、朝の数分間でも節約したいのですから。

プラスに考えて:いい釣り人なら洗車をし、ガソリン満タンで、オイルまで交換して返すことで、感謝の気持ちを示すでしょう。 おそらく、急な雨が降ったら、近所のマクドナルドでご馳走してくれるかもしれません。 さあみんな、ここメモっといて。

 

7:ボートのランチングを手伝わせます

Photo by scout.com

If you’re in the “honeymoon stage” of a new relationship, your fisherman probably launches the boat by himself when you go to the lake together. If you want to kick things up a notch and take the relationship to a whole new level, it’s a good idea to learn how to back a trailer. It’s the ultimate way to an angler’s heart.

The silver lining: You’ll make all the other couples jealous at the boat ramp. They’ll think Bonnie and Clyde just pulled up to the joint.

あなたがまだ新婚状態、付き合い始めたばかりであれば、一緒に湖に行くとき、あなたの彼氏はおそらく自分でボートをランチング(湖からトレーラーへの上げ降ろし)をします。 関係をより親しいレベルに引き上げたい場合は、ボートのランチング方法を学ぶことをお勧めします。 それは釣り人の心をつかむ究極の方法です。

プラスに考えて:あなたは船着き場で他のすべてのカップルから嫉妬されるでしょう。 みんなは「なんて仲のいいカップルなんだ!」と思うのです。

 

8:ネイルカラーを指摘される

Photo by scout.com

We’re hardwired to notice small color changes in our environment. We’re constantly tuned in to water clarity, crawfish hues, forage color or flake color in soft plastic baits when we’re on the water. Naturally, this habit often spills over into our love lives. If you paint your nails a different color, we’ll know within the first few seconds of seeing you.
When we notice your nail colors, you can fully expect us to do one of two things: Compare them to our favorite worm color (Merthiolate, red shad, emerald shiner, etc.) or comment on how or why we could catch a bass with that particular color.

The silver lining: Because we’ve developed such a keen eye for color, you won’t get that “I don’t know” garbage when you’re asking our opinion on an important nail color decision. We’ll set you up with the best-looking colors and who knows—it might give us an idea for a new crankbait color.

私たちは、釣り場では小さな色の変化にも気付くようにしています。 ボートに乗っているとき、水の透明度、ザリガニの色合い、ワームやプラグの色やフレークの色を絶えず気にしています。 自然と、この習慣は私たちの愛の生活にも流出します。 あなたがネイルにマニキュアを塗れば、最初の数秒であなたの爪の変化に気付きます。
私たちがあなたの爪の色に気づいたとき、次の2つの事をすると考えられます…好きなワームの色(スカッパノン、レッドシャッド、エメラルドシャイナーなど)と比較してみたり、 その色がどんな時にバスに効果的かをしゃべり始めるのです。

プラスに考えて:私たちは色について鋭い目を持っているので、あなたが重要な爪の色を決定したいとき私たちに意見を聞いてもらえば、「知らないよ」というつまらない返事をすることはありません。 私たちはあなたにぴったりの最高の色や、誰も知らない新しいクランクベイトの色をお教えします。

 

9:どこにいるか心配しないで

Photo by scout.com

All kidding aside, trust is an important aspect of any relationship. You don’t want us messing around on you and we don’t want you messing around on us. It’s common courtesy that, unfortunately, a lot of today’s society is severely lacking.
You will never have to worry about where we are or what we’re doing. There are basically three options for a fisherman: We’re working, we’re fishing or we’re spending time with you. Like I mentioned earlier, we don’t have time for that bar hopping stuff. We’d rather wake up early than sleep the day away with a hangover. Moreover, we’re fiercely loyal to both our outdoor endeavors and our significant others.

The silver lining: We’re not going anywhere—except to the lake.

冗談抜きで、ふたりの関係で重要なのは信頼です。 あなたは私に浮気をして欲しくないし、私はあなたが浮気することを望んでいません。 残念なことに、今日の社会の多くで深刻に欠けていることはそういった礼儀です。
私がどこにいるのか、私がなにをやっているかを心配する必要はありません。 釣り人には基本的に3つの行動パターンがあります:働いているか、釣りをしているか、またはあなたとの時間を過ごしています。私たちは誰かと夜のフレンチディナーを楽しむような時間がないのです。 私たちは二日酔いで寝坊するよりもむしろ、より早く起きたいのです。 さらに、私たちはアウトドアライフに対してと大切な人に対しての両方にかなり誠実なのです。

プラスに考える:我々はどこにも行かない。釣り以外は。

 

10:最も美しい朝日と夕日が見られる

Photo by scout.com

Fishermen aren’t all grit. Believe it or not, we can actually be pretty darn romantic when the mood strikes. I mean, is there a better way to show a woman you love her than to watch a beautiful sunset together? Everyone loves a sunset.
We like to act tough around our fishing buddies, but we’ll jump at the opportunity to slow the boat down to a mere idle on the way back to the marina, turn on some country music and put our left arm around you. You put up with a lot of crap from us and we want to show you how much we appreciate you. It’s the right thing to do.

The silver lining: We definitely have our faults, but everything is “right” in our world when we’re idling into the marina with our arm around the woman we love. I think I speak for all the guys reading this when I say “thank you”. Thank you for being such a patient, supportive and wonderful addition to our lives.

漁師のすべてが根性ものというわけではありません。 信じられないかもしれませんが、場合によっては、私たちは実はかなりロマンチックなのです。つまり、美しい夕日を愛する人と一緒に見るより他に、彼女を愛しているとわかる方法がありますか? 誰もが夕日を愛しているのです。
私たちは釣りの仲間の間では強く振る舞ってしまうものですが、ボートをマリーナに戻る途中で止めて、カントリーミュージックをかけて、あなたに左腕をまわしたいのです。 あなたは私のたくさんのたわごとを聞いてくれます。私があなたにどれだけ感謝しているか、示したいのです。 それは正しいことです。

プラスに考える:私たちは過ちを犯してしまうものですが、私たちが愛する女性とマリーナの周りでアイドリングしているとき、私たちの世界ではすべてが「正しい」のです。 私は「ありがとう」と言うとき、私がこのことを読んでいるすべての人を代弁していると私は思います。 私の人生にこのようなパートナーでありサポーター、そしてこんな素晴らしい人と一緒にしてくれてありがとう。


 

いかがでしたか。

まあこれを翻訳していて思いました。釣り人ってなんて他人に迷惑をかける存在なんでしょうって(笑)

このエピソードの中にはさすがアメリカというか、ダイナミックで私たちには当てはまらないようなこともいくつかあったかもしれませんが、だいたい、似たようなケースに当てはめることができたのではないでしょうか。

そして最初は「そうそう」と笑って読んでいたのですが、後半はかなりロマンチックな展開になりました。

このへんもアメリカ人らしい振る舞いだなあと思います。素敵ですよね。

 

釣りという趣味は自由でありながら、お付き合いする女性に対してはどこか不自由を与えてしまう、理解が必要な趣味だと思います。

もしかしたら呆れかえっているかもしれません。もし、釣りに理解をしてくれているかたがそばにいるのでしたら、照れくさいですけど、ありがとうと感謝の言葉はかけたほうがいいかもしれませんね。

おたがい気持ちよく人生を過ごすために。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - フィッシングライフ