野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

秋バスを早い釣りで釣る理由と方法

      2017/09/29

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Why and How to Fish Fast for Fall Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”Why and How to Fish Fast for Fall Bass”by Luke Stoner - Sep 14, 2015(海外サイトです)

 

秋の釣りといいますと、みなさんはどんな釣りを思い浮かべますでしょうか。

良く言いますよね、「秋は巻きもの」なんて。

そんな言葉は、釣りが上手な方がカッコつけて言ってるだけで、私には当てはまりません(笑)。一応、巻き物全般も投げますがどうもうまくいかず、ワームを投げても上手くいかず、どんどん小さなワームになっていくんですが、結局はボウズで家に帰る…これが、私の秋の釣りです(泣)

しかし、いろんなプロの映像を見ていると、確かに巻きモノで釣っている…これは間違いのない真実で、巻きモノでいいはずなんですが、ちょっと意地の悪い考え方をすれば、プロはルアーを売るのが目的のひとつでありますので、映像の中では「投げて巻くだけだよ」なんて簡単に言っていますが、きっと、もっと肝心な部分があるはずなんです…

それが知りたいのに…

この記事は、アメリカの釣りメディア、Wired2fishの記者、ルーク・ストーナー氏が、アメリカバスマスターエリートプロのジョーダン・リー氏とマット・リー氏のリー兄弟に取材をしたもので、彼らはトーナメントであろうとガイドであろうと、この時期に多くのバスを早い釣りで釣っているそうで、この難しい秋の巻きの釣りの肝心な部分を解説してくれたようです。

これは気になるところですよね。読んでみましょう。

 

どこから始めるのか

Anywhere they go in the country, Matt and Jordan Lee look to break the lake or river down into manageable sections. Matt Lee looks wind first in the early fall.

“You can make catching bass a whole lot easier on yourself, if you chase the wind,” Matt said. “The wind is going to churn up the water some and get the baitfish more active in that area, which in turn is going to bring in the bass. Especially in fall, because bass are moving around so much anyway.”

By listening to this logic, finding an area to start your efforts in the fall can be as easy as licking your finger and throwing it in the air, whichever way the wind is blowing is where you should be headed. More than wind, another easy to notice, yet important and overlooked factor that can put more bass in your boat is finding stained water.

“In the fall I am always going to start with the most colored water I can find,” Jordan added. “From my experience, stained water will make those roaming bass relate to targets better. That way you can cast to individual docks, rocks, or laydowns and you have a better chance of a bass being around it.”

Making a decision like following the wind or finding dirty water may not seem like huge deal, but these can be details to “make or break” a day of fishing so to speak. Bass are moving a lot during the fall, you simply aren’t going to find them everywhere throughout a lake or river.

Paying attention to the little details can greatly tip the odds in your favor for catching a lot of bass versus scratching your head and wondering where you went wrong.

彼らがどこへ行ったとしても、マット・リーとジョーダン・リーは、湖や川を管理しやすいようにエリア分けをしています。マットリーは初秋には風を強く意識します。

「風を追いかけると、より簡単にバスをキャッチすることができます。 風が水を少し掻きまわして、そのエリアのベイトフィッシュをより活発にして、バスを引き寄せることになるだろう。とにかく、秋のバスは動き回っているからです。」

この論理を聞けば、秋に釣りを開始するエリアを見つけることは非常に簡単で、楽勝でしょう、風が吹いているところへあなたは向かうべきなのです。また、多くのバスを釣ることができる重要かつ見過ごされている要因は、風よりも、もっと簡単に気づくことができることです。濁った水を見つけることです。

「秋になると、私はいつも見つけられる最も色の濁った水から始めるつもりだ」とジョーダンは付け加えた。 「私の経験では、濁った水は、回遊するバスのより良い目標になってくるようです。そのなかで、桟橋、岩、レイダウンなどの個々の目標にキャストすれば、その周囲でバスが出る可能性が高くなります。」

風に従うとか濁った水を見つけるという事柄は大したことには思えないかもしれませんが、これは言わばその日の釣りの「明暗を分ける」かもしれないことなのです。バスは秋にはかなり動いているとは言いますが、湖や川のいたる所でそれらを見つけることはできないのですから。

小さな細部に注意を払うことは、自分の頭をかきむしったり、どこが間違っているのか不思議に思ったりすることなく、多くのバスを捕まえる確率を大いに上げることでしょう。

Photo by scout.com

ベイトフィッシュは鍵だが、それだけではない

“Follow the baitfish” is mentioned almost every time fall fishing is discussed, mostly because it is tried and true. Some nomadic fall bass will undoubtedly be following schools of baitfish around, whether it is shad, herring, or some other tasty morsel.

While the Lee brothers know following the baitfish works, they admit it is not always necessarily the cure-all to fall fishing, especially early fall.

“All lakes are going to fish differently; it’s not like you can just graph for a school of baitfish, and boom, you’ve found the bass,” Matt said. “I’ve seen times where you can be around swarms of baitfish and still can’t catch a bass. I tend to cover water on a fishery until I get a few bites in the same general area. The fish may not be ganged up directly with baitfish, but they’ll be here and there in a certain section.

“Don’t get me wrong, you want to be around bait if you can help it. But focus on isolated cover on a flat, or something like a lone stretch of docks, and you’ll catch more bass in early fall.”

When schools of baitfish get shallow in the backs of creeks during mid to late fall it is often extremely easy to catch bass feeding on them because they have the bait trapped. In late August and early September, however, not all those baitfish are going to rush to shallow water. Jordan echoed much of what his brother said.

“I’m going to run and gun fishing things like rip-rap, grass lines, or laydowns to find them in the early transitional period,” Jordan agreed. “Those fish tend to favor one type of cover to the others that time of year and you can figure them out better with each bite. Every bite is a clue.”

Coupling wind, stained water, and covering these favorable types of cover for early fall bass gives the Lee brothers the confidence to put their head down and fish without second guessing what they’re doing.

「ベイトフィッシュに従う」とは、秋の釣りが議論されるたびに言及されています。多くの回遊する秋のバスは、それがシャッドや他の食べやすいベイトフィッシュであろうと、間違いなくベイトフィッシュの群れの周りについているだろう。

リー兄弟もベイトフィッシュの群れに従っていることを知っていますが、必ずしもすべての秋の釣りで、特に初秋には必ずしも万能であるとは限りません。

「すべての湖で釣り方は変わってきます。ベイトフィッシュの群れを魚探で見つけることができず、バスを探すのに失敗することもあります。 ベイトフィッシュの群れの周りにいたとしても、バスを捕らえることができないこともありました。私は同じフィールド内では2,3のバイトを得るまで、多くのエリアをカバーする傾向があります。そういう魚は、ベイトフィッシュと直接関係がないかもしれませんが、特定のエリアにおいてはそこかしこにいるのです。」

「誤解しないでください。できることなら、ベイトフィッシュの周りにいたいのです。しかし、フラットエリアの孤立したカバーやストレッチにある桟橋のようなものに焦点を当てると、初秋にはよりバスをキャッチできるのです。」

ベイトフィッシュの群れが秋の中盤から晩秋にかけてワンドの奥に入るようになると、ベイトフィッシュを追い込みやすくなるので、バスが餌をとるのは非常に簡単になります。しかし、8月下旬から9月上旬には、これらのベイトフィッシュのすべてがシャローに突入するわけではありません。ジョーダンは兄弟で口をそろえて言います。

「私は初秋の季節の変わり目の頃には、リップラップ、ウィードライン、レイダウンのようなところをランガンして釣るつもりです。 こういうところの魚は、この時期に他のものより特定のカバーを好む傾向があり、バイトがあることでより絞ることができます。すべてのバイトが手がかりです。」

風と濁った水のふたつと好条件のカバーは、初秋のバスのためにリー兄弟が何をすればいいのかと悩ませることなく、釣りに対する自信を与えます。

Photo by scout.com

リー兄弟の秋のルアーセレクション

Every bit important as the area(s) and the cover types the Lee brothers focus on is the gear they use to attack theses structures.

“Instead of pitching a jig or soaking a worm like a lot of other anglers, I’m gonna pick up a moving bait and throw the trolling motor on high,” Jordan said. “You make yourself so much more efficient at covering water and will put the bait in front of more fish throughout the day.”

リー兄弟が目をつけたエリアやカバーのタイプに対して重要なことは、これらの変化にアタックするためのルアーです。

「多くの他の釣り人のようにジグを投げたり、ワームを使うのではなく、私はムービングベイト(巻き物ルアー)を手に取って、エレキのパワーも上げるんです」とジョーダンは語った。 「これにより広いエリアをカバーすることがはるかに効率的になり、一日を通して多くの魚の前にルアーを送り込むことができるでしょう。」

 

スクエアビルクランク

No matter where you go in the country, a squarebill crankbait will catch fish, especially when the leaves begin to change and fall begins.

“A Strike King 1.5 or 2.5 is probably the most versatile lure I have in my tackle box, you can throw that thing anywhere,” Jordan said. “Rip-rap, laydowns, grass, docks, open water; I mean those things just flat out catch fish, especially in the fall when bass like to key in on small baitfish. The name of the game with a squarebill is deflection; the more stuff you’re banging your bait off of, the more you’ll get bit.

“Use the angle of your rod and the size of your line to control how deep your plug is running. The heavier the line, the shallower it is going to run. Likewise, the higher you keep your rod on the retrieve, the shallower you can keep your bait. By toying around with these details you can literally put a squarebill in any cover you want. By throwing a plug where others would pitch a jig, you’re going to get more reaction strikes and catch more bass.”

Jordan throws his 1.5s or 2.5s Strike King crankbaits on a 7 foot, or less, Medium Quantum Tour KVD Cranking Rod coupled with a 6:1:1 Quantum Smoke. He likes a the shorter rod for close quarter, target fishing with a crankbait; and notes the Smoke throws baits even as small as a 1.0 sqaurebill effortlessly, even in the wind.

Jordan and Matt both believe the color of your crankbait is extremely important, even more so than most lures. For whatever reason, they have seen the right color of crankbait change an afternoon with five bites to 25 bites, with a slight change.

Jordan’s favorites change depending on the clarity of the water and whether there are clouds present or not. Leaning towards either chartreuse black back or sexy shad if there is stained to dirty water, which is what Jordan prefers to fish. Or switching to something like green gizzard or clear water minnow if the water if clear and the sun is shining.

国中のどこに行っても、葉の色が変わり始める秋には特に、スクエアビルクランクベイトは魚を捕まえることができます。

「ストライク・キング1.5または2.5は、おそらく私がタックルボックスに入れた最も多目的なルアーであり、どこにでも投げることができます」とジョーダンは語った。 「リップラップ、レイダウン、ウィード、桟橋、オープンウォーター・・・特に小さなベイトフィッシュを食べている秋には、こういうところで全力を尽くします。スクエアビルの真骨頂はまさにこれです。バスの食欲が強い時ほどこの激しい波動のルアーで、より多くのバイトを得ることができます。」

ロッドの角度やラインの太さで、ルアーのレンジを調節します。ラインが太くなればなるほど、シャローを通すようになります。同様に、ティップを高く保つほど、ルアーはシャローレンジをキープすることができます。これらを細かく調節することによって、文字通りあなたが望むどんなカバーにもスクエアビルを通すことができます。他の人がジグを入れる場所でプラグを通すことで、より多くのリアクションバイトを得て、より多くのバスを捕まえることができます。

ジョーダンは1.5または2.5フッターのストライクキングクランクベイトをクァンタム・ツアーKVDクランクロッドの7フィートまたはそれ以下のミディアムアクションロッドに6.1:1クァンタムスモークリールと組み合わせて投げます。彼はクランクベイトでの接近戦用にショートロッドを好みます。風の中でさえも、1.0のような小さなスクエアビルクランクでもスモークリールで簡単にキャストされます。

ジョーダンとマットは、他のルアーよりもクランクベイトは色が非常に重要であると信じています。何らかの理由で、彼らはクランクベイトを正しい色に変えることで、5回のバイトが25回のバイトに変化したのを見てきました。

ジョーダンのお気に入りカラーは水の透明度と雲が存在するかどうかによって変わります。ステインからマッディウォーターでは、ジョーダンはブラックバックチャートやセクシーシャッドを使う傾向があります。太陽が輝いている時やクリアウォーターの時は、グリーンギザード(シャッド)やリアルベイトフィッシュ系のカラーにチェンジします。

 

バイブレーション

Both of the young Alabama anglers agreed that a Strike King Red Eye Shad is simply hard to beat during the fall of the year. This is their go to bait if they are fishing large flats or keying in on any type of vegetation.

“The castability of a Red Eye Shad is just incredible, and allows an angler to cover so much water,” Matt said. “It depends on the depth I am fishing and the vegetation but I am usually going to stick with a 1/2-ounce model. I throw that on 7-foot, 4-inch medium-heavy Quantum Tour KVD Cranking Rod paired with a Quantum Smoke in 8:1:1. Using a longer rod allows me to make bomb casts but still have enough tip to get the hooks into the fish, and that high speed reel helps me cover more water.”

Matt tends to keep his color selection simple, sticking to bold or opaque colors if there is cloud cover, and switching to chrome sexy shad or something with some flash if the sun is present. Again noting that following the wind with your lipless crankbaits will lead to more bites and more bass.

リー兄弟は、ストライクキング・レッドアイシャッドは、年間で秋がもっとも有効であるということに同意しました。彼らは広大なフラットエリアを釣っている場合や、あらゆるタイプのウィードがキーになるということです。

「レッドアイシャッドの飛距離は信じられないほどのもので、釣り人は非常に多くの水をカバーすることができます。 釣りたいレンジやウィードによって決まりますが、通常は1/2オンスモデルを採用します。私はそれを7フィート4インチのクァンタム・ツアーKVDクランキンロッドミディアムヘビーと8.1:1のクァンタム・スモークリールの組み合わせで投げます。より長いロッドを使用することでスーパーロングキャストを行うことができ、フッキングのための十分なティップも持っています。そして、その高速リールは私がより多くの水をカバーするのを助けます。」

マットは、雲りの場合は目立つ色または不透明な色にこだわり、太陽がある場合はクロームのセクシーシャッドまたはフラッシング系のカラーにするなど、色の選択をシンプルに考える傾向があります。また、バイブレーションを風のある時に使うことは、より多くのバイトとより多くのバスにつながります。

Photo by scout.com

トップウォーター

Fall bass around the country become notoriously keen to a topwater lure. Topwaters can, and do, catch fish throughout the year but for whatever reason bass in the fall are likely to attack something surfing across the top.

Jordan and Matt absolutely love slinging topwaters, as they result in some of their biggest bass throughout the year. They take slightly different approaches, but the end result is the same; covering water and catching bass.

“I’m pretty much always going to have a buzzbait tied on in the fall, and I catch a bunch of giants on it,” Jordan grinned. “One mistake I think a lot of people make is they try to throw it on mono or fluorocarbon line. I throw mine on 30-pound braid, a 7-foot, 2-inch medium-heavy Quantum Tour KVD Casting rod, and an 8:1:1 Smoke, and I simply don’t lose many fish. I’ll just run down the bank and throw it at anything and everything that looks good, making long casts, and covering as much water as possible.”

Matt agreed you can’t go wrong with a buzzbait, but he favors a walking topwater in the fall, specifically the Strike King Sexy Dawg Jr.

“I like being able to speed up and slow down my bait when working a topwater depending on the mood of the fish,” Matt said. “You can still make long casts and cover an extreme amount of water, you just can slow it down a bit. I agree with Jordan in throwing it on braid; it floats and you can cast it a mile, it’s a win-win.”

全国的に秋のバスはトップウォータールアーに夢中になっています。トップウォーターは1年を通して魚を捕まえることができますが、何の理由であれ、秋のバスは水面を横切るものを攻撃する可能性があります。

ジョーダンとマットは年間を通して最大のバスを釣りたいため、ロングキャストのできるトップウォーターが絶対的に好きです。彼らのアプローチはわずかに異なりますが、結果は同じになります。広いエリアをカバーし、バスを捕まえるのです。

「秋にはバズベイトを結んでおきますし、それで巨大バスを釣っています」とジョーダンは笑った。 「私が思うに、多くの人々がナイロンやフロロカーボンで投げようとしている間違いがあると思います。私は30ポンドのPEライン、7フィート2インチのミディアムのクアンタム・ツアーKVDベイトロッド、8.1:1のクァンタム・スモークで投げていて、魚をバラすこともありません。私はいい感じのバンクをロングキャストで釣り下りながら、できるだけ多くのカバーへ向かって投げていきます。」

マットはバズベイトは間違いではないと言いますが、彼は秋は特にストライクキング・セクシードッグJr.のようなウォーキング系トップウォータールアーをすすめています。

「私は魚の様子を見ながら、トップウォーターをルアーをスピードアップしたりスローダウンさせるのが好きです。 これもまたロングキャストをすることができ、広いエリアをカバーすることができます、さらに(バズベイトに比べて)それを少し遅くすることができます。私はジョーダンと同じようにPEラインを使うことに賛成します。それは水に浮き、ロングキャストすることができます、それは勝利に繋がります。」

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

読んでみるとやはり、秋は風の当たるエリアを移動しまくって投げまくってというのが正解のようですね。

おや…?ということはやはり、いろんなプロが言うとおり、「投げて巻くだけ」ということなんですね…!

あとはそこで投げるルアーのチョイスをどうするかということなのですが、ここではロングキャストができて広いエリアをカバーしやすいもので、カラーは天気と水の色に合わせるだけという、いたってシンプルなものでした。

細かな説明はほとんどありませんでしたが、本当にそれだけで秋に釣れるのでしょうか…?

しかし、私はあまり色々なエリアを飛び回るタイプではなかったので、それだけでも自分へのダメ出しが充分な気がします。

秋はエレキのメモリを大きくして、踏みまくって、テンポの速い釣りを意識してみたいと思いました。

 

もし、秋の釣りが苦手な方で、ここに書かれていることと反対のことをやっているという方がいらっしゃいましたら、思い切って釣りを変えてみると良いのかもしれません。

勇気がいりますけどね(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法,