野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

秋へ移行するバスを見つける

      2017/10/18

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”How to Quickly Find Transitioning Fall Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”How to Quickly Find Transitioning Fall Bass”Sep 9, 2014(海外サイトです)

 

夏のバス釣りは、暑さが過酷で厳しい半面、シェードやカバーの奥など、ピンポイントで釣れやすいという面も持っています。

狙いどころがハッキリしていて、似たような場所をランガンしていくことで数やサイズを稼いでいくという方は多いのではないでしょうか。

私がよく行く野尻湖では、夏は虫パターンを楽しんでいます。木が多い場所で虫ルアーを投げて10秒から15秒待てばスモールが襲ってくるという楽しい釣りです(笑)出なければ次のキャストをするだけですからね。

しかし、夏の終わりを感じ始めるころ、そのパターンはまったく振るわなくなってしまいます。それと同時に、バスはどこかへ行ってしまうのか、急に釣りづらくなってしまう気がします。

この頃から、バス釣りをしている方のうちの何割かは、イカ釣りをしたり管理釣り場でトラウトを釣ったりという別の楽しみへシフトする傾向があるのですが(笑)、アメリカB.A.S.S.のエリートプロ、ティミー・ホートン氏は、この時期こそ1年で1番いい時期だと言っています。

彼はこの時期に簡単ないくつかの法則をもって、秋のバスを素早く見つけ出しているようです。

それは知りたいですよね。早速読んでみましょう。

(秋にバスから別の釣りへシフトすることを非難しているということは全くありません、むしろ私も秋はいろんな釣りを楽しんでいます!)

 

視野を広く

Throughout much of the year, the number of fishing rods on an angler’s front deck can serve as a fairly reliable indicator of their recent bass fishing success. It’s often assumed that the folks with a few select rods are on a specific pattern while the ones with dozens of rods are struggling to find a consistent bite. That’s certainly not the case right now.

“I absolutely love fishing the fall transition period because there are so many great patterns happening at once,” Horton said. “It’s easy to struggle this time of year because we often get tunnel vision. If we think the bass are shallow, we fish shallow. And if we think they’re deep, we spend all of our time in deep water. If you can keep an open mind and integrate multiple patterns throughout the day, your chances of success will skyrocket.”

So why are there so many possibilities right now? Horton believes three primary factors contribute to this wide variety of bass behavior.

Shad dictate bass movement—“I really believe that the bass move to and from shallow water based on shad behavior—not necessarily water temperature or current flow,” Horton said. “They go where the shad are and, coincidentally, there are two separate populations of shad right now.

Shallow shad—“The shad fry that hatched in June and July are finally getting big enough for the bass to feed on them,” Horton said. “This results in a population of bass flooding the shallows much earlier than you’d expect. These shad represent an easy meal and the bass are hot on their tails.

Deep shad—“You can also expect to see a lot of larger shad still hanging around deeper structure such as river ledges and creek ledges,” Horton said. “As the fall approaches and water temperatures continue to cool, these larger shad will eventually move shallow. But until then, this diversity gives anglers opportunities at both ends of the spectrum.”

年間を通じて、ボートのデッキにあるロッドの数は、その人の最近のバス釣りの成功についての信頼できる指標として役立ちます。ロッドが少ない人々は特定のパターンを掴んでいると考えられますが、ロッドが数十本もある人はバイトを得るのに苦労しています。まあ、確実にとまでは言いませんが。

ホートン氏は言います「秋への移行期間を釣るのが大好きです。この時期は偉大なパターンが非常に多いので、絶対的に好きなのです。 視野が狭くなってしまうと、この時期には苦労します。バスがシャローにいると思えば、シャローで釣ります。そして彼らがディープにいると思うならば、ディープで私はすべての時間を過ごします。あなたがオープンな心を保ち、一日中複数のパターンを使いこなすことができれば、成功のチャンスは急増するでしょう。」

なぜこの時期はそんなに多くの可能性があるのでしょうか?ホートン氏は、次の3つの主な要因がこの多種多様なバスの動作に寄与していると考えています。

シャッドはバスの動きを示します - 「水温や水の流れではなく、シャッドの振る舞いに基づいてバスはシャローへ移動すると信じています。 彼らはシャッドがどこにいるのかを知りますが、偶然にもシャッドは2つの別々の群れを作ります。」

"シャローのシャッド - " 6月と7月に孵化したシャドの稚魚は、この時期バスが餌にするのに十分な大きさになっています。 これは、あなたが思うよりもはるかに早く、シャローに来る多くのバスをもたらします。これらのシャッドは簡単な食事であり、バスはこれらを夢中で追っています。

"ディープのシャッド - "川筋やクリークの急なブレイクのようなディープの地形変化に大型のシャッドがたくさんいるのを見つけることも期待できます。 秋が近づき、水温が冷え続けると、これらの大きなシャッドは最終的にはシャローへ移動します。しかし、それまでは、この分散するシャッドの多様性は、釣り人にその両方でチャンスを与えます。

 

確率の高い方に集中する

Being aware of both shallow and deep water shad activity can certainly be advantageous, but it can also become overwhelming. You could certainly adopt the “fish it all” approach and try every possible location, but narrowing your approach to the most high percentage areas will save you a lot of time and, in many cases, frustration.

“Bass behavior and positioning can be very volatile right now,” Horton said. “It’s important to understand that your shallow bite is often at its best in the mornings and your deep water bite will take over as the sun gets higher during the day. The bass will move shallow overnight to feed and when the light penetration becomes too much for their sensitive eyes, they’ll gradually slide out to deeper cover and structure.”

シャローとディープの両方のシャッドの活動を意識することは確かに有効かもしれませんが、それに圧倒されてしまうこともあります。 確かに "すべてを釣り上げる"アプローチを採用し、可能な限りあらゆる場所を試すことができますが、最も確率の高いものにアプローチすることは、多くの時間を節約し、そうでなければ、フラストレーションが溜まります。

「バスの行動と位置はこの時期、非常に激変する可能性があります」とホートン氏は述べています。 「シャローでのバイトは、朝に最高の状態にあることが多く、日中は日が上がるにつれディープでのバイトに引き継がれることを理解することは重要です。 バスは夜のうちからシャローでフィーディングし、光が眩しく感じてくると、徐々にカバーやディープのストラクチャーへ移動します。」

Photo by scout.com

この時期にホートン氏が使う戦略

Topwaters: Azuma Popper Z (target casting), Azuma Z Dog (covering water)

Jigs: 3/4-ounce Swampers Lures Football Jig (deep structure), 7/16-ounce Swampers Lures Flipping Jig (shallow cover)

Crankbaits: Azuma Z-Boss 20

As is the case with every bass fishing season, it’s important to spend your time efficiently by targeting areas known to play host to active bass. Over his long career, Horton has found the following areas to be hotspots throughout the fall transition period.

Seawalls—“In stained water, bass still have to know where they are,” Horton said. “Just like you’d feel for the walls to navigate in a smoke-filled room, the bass do the same thing with seawalls in areas with low visibility. Seawalls can be loaded with roaming bass, especially in the early mornings.”

Grass lines—“If you can find a grass line adjacent to deep water, you can expect to catch some great bass right now,” Horton said. “Shallow bass can use these edges as ambush points for smaller shad and deeper bass can slide up early the day, get an easy meal and fall back into the deeper water to concentrate on larger shad.”

Docks—“When the bass are in this ‘in-between’ mode, docks are always a staple for me,” Horton said. “Docks create shade all day which, in turn, attracts resident fish. I’ll start at the front of a pocket and quickly fish all of the nearby docks while making mental notes of my bites. By the time you’re done, you have a very easy-to-duplicate pattern that can work lake wide.”

Bridges—“This time of year, you have bass moving to shallow water each day,” Horton said. “Bridges act as bottlenecks that concentrate migrating bass into a small, predictable area. I love to target the corners of the riprap and also the pilings because they offer consistent shade.”

Deep brush—“Deeper brush piles can pump out some monster bass right now,” Horton said. “Those fish that get shallow in the mornings will often relocate into these piles as the day warms. It’s not uncommon for me to concentrate on seawalls in the mornings and slide out to deep brush around lunchtime.”

トップウォーター:アズマポッパーZ(ピンポイントキャスト用)、アズマZドッグ(広範囲をサーチする用)

ジグ:3/4オンス スワンパールアーズ フットボールジグ(ディープストラクチャー用)、7/16オンス スワンパールアーズ フリッピングジグ(シャローカバー用)

クランクベイト:アズマ Zボス20

他のバス釣りの季節と同じように、アクティブなバスがいるエリアをターゲットにして効率的に時間を使うことが重要です。ホートン氏は彼の長いキャリアの中で、秋への移行期間中に以下のエリアがホットスポットであることを発見しました。

護岸 - 「汚れた水の中では、バスは自分がどこにいるのか知る必要があります。 煙に満ちた部屋では壁沿いに移動したくなるのと同じように、バスも視界の悪いエリアでは護岸沿いに動こうとします。護岸には回遊バスがおり、特に早朝には有利になることがあります。」

ウィードライン - 「ディープにウィードラインがある場合は、すぐに素晴らしいバスを捉えることができます。 シャローのバスは、小さなシャッドの待ち伏せポイントとしてこれらウィードエッジを使用しますが、秋のバスは、その日の早いうちからディープへ落ちて、そこに来たより簡単に食べられる大きなシャッドに集中しています。」

桟橋 - 「バスがこの「季節の境目」モードにあるときは、桟橋は常に私にとって重要なものです。 桟橋は一日中日陰を作り、それはバスの住みかとして引き付けます。私は小さなワンドの入り口からスタートし、近くの桟橋ですぐに釣れた場合はよく覚えておきます。そしてそのパターンを湖全体で繰り返せば、その日の釣りはもう簡単です。」

橋 - 「この時期、バスは毎日シャローへ移動しています。 橋はバスを予測しやすい小さなエリアに集中させるボトルネックとして機能します。そこでは一貫して日陰を提供しているので、角のリップラップや杭などをターゲットにしています。」

ディープのオダ - 「ディープのオダは、この時期モンスターバスを釣り上げることがでます。 午前中にシャローへ行った魚は、日が昇り水が暖まるにつれて、これらのオダに移動しやすくなります。私は午前には護岸に集中し、昼にはディープのオダに移動することは珍しいことではありません。」

 

自分の強みを活用する

Every bass angler has a certain skillset with which they are most comfortable—some people primarily target deep bass with their electronics while other anglers prefer to fish dirt-shallow water. It all comes down to confidence, which can be enormously important when deciphering a game plan during the fall transition.

“Growing up on TVA fisheries, I’m probably most confident when I’m using my Raymarine units to find those last schools of deep bass,” Horton said. “Early in the transition period, I’ll focus on very specific depth ranges located above the thermocline. As the season progresses and that thermocline breaks up, I’ll broaden my search and focus anywhere from the 15 to 30-foot range.”

If you don’t own high-end electronics, however, don’t worry. If you stick to a shallow water approach, you can actually use it to your advantage.

“Covering shallow water quickly with reaction baits is an overlooked strategy this time of year,” Horton said. “This type of fishing is getting a lot less pressure due to the advancements in electronics, so you’ll often have these areas all to yourself. Because these bass aren’t being bothered as much, they’ll usually bite when you put a lure in front of them. It’s an easy way to have an awesome time out there.”

Use the lack of boat traffic to your advantage this month. Instead of waiting for the shallow bite to fully develop, spend some time locating those “in-between” transitioning fall bass. Whether you’re a beginner or experienced angler, Horton’s tips will keep your thumbs raw in a time when many anglers struggle.

すべてのバス釣り人は、最も得意とする特定の釣りを持っています。他の釣り人はマッディーシャローを釣ることを好む一方、他の人々は魚探でディープのバスをターゲットにしています。 すべて自信があることです。これは、秋への移行期間中にゲームプランを作る際に非常に重要なことです。

「テネシー州のフィールドで成長してきた私は、ディープのバスの群れを見つけるための魚探を使用することに最も自信があります。 移行期間の早い段階では、私はサーモクラインの上に位置する非常に特定のレンジに焦点を当てます。 シーズンが進行し、サーモクラインがなくなると、私は検索範囲を広げ、4.5~9メートルの範囲に集中します。」

ただし、ハイエンドの魚探を持っていない場合でも、心配しないでください。 あなたがシャローのアプローチが得意であるなら、実際にあなたの得意なことをすればいいのです。

「リアクションベイトでシャローをすばやくカバーすることはこの時期に有効な戦略なのです。 このタイプの釣りは、魚探の進歩により、よりプレッシャーが少なくなっています。したがって、これらのエリアはあなた次第なのです。 これらのバスは実はあまりスレていないので、彼らの前にルアーを通せばバイトしてくるでしょう。 素晴らしい時間を過ごすのための簡単な方法です。」

この時期、ボートの数が減ることを有効活用してください。 シャローでのバイトを待つだけでなく、この「季節の変わり目」の秋のバスを見つけるために時間を費やしてください。 あなたが初心者でも経験豊かな釣り人だとしても、このホートン氏のヒントによって多くの釣り人が苦労している時にうまく行くことを願っています。

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

すっかり見失ってしまっている私にとって、非常に勇気づけられる記事でした(笑)

この時期はボートが少ないのだから、自分の得意なことで釣れるバスを探しなさいと、そう言われているような気がします。

そして、この時期にバスがいるようなところも示してくれていますからね、心強いものです。

プロのガイドさんのブログなどを拝見していると、よく「今日の気温や水温を見て季節を先取りした釣りをしたら釣れました」とか、「季節が逆戻りしたと思う釣りをしました」というような書きかたをされていることがあると思います。

まさにオープンマインド。季節にとらわれすぎず、もしかしてっこっちかな?と思う切り替えはさすがだなと思わされます。

私のような経験の浅い者はそんなにジャストな切り替えはできませんが、そんなことを意識するだけでもいいのかもしれません。

 

バスは思ったより早く移動しているらしいですからね。

 

こんなに好きなのにちっとも振り向いてくれない秋のバス、今年こそ捕まえてやりたいと思うんですが、きっとまた振り回されっぱなしの気がします(笑)

みなさんも楽しんでくださいね。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法,