野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

真冬のバス釣りのための10のヒント♪

      2017/04/18

Pocket

251

papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトから”Ten Tips For Better Winter Bass Fishing”という記事があったので引用して紹介するよ!

引用先:lurenet.com”Ten Tips For Better Winter Bass Fishing”(海外サイトです)

みんなは冬の間はバス釣りしてるかな?プリスポーンの時期までオフシーズンかな?

本当は冬もバス釣りしたい…「冬は釣れればデカい」なんてよく聞くからなぁ。でも釣れないからなぁ…っていう人は多いと思う♪

秋のシーズン、シャローにいる小バスがたくさん釣れて、なかなかいいサイズのバスが釣れなくなってくると、「そろそろ今年のバスも終わりかな?」なんて考えちゃうよね?

でも本格的な冬になって気温も水温も下がると、大きなバスしか活動しなくなるから、釣れればデカいっていうのは結構本当のこと。

だから冬にバスを釣る方法っていうのはそのまんま、冬にでかいバスを釣る方法っていうことが言えるから、まだ冬にバスを釣ったことがない方は特に、これを読んで今年はグッドサイズのバスを冬に釣るためにフィールドに出掛けてみたらどうかな?

1.まずはバスを見つけること

B.A.S.S. Elite Pro Alton Jones loves wintertime fishing. “When you find them, they’re more grouped up and you can sit on them and wear ‘em out,” he said. Good places to look: inside river channel bends where cover and structure has accumulated, mid lake humps near the channel, and deep structure such as old roadbeds.

B.A.S.S.エリートプロのアルトン・ジョーンズは、冬の釣りが好きです。彼は言います「まずは見つけること。見つけてしまえばバスはそこにかたまっているため、じっくり狙うことができます。」良いポイント:カバーやストラクチャーがあるリバーチャンネルの曲がり角の内側、中規模湖のチャンネル付近のハンプ、道路跡のようなディープストラクチャー。

2.すべてをシンプルに

Before hitting the lake, select no more than three rods and rig them up with what you plan on using. Strap them to the deck and restrain yourself from changing.

湖に出掛ける前に、あなたが使おうとするロッドとリグを3つだけに絞ってみてください。デッキにそれらを留め、心変わりがないようにしてください。

3.スローダウンする

Speed kills, and in winter when the air temperature may be below freezing, going too fast causes mistakes that can be deadly.

スピードを抑える。気温がまだ氷点下に達しない場合、速すぎると致命的なミスになる可能性があります。

4.プランBを持つこと

If the spots you'd picked to fish don't pan out, tournament angler Patrick Bone looks for an “out,” and his out is riprap, especially if the sun is shining on it. Riprap along bridges normally features everything bass need – good depth changes, structure and forage – and if the sun is hitting it and the wind blowing into it, warmer water than the surrounding area. Bone likes throwing square lipped crankbaits parallel to the rock to catch these cold-water bass.

あなたが選んだスポットが「ハズレ」だった場合には、トーナメントアングラー、パトリック・ボーンはそのリップラップを「ハズし」ます。特にまだ太陽が照っているならばです。橋に沿ったリップラップは通常、水深の変化、ストラクチャー、エサなどバスの必要とするものを持っています。太陽が当たりそこに風が吹き込んで水が当たっている場合は、周囲より水温が暖かい。ボーンは、スクエアビルクランクベイトをリップラップと平行に投げて、この冷たい水のバスを釣るのが好きです。

5.アラバマリグを投げる

No other fishing technique catches big bass during winter than the YUMbrella or Flash Mob Jr., but you've got to be throwing it in the right places. Deep structure and cover are prime locations for throwing a multi-lure rig.

他のいかなるフィッシングテクニックも、「ヤムブレラ」または「フラッシュモブjr.」(YUM社のアラバマリグ)より冬の間に大きなバスを釣ることはできません。しかし、それを適切な場所に投げ入れなければなりません。ディープストラクチャーやカバーは、アラバマリグを投げるための主要な場所です。

252

ヤムブレラリグ(写真はYUMホームページより)

6.崖の壁に沿ってジャークベイトをトゥイッチする

During winter, bass like to hold in areas where they don't have to move far to get to the food, which means bluffs are prime spots to find them. Beaver Lake Guide Brad “Bo” Weigmann focuses on the ends of bluffs, especially if it ends with chunky rocks or cover.

冬の間、バスは食事のために遠くまで出かける必要のない場所に陣取ることを好みます。これは、崖のような場所がバスを見つけるために重要であることを意味します。ビーバー湖ガイドのブラッドは、特に塊の岩やカバーで終わる場合、崖の端を狙います。

7.メインチャンネルを少し離れ、ミッドレンジのフラットのスタンプをスローにクランキング

A 12-foot flat drops into a river channel. When resting, the bass hold near the edge of the channel, but when actively feeding they roam the flat looking for forage. A BD7F Fat Free Shad digs the bottom and ricochets off the stumps to trigger strikes.

3.6メートルのフラットからリバーチャンネルに落ち込む。休憩のため、バスはチャンネルのエッジ近くでバスは止まりますが、フラットにベイトが見える場合は、積極的にフィーディングを行います。「BD7F Fat Free Shad(ボーマー)」がボトムを叩いたりスタンプを跳ね回るのはバイトのトリガーとなります。

253

BD7F Fat Free Shad(写真はボーマーHPより)

8.スプーン(メタルジグ)は最後の手段ではありません。

Get over the fish, drop the spoon and go to town. Lots of details here, so go with someone who knows how.

魚の上にスプーン(メタルジグ)を落とすため、街へ(買い物に)いきましょう。色々な種類があるので、よく知っている人と一緒に行ってください。

9.堰、流れ出しや流れのある場所はホットスポットの可能性

Lots of disoriented bait floating by makes for a good feeding area. This is a great spot for a Flash Mob Jr. or a single Money Minnow on a jighead.

混乱したベイトフィッシュが浮いていて、いいフィーディングエリアになっています。ここはアラバマリグまたは「single Money Minnow(ヤム)のジグヘッドリグ」のいいポイントです。

254-1

single Money Minnow(写真はヤムHPより)

10.あわてない

Winter is the one time you definitely don't want to be on the water when the sun comes up. “The productive time is in the afternoon,” Jones said. “From about 1 to 4 p.m. is traditionally the best time, once the sun has had time to warm the water.”

冬は、太陽が上がった時は釣りに行きたいと思うものです。ジョーンズ氏は、「いい時間は午後です」と言います。「太陽が水を暖めてくれていたならば、最高の時間は昔から午後1時から4時の間です」

冬の釣り方まとめ

papet-smileどうだったかな?

知らなかったこともあったかな?

ちょっとわかりづらい表現もあったと思うから補足なんだけど、

4のプランBっていうのは、「リップラップが冬のいいポイントだからそこがだめでも同じような条件をランガンしてみて」っていうことだね♪

8のメタルジグは知ってる人と買いに行ってっていうのもひどい解説なんだけど(笑)、釣ったことがある人の真似をするのは基本だからね(笑)

まとめてみると、冬は

  • 午後1時から4時
  • タックルは少なく絞る
  • ゆっくりアクション
  • 流れも無視しない

ということかな?

ベストな時間帯が短いからタックルも絞れるし、冬は流れがゆるい場所っていうけど、逆に流れのある場所も意識することが大事なんだね!

冬の巻き物、いいよね!釣ってみたい!

そんなわけでみなさんもぜひ冬の寒さに負けず、フィールドに出てみてね♪

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

 

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス,