野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

海外プロの秋バス「ベストルアー」は何?

      2017/04/18

Pocket

191photo by gameandfishing.com

 papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトから”5 Best Baits for Bass in the Fall(秋バスルアーベスト5)”という記事があったので引用して紹介するよ!

引用先:http://www.gameandfishmag.com/5 Best Baits for Bass in the Fall by Jeff Samsel   |  November 25th, 2013(海外サイトです)

この記事はスモールマウスバスフィッシング用に書かれた記事ではないんだけど、海外のトッププロが秋にどういうルアーを使っているのか気になるところだなっていうことで紹介することにしたんだ♪

ちなみに秋は全国的にバス釣りが難しくなっていくよね?「本当に秋の荒食いなんてあるの?」と思っちゃうくらい、難しいよね。

秋のバスは本当に荒食いしてるんだ。春はスポーニングに支配されて、活動エリアが限定された中で摂食しなきゃいけない状態だよね、夏は水温が上がりきっているから、シェードやディープなど、これも限られた生活範囲の中で食べなきゃいけない、だからルアーを見ると「食っとくか!」ってバイトしてくるんだけど、秋は思いっきりベイトに寄り添って行動できるから、バスがルアーを見てもときめかないんだよね…!

秋こそマッチザベイト

そんなわけで秋はバスが追っているベイトに限りなく近づけることがバイトを増やす手のひとつなんだよね!

まずここで紹介されているのは5つのワームだよ♪

スイムベイト

引用

Swimbait styles that work well include hollow-bodied baits like YUM Money Minnows, solid paddle-tailed baits like Big Hammer Swimbaits and flat-sided baits like Sebile Soft Swimmers. Depending on fish depth and aggressiveness and the style of swimbait selected, baits can be rigged with various jigheads and weighted hooks. Jighead rigging offers an open hook point, which provides an advantage for hooking fish.

For clear water, white-sided swimbaits with blue, green or black backs represent shad the best. If the water is stained, using chartreuse to adds visibility without forsaking the need to suggest shad.

使えるスイムベイトスタイルは、「YUM マネーミノー」のような中空ボディのもの、ソリッドテールの「ビッグハマースイムベイト」、「セビル ソフトスイマー」のようなフラットサイドのもの。選択したスイムベイトの特性や狙う水深によってジグヘッドの重さとフックサイズを決めます。ジグヘッドはガードなしのものを使い、それがフッキングを助けます。

クリアウォーターではお腹が白で背中が青、緑、黒のシャッド系カラーがベスト。ステインウォーターではそこにチャート系を加えます。

ソフトジャークベイト

引用

In addition to at least one swimbait, keep a soft-plastic jerkbait such a Zoom Fluke rigged and ready. Sometimes fish that won't quite commit to a steadily moving swimbait find it difficult to resist a jerkbait, which moves more slowly and erratically but still suggests a shad.

Use the jerkbait as an alternative offering when shad are plentiful in shallow water, but the bass won't take a swimbait. Grab the jerkbait rod first when you see fish breaking on the surface or baitfish that appear to be fleeing predators.

少なくともスイムベイトに加えてひとつ、「ズーム フルーク」のようなソフトジャークベイトを用意しておいてください。時々、まだスイムベイトに専念しないバスにソフトジャークベイトが有効なことがあります。そしてシャッドを意識しつつ、それをゆっくり、不規則に動かします。

シャローにシャッドが多い時、ソフトジャークベイトを使ってください。バスがフィーディングモードで、水面でボイルしている時はまずジャークベイトロッドを握ることです。

Fish your jerkbait on spinning tackle so that you can use lighter line and make longer casts, and spool with fluorocarbon to minimize line visibility and to help the bait stay down in the water column. Again, stick with shad-imitating color patterns such as pearl, and add chartreuse to color schemes for stained water.

ロングキャストができるよう、スピニングタックルにライトラインを巻いてください。細いフロロラインを使うことでラインを見切られないようになり、バスのいるレンジへも送りやすくなります。また、ベイトのカラーを模したワームに固執してください。そしてステインウォーターの場合はチャートカラーも加えてください。

フィネスワーム

引用

Finally, don't overlook the sheer strike-producing virtue a simple straight tailed worm.  With its small profile and slow wavering action, such a worm simply looks like an easy meal.

シンプルなストレートワームを見落とさないでください。その小さなプロフィールと遅い揺れる行動で、そのようなワームは、単に簡単な食事のように見えます。

Beyond looking vulnerable, a finesse worm such as Zoom Trick Worm is really versatile in the ways it can be presented. Probably the most popular way to work shoreline slopes in the fall is to rig the worm weedless on a 1/8- or 1/16-ounce jighead and present it with a combination of shakes, hops, drags and pauses. Arguably the most often forgotten technique is to drag a Carolina rig with a 1/2- to 1-ounce weight, 2 to 4 feet in front of a weedless finesse worm. Carolina rigging allows you to cover a tremendous amount of water without moving the lure quickly and to work a broad range of bottom depths.

弱く見えることを超えて、「ズーム トリックワーム」のようなフィネスワームはそれを示すための用途が本当に広いです。おそらく、秋のショアライン沿いを釣るのに人気があるのは1/8から1/16オンスのウィードレスジグヘッドで、シェイク、ホップ、ドラッグ、ポーズを組み合わせて使うことでしょう。おそらく、最も忘れられているのはキャロライナ・トレーラーとして使うことで、1/2から1オンスの重りで60㎝から120㎝のリーダー。速くワームを動かすことなく相当な水域をカバーしてボトムレンジの幅広い範囲を動かせることが、キャロライナリグにはできます。

In terms of finesse worm colors, lacking reason to choose something different, it's hard to beat green pumpkin as an all-around producer. It is easy for fish to find in most water colors but has a natural appearance. If the water is extra clear, a more translucent natural color such as watermelon seed might a better choice. At the opposite end of the spectrum, June bug stands out really well in stained water but still has a subtle and somewhat natural appearance.

フィネスワームのカラーに関して、特別な理由でもない限りオールラウンダーであるグリーンパンプキン以外を選ぶのは難しいです。どんな色の水でも自然な演出ができるからです。超クリアウォーターであるならば、よりナチュラルな色としてウォーターメロンシードは良い選択です。逆にステインウォーターでは、ジュンバグカラーがよりよく目立つか、まだ微妙にいくらか自然な演出となります。

papet-questionふむふむ、やっぱりサイズや色っていう風にマッチザベイトを強く意識したほうがいいんだね、ボイルの時はスイムベイトよりソフトジャークベイトか…!

確かにタク石黒さんも野尻湖でボイルフィッシュを発見した時にリーフシュリンプのトゥイッチダートで釣ってたっけ…♪

それじゃあ海外の各プロのおすすめルアーを見てみよう!

海外トッププロおすすめの「秋ルアー」

ケビン バンダム

192
photo by gameandfishing.com

引用

“I think it's a buzzbait. I just think people have kind of forgotten about that bait . I use my own signature-series bait, the Strike King KVD Tournament Series Buzzbait, in both the 1/4- and 3/8-ounce sizes. If I had to pick one color to fish day in and day out, it would a bluegill-colored skirt, with black as a second choice. I like a darker color instead of white or chartreuse.

“A bluegill-colored bait with a gold blade will catch fish in clear water, dirty water and everything in between.”

私はバズベイトだと思います。人々が少し忘れかけているルアーだと思うので。私が使うのは「ストライクキング KVDトーナメントシリーズバズベイト」1/4と3/8オンス。1日を通して1色を選べと言うのならば使うカラーはブルーギルカラーのスカートで、次の選択は黒です。私は白やチャートより、濃い色の方が好きなのです。ゴールドペラにブルーギルカラーはクリアウォーターから濁った水まですべてでバスを捕まえます。

エドウィン エバース

193
photo by gameandfishing.com

引用

“I’d actually say it would be a swimbait. Look at how many times a bass eats a bluegill or a 4- or 5-inch shad. They’ll eat baits that are a lot bigger than a crankbait. Like anything else, it’s a matter of taking them out there and throwing them until you’ve got confidence in them.

“The (YUM!) Money Minnow is just a prime one — the 5-inch in the hitch or bluegill color. You can catch them with it belly-hooked if the water’s shallow or on a lead-head if you’re out really deep.”

私は実はスイムベイトだと言います。バスがブルーギルや4~5インチのシャッドを食べるところを何度か見ました。彼らはクランクベイトよりもっと大きいエサを食べます。他のものと同じく、それを信頼し、投げることが大事です。

「ヤム マネーベイト」はちょうど合ってます。5インチのブルーギルカラー。これをシャローで投げるか、ディープならシンカーを付けて投げれば、そのベリーフックに魚が掛かるだろう。

デビッド ダドリー

194photo by gameandfishing.com

引用

“I'd say it's a crankbait because the technology of them has gotten so good nowadays. It covers pretty much every type of water clarity, structure and cover.

“On my deck nowadays, I'll have at least two or three rods rigged up with crankbaits. I like a coffin-bill for water that's 4 to 6 feet deep, and some type of squarebill for anything less than that.

“For color, it's just hard to beat sexy shad. That's like green-pumpkin is for plastics.”

最近のテクノロジーの良さから、クランクベイトを私は推します。どんな水質でもカバーでき、ストラクチャーやカバーも攻められる。最近のデッキには3本はクランクベイトをリグっている。私が好きなのは水深120㎝から200㎝の深さでコフィンリップを使うか、それより浅いレンジ用にスクエアビルを用意しています。

カラーはセクシーシャッド。グリーンパンプキンはワームのためにあるカラーのようなものだからね。

テリー スクロギンス

196
photo by gameandfishing.com

引用

“I think it would be baits like YUM! Dingers or (Yamamoto) Senkos. They were a big hit five or six years ago, but since then we’ve seen the swimbait and some other things show up, and now the Alabama Rig.

“I like to dead-stick it just about everywhere. Just throw it at targets and do nothing — most of the strikes will come on the fall. I keep the colors very basic, usually just black and blue or junebug for stained water and green-pumpkin for clear.”
私は「ヤム DINGER」または「ゲーリーヤマモト センコー」であると考えます。しかしそれがヒットしたのは5,6年前、それ以来スイムベイトやほかのものが台頭し、現在はアラバマリグとなっています。

私はそれをデッドスティッキングで使うのが好きで、投げたら何もしない。秋はそれで多くのバイトが得られます。カラーは基本的な物で、ステインウォーターには黒、青、ジュンバグで、クリアウォーターではグリーンパンプキンです。

マイク アイコネリ

195
photo by gameandfishing.com

“The one that really stands out for me is a grub. It seems like it gets forgotten about more now than 10 or 15 years ago, but it’s stayed a part of my arsenal, and I like to use it in tough conditions.

“I fish them on traditional dartheads from 1/16-ounce all the way up to 3/8- or 1/2-ounce in deep water. I carry two types of dartheads — one with an exposed hook and the other with a fiber weedguard for fishing around grass or wood.

“I think the reason it’s so effective is because it provides a lot of action in a subtle package — it’s not noisy or clunky and it comes through the cover naturally. ”

私が際立っていいと思うのはグラブです。もう10年から15年ほど忘れられているように思われますが、それは私の武器のひとつでした。そして厳しい状況でこそ使いたいです。

私は伝統的なダートヘッド(ジグヘッド)の1/16オンスをずっと使い、ディープウォーターではそれを3/8から1/2オンスに引き上げます。2種類のダートヘッドを使い、むき出しのフックのもの、他にファイバーウィードガード付きのものをグラスエリアやブッシュで使います。

それがとても効果的な理由は巧妙に多くのアクションを提供するからだと思います。うるさくもなく、不恰好でもなく、自然にカバーを切り抜けます。

 

結局は信頼できるルアーをみつけること

papet-smile海外のプロの皆さんの話はどうだったかな?

やっぱりプロということでスポンサードを受けているメーカーのルアーをオススメするっていう一面があるのは仕方がないけど、考え方や使い方は参考になるよね!

この記事はラージマウスバス用の戦略なんだけど、呼んでいると野尻湖みたいなスモールマウスバスレイクでも共通するようなことも書いてあるし、具体的なルアー名も出ているからイメージもわきやすくて良かったんじゃないかな♪

そうやって難しい秋の時期をいろいろチャレンジしていけば、得意なルアーや釣り方ができてくると思うし、プロもそうやってきたんだと思う!

秋は確かに難しいかもしれないけど、ぜひこれを参考に野尻湖のスモールマウスバスにチャレンジしてほしいな!

 

それじゃあ今日はこの辺で♪みんな、良い釣りを!

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと,