野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

春のバス釣り、10のヒント

      2017/04/18

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Ten (10) Tips for Spring Bass Fishing”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:bassfishingtips-tactics.com”Ten (10) Tips for Spring Bass Fishing”By Ron Kurucz(海外サイトです)

 

春のバス釣りというとやはり、水温の上昇とともに活性の上がってきたバスを相手に、本格的なシーズンインを期待しながら釣りをするのが楽しみで、1本目が釣れた時にはもう「もしかして今日は春爆の日に当たっちゃったのかな!?」などど浮かれてしまうものですよね(笑)

しかし、実際はそう甘くはないもので、ちょっとやってみて釣れないと、「きっとまだシャローには差してきてないんだ」とか「まだ活性が低くてフィーディングしてないんだ」とか思ってしまうのです。あ、これ、私の話ですよ(笑)

ところが、フィールドで会ったアングラーさんに話を聞くと、「でかいの釣れた」とか、「昨日知り合いがでかいの釣った」などという情報が舞い込んでくるのです。ということは、釣る人は釣っているわけで、なにかが違うんですね。

ここでは、春のバス釣りのための10のヒントが書かれています。

冬のバス釣りと比べたら、たしかに普通にやってたら釣れると思います。しかし、春といういい時期にチャンスを最大限に活かすことはものすごく大事ですし、それを知っていれば数もサイズも伸ばせるかもしれません。

この10のヒントを覚えて、チャンスを広げてみましょう。

 

1.早くからスタートを切る

One thing that bass have in common with us is that they think about spawning a long time before they get around to it. That means largemouths – and especially the biggest females – often begin making forays into shallows to check out spawning areas weeks, even months, before the first leaves appear on the trees. During this prespawn period, it’s not unusual to make outstanding catches in March and April, even February or earlier from the mid-Atlantic states on south. One key is to fish during warm spells in the early spring, especially if these periods last several days. It doesn’t take a heat wave to launch big bass on a feeding spree. Often daytime highs in the upper 50s will do it. Look for two distinct patterns. If it’s still early in the spring, fish points and deeper shorelines in water four to eight feet deep using spinnerbaits, rattling minnow lures, jig n pigs or diving crankbaits. Bass use these mid-depths as transitional staging areas before they move shallow into the shallows. Don’t neglect the shallows, however. Even early, big bass often move inshore, but a cold snap will quickly force them back to deeper water. When you find bass in shallow areas, they’ll be hungry. Try them with spinnerbaits, rattling lures or shallow diving minnow imitations.

バスと私たちに共通していることの1つに、スポーニングをする遥か前から、そのことについて考えているということがあります。つまり、ラージマウスバス(特に大型のメス)は、その多くが樹木に葉が付き始める数週間から数ヶ月も前から、スポーニングエリアを確認するためにシャローへ進出していることがよくあります。このプリスポーン期間中、3月と4月に(暖かい地方では2月またはそれ以前でさえ)明確に釣れ始めることは珍しいことではありません。 1つの鍵は、早春の暖かさが続いたときに釣りをすること、特にそういった日が数日間続いたときにです。温波がなければ、ランチタイムにビッグバスが浮かれてフィーディングすることはありません。 だいたい、日中の水温が10℃を超えるとそれは起こります。 2つの異なるパターンでサーチしましょう。まだ春の早いうちは、スピナーベイト、バイブレーション、ジグ&ポーク、ダイビングクランクベイトを使って、岬のショアラインから水深1.2~2.4メートルを釣ってください。バスはこれらのミディアムレンジを、より浅いシャローに移動する前に、一時的なステージングエリアとして使用します。しかし、シャローを無視しないでください。早期にも、ビッグバスはしばしば岸に寄りますが、寒くなった瞬間すぐにディープへ戻ります。シャローエリアでバスを見つけたら、彼らは空腹です。スピナーベイト、バイブレーション、またはシャローダイビングミノーのルアーを試してみてください。

 

2.前線通過の釣り

Those warm periods in the spring are frequently followed by bitter, fast moving cold fronts. Knowledgeable bass fishermen learn to look for these patterns because the best fishing is likely to occur on the last warm day before that sharp cold front passes through. Sometimes fishing peaks as the wind begins to rise and the weather deteriorates. Ideally, you’d like to start fishing in your shirt sleeves and finish in a goose down jacket. Slow moving fronts that don’t create sharp and rapid drops in temperature aren’t usually as reliable, but they may still provide decent fishing. After a cold front passes you’ll almost invariably have very poor fishing the first couple of cold, clear days.

春の暖かい時期には厳しい寒冷前進が頻繁にやってきます。経験豊富なバスアングラーは、最高の釣りは、寒い前線が通り過ぎる前の最後の暖かい日に起こる可能性が高いというパターンを探し、学びました。時には、風が強まり始めて天気が悪化すると釣りのピークに達することがあります。理想的には、シャツを着て釣りを開始し、ダウンジャケットで終わりたいものです。急激な温度降下を起こさないようなゆっくりとした前線の通過は、通常は信頼できるものではありませんが、それでもいい釣りを提供する可能性があります。寒冷前線が通過した後の寒く晴れた最初の2~3日は、大体が非常に厳しい釣りとなります。

 

3.水温を把握する

Get a thermometer and use it. Although it is possible to catch early spring bass in nasty weather in 40 degree water, your chances improve greatly after the surface water temperature passes 50 degrees. For many anglers, the magic mark seems to be about 57 degrees. At that point, and as water temperatures rise into the 60s, bass often become more active both in mid-depth staging areas and increasingly in the shallows. Largemouth bass begin active spawning when the water temperature reaches 68 to 72 degrees F, and some bass eat less often when they’re actively bedding. However, all bass don’t spawn at the same time. Even at the peak of spawning there will be plenty of fish still feeding aggressively, including some that haven’t spawned yet and some that may have finished. Where it’s legal, it’s also possible to catch fish while they’re on their beds, although such fish should certainly be released. The trick is to approach quietly and use smaller lures or lightly weighted plastic worms and lizards. Even a bass that’s not feeding will sometimes attack these baits simply to remove the threat.

水温計を入手して使用してください。 早春の厄介な天気の水温4℃でもバスを捉えることは可能ですが、表水温が10℃を超えると、チャンスは大きく向上します。多くの釣り人にとって、境界線は約14℃のようです。その時点で、そして水温が15℃台に上昇するにつれて、ミドルレンジのステージングエリアとシャローへ向かうエリアの両方で、バスがアクティブになることがよくあります。水温が20℃~22℃に達すると、ラージマウスバスはスポーニングが活発になり始めま、スポーニングベッドを作っている時にはバスの食欲は少なくなります。しかし、すべてのバスが同時に産卵するわけではありません。産卵のピーク時でさえ、まだ積極的にフィーディングしている魚もいれば、まだ産み終っていないものや産卵し終えたものなど、たくさんあります。法律的にはベッドの魚を釣っても構いませんが、速やかにリリースされるべきです。その釣り方は、静かに近づいて、より小さなルアーまたはワームやリザードをライトリグで使用することです。フィーディングしていないバスでも、単に邪魔者を排除するためにこれらのルアーにアタックすることがあります。

 

4.湖の正しい側を釣る

Bass are especially sensitive to temperature changes at this time of year, and will often seek out spots where the water is only marginally warmer. Your thermometer will help, but knowing where to look will save time. Creeks feeding into lakes often carry rainwater runoff that is warmer than the lake water, and bass tend to gather in and around the mouth of these creeks. Such areas also provide likely spawning grounds. Sunlight and wind also influence surface temperatures, and you’ll often catch more bass in coves and along shorelines on the north and east sides of the lake. Not only do these areas get more afternoon sun, but they are also protected should there be chill winds blowing from the northeast. Only the surface layer will be warmer early in the spring, so don’t be surprised to find bass suspended on top. Look for them on the submerged ridges of long points, in shallow coves and over expansive flats where they may be basking. They may be wary, however, so make long casts. Rattling lures are very effective, and they cover open water quickly.

バスは、この時期の温度変化に特に敏感で、水温がわずかでも暖かい場所を探すことがよくあります。水温計があれば済みますが、どこがいいのかを知っていれば時間の節約になります。湖にベイトをもたらすクリーク(小川)は、多くは湖の水より暖かい雨の水を運び、これらの小川の入り口や周りにはバスが集まる傾向があります。そのようなエリアはまた、スポーニングエリアともなり得ます。太陽光と風も表面温度に影響し、小さなワンドや湖の北と東のショアライン沿いで多くのバスがキャッチされます。これらの地域は午後の陽当たりがより多くなるだけでなく、北東から冷たい風が吹き荒れている場合にもそれから保護されます。早春には表層のみが暖かくなるので、表層にバスがサスペンドしているのを見ても驚かないでください。長い岬の水没した張り出し、浅い小さなワンド、そして陽当たりの良さそうな広大なフラットでそれらを探します。しかし、彼らは注意深くなっているので、ロングキャストをしてください。バイブレーションプラグは非常に有効で、オープンウォーターを素早くチェックするのにも役立ちます。

 

5.小さな水域を釣る

One of the most effective tactics in the early spring is to pass up the big lakes and spend more time on smaller waters. Ponds and small lakes warm more quickly because they aren’t as deep, frequently have clearer water and are sheltered from the wind. As a result, small-water bass often become active weeks before they do on large impoundments. Fishing pressure is also often less intense. On a massive lake, you may spend hours fishing spots virtually devoid of fish and not even know it. However, you can fish an entire pond in just a few hours and be relatively sure that big bass will at least see your offerings.

春先に最も効果的な戦術の一つは、大きな湖をパスし、小さな水域に多くの時間を費やすことです。それらの池や小さな湖は深くはなく、高い頻度でクリアウォーターで、風から保護されるため、より速く温まります。その結果、小規模な水域のバスは、しばしば大きな水域で活動するバスの数週間前からアクティブになります。大抵、フィッシングプレッシャーもあまり強くはありません。巨大な湖では、事実上そこに魚がいないことを知らないままそのポイントで数時間過ごすことがありますが、わずか数時間で池全体を釣ることができ、ビッグバスが少なくともそこにいるのを見たり確信することができます。

 

6.濁りを見逃さない

You might want to avoid lakes the color of red mud, but moderately stained water with a greenish tinge is better than water that’s too clear. Bass can see lures surprisingly well in all but the muddiest water, and they can hear even better. If other conditions are favorable, don’t let a little mud deter you. Bright, noisy rattling lures and spinnerbaits are your best bets, and chartreuse is probably the best color. Silver also seems to work well, and black is surprisingly visible in muddy water.

湖の赤い泥濁りは避けた方がいいかもしれませんが、緑がかった色合いの適度に濁った水は、あまりにもクリアな水よりも優れています。バスはひどい濁りのとき以外の水では驚くほどよくルアーを見ることができ、さらに良く聞こえています。(水温など)他の条件が揃っている場合は、少しの濁りをためらわないようにしてください。明るく、騒々しいバイブレーションやスピナーベイトが最高の策であり、チャートリュースがおそらく最高の色です。シルバーも効きそうですし、黒はマッディーウォーターでも驚くほど見えます。

 

7.ボトムに注意を払う

Even many knowledgeable bass fishermen overlook this vital factor. When bass move into the shallows, they’re looking for food and also an ideal spot to fan out a bed. For spawning, bass will seek out a sandy or pea-size gravel bottom before they settle for anything else. You won’t find bass spawning on solid rock or bottoms that are too soft and mucky from accumulated silt. How do you determine what you can’t see? If possible, fish where you’ve caught spawning fish before in previous years. Otherwise, you can often identify the type of bottom by looking at the nearby shoreline. The residue on your anchor may also give you a clue, or you can probe shallow spots with a paddle. Even your depth sounder will help by distinguishing the rock or muck best avoided.

多くの知識豊かなバスアングラーでさえ、この重要な要素を見過ごしています。バスが浅い部分に移動すると、食べ物を探していて、ベッドを作るのに理想的な場所も探しています。産卵は、バスが砂または砂利底を探し出してから行われます。柔らかい泥が積もったところからバスが産卵する岩やボトムが見つけられない場合。見えないものをどうやって解決するか?可能であれば、前の年にバスが産卵した場所で釣ってください。それ以外の場合は、近くの岸を見て、底の種類を特定することができます。(ボートの)アンカーを引き上げた時に付いているものを見れば、手がかりとなるかもしれません、またはオールで浅いところを突いて調べることができます。魚探でさえ、特徴的な岩や避けるべきゴミを区別するのに役立ちます。

 

8.カバーを見逃してはいけない

Fishing the right cover is the most important tactics at this time of year. Early in the season before bas go shallow, those deeper staging areas almost always have plenty of stumps, brush or rough bottom structure. As the season progresses and bass begin to move towards the shallows, you’ll want to concentrate on a different type of cover. High water is common in the spring, and you’ll often find bass in flooded brush, willows and trees on points. Fish the tip of a point and both sides, then get in close and cast among the trees and stumps, if possible. Be sure to fish flooded stands of willows and other similar brush in the backs of coves. Bass love to spawn in these areas, and the biggest females will move in earlier than you might expect. Fish flooded brush and willows first by probing the outer edges with lipped crankbaits and rattling lures, then move in close and fish the thickest cover using spinnerbaits and jig n pigs, both of which are nearly weedless. Weighted soft plastic lizards, Texas rigged, are also effective in heavy, shallow cover.

適切にカバーを釣ることはこの時期の最も重要な戦術です。シーズンのはじめ、バスがシャローに来る前の段階では、これらのより深いステージングエリアにはほとんどの場合、だくさんのスタンプや枝、またはでこぼこしたボトムの地形変化が常にあります。シーズンが進みバスがシャロー側へ移動し始めると、また別の種類のカバーに依存するようになります。春は一般的に水位が上がるので、水没した枝、オーバハングブッシュ、岬の樹木などでバスがよく見られます。岬の先端と両側を釣り、可能であれば近くに近づき、木やスタンプにキャストします。小さなワンドに入ったら、オーバーハングブッシュや先ほどと同様の水没した枝を釣ってください。これらのエリアはバスが好んでスポーニングし、あなたが期待するよりも早い時期にビッグママが動きます。水没した枝やブッシュを釣るにはまず、クランクベイトまたはバイブレーションで外側のエッジを探り、近くに移動してウィードレス効果の高いスピナーベイトとジグ&ポークを使ってカバーの最も厚い部分を釣ります。重量のあるリザードワームのテキサスリグもシャローのヘビーカバーで効果的です。

 

9.ややこしいところを釣る

Think of spring bass fishing as hand to hand combat. With few exceptions, you've got to mix it up inside to be effective, especially after the fish have moved into the shallows around heavy cover to spawn. Make short, accurate casts into and under willows and clumps of grass or other cover. This is also where flipping is effective. Spinnerbaits, jig n pigs and lizards are your tools now, and you want stout rods and strong line – at least 20 pound test – for muscling whoppers out of cover. There's one other tactic that you definitely don't want to overlook in the early spring, and it may come as a surprise. Many weeks before traditional topwater lures begin to be effective, bass often show a fatal attraction for buzzbaits, those splashy, gurgling surface spinnerbaits with the huge blades. Even very early, whopper largemouths will often eat these lures when they won't hit anything else. Fish buzzbaits close around cover (they seldom hang up) or make long casts over flats. Use a steady or slightly erratic retrieve, but keep them moving.

春のバス釣りは接近戦として考えてください。いくつかの例外を除いて、特に魚が産卵のためにシャローのヘビーカバーの周りに移動した後に効果的に釣るためには、その内側に撃ちこむ必要があります。ブッシュや草の塊の中や下に短く正確なキャストをしていきます。フリッピングが有効な場合もあります。その場合の道具はスピナーベイト、ジグアンドポーク、リザードに、強いロッドとカバーから強引に引きずり出すため少なくとも20ポンドの太いラインが必要です。そして間違いなく、早春に見逃したくないもう一つの戦術があります。それは思いがけないことかもしれません。トップウォータールアーが効果的になり始める数週間前、バスはしばしばバズベイトや巨大なブレードを付けたスピナーベイトの表層ガーグリングのスプラッシュに決定的な興味を示します。非常に早い時期でさえ、どでかいラージマウスが、他のものにバイトがないないときにこれらのルアーを食べることがよくあります。バズベイトで釣るときは閉ざされたカバー周り(めったに引っかからない)や、フラットの上ではロングキャストをします。ステディリトリーブまたはわずかに不規則なリトリーブで使いますが、しっかり動かしてください。

 

10.実績のあるルアーに固執する

You can cover every spring situation with a selection of spinnerbaits, rattling lures, jig n pigs, buzzbaits, soft lizards and shallow and deep diving crankbaits, but you may not need them all. Of these, the spinnerbait will handle both heavy cover and mid-depths, whereas the rattling lure is a superb choice everywhere except in the thickest cover.

スピナーベイト、バイブレーション、ジグ&ポーク、バズベイト、リザードワーム、シャロー&ディープダイビングクランクベイトなどで、あらゆる春の状況をカバーすることができますが、すべてを必要とはしないかもしれません。これらのうち、スピナーベイトはヘビーカバーとミディアムレンジの両方で扱え、バイブレーションルアーは最も厚いカバーを除けばどこでも素晴らしい選択となります。


 

いかがでしたか。

これらはあくまでもやりかたの一部ですし、改良を加えてやってみてもいいかと思います。

これを覚えたからと言っても、厳しい日々が続いてしまうかもしれません。

そして結局、「まだシャローに上がってきてないんだ」と思ってしまうかもしれません。それは私ですが(笑)

それでもやはり釣る人は釣ってくるわけですから、そういう情報を耳にしたら新しいヒントとしてここに加えていけばいいと思います。

いろいろ試してみれば、それがまた経験となって学習できますもんね。

この期待しつつも難しい春という季節、コツコツ努力して得意な季節にしたいですね!

集中力を奪っていく花粉にも気を付けましょうね(笑)

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス,