野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

春、正しいバンクの選び方

      2017/05/13

Pocket

Photo by wired2fish

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Choosing the Right Bank for Spring Bass Fishing”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”Choosing the Right Bank for Spring Bass Fishing”By JASON SEALOCK 03/25/2014(海外サイトです)

 

皆さんのバス釣りスタイルは、オカッパリ派でしょうか?ボート派でしょうか?両方を楽しみますでしょうか?

私の場合は、初めはオカッパリが中心で、段々ボートにも乗るようになり、今では4割くらいがボートという感じで楽しんでおります。

みなさんも、今現在のスタイルがどうであれ、おそらく、初めはオカッパリからスタートしたという方が多いと思うんですが、私がオカッパリ中心で釣りをしていた時は、「あそこの沖までキャストできればもっと釣れるのになあ」という想いをずっと抱いて釣りをしていました。

今、ボートに乗るようになり、どうなったかというと、結構な割合でバンク(岸)に投げています(笑)。皆さんはどうでしょう?

オカッパリでは届かない沖合でボートを浮かべるのは、まあまあ特殊なシチュエーションの時に限られますよね。

結局のところ、オカッパリに比べたら入れる場所が多いためボートに乗っていると言うだけで、岸際の重要さは変わりませんよね。

ただし、ただやみくもに岸際を撃っていればいいというわけでもないようです。

この記事は、FLWのツアープロ、テリー・ボルトン氏が、春のバス釣りにとって正しいバンクの選択方法を解説したものです。

ぜひ読んでみてください。

 

水温によって狙うバンクの角度を変える

When Bolton begins his search for bass moving out of their winter locations in the early spring and early prespawn periods, he starts with steeper banks.

“I think when the bass first start up to their spring locations, they want to still be close to deep water, like they know it’s going to be cold again soon.”

The bass will move into those banks with 45 degree angle slopes or sharper where they can move up shallow and forage for short windows and then slide back out deeper to rest in the cold water.

As it warms up the bass will get more comfortable on those flatter or shallower sloping banks.

“A channel swing bank can be really good in the spring,” Bolton said. “You have the steeper deep sections that are good early. Then you have those tail out ends where it goes off the end a lot shallower and flatter. So the bass might be in the deep part of the swing early in the spring and then move up to the tail sections where the channel swings away from the bank.”

ボルトンは、早春と早期のプリスポーン期間中に冬の場所から移動するであろうバスの居場所をサーチするときは、急なバンクから始めます。

「バスがまず春の場所に着いたときは、またすぐに寒くなることを知っているようで、ディープエリアの近くにいたいと思っているようです。」

バスはまず、45度の角度の斜面を持つバンクに移動します。風があまり吹かない時はシャロー側へ上がりやすく、水温が下がった時にはよりディープへ素早く後退できるためです。

暖かくなるにつれて、よりフラットな、または角度のゆるい傾斜のバンクが、バスにとってより快適になるでしょう。

「春にはチャネルスイングバンク(リバーチャンネルなどが蛇行して岸に寄ったバンク。急深になる)が本当に好調だ。」ボルトン氏は言います。 「まずはじめは急深なバンクがあって、それから、そのバンクの終わりが近付くにつれてシャローやフラットエリアになるような場所を見つけてください。そういう場所で、まずバスは春の早い段階ではチャンネルの近い急深のバンク部分にいて、段々とチャンネルがバンクから離れていくシャローフラットの方へ移動するでしょう」

Photo by wired2fish

 

岩は最高の手掛かりになります

You can pattern the bass on a lake or in a major creek arm of a large reservoir by paying close attention to the types of rock on the bank.

Early on, Bolton likes to find big Boulder or maybe head-sized chunk rock on a bank. That typically indicates a steeper grade and deeper water on the bank. As the water warms and he starts targeting bass on flatter shallower banks he will gravitate to more pea gravel type substrate.

Isolated rock, however, will still be a big deal as we’ll discuss in a moment.

Rip Rap can be a great place to find bass in spring. These man made rock walls can often hold bass throughout the entire spring. Learning to work up and down the rocks is key. During the low light hours or colder parts of spring, the fish may position on the deepest parts of the rip rap.

While on warm sunny days or later in the afternoon, they may slide up the rip rap and position just under the surface on the shallowest parts of the wall, where the rocks have absorbed the suns warmth.

Bolton always looks for transitions in rock, especially in major creek arms.

“Creek arms hold populations of bass all year, so you can start in one creek and follow the different types of banks until you find the bass,” Bolton said. “I always look for rock transitions this time of year. Where it maybe goes from boulders to gravel or chunk rock to smaller rock. These can be good because the bass may sit in one type to warm up and then feed in the other type. So finding the edges where it changes can be great places to look for bass.”

Bolton really likes craw patterns in the early prespawn but he will alter the body styles depending on the banks and temperature of the water.

バンクの岩の種類に細心の注意を払うことで、湖、川、リザーバーのバスのパターンを知ることができます。

早い時期は、ボルトンは大きな石か、頭大の砕けた岩をバンクで見つけるのが好きです。これは通常、バンクの角度が急であることとディープがあることを示しています。水温が上がると、彼は砂利や玉砂利のバンクのシャローにいるバスに狙いを変え始めるでしょう。

孤立した岩はまた重大でありますが、しかし、別の話です。

リップラップは、春のバスを見つけるのに最適な場所です。これらの人工的な岩壁は大抵、春全体にわたってバスをキープしています。岩を上ったり下ったりするということを忘れないことが重要です。ローライト時や春の寒い時期には、魚はリップラップの最も深い部分に位置することがあります。

暖かい晴れた日や午後の後半には、岩が太陽の暖かさを吸収した壁の最も浅い部分の水面直下まで、リップラップを移動している可能性があります。

ボルトンは特に主要な川筋で、岩の移り変わりに注意します。

「クリークアーム(リザーバーの川筋)は年間を通してバスの数を保持しているので、ひとつのクリークアームをスタートしたらバスを見つけるまで、さまざまな種類のバンクを撃つことができます。」とボルトン氏は言います。 「私はいつもこの時期は岩の変化を探します。それは、岩から砂利、または岩石が小さな岩石に変わる場所です。バスが暖まった時に別のタイプの岩場に移動してフィーディングに入る場合があるため、そういう場所が良いことがあります。だから、それらが変化するエッジを見つけることは、バスを見つける素晴らしい場所になるかもしれません」

 

透明度によって狙うバンクを変える

“I like to find stained water this time of year,” he said. “I think that dirtier water makes them more comfortable about being up shallow, and it makes them easier to catch. If I can’t find dirty water and the water is real clear, I want to find the banks with wind on them to break up the water so they don’t get as good a look at my crankbait or spinnerbait.”

Dirty water is something some folks will run away from. But not me. And certainly not Bolton. Anything that makes it where the bass can see your bait but can’t get a great look at it, improves the odds in your favor.

「この時期は濁りを見つけたい」と彼は話します。 「濁った水であれば、シャローがより快適になると思います。 濁った水を見つけられず、水が本当にクリアであるなら、クランクベイトやスピナーベイトを見切られないような、風が当たり水が砕けているバンクを見つけます」

濁った水は、何人かの人々は良く思わないものです。 しかし私はそうではありません。 そしてボルトンもちがいます。 バスはあなたのルアーを見ることができるが、よく見えるわけでもないということは、あなた次第で結果は変わるということです。

 

ボルトン氏の春のルアー

Here is a rundown of what Bolton has on the deck fishing on rocky lakes devoid of grass this time of year:

ボルトン氏がこの時期、ウィードの無いロックレイクでデッキに積んでいるもの:

 

ラパラ・シャッドラップ

Rapala Shad Rap - Bolton will start with a No. 7 Shad Rap in the colder part of the spring. If the bank is a little steeper he might go up to a No. 8. Then later in the day and later into the spring, he’ll fish a lot shallower and go down to a No. 6 or No. 5 Shad Rap. He likes the crawdad colors most of the time unless he feels the bass are on a shad bite real hard. He likes the Shad Rap on clean steeper banks without much cover.

ボルトン氏は春の寒い頃はシャッドラップ7から始まります。 もしバンクが少し急であれば、No.8にするかもしれません。そして、その日の後半に、または春が本格化すると、彼はもっとシャローを釣るため、シャッドラップの6か5にするだろう。 彼はバスがしっかりとバイトしてくると感じない限り、ほとんどの場合、クローダッドカラーが好きです。 シャッドラップはカバーの少ないきれいなバンクの場合に使います。

 

ラパラ・DT6

Rapala DT 6 - The DT6 has been a staple for Bolton for many years. The bait runs 6-foot deep and has a tighter wiggle than most crankbaits its size, making a great cold water crankbait. He likes a variety of colors in the DT6 line mimic crawfish, but also brighter shad colors like Hot Mustard as well in stained water. He will set his boat in 9-10 foot and throw to the bank with this crankbait when searching for bass along rip rap, and secondary channel banks.

DT6は何年にもわたってボルトンの定番となっています。 ルアーは6フィート(1.8メートル)の深さを通り、ほとんどのクランクベイトよりもタイトな揺れで、低水温時に効くクランクベイトです。 彼はDT6の多様なカラーの中からザリガニを模倣した色を好みますが、ステインウォーターな時などはホットマスタードのような明るいベイトフィッシュの色も好きです。 彼は約3メートルのところにボートを置き、リップラップや中規模なチャンネルの寄ったバンクに沿ってこのクランクを投げ、バスを探します。

 

ラパラ・Rippin Rap

As the water gets warmer and the bass migrate to flatter banks, he will opt for a Rippin Rap. He can fish it slower by going down in size or faster by going to a larger size. When the bass are roaming shallow flats, he’s had some huge days targeting schools of bass that get up there and warm on those flats before dispersing for the spawn.

水が暖かくなり、バスがフラットなバンクに移動すると、彼はリッピンラップを選ぶでしょう。 彼は、より早く釣るときは大きなサイズに、ゆっくり釣るときはサイズを下げるようにしています。バスがシャローフラットをうろついている時とき、彼は多くの日々をそこで過ごし、スポーンのために分散する前にそれらのフラットで暖まろうとするバスの群れを狙いました。

 

ピカソ・スピナーベイト

1/2 Ounce Picasso Tandem Thunder Spinnerbait - Bolton has relied on a spinnerbait to catch bass from 0 feet to 25 feet. And he relies heavily on a spinnerbait when the bass are on cover laden banks that have a lot of stumps and laydowns to pick off big female bass staging and preparing for the spawn.

ピカソ・1/2オンス・タンデムサンダースピナーベイト。ボルトンは水深80センチまでのバスを捕らえるとき、スピナーベイトに頼っていました。 また、大きなメスのバスがステージングとスポーニングの準備のために、たくさんのスタンプやレイダウンのあるカバーバンクに上がってきたとき、彼は特にスピナーベイトに頼っています。

 

ストーム・ Arashi 3 and 5

As the water warms up a bunch in the spring, he will go to a more aggressive wobbling crankbait like the Arashi 3 and 5 square bills. The wider more aggressive wobble on square-billed crankbaits can really trigger big bass feeding up aggressively for the spawn. They work well around cover or flatter banks.

春は水が一気に暖まるので、Arashi 3や5のスクエアビルのような、よりアグレッシブにウォブリングするクランクベイトを使うでしょう。 スクエアビルクランクベイトのアグレッシブなウォブリングは、スポーニングに向かう積極的なビッグバスがフィーディングするトリガーとなる可能性があります。 それらは、フラットなバンクのカバー周りで使います。

 

バンクの場所

Early in the spring when bass first start moving to their spawning areas, Bolton focuses on banks closer to the main lake or main lake locations like points, bars in the mouths of bays, and creek channel ledges leading to spawning areas.

As the water warms he will work back further into creeks and pockets focusing on channel swing banks, secondary points and banks leading into spawning areas with transitions rock and additional cover.

バスが最初にスポーニングエリアに移動する春の早い時期に、ボルトンはメインレイクに面したバンクやメインレイクに伸びた岬、ワンドの入り口にある浅瀬、スポーニングエリアに通じるクリークチャンネルの段差に焦点を当てています。

水が暖まるにつれて、岩場や岩の変化やカバーを持つチャンネルが寄ったバンク、中規模な岬、スポーニングエリアに続くバンクに焦点を当てて、この順に探っていきます。

 

カバーによってバンクの狙いを変える

Bolton doesn’t seek out specific cover in the early prespawn, late prespawn, spawn or post spawn periods, but the presence of cover is on his mind.

“I won’t necessarily choose a certain bank because there is a certain type of cover on it, but having additional cover on the right banks makes them that much better,” he said. “I used to love targeting man-made structures like concrete ramps, docks and those boat rails that locals will use to launch a boat in their back yard. Pieces of cover like a shallow brush pile, a stump or a laydown can give those big bass a place to setup on those banks in the spring and make them easier to target.”

ボルトンは、早期のプリスポーン、後期のプリスポーン、スポーン、アフタースポーンの期間中を通して特定のカバーを求めてはいないものの、カバーの存在は意識しています。

「なにかのカバーがそのバンクにあるからと言って、必ずしもそのバンクを選択するとは限らないが、適切なバンクにプラスアルファのカバーがあることで、そのバンクはより良いものになる」と彼は述べた。 「地元の方が所有する船着き場にあるようなコンクリートスロープ、桟橋、ボートレールのようなマンメイドストラクチャーを狙うのが、私は好きだったものです。 シャローのオダ、スタンプ、レイダウンのような単体のカバーは、春のバンクにおいてビッグバスを呼び止めるため、狙うのが簡単になります。」

 

一日の中のタイミング

The accepted norm is that when the water is real cold in the early spring, later in the day is often better, especially on sunny days. Bolton finds this to be true most of the time. But he also finds that the time of day puts the bass in different places on the same bank.

“You might catch them on a 5 to 8-foot diving crankbait in the early hours of day but by the late afternoon, you might have to get out that smaller Shad Rap or Arashi 3 and fish in water less than a foot deep to catch those same fish. The warmer water can get them really shallow late in the day.”

Bolton cautions though that anglers shouldn’t be to rigid on their selection of baits and where they target the bass on banks just based on time of day.

“I can’t explain it exactly, but I’ve found a lot of times there will be big ones up real shallow on a bank real early in the morning, even though the water is the coldest. I don’t know if the rocks hold heat over night and that makes the shallows a degree or two warmer over night or if they are just moving up to feed in a small window first thing in the morning and again later in the day.”

よく言われている基準としては、春の初めに水がまだ冷たいときには、晴れた日なら、日の後半がよくなることが多いということです。ボルトンはこれがほとんど真実であると考えています。しかし、彼はまた、時間によって同じバンクでも異なるレンジにバスがいることも分かりました。

「早朝に1.5m~2.4mのダイビングクランクでそれらをキャッチできたとしても、午後には、小さなShad RapやArashi 3で釣りをしなければならなくなる可能性があり、水深が30センチ以下のところで同じ魚を相手に釣りをしなければならないかもしれません。午後の暖かい水は、彼らを本当にシャローへ押し上げます。」

ボルトンは、時間帯に基づいてルアーを選んだり、バンクのバスがどこにいるのかを決めつけるべきではない。とアングラーに注意します。

「正確に説明することはできませんが、水温が最も低い時間にもかかわらず、現実に午前中のシャローのバンクに真っ先に大きな個体がいるのをたくさん見つけたことがあります。私は岩が一晩中、熱を持っているかどうかわからないし、シャローに吹くわずかな風が午後のフィーディングのきっかけになるように、朝にも同じようなことが起きて一日の中で2回、水温が上がるのかもしれません。」


 

いかがでしたでしょうか。

春のバスは日替わり、なんていう言葉がありますが、気温や水温に翻弄されているのはむしろバスの方で、私たちはそんなバスの気持ちになればいい、ということをボルトン氏は言ってますね。

それが難しいんですけどね(笑)

また、日替わりどころか、時間割でもバスは動くということですので、一度釣った場所へ時間をおいて入り直した時は、そのレンジも意識してやってみたほうがいいということもわかりますね。

そしてこれは、ラージ、スモールともに同じことが起きると思います。

使うルアーについては日本のスモールに対してはやや大きいような気がしますが、時期や居場所などの話はほとんど一致します。

野尻湖や木崎湖、そしておそらく桧原湖も、高原にあるため、春が短いのです。春は平地より季節を一ヶ月くらい巻き戻すイメージで来ていただいて、なおかつすぐに夏が来てしまうというイメージで釣りをしていただければ、ここに書かれているようなバンクのどこかで当たるように感じます。

でもそれが難しいんですけどね(笑)

 

そんなわけで、春だからと言ってフラットだけにこだわらず、急なバンクや岬にいるかもしれない魚も意識してみてくださいね!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法,