野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

早期のプリスポーンバスを探し出す5つの場所♪

      2017/04/18

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”5 Places to Find Early Prespawn Bass”という記事を引用してご紹介いたします♪

引用先:scout.com”5 Places to Find Early Prespawn Bass”By WALKER SMITH 03/04/2014(海外サイトです)

 

プリスポーンバス…長い冬を過ごしてきた私たちバスアングラーにとってその言葉は本当に魔法のように胸に響きます(笑)

いつからがプリスポーンだなんてはっきりとわかっていないのに、ちょっと季節が春めいてくるともう、「プリだな」と言っては出かけてしまい、結局釣れることもなく、「まだ水の中は冬だった」とつぶやくパターンのなんと多かったことか…ええ、私ですがね(笑)

雑誌やプロの動画などを見てみると、スポーニングが絡むビッグバスは冬のうちに越冬場所を離れて、シャローで荒食いをしていると言いますよね。本当でしょうか。

ここでは、B.A.S.S.のエリートシリーズプロのディーン・ロハスが早期のプリスポーンバスの時期に行われる試合のために5つのスポットをマークしているという記事が書かれています。

早期のプリスポーンバスの動きなどを知るために、読んでみましょう。

 

排除すること

Although early prespawn bass can be quite predictable, it’s important to understand they’re like people in a sense—each one exhibits unique behavior. For this reason, Rojas is a staunch believer in the process of elimination throughout this time of year. Keeping the bass “honest” plays a big role in his strategy.

“Whenever you approach the beginning stages of the prespawn, I suggest going through a thorough process of elimination,” Rojas said. “While some folks like to start deep and work their way shallow, I’m actually the polar opposite. I always target the backs of creeks and short pockets before I do anything else.”

The reason for Rojas’ plan is twofold. As one of the best shallow anglers in the world, he feels most confident fishing for bass in dirt-shallow water. More importantly, however, he believes shallow water plays host to more bass than you might think.

“It doesn’t matter where you go—there are always going to be bass in shallow water,” Rojas said. “Will they be the ones to win a tournament? That really depends on the fishery, but shallow areas give me a complete overview of the water temperature which is a huge deal in the early prespawn. It’s not uncommon to find places with nearby springs that will result in a five-degree water temperature increase. If you wait to go back there, you’ll never know and you might miss out on an incredible shallow bite.”

早期のプリスポーンバスはだいたい予測できますが、彼らはある意味では人間のようだと理解することが重要です。それぞれがユニークな動作を示します。このため、ロハスはこの時期、排除するということを忠実に信じています。バスに対し "誠実"を保つことは彼の戦略において大きな役割を果たします。

「プリスポーンの前段階にアプローチするときはいつでも、徹底した排除プロセスを進めることをお勧めします」とロハス氏は言います。 「一部の人々はディープから始まり、シャローへと向かうのが好きですが、私は正反対です。私は他のことをする前に、いつも小川の流れ込みや小さなワンドをターゲットにしています。」

ロハスの計画の理由は二つあります。世界のべストシャローアングラーの一人として、彼はマッディーシャローウォーターでバスを釣ることに最も自信があると感じています。しかし、もっと重要なことは、彼はシャローウォーターにあなたが考えるより多くのバスがいるかもしれないと信じてることだと言います。

「あなたがどこに行くかは問題ではありません。シャローエリアにはいつもバスがいるでしょう」とロハス氏は言います。 「それらはトーナメントに勝てる個体だろうか?それは実際にはその時と場合に依存していますが、シャローエリアでは水温を完全に知ることができ、プリスポーンの巨大な個体を与えてくれます。 近くに3℃の水温上昇をもたらす湧き水がある場所を見つけることは珍しいことではありません。もしそこから戻ってしまおうと思っていたら、あなたは決して知ることはないだろうし、信じられないほどのシャローでのバイトを逃すかもしれない」

 

考えるべき重要な要素

Every bass angler is guilty of it. After months of ridiculously frigid water temperatures, we become glued to our electronics, searching for the warmest water possible. This obsessive behavior isn’t necessarily a bad thing, but make sure to keep an open mind towards other important factors as well.

“In my opinion, I think 50 degrees is the magic number for early prespawn movement,” Rojas said. “At that point, they’re ready to move and make something happen. But there’s something much more important than water temperature. Their clock heavily correlates with the length of days and it’s an easy thing to overlook. You can have a brutal cold front come in and they’ll still be steadily moving up if the days are getting longer.”

If you’ve been around bass fishing for a while, there’s a great chance you’ve heard enough information about moon phase to make your head spin. Some folks give it a lot of credence while others, such as Rojas, don’t get too carried away with it.

“I don’t believe moon phase matters as much as people think,” Rojas said. “When I broke the weight record in Florida, we didn’t have a full moon—we actually had no moon. Regardless, we had the biggest influx of shallow bass I’ve ever seen. One warming trend is all it takes to turn it on fire.”

あらゆるバスアングラーはその過ちを犯しています。何ヶ月もの間、極端に冷たい水温が続くと、可能な限り最も水が暖かいエリアを探して魚探にくぎ付けとなります。この強迫的行動は必ずしも悪いことではありませんが、他の重要な要素にも心を開いてください。

「私の意見では、10℃は早期のプリスポーンに移る特別な意味を持つ数字だと思う」とロハスは語った。 「そのタイミングで、彼らは移動してスポーニングの準備が整います。しかし、水温よりも重要なことがあります。彼らの時計は日照時間と大きく関係しており、それを簡単に見落としてしまいます。厳しい寒冷前線が来たときでも、日照時間が長くなっていれば着実に前進するだろう」

あなたがしばらくの間、バス釣りをしてきたのなら、ムーンフェイズ(潮まわり)に関する情報を聞いたことがあるでしょう。多くの人々はそれを信じていますが、ロハスはそのことに惑わされたりしません。

「私はムーンフェイズが人々が思うほど重要ではないと信じている」とロハスは語った。 「フロリダでウエイトの記録を破ったとき、満月ではなかった。実際には月がなかった。それにもかかわらず、私はシャローに今まで見た中で最も大きいバスの出現を認めました。 ひとたび水温が上昇傾向になれば、全てがお祭り騒ぎに転じるのです。」

 

気象前線の重要性

It never fails—just when you think you’re on a mega-bag of early prespawn bass, Mother Nature throws a wicked curveball and totally jacks up your plans. With a basic understanding of weather fronts and how they affect these early season fish, however, you’ll have a major advantage over the bass.

しくじりたくない・・・早期のプリスポーンバスでいっぱいのバッグでウエイインしようと思った時ほど、母なる自然は意地悪な変化球を投げ、その日の計画を台無しにしてくれます。前線が早春の魚にどのように影響するかについての基礎知識を持つことで、バスに対しての大きなアドバンテージとなります。

温暖前線

“Warm weather can be a perfect storm for early prespawners,” Rojas said. “It gets them moving toward shallow water and turns them into ferocious feeders. If you like to save your bass fishing trips until the bite is red-hot, pick the third or fourth day of a warming trend to hit the water. Even if the water temperatures are still frigid, you’ll be amazed how shallow and aggressive they’ll be.”

「暖かい天気は、早期のプリスポーナーにとって完全なお祭りになる可能性がある」とロハスは語った。 「バスはシャロー方へ向かい、猛烈なフィーダーに変えます。バス釣り遠征で激アツな体験をしたい場合は、三寒四温の温の3日目または4日目に釣りをしてください。たとえ水温が依然として低い場合でさえ、シャローでの積極的さに驚くでしょう。

 

寒冷前線

Once early prespawn bass move shallow, they won’t go far—even in the event of a cold front,” Rojas said. “They’re not going to turn around and swim back to the river channels. Instead, they’ll tuck themselves deep into cover because they know what’s going on. In their minds, they know they just have to hang tight for a day or two until they can carry on with their business. It only days a few stable days for the fishing action to pick up where it left off.”

「一旦早期プリスポーナーのバスがシャローへ動けば、寒冷前線の場面でさえもう遠くには行きません。 」ロハスは言います「彼らはチャンネルラインの方まで泳いで戻ってしまうことはない。代わりに、彼らは何が起こっているのかを知っているので、カバーの奥の方へ隠れます。本能的に、自分の任務を続けるために、1日か2日はしっかりとそこに留まらなければならないことを知っています。2,3日して安定すれば再びバスが動き出すので、釣りに行けます。

 

Now that you have a basic understanding of the various factors that influence the behavior of early prespawn bass, you’re ready to start catching. According to Rojas, it’s hard to beat these five areas.

早期のプリンスポーンバスの動作に影響を与えるさまざまな要因を基本的に理解したので、バスを釣る準備が整いました。 ロハスによると、これらの5つの領域を克服すれば他には負けないそうです。

 

1.ファンネル

A large part of fooling the year’s first wave of shallow bass revolves around locating congregation places, or funnels. These are areas such as bridge corners and riprap separating the main lake from backwater ponds. In order for the bass to migrate toward shallow water, they have no other choice than to swim through these areas.

“Funnels are outstanding ambush points for big bass,” Rojas said. “They don’t have to move very far to fatten up because the current—even if it’s just wind-generated—will push small forage right by their faces. Culverts and bridges are great places to focus on because they separate the bass from where they will eventually need to go. I caught a lot of great bass throughout the 2014 Classic doing this and that’s eventually how Randy Howell earned his victory.”

その年の第一陣の大部分のシャローのバスは、集合場所を中心にうろうろと周回しています。すなわちファンネル(地形的に狭まった場所)です。これらは、橋の両端やメインレイクと内湖を隔てるリップラップなどのエリアです。バスがシャローの方に移動するためには、これらの領域を泳いで通る以外に選択肢はありません。

ロハスは、「ファンネルはビッグバスのための優れた待ち伏せポイントです」と述べています。 「風が吹いただけで、小さなベイトを目の前まで押し流してくれるので、そんなに遠くまで動く必要がありません。彼らが最終的に行く必要がある場所(スポーニングエリア)からバスを切り離しているため、深い溝と橋に集中する素晴らしい場所です。私は2014年のクラシックでこれをやって、すばらしいバスをたくさんキャッチしましたし、それは結局ランディ・ハウエルにも勝利をもたらしました」

おすすめルアー

“I like to start my dissection of funnels by paralleling the surrounding riprap or corners with hard reaction lures such as a SPRO Little John,” Rojas said. “After picking off the most aggressive fish, I’ll slow down and target any irregularities with a jig, a Big Bite Baits Trick Stick or sometimes even a Big Bite Baits Cane Thumper for the bigger, more sluggish bass.”

「SPROリトル・ジョンのようなリアクション系のハードルアーで周囲のリップラップやコーナーと平行に対応することによってファンネルを分析を始めたいです。」ロハスは言います。 「最もアグレッシブな魚をキャッチした後は、より大きく、より活性の低いバスのためにジグにBIGBITEBAITS・Trick Stick、時にはBIGBITEBAITS・Cane Thumperを使ってあらゆるイレギュラーなバスをターゲットにしていきます。

覚えておくこと

“It’s important to let these funnels rest for a few hours throughout the day,” Rojas said. “They will definitely replenish, so don’t beat it up too hard right off the bad. Lay off of it for a while when the action dies and make your way back to it later.”

「これらファンネルを1日のうち数時間は休ませることは重要です」とロハス氏は述べています。 「バスは間違いなく補充されるので、強烈に叩きすぎないでください。反応が消えたらしばらく休み、後でまた戻ってみてください」

 

2.主要な岬

Certain kinds of bass fishing structure can be very seasonal but that’s certainly not the case with primary points. These are shallow areas that jut into deeper main lake water and provide bass with two very important things—quick access to deep water and abundant feeding opportunities. This is why they’re so productive throughout the entire year.

“Bass use these points regardless of the conditions or time of year, so you can never go wrong with primary points,” Rojas said. “Points can be anything and they’re relative to each body of water. In a shallow fishery such as Okeechobee, they can be a one-foot drop while on deeper lakes such as Table Rock, they can be 30-foot drops. For early prespawners, they act as a natural stopping point throughout their shallow water migration. They come out of the river and creek channels and hang out on these points to feed.”

バス釣りにおいて特定の種類の地形変化は非常に季節的なものになることがありますが、主要な岬においてはそれは当てはまりません。岬はメインレイクのディープにまで突入するため、シャローエリアからディープに素早くアクセスでき、豊富な餌の機会を得るという2つの非常に重要なことをバスに提供します。これが1年を通して非常に生産的な理由です。

「バスは、条件や時期に関係なくこれらの岬を使用するので、主要な岬においてあなたに間違いが起きることはありません」とロハス氏は言います。 「岬は何でもかまいませんし、それぞれのフィールドに関連しています。 レイクオキチョビーのようなシャローフラットレイクでは、1フィート(30センチ)のドロップオフでも有効ですし、テーブルロックのような深い湖では30フィート(9メートル)の落下が有効です。早期のプリスポーナーにとって、シャローへの移動をするまでに自然に岬に停止するような行動をします。彼らはリバーチャンネルやクリークチャンネル(越冬場所)から出たら、これらの岬でフィーディングのため留まっています」

 

おすすめルアー

“If the bass are actively feeding on top of the point, it’s hard to beat a shallow-running crankbait like the Little John,” Rojas said. “If you can’t get any bites with that, focus on the ends and sides of the point with a Fat Papa 70. If the action is slow, drag a 3/4-ounce football jig around and you should definitely get bit.”

「バスが積極的に岬の先端付近で食べているなら、リトルジョンのようなシャロークランクベイトが素晴らしい」とロハスは語った。 「もしそれにバイトがなければ、ファット・パパ70で岬の根元とサイドに集中してみてください。アクションが遅い場合は、3/4オンスのフットボールジグをズル引きしてください。」

覚えておくこと

“Not every primary point will be stacked with early prespawners,” Rojas said. “The bass can be very specific, so make an effort to hit as many points as you can and take notes about from where your bites are coming. This will help you piece together a solid pattern and dial-in on the most productive points.”

「すべての主要な岬が早期のプリスポーナーとリンクするわけではない」とロハスは語った。 「バスは非常に特殊なものかもしれないので、できるだけ多くの岬を叩いて、バイトがあった場所はノートを取るように努力してください。これは、最も生産的な岬で、しっかりしたパターンを構築するのに役立ちます。」

 

3.中規模な岬

As coldwater bass slowly make their way shallow in the earliest parts of spring, make sure to spend some time targeting secondary points, or smaller points within a creek. Remember, each fish is different—some just want to get the spawn done and over with while others take their sweet time. For those lackadaisical bass, secondary points are prime places to congregate.

“Secondary points are actually awesome areas for cold fronts in the early prespawn,” Rojas said. “That first wave of fish that tries to move shallow early in the year is very susceptible to cold fronts. When a front hits a lake, these bass will slide back to nearby secondary points and become absolutely stacked.”

冷水期のバスは早春の時点ではゆっくりとシャローへ行くので、中規模な岬やクリークの中の小さな岬を対象に若干の時間を費やしてください。それぞれの魚は別物だということを覚えておいてください。他はスポーニングをしているのに対し、彼らはスポーンをやり直したいと思っています。中規模な岬はそれらの無気力なバスが最も集まる重要な場所です。

「中規模な岬は、早期のプリスポーン期に寒冷前線が通った時に素晴らしいエリアです」とロハス氏は言います。 「今年の第一陣でシャローへ動いた魚は寒冷前線に非常に影響されやすいです。寒冷前線が湖に当たると、これらのバスは近くの中規模な岬に戻り、確実に溜まっています。

 

おすすめルアー

“Because I fish these areas a lot during a cold front, I’ll tend to use slower moving baits,” Rojas said. “The SPRO McRip 85 has been a big producer for me in recent years and when they want something slow, I’ll pull out a shaky head with a Big Bite Baits Trick Stick and really do some damage.”

「寒冷前線の通過した多くのエリアでする釣りは、スロームービングベイトを使う傾向がある」とロハスは語った。 「SPRO McRip 85は近年私にとって当たりルアーでした。彼らが何かゆっくりとした物を求めているなら、私はシェイキーヘッド(スプリングなどでワームを固定するタイプのジグヘッド)にBig Bite Baitsトリックスティックで、本当にダメージを与えます。

覚えておくこと

“You can absolutely catch a bunch of fish on the shallow parts of secondary points, but don’t rule out the ditches on the sides and in front of them,” Rojas said. “They act as a natural highway and bass like to use the easiest way to get in and out of potential spawning areas.”

「中規模な岬の浅い部分では、確実にたくさんの魚をキャッチすることができますが、両側と正面に溝(ミオ筋的なもの)があれば無視しないようにしてください。 それらは、自然のハイウェーとしての役割を果たし、バスが潜在的な産卵地に出入りする最も簡単な方法として利用しています。」

 

4.メインレイクのフラット

Fishing main lake flats this time of year can be really incredible or really bad—there’s not much in-between. Due to their potential, however, they’re always worth checking.

“Ideally, you want to concentrate on the ditches that lead into the flats,” Rojas said. “Make sure you focus your efforts on the first drop from the flat or in the ditches. These depressions are easy travel routes for bass and when a cold front hits like they tend to do this time of year, bass will slide back and hang out in these ditches until the weather passes. I spend a lot of time studying my Lowrance in order to find even the smallest depressions and irregularities.”

メインレイクのフラットの釣りは、この時期は本当に信じられないほどダメなときがあります。しかし、可能性がある限り常にチェックする価値はあります。

「理想的には、フラットにつながる溝(ミオ筋的なもの)に集中したい」とロハス氏は語った。 「フラットから、または溝から最初のドロップオフ(カケアガリ)に努力を集中させてください。これらの窪みはバスのための簡単な移動ルートであり、寒冷前線が来た場合、バスは後退し、通り過ぎるまでこれらの溝に留まります。私はローランス(魚探)に多くの時間を費やして勉強し、わずかな凹凸や窪みさえ見つけ出します。

 

おすすめルアー

“Whenever you’re fishing a big flat, it’s so important to break it down and cover as much water as possible,” Rojas said. “This makes reaction baits like a SPRO Aruku Shad an absolute necessity. You need something you can cast far and put in front of a lot of fish. If you find the fish ganged up in the ditches, try dragging a jig around or maybe a weightless Big Bite Baits Cane Stick.”

「大規模なフラットを釣っているときはいつでも、できるだけ広い範囲を細かく刻んでいくことが大切です」とロハス氏は言います。 「これにはSPRO Aruku Shadのようなリアクションベイトが絶対必要になります。ロングキャストすることができ、たくさんの魚の前を通すことができるものが必要です。魚が溝で群れているのを見つけたら、その周りでジグをズル引きしてみてください。あるいはBig Bite Baits Cane Stickのノーシンカーをズル引きしてみてください。

覚えておくこと

“In order to dissect a flat thoroughly, pay close attention to your casts,” Rojas said. “I’ll usually cast in five-foot increments because I want to feel every stump, grass patch or ditch on the flat. It might take a while, but it’s totally worth it when you find the sweet spot.”

「徹底的にフラットを分析するには、キャストに細心の注意を払ってください」とロハスは言いました。 「私は通常、1.5メートル刻みでキャストします。なぜなら、私はフラットにあるすべての切り株、ウィードパッチまたは溝を感じたいからです。それは時間がかかるかもしれませんが、スイートスポットを見つけたら、それは本当に価値があります」

 

5.内湖

The productivity of backwater ponds is well-documented, but rarely do you hear them come into conversation in just the first week of March. The lack of discussion actually makes them even better because if you find a solid group of fish in this type of area, you’re likely to have it all to yourself.

“If you can locate a backwater pond with stable water, there is no reason to leave,” Rojas said. “I know it’s weird to hear that so early in the year, but you have to think—you’ll always have fish coming to you. The shallow water warms up quickly, the days are getting longer and the bass are heading your way. They know where the warmer water is, so don’t rule these areas out in the early parts of the prespawn.”

内湖(メインレイクとつながっている池)の生産性はこれまでにもたくさん書かれていますが、3月初めの週にバスが入って来るという話を聞いたことはほとんどありません。あなたがこのタイプのエリアで魚の確かな群れを見つけたなら、あなたはそれをあなた自身で隠し持っている可能性が高いからです。

「内湖で安定した水温を見つけることができれば、そこを出る理由はない」とロハスは語った。 「早い時期にそれを聞いても怪しいと私は思っていますが、あなたは考える必要があります。あなたがいつでも釣りに来れるのなら。シャローはすぐに暖まり、日照時間が長くなり、バスがあなたの方を向いています。バスは暖かい水がどこにあるのか知っているので、早期のプリスポーンでこれらの領域を忘れないでください。」

 

おすすめルアー

“These areas often act as their own little ecosystem, so you can kind of fish them like a farm pond, which is a ton of fun,” Rojas said. “If the fish are roaming around back there, you can pick them off with an Aruku Shad or Little John, but don’t rule out the shoreline cover, either. I’ll flip and pitch a Big Bite Baits Fighting Frog around isolated cover and catch some awesome bass.”

「これらのエリアはしばしば独自の小さな生態系として機能するため、野池のように魚を釣ることができます。これはかなり楽しいものです」とロハス氏は言います。 「もし魚がそこを回っているなら、あなたはAruku ShadまたはLittle Johnで釣ることができますが、岸際のカバーも外さないでください。 Big Bite Baits Fighting Frogを孤立したカバーの周りにフリップまたピッチングし、いくつかのすばらしいバスをキャッチします。」

覚えておくこと

“Anytime you have a backwater pond, there will be a deeper ditch somewhere,” Rojas said. “Whether it’s a natural drain from fluctuating water levels or a ditch coming from a nearby funnel, bass love them. Much like fishing flats, spend a lot of time finding these ditches because they’ll lead you to the bass.”

「内湖があるときはいつでも、どこかに深いミオ筋ができます」とロハスは言いました。 「変動する水位からの自然な溝であろうと、近くのファンネルからの溝であろうと、バスはそれらを愛している。フラットを釣るときと同じように、これらの溝を見つけるのに多くの時間を費やします。なぜなら、それはあなたをバスに導くからです。」


 

いかがでしたか。

そんな早い時期からプリスポーンの話をしたってしょうがないよーって思いますよね。

でも、この記事に書かれていました。「ひとたび水温が上昇傾向になったら、バスがお祭り状態になる」と。

それと、前線の影響とポイントとそれぞれの釣り方を理解したわけなので、いつでもその状況に対する準備ができるという訳ですよね。

ただ、一番初めに書かれていた「排除する」というのはいわゆるディープを排除してシャローに集中するという意味だと思うんですけど、それが一番難しい気がします(笑)

シャローで釣れなければ、「やっぱりまだ冬かなあ」と思ってディープなりチャンネルラインを気にしちゃいますよね…。

他の人もディープエリアにいっぱいいたらなおさらですよね…。

しかし、こんな記事を読んでしまったら水温が上昇傾向になるのが楽しみです!冬至を過ぎたら日照時間は伸びてきます。日が長くなるのはバスたちも感じてきているはず。早く三寒四温の季節にならないか、楽しみですね!

それまでこの冬を乗り切りましょうか。

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス,