野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

新しい形のジグ

      2017/05/02

Pocket

Photo by in-fisherman.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”New Bass Jig Designs”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:in-fisherman.com”New Bass Jig Designs”By Dan Johnson April 27th, 2017 (海外サイトです)

 

みなさんはジグというと、なにをイメージしますでしょうか。ラバージグ?メタルジグ?

ジグにもいろいろありますが、昔からあるものもあれば、最近になって出てきたものもあります。今後も、昔からあるものがリファインされることもあれば、さらにまったく新しいジグが生まれることもあるかと思います。

ご存知の通り、バスは新しいものが好き(?)な魚で、新しいシルエットやアクションを見るとどうしても反応してしまいたくなるようですね。

そんなわけで、新しい製品を使うということはそれだけでアドバンテージになります。

この記事では、今までのジグの歴史を軽く振り返りつつ、本場アメリカで市場を沸かせたいくつかのジグの新製品が紹介されています。

日本にどういう影響を与えるのか、楽しみですね。それでは読んでみましょう。

 

これまでのジグの変化

Cranks, topwaters, worms, and spinnerbaits are deadly bassin’ tools, but if forced to leave the dock with only one lure for a variety of situations, many anglers would be hard-pressed to put anything but jig rod in the boat.

Who could blame them? Jigs work from the abyss to the bank—whether you’re fishing thick cover, rocky bottom, or open water—and they’re particularly good for triggering takes when bass play hard to catch. Manufacturers continue to produce an array of fine-quality designs that allow savvy anglers to put more fish in the boat.

Minnesota bass ace Scott Bonnema factors jigs into his game plans for green and brown bass, and keeps tabs on the jigging scene. “The expansion in jig styles and improvements in quality may seem subtle to casual observers,” he says, “but the latest crop has raised the bar in performance and arguably changed the game. Today’s jigs look better, work better in a wider variety of scenarios, and catch more bass.”

Bonnema believes gains in raw materials deserve credit. “Take skirted jigs, for example,” he says. “Today’s silicone skirting, along with live rubber options that are making a comeback, breathes and moves more freely than what we fished just a few years ago. When the jig lands, the skirt flares and comes alive.

“Tungsten heads add a new dimension as well,” he continues. “They’re heavier for their size so you can quickly get to the bottom in deep water or heavy cover, so you don’t need big leadheads. Dense tungsten also transmits bottom information better than lead, making it easier to detect slight changes in bottom composition that can affect bass location.”

Color schemes and paint jobs have likewise come of age. Where custom creations used to be the answer, jig manufacturers have broadened the commercial palette, allowing anglers to get amazingly picky with color choices. Expansions in skirt and trailer colors boost options even further. “If you pay attention to what bass are eating and are experiment with colors until you match that forage, you can dial in combinations that catch more fish,” Bonnema says.

“Hook options and quality are phenomenal, too,” he adds. “Instead of worrying about losing bass on light hooks with too much flex, or missing strikes with under-sized hooks, you can choose heavy-duty, high-performance hooks on more sizes and jig styles than ever. For example, I often have a 5/0 hook on 1/2- and 3/4-ounce jigs, for better hooking and fewer lost fish.”

クランク、トップウォーター、ワーム、スピナーベイトなどは素晴らしいバスタックルなのですが、1種類のルアーだけ持ってボートを出せと言われれば、多くの釣り人はジグロッドを積んでいくことを強いられるでしょう。

誰がそれを責めることができるでしょう?ジグは、厚いカバー、ロックボトム、オープンウォーターで釣っているかどうかに関わらず、ディープからバンクまで仕事ができますし、バスが釣りづらい時にも活躍するのがジグです。メーカーは経験豊富な釣り人が多くのバスを釣ることを可能にする高品質のデザインの製品を作り続けています。

ミネソタ・バスのエース・スコット・ボネマは、ラージとスモールのためのゲームプランにジグを取り入れ、ジギング業界を見守っています。 「ジグのスタイルの拡張と品質の向上は、うわべだけを見ている人たちにとっては微妙に思えるかもしれませんが、最新の製品はパフォーマンスのレベルを高め、間違いなくゲームを変えました。今日のジグは見た目が良く、さまざまなシナリオでうまく機能し、より多くのバスを釣ることができます。」

ボネマは、原材料の増加は信用に値すると考えています。 「例えば、ジグのスカートですが」と彼は言います。 「今日のシリコン・スカートは、再び注目を集めつつあるリビングラバー(ファインラバー)とともにあり、ほんの数年前に私たちが釣っていたものよりも、より自由に動きます。ジグが着底すると、スカートはフレアし、生き生きとします。」

「タングステンのヘッドも新たな一面を加えます」と彼は続けます。 「タングステンはサイズの割りに重いので、ディープやヘビーカバーでもすぐに着底することができるので、大きなヘッドは必要ありません。高密度であるタングステンは、鉛よりもボトムの情報収集力に優れているため、バスのいそうなわずかな変化を検出しやすくなります。」

カラー設計やペイント技術も同様に時代が到来しています。カスタムメイドでしかなかった色が使用されていたところで、ジグメーカーはパレットを広げ、釣り人が驚くほど多くの色の選択肢で迷うほどになりました。スカートやトレーラーの色の拡張は、さらにオプションを増やします。 「バスが食べているものに注意を払い、色を試してみると、そのエサにマッチした時、より多くの魚を捕まえることができます」とボネマ氏は言います。

「フックのオプションと品質も驚異的です。軽いフックでバスを失う心配することもなく、大きすぎるフックでバイトを逃すことを心配することもなく、これまで以上に多様なサイズとジグスタイルで丈夫で高性能なフックを選ぶことができます。たとえば、1/2と3/4オンスのジグには5/0フックが付いています。フッキングもよくなり、魚をバラすことが少なくなっています。

 

デザインでの成功

Options in jig styles have made great strides as well. “A vast selection of head styles—from football to finesse, Arkiestyle, grass jigs, and more—allows you to tailor shape and function to the cover, structure, and situation like never before,” he says.

ジグスタイルのオプションも大きな進歩を遂げました。 「フットボールからフィネス、アーキーヘッド、スイミングジグなど、さまざまなヘッドスタイルを選ぶことで、今までになかったカバー、ストラクチャー、状況に合わせて形や機能を調整できます。」

 

VMC・グライディングジグ

 One of his favorite new designs is VMC's Gliding Jig. Created by coupling a jig and flattened spoon, it's available in 1/8- and 3/16-ounce weights, with Oklahoma and willowleaf configurations.

He learned about it from lure designer Mark Fisher, a friend and tournament partner, who serves as VMC and Rapala's field promotions director. Each season, the pair fish several major tournaments across the Upper Midwest, where they put the Gliding Jig to the test.

“It's part jig, part spoon, and generates a great fluttering action. It can be fished anywhere you'd throw a ball-head, mushroom, or shaky head,” Fisher says. “It can be fished alone or with any sort of trailer, as long as the trailer doesn't overpower it and impede the action.” His top tippings include a Zoom Super Fluke Jr. or 3- to 4-inch straight-tail worm.

“Fish fast, slow, or anywhere in between,” he says. “You can also vertically jig in shallow situations and take advantage of the fluttering death spiral on the drop. There's virtually no wrong way to fish this thing.”

“The Gliding Jig is so new, it hasn’t taken off yet,” Bonnema says. “But I think once guys fish it, its potential will be realized.” He experimented most with the willowleaf model, and says it shines on spinning gear with 10- to 20-pound superline such as Sufix 832 or NanoBraid, with a 36-inch leader of 7-pound fluorocarbon.

He believes trailer selection is a matter of taste, and says any 3-inch section of plastic worm you’d use with shaky-heads or drop-shot rigs works with a Gliding Jig. “I had good results with this setup for smallmouths last summer,” he says. One of his favorite ways to fish it was a slow yo-yo approach along bottom. “I fished it in 7 to 10 feet of water, letting it fall to the bottom, then making a slow and subtle lift-fall retrieve. Cast out, let the jig settle until the line goes slack, then pop it up and begin swimming it along bottom, periodically giving it a subtle jerk so it flares upward in the water column. Let it flutter back down and continue the retrieve.”

While Bonnema put the willow version of the Gliding Jig to the test, he’s anxious to spend more time fishing its Oklahoma counterpart. “It should be a knockout for largemouths,” he says, adding that he’s particularly excited about using it in cold water, where the ability to fish slowly yet with a wide wobble should work well.

For Fisher, the 1/8-ounce option excels when targeting tentative bass in shallow water early in the season, while the 3/16-ounce size comes into play later on, as bass become more aggressive and move deeper. “My favorite way to fish the Gliding Jig is making long casts over shallow flats and along rocky shorelines for smallmouths,” he says. “But I also like swimming it along both the inside and outside edges of cabbage, milfoil, coontail, and other vegetation.”

While the Gliding Jig is versatile, he favors two sleights of hand. “One is popping the rod tip from the three o’clock position up to one o’clock, then taking up slack while dropping the rod as the jig flutters back down,” he explains. “The other is a plain and simple, slow-and-steady swim back to the boat.” He uses a spinning rod spooled with 10-pound Sufix NanoBraid, tipped with a 12-inch Sufix 100% Fluorocarbon leader.

Photo by in-fisherman.com

彼が好きな新しいデザインの1つは、VMCのグライディングジグです。ジグと平らなスプーンをカップリングして作成され、オクラホマとウィローリーフのラインナップで、1/8と3/16オンスの重量が利用可能です。

彼はVMCとラパラのフィールドプロモーションディレクターを務める友人とトーナメントのパートナーであるルアーデザイナーのマークフィッシャーから学びました。毎シーズン、中西部のいくつかの大規模な大会で釣りをし、グライディングジグをテストにかけます。

「ジグのようであり、スプーンのようでもある、そして大きなゆらめきアクションを生みだします。それは、ラウンドヘッド、マッシュルームヘッド、またシェイキーヘッドを投げるような場所ならどこでも釣りをすることができます 」とフィッシャーは言います。 「トレーラーの動きが強すぎてブレードのアクションを妨げない限り、単独でも、またはあらゆる種類のトレーラーで釣ることができます」彼の一番のお気に入りには、ズーム・スーパーフルークjr.または3〜4インチのストレートワームです。

「速くもゆっくりでも釣れて、またはどこででも使える」と彼は言う。「また、シャローでバーチカルジグ的に使えば、ゆらめきスパイラルフォールを利用することもできます。これで釣るには事実上間違った方法はないのです。」

「グライディングジグはとても新しく、まだ評価も出揃っていません」とボネマ氏は言います。彼はウィローリーフのモデルを最大限試して、Sufix 832やNanoBraidのような10〜20ポンドのスーパーラインに7ポンドのフロロカーボンリーダー36インチで輝きを放つと言います。

彼は、トレーラーの選択は趣味の問題だと考えています。そして、ジグヘッドリグやドロップショットリグで使用するようなワームの3インチのものであれば、グライディングジグが使用されています。 「昨年の夏には、この小さなセットアップで良い結果が得られました。」グライディングジグで釣る彼の好きな方法の1つは、底に沿うゆっくりとしたリフト&フォールのアプローチでした。 「私は2~3メートルの水深で釣り、底に落ちた後、ゆっくりと微妙なリフト&フォールでリトリーブしました。キャスト後、ラインがたるむまでジグを落ち着かせ、ポップアップさせて底に沿って泳ぎ始めます。定期的に微妙なジャークを与えて水中を上へ舞い上がらせます。それをまたフォールさせ、回収するまで続けます」

ボネマは、グライディングジグのウィローのバージョンをテストに入れましたが、もう一方のオクラホマで釣る時間を増やすことを願っています。 「ラージマウスにはこれでなければ」と語る。ワイドウォブリングでゆっくり使えるため、特に低水温時に使用することに期待していると付け加えています。

フィッシャーの場合、1/8オンスは、季節の早い時期にシャローエリアで試験的にバスをターゲットにするといいのですが、その後バスがより積極的になり、よりディープへ移動するので、3/16オンスを使います。 「グライディング・ジグで釣る私の好きな方法は、スモールマウスを狙ってシャローフラットの岩場のショアライン沿いにロングキャストすることです。しかし、ウォーターキャベツやウィードなどのベジテーションのインサイドやアウトサイドに沿って泳がせるのも好きです。」

グライディングジグは汎用性がありますが、彼は特に2つのやり方を好みます。 「ロッドティップを3時の位置から1時の位置までしゃくってから、ジグがフォールするのをロッドを下げながらラインスラックを取り除くやり方です」と彼は説明する。 「もう1つは、シンプルにゆっくりとしたストレートリトリーブです。」彼は、10ポンドのSufix NanoBraidが巻かれたスピニングを使用し、12ポンドのSufix 100%フロロカーボンリーダーを使用しています。

 

スイングヘッドジグ

Bonnema also appreciates articulated designs, also called wobble- or swing-head jigs, which use a split ring or wire loop to link hook to head. “Free-swinging heads like the Gene Larew HardHead Jig and VMC Swinging Rugby Head are easy to fish and bass can't resist them,” he says. Such designs bring a couple of benefits. They offer a unique side-to-side movement, which enhances softbait action. The trailer's gyrations are amplified by the free-wheeling connection between head and hook, which offers more freedom for the softbait to swim and flutter than a fixed-position hook.

Gene Larew's football-shaped HardHead broke the ice on swing-style heads as Oklahoma bass pro Tommy Biffle matched it with a Biffle Bug to win Bassmaster tournaments across the country. Heads weigh 3/16 to 1 ounce, but most experts opt for the heftiest jigs to maintain bottom contact. Biffle Bugs come in 3½-, 4¼- and 5-inch sizes, with a solid head that grips the hook. I've fished it in many situations, on both standard hooks and as a jig trailer. Even on long casts it resists sliding down the shank.

The Swinging Rugby Head is available in weights from 1/4 through 3/4 ounces, so you can fish it at a variety of depths, with tippings ranging from finesse softies and tubes to larger creatures and worms. The Swinging Rugby has a recessed line tie for reduced hang-ups and a wide-gap, surgically sharpened hook with extra-long Z-bend, which helps keep trailers in place without hindering the head's rocking action. The head is a hybrid between round and football shapes, with a flattened belly for grinding bottom.

The HardHead and Biffle Bug are standouts in a variety of settings, as Biffle intended. They excel as deep threats, ticked quickly across bottom much like a crankbait. The combo is especially effective at finding and fishing isolated patches of hard bottom such as gravel or rock. Under Biffle's tutelage, I used the setup to boat a 10-pound Lake Fork lunker, my biggest bass from U. S. waters.

“I focused on becoming a jig fisherman long ago because it's a high-percentage presentation that tends to produce larger fish than other techniques,” he told me several years ago, while teaching me the finer points of “bugging” for bass. “In lakes north to south, I can always find areas where jigs are a threat.”

Photo by in-fisherman.com

ボネマはまた、スプリットリングまたはワイヤループを使用してフックとヘッドを連結する、ウォブルヘッドジグまたはスイングヘッドジグとも呼ばれる関節式のジグを高く評価しています。 「Gene Larew HardHead JigやVMC Swinging Rugby Headのようなフリースイングヘッドは簡単に釣ることができ、バスはそれに耐えられません。このようなデザインは、いくつかの利点をもたらします。それらはワームの持つアクションを強化する独特の左右の動きを提供します。トレーラーのアクションはヘッドとフックのフリーホイール接続により増幅され、ワームが固定式のフックよりも自由に泳ぐことができます。

ジーン・ラレウのフットボール形のHardHeadは、オクラホマ・バスのプロ、トミー・ビッフルがBiffle Bugとそれをマッチさせ、全国のバスマスター・トーナメントで勝ったことで、スイング・スタイルのヘッドが口火を切りました。ヘッドの重さは3/16から1オンスまでありますが、ほとんどの専門家は最も重いジグを使用してボトムキープをしています。 Biffle Bugsは3と1/2、4と1/4、および5インチのサイズで、先端がソリッドボディのためフックにしっかりと付きます。私は多くの状況のときにそのフックとジグ・トレーラー使って釣りました。ロングキャストしたときでも、シャンクから滑り落ちません。

スイングラグビーヘッドは、1/4〜3/4オンスの重さがありますので、様々なレンジでワーム、チューブ、クリーチャーなどを付けて魚を釣ることができます。スイングラグビーヘッドは、根掛かりを軽減するためにヘッドに埋め込まれたラインアイがあり、ヘッドの揺れるアクションを妨げることなくトレーラーを定位置に保つのに役立つ、長めのZ-ベンドを備えたワイドゲイプの科学研磨フックを備えています。ヘッドは丸型とフットボール型のハイブリッドで、ボトムを這わすための平らな腹があります。

HardHeadとBiffle Bugは、ビッフル氏が意図したように色々な組み合わせの中で際立っています。それらはディープゾーンで優れており、クランクベイトのようにボトムをすばやくチェックしています。この組み合わせは、砂利や岩などのハードボトムの孤立したベッドを見つけて釣るのにも効果的です。 ビッフル氏の指導の下で、私はレイクフォークで10ポンドのランカーを釣るためにこのセットアップを使用しました。これは私の最大のバスです。

「ジグは、他のテクニックよりも高い割合で大きな魚が釣れる傾向があるプレゼンテーションなので、ずっと前からジグフィッシャーマンになることを目標としていました」と彼は数年前に語る一方で、私にバスのいる岬をこっそり教えてくれました。 「私なら湖の北から南まで、ジグで釣れる場所はいつでも見つけることができますから。」

 

アウトキャストタックル・401クロージグとダブルガードジグ

On the non-articulated front, Bonnema says that Outkast Tackle's 401Kraw Jig is another of his new favorites. “I'm impressed with it,” he says. “It fishes similar to a football head, but is shaped more like a crayfish tail and produces a lot of erratic action, thanks to the unique lip up front.” The 401Kraw digs into sand, gravel, and rocky bottoms, skittering along with the trailer raised at a 45-degree angle. Designed by FLW Tour pro Troy Morrow, it works with a number of craw-style softbaits. Outkast also released the R. T. X. Double Guard Flippin' Jig, with pair of fiber guards on each side of the hook, instead of one larger bundle. This allows the jig to work through vertical cover, such as bulrushes and timber with great ease, yet hook-sets are sure as the hook is not covered by the guard.

ボネマは、固定式ヘッドのジグなら、Outkast Tackleの401Kraw Jigが彼の新しいお気に入りの一つだと言います。 「私はそれに感銘を受けました」と彼は言います。 「フットボールヘッドに似ていますが、ザリガニの尾のように形作られ、ユニークなリップ・アップ・フロントのおかげで、多くの不規則な動きが生まれます」401Krawは砂、砂利、岩底を叩き、トレーラーは45度の角度で持ち上げられています。 FLW ツアープロ・トロイ・モローによってデザインされたそれは、クロー系のワームでアクションさせます。 Outkastは、R. T. X. Double Guard Flippin 'Jigもリリースしました。ひとつの大きなブラシガードの代わりに、フックの両側に一対のファイバーガードが付いています。これによりジグは、アシやガマ、ティンバーのような垂直カバーで簡単に釣ることができますが、フックがガードに覆われていないので、フックセットは確実です。

 

チャターベイト

Bladed designs continue to come on strong, with new options including the Picasso Shock Blade, Castaic Shakin’ shad, Strike King Tour Grade Rage Blade, and Z-Man’s ProjectZ Chatterbait. The Viberator from Revenge Jigs has a couple of special features that help it work through thick cover and hook bass well. First, the jighead is set further from the blade, allowing wider freedom of movement, and a screw-style keeper holds the trailer, allowing it to cover the hook in Texas-rig fashion.

Bonnema sees them as great picks, particularly in tough conditions on offshore structure, such as when an active school of bass suddenly shuts down. “Cast out a magnum bladed jig and get it slowly moving side to side,” he says. “Its wild action often triggers the biggest fish in the group, encouraging the rest to start biting again.” Smaller versions also are deadly for largemouths when worked across grassy flats, and for smallmouths scattered across shallow reefs or sandy areas, often shortly before or after the Spawn Period.

チャターベイトはピカソ・ショックブレード、キャスティーク・シェイキンヘッド、ストライクキング・ツアーグレードレイジブレード、Z-Man・プロジェクトZチャターベイトなどがずっと幅をきかせています。 Revenge JigsのViberatorには、ぶ厚いカバーでバスを掛けるのに役立つ特別な機能がいくつかあります。まず、ヘッド部はブレードからさらに遠くに置かれ、動きの自由度が増しています。また、スクリュータイプのトレーラーキーパーがトレーラーを保持し、テキサスリグのようにフックを隠すことができます。

ボネマは、アクティブなバスのスクールの食い気が突然終了するなど、沖の地形変化での厳しい条件のときに、それらを選択肢としています。 「ビッグブレードの方をキャストしたら、左右に動く程度にゆっくり」と彼は言う。 「そのワイルドなアクションは大抵、群れの最大魚を呼び、残りの個体も再びバイトしてきます。」小さなブレードの方は、スポーニングの前と後で、ラージマウスにはウィードフラットで、スモールマウスにはシャローの岩礁帯や砂地の全域で使うと素晴らしいものです。

 

パンチリグ

Punch rigs represent a cross between a Texas rig and a jig. They sport a silicone skirt around a flippin'-style weight. This rig penetrates thick mats of algae and vegetation more easily than a jig, as the weight leads a Texas-rigged softbaits straight down once it penetrates the surface. New setups include Eco Pro Tungsten's Punch Rig, with a hand-tied skirt on the elongated tungsten head, and Strike King's Tour Grade Tungsten Slither Rig, available from 1/2 to 1¼ ounces.

“Punching is enjoying a resurgence,” Bonnema says. “We used the tactic many years ago with heavy jigs or pegged Texas rigs, dialing in the weight to match the thickness of vegetation we're facing. But these new rigs are easy to use and work more smoothly.” He feels punching is another tool in the hands of bass fans serious about taking their game to new heights. “It hasn't caught on in many areas, but remains a great way to quickly work thick cover with precise vertical drops,” he says. ”Make sure to rig it with a heavy-power rod and braided line from 40- to 65-pound-test. And watch the line closely as it falls through the grass, as bites can be subtle, even with that hefty rig.”

パンチリグは、テキサスリグとラバージグの中間のようなもので、フリッピンスタイルのシンカーの周りにシリコンスカートをつけています。このリグは、テキサスリグのように表層からトレーラーワームを真っ直ぐ下に導くので、ラバージグよりも容易に藻類や植物の厚いマットを貫通します。新製品としては、エコプロタングステンのパンチリグ(細長いタングステンヘッドにハンドタイイングされたスカート)、ストライクキングのツアーグレードタングステンスリザーリグ(1/2から1と1/4オンスまで)が含まれます。

「パンチングが復活してよかった」とボネマは言います。 「何年も前には重いラバージグやテキサスリグを使って、ベジテーションの厚さに合わせてウエイトを調節しました。しかし、これらの新しいリグは使いやすく、よりスムーズに入っていきます。」パンチングは、バスフィッシングを真剣に極めようと考えているバスファンが手にするツールだと感じています。 「多くのエリアで使えるわけではありませんが、厚いカバーをすばやく垂直に落として釣るには素晴らしい方法です。40〜65ポンドテストのPEラインとヘビーロッドでリグを確実に落としてください。その巨大なリグでさえ、バイトが微妙になる可能性があるので、草の中に落ちたときは、ラインを注意深く観察してください。


 

いかがでしょうか。

この引用先の本記事が書かれたのがつい先日のことですので、かなり新しい情報です。

まず当店でも扱っているVMCグライディングジグの使い方がプロの方によって書かれていたので、皆さんにもご紹介できたのが良かったです。まだ新しいタックルということでアメリカでも情報が少なく、口コミやレビューも少ないんですね。

そんなグライディングジグ、日本でもいち早く使ってみませんか?現在、日本で買えるのはおそらく当店だけです…多分…少なくとも通販では当店だけだと思いますので、この記事を参考に、ぜひご自身の手で実績を作ってみてはいかがでしょうか。

VMCグライディングジグの売場へ行く

 

それから、ザリガニの尻尾のような形のジグヘッドも釣れそうですよね。あの形がちょうどクランクベイトのリップのような働きをして、これも今までになかった動きを出してくれそうです。

またチャターやパンチング系リグ、それからスイミングジグなんかも、琵琶湖などで独自の進化を遂げていますよね。

琵琶湖独自のタックルやリグやアイデアは日本全国に広がりますし、世界にも誇れる日本のパワーフィッシング系リグだと思います。

こんな風に、いままでそこにいたバスに届かなかったものが届くようになった、とか、新しいものがバスの目の前に来た、という時は大チャンスで、どんなビッグバスでも油断してしまう瞬間だと思います。

わざわざ新しいものに手を出さなくたって充分釣れてるよ、という方も確かにいらっしゃると思いますが、今ある道具を自分だけのアイデアでちょっと改造したりして使ってみるだけでも、また新鮮な気持ちになれますし、自分の探究心みたいなものをくすぐられます。そして今まで釣られてなかっただろうビッグバスが自分の手に…なんてことになったら楽しいですよね。

当店でもまたアメリカの新しくてよさそうなタックルを入荷しましたらお知らせいたしますので、よろしければ楽しんじゃってくださいね。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと