野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

夏のスモールマウスバス攻略の7つの秘密

      2017/04/18

Pocket

20160628-1

photo by Bass Fishing Tips

夏のスモールマウスバスフィッシングをより有利にしよう!

papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトでスモールマウスバスフィッシングの秘密について書かれた記事があったから引用して紹介するよ!

引用先”Bass Fishing Tips & Tactics”(海外サイトです)

野尻湖の夏っていうと虫パターンが有名なんだけど、虫パターンが効かなくなってくるころからでっかいスモールを釣るのがすごく難しくなるんだよね!

あまり釣れないから、どの釣り方が良いのかもわかりづらくて、どんどん迷い道に入って行っちゃう感じなんだ。

そんなに頻繁に行けるわけじゃないから、何かを信じてやりきってみるのもいいかもしれない。そんなヒントを7つ、紹介するね!

1.ビッグフィッシュがいる場所で釣る

引用

This may seem like an overly simplified approach to picking a spot, but the fact is, many people overlook it. If you are fishing one of the storied lakes of Tennessee, you stand a reasonable chance to boat a six-pounder, but you will not likely catch more than a handful of fish. In direct contrast, you may catch a hundred or more in a mountain stream in Northern Arkansas, but you’ll be hard-pressed to find one over four pounds.

これは何気に見落とされがちなことです。テネシー州の有名レイクで釣りをすれば6パウンダー(2.7kg以上)を釣る可能性がありますが、北アーカンソーの山上湖では100匹釣っても4パウンダー(1.8kg)を釣るのすら難しいだろう。

つまり、日本で言えば数を釣るなら桧原湖、サイズを釣るなら野尻湖へ行こうってことだよね♪
むしろ、行かなきゃ絶対に釣れないよね!

2.彼らが望んでいるものを使おう

引用

I like to fish with spinnerbaits, but once smallmouth move up on the beds, they much prefer to eat a tube or crawfish colored Fuzz-E-Grub in my home waters. Likewise, in the late summer when I’ve been catching them on jigs for two months, they begin to feed heavily on shad and I need to switch to crankbaits to turn their motors on. Pay attention to what techniques are working and don’t be afraid to try several different things to see what is best. Also, watch closely to see if a fish spits anything up when it comes to the surface – this can be the clue you need to really hone in on the hot pattern.

本当はスピナベで釣りたいけど、ネストができるころはワームが良いし、それが2か月もすればベイトフィッシュを追うようになるのでクランクを使う必要がある。

どんなルアーでどんなテクニックがいいのか、いろいろ試すことを恐れないように。
また、釣れたバスが吐き出すものを注意深く見ましょう。その発見があなたのパターンフィッシングの精度を上げる手掛かりになるかもしれない。

3.深さに注意しよう

引用

A good smallmouth angler will know the exact depth at which fish are holding.
Locating and keeping track of the depth of actively feeding bass can also be indications of whether the fish shown on the sonar are smallmouth or something else.

上級者はスモールマウスバスがどの深さにいるのかを正確に知っています。
フィーディングバスを追って魚探掛けをしたときに写ったバス、またはその他の魚は指標としておいてもいいかもしれない。

4.ブレイクラインをたどってみよう

引用

Summertime bass will stack up at the bottom of rock piles and off of main lake points during the day and move on top during active feeding periods. Even on cloudy, cool days when fish feed all day, they will almost always be near to deep water where they can escape if necessary. Look for areas with steep drops or stair-stepped ledges where fish will hold.

夏の日中のバスは本湖のハードボトムで休み、スイッチが入るとトップに上ってきます。
一日中餌を食べるような曇りの涼しい日でさえ、逃げ場のあるディープ近くにいます。
急なブレイクラインや、フラットが急に落ち込むような場所を探しましょう。

5.地形変化に注意しよう

引用

They are holding on the leeward side of main lake points where the depth changes from 15- to 24-feet…sometimes.
The answer could be because the structure is different. On a given day or moon phase, fish will relate most closely to a particular type of structure. Generally, rocks are a good bet for mid-summer smallmouth, but they may key on sand, grass or even mud flats. Pay attention.

深さが15~24フィート(4.5m~7m)に変化する場所の風下側で彼らはたまっています。時々ね。
というのも、ある月の満ち欠けのときに、ある地形が関連しているからです。
通常は岩場を攻めるのがいいんだけども、もしかしたら砂場、ウィード、泥底がキーとなるかもしれないので注意。

これは何かのベイト(フィッシュ?)が産卵することを指しているのかな?夏に産卵するのはザリガニ、ウグイとか?
ザリガニは脱皮するのも満月って聞くしね!
満月や新月の日は特定の場所にスモールが多くなるのかもしれないね♪

6.どちらがいいか決めよう

引用

Much of the fishing for brown bass this time of year involves jigs or tubes and a big factor in the effectiveness of either is fall rate. Active fish will often inhale a lure before it reaches the bottom, but how they view that lure determines whether they will hit it or just watch it fall. A lighter weight lets your bait spend more time in the strike zone, but a heavier presentation often triggers a reaction bite as the jig zooms past a smallmouth’s line of sight. Try several different jighead weights before settling on one to determine which the fish prefer. Generally this will change throughout the day.

この時期、ジグやチューブワームは外せませんが、どちらも大事なのは落下スピードです。
魚の活性が高ければフォール中に食いますが、その様子を見て使うルアーの軸を決めます。
軽いルアーはストライクゾーンをより長く通せますが、ジグが目の前をヒュッと通ったことでリアクションバイトを得ることもあります。
どちらがいいかは日によって変わるので、いくつかの重さを試してください。

7.色について考えよう

引用

use bright colors on bright days and dark colors on overcast days; use metallics in clear water and neons in stained water; pearl to white is good pretty much anytime. Sometimes glow colors pay big dividends. The bottom line is EXPERIMENT. The fish will tell you pretty quickly which colors they like best – especially if there are several people in the boat fishing different options.

一般的に、明るい日は明るい色、曇りの日は暗い色、クリアウォーターではメタリックカラーで、パールホワイトはいつでもいい。
グローカラーが大当たりすることもある。
しかし重要なのは、「実験すること」だ。
とくに同じボートに数人乗っているならば、それぞれ違う色を試してみれば、すぐに答えが出るだろう。

8.良いラインを使おう

引用

There is nothing more frustrating than having everything right and losing the big one before you get it in the boat. One of the biggest problems contributing to smallmouth getting off the line is, fittingly, the line itself. Monofilament with too much stretch prevents anglers from setting the hook firmly when a smallmouth grabs a jig. Quality fluorocarbons, such as that made by Silver Thread, are a good low-stretch alternative in clear water. In stained to dirty water, it is tough to beat a good superline for sensitivity and great hook-sets.

大きい魚をバラした時ほど残念なことはありません。
良い釣りができるかどうかのひとつには、ラインにも関係している。
ナイロンラインはバスがジグを食って合わせても伸びてしまい、しっかりフッキングしないことがあります。
低伸度な上質のフロロカーボンラインは良い選択肢でしょう。

papet-surpriseあれ?

まとめてみたら8個になったぞ?7つの秘密じゃなかったのかな・・・??

まあ、いっか。だいたいこんな感じだと思う♪

夏以降に釣れると楽しくなる♪

野尻湖はほんとにお盆のころから大きいバスがなかなか釣れなくなるんだ。普通の人は1日やって大きいのは1本か2本だと思う。

でもね、釣った時の満足感っていうのかな、釣れたっていう感覚より、狙って釣った感覚の方が大きくなるから、それが楽しい。

しかも釣れるバスのコンディションが良くて、やる気があって、ヒレもギンギンに広げててかっこいいバスなんだ!

そういうのが面白くて通っている人も結構いるんだよ♪

僕はそんな人たちを「ドMだな」って思うんだけど、好きだなあ(笑)♪

そんなドMさんたちも、これからドMになっちゃいそうな人も、来たる真夏に備えてこのヒントを参考にしてみてね!

攻略のためのアイテム・・・ポイントマップ

それから、このヒントの中に「地形変化」「深さ」「ブレイクライン」を探すっていうキーワードが出てくるでしょ?

確かにそうなんだけど、それがなかなかつかめないから大変なんだよね!

そんな時に役立つポイントマップがあるんだ♪

当店で売ってるオリジナルマップ!これは地形変化や深さまでばっちりフォローしてあるから、よかったら使ってみてね♪

mappagetop

 

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

 

 

Pocket

 - 攻略法, スモールマウスバス,