野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

初秋のベイトフィッシュと釣り

      2017/04/18

Pocket

202

photo by bassfishingtips-tactics.com

 papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトから”初秋のベイトフィッシュ要因”という記事があったので引用して紹介するよ!

引用先:bassfishingtips-tactics.com"early fall and the baitfish factor"(海外サイトです)

これはラージマウスバス用に書かれた記事なので、もしかしたら野尻湖や木崎湖、桧原湖では当てはまらないかもしれないんだけど、一般的なベイトフィッシュやそれに関係するバスの動きだから、知っていて損はないよね!

全国のバスフィールドでボート釣りをするなら、参考にしてみてね!

初秋のベイトフィッシュとバスの動き

引用

During the summer, baitfish such as shad and herring reside in deepwater, main lake areas just as many bass do. Once the water temperatures start to slowly decrease, baitfish start to migrate to the shallower bays and flats in the lower portions of creek arms in search of forage (plankton) as they prepare for the coming winter period.

夏の間、シャッドなどのベイトフィッシュはバスとともにメインレイクのディープエリアで過ごしています。水温がゆっくり下がり始めると、来るべき冬に備えてより浅い湾や小川の流れ込みのフラット部分にプランクトンを求めて移動を開始します。

Both the baitfish and bass tend to remain near sections of major creek arms and bays closest to the main lake during this early fall period. As a result, bass are somewhat scattered and are sometimes hard to pinpoint while in a pseudo-transition state. Structure and weed beds located near the entrance to creek arms and bays as well as deep weed-laden flats are typical haunts used by early fall bass and baitfish.

ベイトフィッシュとバスはこの初秋期間にメインレイクの近くの主要な流れ込みまたは湾内に残る傾向があります。そのためバスが散らばっていて、この期間、バスの居場所を正確に突き止めるのは難しいです。河川の流れ込みとワンド、ディープフラットの近くに位置するウィードの多い地形変化とウィードベッドは、初秋のバスとベイトフィッシュがよく出入りする典型的な場所です。

If aquatic weeds are a significant type of fish-holding cover in the lakes, rivers or reservoirs you fish, carefully monitor the pattern of dying vegetation. Remembering to key in on deeper, more vibrant weed beds and weed-lines as shallow vegetation dies off can often provide excellent dividends in both the quantity and quality of the bass caught in weed-infested waters …

ウィードが釣りをする湖、川、リザーバーにかなり多い種類があるのなら、慎重に枯れかけのウィードを見つけます。シャローのウィードが次々に枯れていって、より深場に力強いウィードラインを見つけたらそれをマークするのを忘れないでください。同じように質の量の両方が高いバスを釣ることがしばしばあります。

Even though bass are still transient in nature and are typically scattered during the early fall period, they are already starting to feed heavily and can be readily caught when located. A definite plus for the early fall bass angler …

たとえバスが一時的に散っていたとしても、そこにいるバスはすでにかなり食べ始めていて、居れば喰ってくる状態なのです。

初秋の間の戦術

引用

Since bass are scattered and tend to roam in early fall, a prime objective is to target fish associated with shallow structures. These shallow bass are actively feeding therefore it is usually easy to take advantage of their aggressive behavior and experience some truly exceptional days on the water.

バスは散らばっていて、初秋に移動する傾向があるので、主要な目的はシャローストラクチャーと関連した魚を狙うことです。
彼らの攻撃的なふるまいを利用して、バスが活発にフィーディング入っているこれらの浅瀬は、通常簡単です。したがって、水面で本当に特別な数日を経験することができます。

Fish are typically keyed on larger forage to prepare for the slower conditions during the winter season. Not only do you want to select lures that can cover water quickly but you also want to use larger profile artificial baits.

魚は、冬の季節の間によりスローな状況に備えるために、より大きなエサを取ることが典型的なキーとなります。
素早く水域をチェックすることができるルアーを選ぶだけでなく、より大きなシルエットのルアーを使うべきなのです。

Primary candidates for early fall artificial lure selections include:

• Spinnerbaits and buzzbaits with big blades,
• Larger shallow and deep running crankbaits in baitfish patterns,
• Jump-baits and large topwaters,
• Lipless crankbaits and
• Light colored swim jigs.

Theses lures can all be productive when presented to early fall bass under the right conditions.

初秋に有効なルアーは以下の通り:

  • ビッグブレードのスピナーベイトまたはバズベイト
  • シャロー、ディープともにベイトフィッシュカラーの大きめクランク
  • ジャンプベイトまたは大きめトップウォーター
  • バイブレーション
  • 淡い色のスイミングジグ

正常な状態での初秋バス相手であれば、これらはすべて生産的であります。

After refining your lure selection there are a couple of key points to remember about early fall bass location.

ルアーを選んだら、初秋バスに対して覚えておくべき2,3のキーポイントがあります。

First, early fall bass are often on the move and scattered so isolated structures are often more productive during this time than areas where structure is more densely packed. Additionally, remember to note the condition of aquatic vegetation you are planning to fish and shift to deeper weed beds as shallower vegetation shows signs of stress.

第1に、この時期は高密度な独立したピンポイントより、バスは散らばっているので広く散らして攻めたほうが生産的です。そのうえ、シャローのウィードが枯れてくる兆候を注意深く観察し、よりディープのウィードベットに移行していくウィードの条件に注意するのを忘れずに釣りをしてください。

Secondly, since the fish are targeting schools of baitfish, early fall bass will often suspend in the upper parts of submerged structure (tops of weed beds, bushes or suspended over rock piles. It is important to keep your lure presentations higher in the water column since the bass are usually NOT relating to bottom structures.

第2に、バスがベイトフィッシュのスクールを狙っていることから、初秋バスは水中のストラクチャーの上部でしばしばサスペンドしています(ウィードベッドのトップ、水中のブッシュ、積み上げられた漁礁の上)。バスがボトムのストラクチャーに付いていないと感じた時から、バスの目線より上を通すことは重要です。

初秋から秋の天気とバス

引用

During most of the early fall and into the midfall period, both windy and rainy weather can play a key role in increasing bass feeding activity. The effect of both conditions on surface results in lower levels of light penetration, adding increased levels of dissolved oxygen (DO) and slightly cooling temperatures. Even though these same conditions tend to shut-down bass fishing in the late fall, all three factors can significantly enhance bass feeding activity earlier in the fall season.

初秋から秋の期間中の大部分の間、強い風と雨の両方は、バスのフィーディングを増加させるのに重要な役割を持っています。両方とも表層に与える影響は小さいものです。そして、ローライト下では溶存酸素(DO)とわずかずつ温度の冷却をし続けます。たとえこれらが秋の終盤にバス釣りをシャットダウンさせる効果があったとしても、3つの要因は秋以前から活動しているバスの活性を上げる効果があります。

初秋バスの狙い方まとめ

papet-smileだいたい予想通りの内容だったかな?

それとも意外な内容もあったかな?

そういうわけで初秋バス(ラージマウスバス)の狙い方をまとめてみると、

  1. 流れ込みとワンド内のウィードのある地形変化(ディープフラットが近くにある)の、活きたウィードを探す
  2. 素早くチェックできる大き目ルアーを使う。バスの目線より上を通すことを意識する
  3. ローライト、雨、風はチャンス!

っていう感じかな♪

基本的にはリアクションより食性を強く刺激したほうがいいって感じなのかな?

初秋だからバスの活性は高いのかな、確かに琵琶湖なんかでは流れ込み付近ですごいボイルっていうかナブラみたいなのが起きることも多いよね、それが晩秋になってくるとまた釣れなくなってくるから作戦を変えなきゃいけないんだけどね♪

こうやって見るとやっぱりラージマウスバスも釣りたいなあ、たまにはいいよなあ♪

と、思った皆さん!野尻湖釣具店の中古ルアーはお買い得で釣れるルアーばかりだから、ぜひチェックしてお気に入りルアーで大きなラージを狙いに行ってみてはどうでしょうか!(笑)

 

それじゃあ今日はこの辺で♪みんな、良い釣りを!

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと, ,