野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

冷水温期に使うラバージグ

   

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Maximize Your Coldwater Jig Fishing Success”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”Maximize Your Coldwater Jig Fishing Success”By Walker Smith - Nov 25, 2014(海外サイトです)

 

冬が近づいてくると、バスアングラーは大きく分けて2通りの行動をとるようになると思います。

ひとつは、これまで使っていたバスロッドをしまい、トラウトロッドや海釣り用のロッドに持ち替えるか、しまったまま冬を越すという方。

もうひとつは、なんとかして冬もバスを釣ろうとする方です。

もちろん、どちらがいいという話ではありません。その人なりの楽しみ方があれば素晴らしいことです。

そして私はというと、何とかしてバスを釣りたいなと思っている方なのですが、皆さんは冬の釣り方ってどうしているのでしょうか。

ここでも大きく2通りに分かれるんですが、ひとつは、食い気の無いバスになんとか口を使ってもらうべく細いラインに小さなルアーで挑むタイプと、シーズン中と変わらない強気なタックルで挑むタイプです。

私は主に、細いラインに小さなルアーで釣るタイプなのですが、実は、後者である強気なタックルで釣りをしている方ほど、冬を楽しみにしている傾向があるような気がします。

特にこの記事のテーマであるラバージグを好んで使われる方については、「やっと水温が下がって俺の季節が来たな」などと言っては、タックルボックスにラバージグだけを入れて釣りに行くという方が多いんですよね…どんだけやねんと思います(笑)

さてアメリカB.A.S.Sエリートプロであり2012年バスマスタークラシックのチャンピオンであるクリス・レーン氏もどうやらその一人のようで、冬こそ最高の時期としてラバージグを好んで使うようです。

彼によると、冷水温期にラバージグで釣るには次の事柄に気を付けることが不可欠だと言っています。

どんなことなんでしょうか。それでは読んでいきましょう。

 

ザリガニに関すること

We’re nearing the end of another fall season and our brains have been muddled by constant talk of the shad migration. There’s no doubt this annual phenomenon plays an integral role in autumn bass fishing, but now is the time when the bass’ attention turns elsewhere and for good reason.

“When the weather turns cold this time of the year, shad become less appealing to big bass,” Lane said. “That’s not to say they’re no longer a viable foodsource—because they are—but the bass are beginning to target meals that require very little energy exertion to consume. They know winter is on its way, so they’re becoming progressively mindful of their slowing metabolic levels.”

His theory makes plenty of sense, especially when you draw a brief parallel to human behavior. If you’re cuddled up on the couch on a cold, dreary day, you’d probably rather make a big pot of chili in the warm confines of your kitchen instead of driving into town to grab a burger. Our slimy green friends feel the same way.

“If a bass wants to eat a shad, or any type of baitfish, it’s going to have to chase it around before it chows down,” Lane said. “And what does it get for all of that work? One little shad. On the contrary, crawfish are very easy for them to catch and represent substantial nutritional value.”

私たちは秋も終わりに近づいてくると、ベイトフィッシュの移動についてのことで頭の中が混乱しています。このことが秋のバスフィッシングに欠かせない役割を果たしていることは間違いありませんが、実はバスの注意が他の場所にもいっている時期でもあります。

「この時期に寒い天気が続くと、ベイトフィッシュは大きなバスにとってあまり魅力的でなくなります。 それらが生存するための食糧源でなくなると言うわけではありませんが、バスは消費エネルギーをほとんど必要としない食事をターゲットにし始めるのです。彼らは代謝レベルが徐々に遅くなっていることで、冬が来ていることを知っているのです。」

彼の理論は、人間の行動に置き換えてみたときに、​​十分な意味を持ちます。あなたが寒い嵐のような日にソファで寝ころんでいるとしたら、おそらくハンバーガーを買うために街に出ていくことはせず、暖かいキッチンでチゲ鍋でも作るでしょう。私たちの友達であるバスも同じように感じています。

「バスがシャッドや何らかのベイトフィッシュを食べたいというのなら、その前にそれらを追いかける必要があるわけです。」とレーンは語った。 「そして、それをしたとして何を得るのでしょうか? 1匹の小さなシャッドです。逆に、ザリガニは非常に簡単に摂れる食事であり、栄養価も相当高いものなのです。」

 

水温上昇に気付く

It’s important to understand that “warm” is a very relative term depending upon your geographic location. But even a slight, few days-long increase in temperature can have big implications for your jig fishing success. The reason is due to a single primary factor.

“Like the majority of gamefish, crawfish also move towards deeper water as the temperatures drop,” Lane said. “They love to hang out around rocks, which also happen to be excellent heat conductors. This emittance of heat is hugely important because it makes both the crawfish and bass much more active.”

To gain a better understanding of this concept, let’s approximate this occurrence to human behavior again. If we’re upstairs in the freezing-cold bonus room watching a football game and the same game is on downstairs next to a roaring fireplace, it’d be tempting to relocate. Now, add a buffet of your favorite snacks to the equation and—yep, you guessed it—you’ll be jumping stairs and stiff-arming family members to fill your belly and get warm.

For this very reason, you’ll often experience your best jig fishing days on the second or third day of a warming trend. The rocks heat up, the crawfish come out of the holes and the bass just sit by, enjoy the warmth and stuff their guts.

Remember: Coldwater bass are renowned for their languid behavior, so Lane urges the importance of a slow, methodical retrieve. If you still can’t get bit, he suggests lightly popping the slack in your line to create a subtle hopping motion with your jig.

「暖かい」というのは、その場所に応じて非常に相対的な言葉であることを理解することが重要です。しかし、温度がわずかに上昇しても、数日続いたとしても、ジグの釣りでの成功には大きな影響があります。その理由は、単一の主な要因によるものです。

「ゲームフィッシュの大部分と同じように、ザリガニも水温が下がるにつれてより深場に移動します。 彼らはまた、優れた熱伝導体である岩の周りで遊ぶのが大好きです。この熱の放射は非常に重要です。なぜなら、それがザリガニとバスの両方をより活発にするからです。」

この概念をよりよく理解するために、このことを再び人間の行動に当てはめてみましょう。例えば凍ごえるほど寒い2階の部屋でサッカーの試合を見ているとして、同じ試合が燃え続ける暖炉のある1階の部屋でも見れるとすれば、それはそこに移動するのが魅力的でしょう。あなたの好きな軽食をビュッフェで追加して、暖かい部屋で家族とゆったり過ごしながらお腹いっぱいにしたいと考えますよね。

このような理由から、暖かい傾向の続く2日目または3日目に、最高のジグ釣り日を経験できることがよくあります。岩が熱くなり、ザリガニが穴から出て、バスがそこへ居つき、暖かさに恵まれ、彼らの胃を満たします。

覚えておいてください:冷水温期のバスは弱々しい動きであることが知られていますので、レーン氏はゆっくりと慎重にリトリーブすることの重要性を強調しています。まだバイトを得ることができない場合、彼はあなたのジグで軽く微妙なホッピングモーションをさせるためにラインに少しのたるみを持たせておくことを勧めています。

Photo by scout.com

犠牲を伴うことを覚悟する

Few things worth having in life come without sacrifice. Unfortunately for bass anglers, the sames goes for jig fishing in cold water. Before you head to your favorite lake or pond to try this technique, make an effort to adopt a realistic mindset. You probably won’t have the dozens of bites possible with finesse presentations, but the ones you get will be worth it.

“If you’re someone who likes to catch quantity, it can be difficult to make yourself throw a jig all day,” Lane said. “I prefer to target bigger fish whenever I can and heck, it’s even hard for me sometimes. But I’m telling you— it’s worth the sacrifice. The bigger, smarter bass are stuffing themselves because they know the importance of surviving the winter and being ready to spawn at the first hint of spring.”

Some of the biggest bass of the entire year are caught in cold water, so remember to remind yourself of that before you hit the lake. By keeping a positive mental attitude and staying patient, Lane believes your chances of catching “the one” will skyrocket.

人生において価値ある物を得るということは、犠牲なしにはほとんどありません。残念なことにバス釣りをする人の中には、冷たい水のときにジグで釣りに行く人がいます。そのラバージグを試してみるためにお気に入りの湖や池に向かう前に、現実的な考え方をしてみようと努力してください。あなたはおそらく、フィネスのプレゼンテーションをすれば、何十回もバイトはないにしても、得られるものはそれに値するでしょう。

「数を求めるのが好きな人なら、一日中ラバージグを投げ続けるのは難しいかもしれません」とレーン氏は語った。 「できるだけ大きな魚を狙うのが好きなのですが、それは僕にとっても難しいのです。しかし、私はあなたに言います - それは犠牲に対する価値があります、と。より大きな、より利口なバスは、冬を生き残り​​、最初の春の気配を感じて産卵する準備の重要性を知っているので、腹いっぱいに詰め込んでいます。」

1年のうちで最大のバスのいくつかは冷水温期にキャッチされているということを、湖に出る前に思い出してください。ポジティブな心構えを保ち、忍耐強くすることによって、レーン氏はあなたのチャンスが "急上昇"する可能性が高いと考えています。

 

可能性のあるエリアだけを効率よくまわる

As is the case with most bass fishing techniques, a large part of your success lies in your ability to eliminate dead water and recognize high-percentage areas. Throughout Lane’s very successful career, he has determined three likely hotspots for coldwater jig fishing action.

  • Secondary points— “When the cold weather first hits your favorite lake, the bass aren’t going to immediately dart to their deep, wintertime dwellings,” Lane said. “It can take some time, so I like to start by targeting secondary points in the backs of creeks. As they begin their winter exodus, they’ll stop on these points and you can intercept them. I’ll cast shallow and work the jig all the way to the boat while paying very close attention to the drop-offs of the point.”
  • Bluff walls—“In the dead of winter, I always drag jigs on rocky bluff walls,” Lane said. “They hold heat like we’ve discussed, but more importantly they give those bass quick and easy access to deep water. They can move up in the water column to feed without exerting much energy and they’re also able to slide back in the security of deep water during times of inactivity.”
  • Shallow cover—“If you can find shallow cover adjacent to deep water, you can really do some damage with a jig,” Lane said. “It’s best during warming trends because those bass will move up, even if it’s for a very short period, to feed and take advantage of the warmth. If you run across ‘em while they’re up and active, it can be lights-out."

Don't go too light: You'll be fishing around a lot of jagged rocks, so don't go too light with your line selection. Lane uses 15-pound Stren Fluorocarbon whenever he's coldwater jig fishing.

ほとんどのバス釣りのテクニックと同様に、あなたの成功の大部分は、可能性の低いアリアを排除し、高い可能性のあるエリアを認識する能力にあります。レーン氏が大成功を収めた経緯から、彼は冷水温期のジグフィッシングでの3つの可能性のあるホットスポットを決定しました。

  • 中規模な岬 - 「寒い天気が最初に湖に当たったとき、バスは彼らのディープにある冬の住居にすぐ行ってしまうわけではありません」と、レーン氏が言いました。 「時間がかかることがあります。だから、クリークの奥側にある中規模な岬をターゲットにしてスタートしたいと思っています。彼らは冬に向けて移動を始めると、これらの岬で止まりますので、あなたはその恩恵を受けることができます。私はシャローへキャストして、ジグをダウンヒルでボートのほうまで動かしながら、岬のブレイクに非常に細心の注意を払っています。
  • 崖のような壁 - 「真冬では、私は常に岩場の崖の壁でジグを引きます。 岩は先ほど話したように熱を持っていますが、もっと重要なことに、それらのバスにとってディープへ素早く簡単にアクセスできるということがあります。彼らは多くのエネルギーを費やすことなく、水中を上に上がることができ、また、活動していない時にはディープの安全な場所へ後退することができます。
  • シャローカバー - 「ディープの近くにシャローカバーを見つけることができれば、実際にジグでダメージを与えることができます。 たとえそれが非常に短時間であっても、そのバスが暖かさを求め、利用するためですので、水温上昇の傾向の中であれば最高です。彼らが目をさまして活動しているのにあなたが走っている最中であるならば、”ジ・エンド”かもしれません。

細くしすぎないでください:ギザギザの岩の周りで釣りをするので、ラインの選択であまり細くしないでください。レーン氏は冷水温期のジグフィッシングには15ポンドのフロロカーボンを使用します。

Photo by scout.com

カラー選択を複雑にし過ぎない

Shopping for jigs can be overwhelming, to say the least. You’ll see head shapes that look like spaceships, colors that more closely resemble clown wigs and hooks seemingly made of tinfoil. But there’s good news— this technique doesn’t have to be complicated. Lane keeps his system astoundingly simple and it pays big dividends.

Realism is his primary focus when selecting a suitable coldwater jig color. He aims to keep his 1/2-ounce Luck-E-Strike Live Motion Jig as natural-looking as possible and doesn’t often deviate from three specific colors.

  • Brown— It doesn’t get much more natural than a brown colored jig when the temperature drops. Forage tends to get much more muted this time of year, making this color a major player for Lane.
  • Brown/chartreuse—An influx of precipitation is very likely this time of the year, which makes it important to have a standby color for stained water situations. He still relies on a brown base color, but he’ll often add a few strands of chartreuse to the mix to compensate for the low visibility.
  • Green pumpkin with purple— We all have that special “confidence color” when we’re faced with ultra-clear water and a green pumpkin and purple combination is definitely Lane’s. He attributes many of his giant clearwater catches to purple-colored jigs.

When Old Man Winter starts to rear his ugly head this year, don’t let it scare you away from what you love. Bundle up, get out there and bring along your 1/2-ounce. Sure, it’s cold— but there are few things that will warm you up faster than a great big bass on the end of your line.

ジグを買うということは気が遠くなることかもしれません。あなたは、宇宙船のようなヘッド形状、ピエロのかつらのようなスカートのカラー、メッキ加工されたフックなんかも見るでしょう。しかし、このテクニックは複雑である必要はありません。レーン氏はシステムを驚異的なほどにシンプルに保ち、大きな結果を得ています。

適切な冷水温期のジグの色を選択する際には、リアル系重視であることが主な焦点です。彼は1/2オンスのラッキーストライク・ライブモーションジグをできるだけナチュラルに見えるように、3つの特定の色から大きく外さないいことを目指しています。

  • ブラウン - 水温が下がると、茶色のジグよりもナチュラルなものはありません。 エサたちもこの時期には弱々しくしくなるため、この色をレーン氏は主要プレーヤーにしています。
  • ブラウン/チャート - 降雨による流入はこの時期には起こる可能性が非常に高いため、マッディーウォーターに対応できるカラーを持つことが重要です。彼は依然として基本色を茶色に頼っていますが、彼はしばしば、低視認性を補うためにチャートを追加します。
  • グリーンパンプキンパープル - 私たちは超クリアウォーターに直面した時、グリーンパンプキンパープルに絶大な信頼を置いていますが、レーン氏もその一人です。彼はクリアウォーターでのビッグフィッシュの多くをパープルのジグでキャッチしています。

冬将軍が今年も到来しますが、自分が愛しているものを遠ざけないようにしてください。着こんで、出かけて、1/2オンスのラバージグを持って来てください。確かに寒いのですが、あなたのラインの先で掛かった大きな大きなバスより暖めてくれるものはありません。

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

心温まるストーリーにほっこり…するはずありません。

これを読んでいるのは皆さんおそらく部屋の中…。実際にフィールドに出たらもう地獄…地獄ですよね(笑)

部屋の中にいるときは「よし、明日は寒くても絶対1本釣るまでやめない!」と思うのですが、いざフィールドに出たらもうほんとに、心を折られるばかりですからね。

だからこそ、この記事に書かれていることは重要で、無駄な時間を過ごさないようにと、良いことが書いてありますよね。

 

私が住んでいる長野県北部というところは、野池が少なく、あったとしても冬はほぼすべて凍ってしまうので、なかなか釣りになりません。1オンスのラバージグを上に放っても、氷を突き破って水中にジグが沈んでいくことはないのです(笑)

ですので、ラバージグを使う釣りをするとしたら遠征先で良く知らない場所での釣りということになりますから、なおのことこういった効率のいい釣り方を知っているということはありがたいものです。

でもやはり、寒くて辛いなあと思ったら、暖房の効いた部屋でフットボールの試合をのんびり見るのも最高なんですよね(笑)!

 

皆さんそれぞれ、冬の楽しみ方をしましょう。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと,