野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

冬!タックルボックスに入れるべき8つのルアー♪

      2017/04/18

Pocket

こんにちは!

今日は海外サイトから、”8 Lures You Need in Your Winter Bass Fishing Box”という記事があったので引用して紹介するよ!

引用先:scout.com”8 Lures You Need in Your Winter Bass Fishing Box”ADMIN12/13/2012(海外サイトです)

みんなは冬のバス釣りは好きかな?

冬のバス釣りが好きという人は、意外なほど少ないんだ。

普通に考えたら冬は釣れない、冬は寒い。この二つの理由が合わさるととても強力な釣りに行かない理由になってしまうからね。

反対に、冬でもバス釣りをする、冬のバス釣りが好き、という人はどう思ってるかというと、「意外と釣れる」「釣れればデカい」「釣れた時の充実感がハンパない」っていう感じ。釣った時の嬉しさが、寒さを吹き飛ばしてしまうほど強力ってことだよね♪

じゃあどうしたら釣れるの?ということを釣った人に聞くと、こういうことを教えてくれるんだ

冬のバス釣りで釣れるパターン

  • 冬は夏と同じで「いい場所にバスが集まってる」傾向が強いから、バスの居場所さえわかってしまえば意外と釣れる
  • 冬と言えども食べなければいけないので、目の前をルアーが通れば食う確率が高い
  • バスが集まっているのでルアーが通ると奪い合いになることがあるから釣りやすい場合がある

こんな感じ。冬の釣りがあまり得意じゃないって人は、バスがこういう傾向があるっていうことを覚えておいて、ここからはその冬バスを釣るための8つのルアーと使い方を見てみよう!

1.ディープサスペンドジャークベイト

I spent a lot of time watching shad die in the winter when I fished on clear water fisheries like Table Rock and Beaver Lakes in the Ozark Mountains. These shad would kick and pause, flutter and float and sometimes sink slowly out of sight. I've incorporated mimicking this kick-and-float behavior into chasing winter bass with deep diving suspending jerkbaits. A Lucky Craft Staysee, a SPRO McRip, Megbass Ito Vision 110+1 and a Jackall DD Squirrel all do a great job of twitching and jerking in water 8-12 feet deep. The sound, flash and water displacement in clear water can all lead big bass out of deep haunts to grab a quick easy meal.

Tip: I sometimes weight my jerkbaits so they will slowly sink. When I know I'm fishing for bass deeper than 10 feet over much deeper water, I will add lead golfers tape or a few extra split rings to make my deep suspending jerkbaits slowly sink after a rip or pull so they look like a shad struggling to stay afloat.

私はオザーク山脈のテーブルロックやビーバーレイクのようなクリアウォーターレイクでの冬の釣りで、ベイトフィッシュが死ぬところを見るのに多くの時間を費やしました。これらベイトフィッシュはもがいては止まったり、フラッシングしつつ浮上したり、時にはゆっくり沈みながら見えなくなっていきます。私はこのような動きを、冬のバスが追うようにディープダイビングジャークベイトで模倣しました。ラッキークラフト・ステイシー、SPRO・McRip、メガバス・ワンテン+1、ジャッカル・DDスクワレルはすべて深さ2.5~3.6メートルでトゥイッチングやジャーキングするのに素晴らしい仕事をします。クリアウォーター下での音、フラッシュ、瞬間的な動きは、手っ取り早く簡単に食事をしようとするビッグバスをディープの住みかから誘い出すことができます。

ヒント:時にはスローシンキングにするため、ウエイト調整をすることがあります。バスが3メートルより深い場所にいることをわかっていて釣りをするとき、ウェイトシールを貼ったり、いくつかのスプリットリングを加えたりしてディープサスペンドジャークベイトをジャークやトゥイッチ後にゆっくり沈むようにして、浮上するのに苦労しているベイトのように見せるのです。

 

2.メタルバイブレーション

A blade bait is a dynamite lure for stair-stepping down steep 45 degree banks into the zones bass are holding. Where a spoon derives its action after the hop or pull as it flutters on the fall, a blade bait attracts on the actual rip and drop.

Tip: I will fish a blade bait like a lipless rattling bait and just slowly wind it along, hoping it bumps a rock or two. I think the subtle vibration, couple with the clinking and clacking over rocks, draws those deep bass in for a closer look and the slow crawl is easy for them to run down.

メタルバイブは、45度の急な階段状のバンクにバスがかたまっているときに爆発するルアーです。メタルジグがフォール時のアクションで誘うのに対し、メタルバイブはリフト時とフォール時に誘っています。

ヒント:普通のラトル入りバイブレーションを使って釣るときのように、ゆっくり巻いて岩の上を跳ねさせたりします。私が思うに、遅いスピードで這わせれば深場へ送り込むことが簡単になり、絶妙な振動で岩の上を音を立てて動くことになり、ディープのバスによくそれを観察させることになると思うのです。

 

3.メタルジグ

A jigging spoon has been a staple over the years for deep wintering fish. It looks like nothing, but it casts like a rock, gets to the bottom and into the strike zone with blazing speed and can be worked in place easily on a vertical presentation with a simple snap and fall on slack line.

Tip: Slack is critical so learn to drop or cast the spoon and watch your line as it falls. Think it stopped too early, reel up fast and set the hook. See your line jump, set the hook. I often cast out a few yards from the boat and hop it around to cover a small circular area where I think the bass are holding and being out away from the boat helps me watch my slack a little easier as well.

メタルジグは長年にわたり、冬のディープフィッシングにおける主食でした。なんてことないように見えるが、石のようにキャストでき、速いフォールスピードでボトムのストライクゾーンに到達し、バーチカルでシンプルなリフト&フォールでのプレゼンテーションを簡単に行うことができる。

ヒント:キャスト後やフォール中のラインスラックが非常に重要なので、良く見てください。あまりにも早くラインが止まったと思ったら、素早く巻きあげてアワセを入れてください。ラインが弾かれたときもアワセてください。私はしばしばボートから数メートル離れた小さな円形のエリアをキャストしリフト&フォールさせます。ルアーがボートから離れることでラインスラックを見やすくすることに役立ちます。

 

4.テールスピンジグ

Another deep small hunk of lead with some flash, a tail spinner has been a hot ticket in Texas lake in colder years. The ability to hop it, wind it, pump it and work it various ways both near the bottom and up in the strike zone make this simple tear drop lure a dynamite presentation.

Tip: I use a lighter one a lot of the time to get a slower fall in the winter. I think a lighter weight really lets the blade work and you can keep the bait in their strike zone for a much longer period on each cast, which is critical in the winter.

ずるいほど小さな鉛の塊にフラッシングを伴うテールスピンジグは、テキサス州の湖では冬の人気者です。ホップ、巻き、ポンピングなどで、ボトム付近のストライクゾーンとその上の両方でさまざまな方法で動作させることができるこのシンプルなティアドロップ(型のルアー)は爆発を誘発します。

ヒント:冬にはよりスローフォールさせたいので、より軽いものを多用します。軽いものでもブレードは回転しますし、キャストごとに長い時間、ストライクゾーンにルアーを置くことは冬には不可欠だからです。

 

5.アンダースピンジグ+シャッドテールワーム

When you are fishing deep flats, a lure you can cast and wind slowly along the bottom or up off the bottom if you find the bass suspended can be the ticket. Something like a Sworming Hornet or a Buckeye SuSpin with a small swimbait or shad tail like the Optimum Opti Shad or Basstrix can easily mimic a shad in cold water that might have a slight stain to it.

Tip: Super glue is your friend. Super glue the swim tail to the head and you can fish all day with one tail and head, well at least for a lot more fish than you would otherwise.

ディープフラットを釣っている時、バスがサスペンドしていることがわかったら、ルアーをキャストしゆっくり巻いてボトムから上に外すことができます。Sworming Hornet や Buckeye SuSpinにOptimum Opti Shad や Basstrixのような小さなスイムベイトはステインウォーターでの冬のベイトフィッシュを簡単に模すことができます。

ヒント:スーパーグルー(ゼリー状瞬間接着剤)はあなたの友人です。スイムベイトのヘッドをスーパーグルーすれば、ひとつのスイムベイトで一日中釣りをすることができます。そうでなければもっと多くのバスを釣ることができます。

 

6.グラブ

A grub is such a simple and old faithful lure, that many anglers totally forget about them. Fact is, this bait really shines when the water is ultra cold. I've caught bass in water below 40 degrees on a grub and 1/4 ounce jighead. When bass suspend in vertical cover, a grub can be a dynamite lure to catch those otherwise stationary bass. Wind it slowly and methodically and most bites will just feel like a little pressure as you wind it.

Tip: Small diameter line helps keep the lure down and swimming steady through the water. The lure doesn't weigh much so heavier line causes it to rise too much. I like some of the new grubs like the Strike King Rage Tail grub or Zoom Fat Albert that put out a lot of vibration.

グラブはシンプルかつ古くから信じられているルアーであり、多くのアングラーはそのことを忘れています。事実、水温が極度に低い時、そのルアーは本当に輝きを放ちます。私はグラブと1/4オンスのジグヘッドで水温4度以下でバスを釣りました。バスが縦ストラクチャーでサスペンドしている時、バスが固まってさえいなければ爆発的にキャッチできるルアーとなります。ゆっくりと巻くか、少し抵抗を感じる程度で巻くと最もバイトが出ます。

ヒント:細いラインはルアーを沈ませ、安定した泳ぎを助けます。ルアーはそれほど重くないので、太いラインはルアーを浮上させてしまう原因となります。私はStrike King Rage Tail grubやZoom Fat Albertのような多くの波動を生む新しいグラブが好きです。

 

7.キャスティングジグ

One of my favorite ways to catch smallmouths this time of year, is casting to 45 degree banks and steep points and bluffs with a casting jig. Something like a Cumberland Pro Lures Pro Caster or a Stan Sloan's Booza Bug are ideal for this technique. I will tip the jigs with a Zoom Chunk or Zoom Super Chunk Jr.–something with flat appendages that undulate more than twist and thump.

Tip: I'm normally fishing this on fairly open rocky banks with occasional stumps or laydowns. So I will opt for very light line like 10 to 12 pound fluorocarbon. The lighter line gives the bait better depth control and I think the fish look at a jig this time of year longer than other times of the year before biting. So I want to stack the deck in my favor with very natural presentations, trimmed skirts, natural chunk colors to give the bass a real meal looking profile.

今年、スモールマウスバスを釣るのための好きな方法のひとつに、キャスティングジグを使って45度の急なバンクや尖った岬や垂直岩盤にキャストしています。Cumberland Pro Lures Pro Caster や Stan Sloan's Booza Bugのようなものがこのテクニックには理想的です。ジグにはZoom Chunk または Zoom Super Chunk Jr.を付けます。ねじれたりストンと落ちるよりも平べったいアームが波打つものです。

ヒント:私は通常、時折レイダウンやスタンプのあるかなり開けた岩場のバンクでこれで釣っています。そのため10~12ポンドのフロロカーボンのようなライトラインを選択しています。ライトラインにすると、ルアーのレンジコントロールを容易にし、バスは他の時期よりもこの時期の方がジグをよく見かけると思います。だから私は非常にナチュラルなプレゼンテーション、カットしたスカート、ナチュラルなトレーラーカラーを使ったものをボートに積み、バスから本物に見えるようにしています。

 

8.ドロップショット

I've definitely built up a lot of confidence with a drop shot over the last decade. And I just smile when I hear guys tell me bass won't bite plastics in cold water. They will bite the right plastic. Especially if presented in a very realistic manner. The bass are often tight to the bottom so I will keep my leader lengths fairly short and I will let the drop shot sit for long periods. I still want to butt it up against a rock or a stump and work it painfully slow around an isolated object. But sometimes just barely flicking the tail is all the action it needs.

Tip: Choose a bait that gives you more of an undulating or vibrating tail action. I think a bait with a slightly thicker body and tapered tail gives you that tail vibration or whip you need for cold deep water bass. I really like the new Strike King KVD Dream Shot and the new Berkley Twitchtail Minnow for cold bass.

私は間違いなくこの10年間、ドロップショットで多くの自信を築いてきました。冷たい水でバスがワームにバイトするのかと聞かれたら、私はただスマイルするだけです。バスは正しいワームにバイトするのです。特にかなりリアルな方法で与えられた場合は。バスはしばしばボトムにべったりですので、リーダーをかなり短くして、長時間座らせておきます。岩や切り株のように孤立した物体をかなりスローに小突きたいのですが、時にはテールをひらひらさせるだけで、バイトが得られることもあります。

ヒント:より多くの波打ちや振動のテールアクションを与えるワームを選択してください。やや太いボディに先の細いテールは冷たいディープのバスに振動やサッとした動きを与えやすいと私は思う。新しいStrike King KVD Dream Shot か Berkley Twitchtail Minnowが寒い時期のバスには間違いない。

 

よく釣る人の話を聞くこと

こうして読んでいると、よく釣る人の話は本当にリアルで、今すぐにでも釣りに行きたくなっちゃうよね!

冬だから、出かけるときはホント、寒いし鼻や耳は痛くなるしフロントガラスは凍ってるしでいいことないんだけど、釣った時の帰り道は絶対にニコニコしてるからね(笑)

それくらい、冬の一本は嬉しいよね♪

冬はたしかに難しいけど、よく釣る人に聞いたり、こういう記事を読んでやってみることだよね、そうして何とかして一本に辿り着けるように頑張って、次の帰り道はニコニコして帰りたいね(笑)

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス, タックルのこと,