野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

今更聞けないバス釣りのコト!

   

Pocket

1607101

photo by Mystery Tackle Box

 papet-smileこんにちは!

今日は海外のサイトから「Everything you ever wanted to know about bass fishing but were too afraid to ask(バス釣りについて知りたかったが聞くのが怖かったものすべて)」という記事があったので引用して紹介するね!

引用先:Mystery Tackle Box(海外サイトです)

バス釣りの専門用語は本場アメリカで使われているものをそのまま使っている場合と、日本人にわかりやすいように言い換えられた場合があるんだ。それから日本独自に発生して使われているものもあるから、そういう専門用語や用語の組み合わせでバス釣りが難しくなるっていうことがあるよね♪

初心者のうちはわからないことは普通に聞けるんだけど、だんだん聞くのが恥ずかしくなってきちゃったり…逆に、初心者の人に教えようとして「あれ?なんだっけな?」ってなっちゃったり。

ここではそんな「今更聞けない」疑問がいくつかピックアップされているから、さらに選りすぐって紹介するね♪ただ、これらはみんなアメリカでのラージマウスバス用の解説だから、日本とはちょっとニュアンスが違うものもあるかもしれないから注意ね!

なんのルアーから投げればいいの?

引用

Crankbaits:  Crankbaits are a cast-and-retrieve type lure that help you cover water fast when you search for active bass. However, many people make the mistake of simply casting and reeling it straight back.  That means reel it, twitch it, knock it against stumps and rocks, and do anything else to make the crankbait move erratically. For beginners, try a shallow to medium diving crankbait to target the most aggressive bass in the area. Start with natural colors for clear water and chartreuse or dark colors for stained water.

クランクベイト:クランクベイトはアクティブなバスを探すとき、手早くそして手広く探すのに役立つ、投げて巻くタイプのルアーです。しかし多くの人が、ただ単に投げては回収するという誤りをします。それは巻く、トゥイッチする、スタンプ(切り株)や岩にノックさせるなど、クランクベイトを不規則に動かせるようなことをします。初心者であればそのエリアで最もアグレッシブなバスを狙うためにミディアムクランクを浅瀬で試してみてください。カラーはクリアウォーターであればナチュラルカラーを、ステインウォーター(普通の濁り具合)であればチャートや暗い色で。

Soft-plastics: It is safe to say that more fish have been caught on soft plastic baits than any other type of bait. Plastic worms, tubes, and creature baits do a great job mimicking natural forage. Starting out, a texas-rigged plastic worm is a great way to fish blown over trees, rocks, and vegetation because it is virtually weedless and snag-resistant.

ソフトプラスチック(ワーム):他のどんなルアーよりワームは多くの魚が釣れるといっても差し支えないでしょう。ワーム、チューブ、クリーチャー(ホッグ系)ともに自然のエサによく似せています。テキサスリグで始めて行けばウィードレス効果が高く根掛かりしないため、木の間、岩場、草の中などを通せるので魚への近道となります。

Topwater: While topwaters may not always catch the most fish, they produce some of the most memorable, exciting fish strikes! Topwater baits like poppers and frogs are an absolute blast to use and they often attract the biggest and meanest bass in the water. Poppers and other topwater hard baits work great on main lake points, around standing timber, and along riprap banks. Frogs are designed to be fished in the thickest, nastiest cover you can find, but can also be effective in open water.

トップウォーター:トップの釣りは多くの魚を釣るというわけではないが、最も忘れがたい、激アツなバイトを生むルアーです!その水の中で最も大きく、賢いバスを爆発させるにはポッパーかフロッグがいい。

ポッパーやほかのトップハードルアーはメインレイクのスタンディングティンバー(立木)回り、リップラップ(ゴロタ石)が続くバンク(岸)沿いで使う。フロッグはもっとも分厚く厄介な場所で使えるように作られているが、オープンウォーターでも効果的だ。

フロロカーボンライン、ナイロンライン、PEラインの違いって何?

引用

Fluorocarbon Line: Fluorocarbon sinks, which means it is not great for topwater baits, though it is great for reaction baits and soft plastics. It doesn's stretch as much as monofilament, but it stretches more than braid. It is very clear and difficult for fish to see, making it ideal for finesse presentations.

フロロカーボンライン:フロロカーボンは沈みます。リアクションの釣りやワームの釣りでは有効だが、トップウォーターの釣りでは有効ではありません。ナイロンラインより伸びず、PEラインよりは伸びる。ラインがクリアなため魚から見えづらく、フィネスな釣りにおいては理想的であると言えます。
Monofilament Line: Monofilament (mono) floats, so it is great for topwater baits like walk-the-dog baits and poppers. It also stretches a lot more than braid or fluorocarbon, which can be a good thing if you are fishing with reaction baits. The extra stretch allows the fish to get the bait in its mouth better. However, stretch can be a bad thing too, especially on long casts or with baits that require a strong hookset.

ナイロンライン:ナイロンラインは浮きます。トップウォータープラグのドッグウォーキングやポッパーなどに有効です。PEラインやフロロカーボンラインと比べ、伸びます。リアクションの釣りをするには良いと言えます。その伸びのおかげで魚の口にルアーが入りやすくなりますが、ロングキャスト時のバイトや強いフッキングが必要なときなどはその伸びが仇ともなります。
Braid Line: Braid has become much more popular in the last decade or so. It has virtually no stretch. Also, it is incredibly strong, much stronger than mono or fluoro with similar diameter size. However, braid is much easier for fish to see. This is why braid is often employed while fishing frogs and jigs in areas where there is a lot of vegetation. Many people also use braid in finesse situations, due to its sensitivity, and tie on a fluorocarbon leader to make it more difficult for fish to detect the line.

PEライン:PEは、ここ10年ほどで人気が出てきました。ラインの伸びはありません。また、それは信じられないほどに強く、同じ直径のナイロンやフロロカーボンラインより非常に強いです。しかしPEラインは魚から発見されやすいため、ベジテーションエリアのフロッグやジグの釣りに使われています。また多くの釣り人はその感度の良さからフィネスフィッシングに使い、フロロカーボンラインをリーダーにすることによって魚からラインを発見させづらくしています。

何ポンドのラインを使えばいいの?

引用

Much like other questions in fishing, the answer to this one is simple and complicated at the same time: it depends.

釣りに対するほかの質問のように、この質問の答えは非常に単純であると同時に複雑です。それは場合によるためです。

Since spinning reels are generally used for lighter baits and more finesse presentations, a good rule of thumb is line size between 6 and 12 lb monofilament or fluorocarbon and 10 to 30 lb braid is solid for spinning rods.

スピニングリールは通常、軽めのルアーやフィネスなプレゼンテーションに用いられるため、ナイロンかフロロラインであれば6から12ポンドの間がいいと思います。そしてPEラインであれば10から30ポンドが硬めのスピニングロッドに合います。

Baitcasting reels are used for more heavy or reaction-strike applications. You can use line anywhere from 10 to 25 lb monofilament or fluorocarbon, and 30 to 80 lb braid.

ベイトリールの場合はより重いルアーやリアクションバイト狙いで使用しますので、ナイロンやフロロなら10から25ポンド、PEなら30から80ポンドが、どこでも当てはまるでしょう。

Here is a quick rundown of which line to use for which baits. You will notice that there are a lot of overlapping baits. For example, you can use a crankbait on fluorocarbon or monofilament line, it has more to do with preference. Also, these pairings are just suggestions of what traditionally works best. If you like to fish spinnerbaits on braid because it helps you rip it free from the grass, do it. Its all about confidence.

以下に、どのルアーでどのラインを使うかの単純な組み合わせを挙げますが、組み合わせが重複しているものがあることに気づきます。例えばクランクベイトはナイロンラインでもフロロラインでも使えますが、それは好みで構いません。あくまで伝統的な組み合わせ例であって、PEラインでスピナーベイトを使って草を切り裂きながら使いたければ、そう信じて使えばそれでいいのです。

Monofilament: Topwaters, Texas-rigged soft plastics, jigs, crankbaits, spinnerbaits, swimbaits.
Flurocarbon: Texas-rigs, Carolina-rigs, wacky-rigs, shaky head, jigs, tubes, buzzbaits, crankbaits, spinnerbaits, jerkbaits, swimbaits.
Braid: Frogs, toads, buzzbaits, topwaters, jigs, Texas-rigs, Alabama-rigs, flipping jigs.

ナイロンライン:トップウォーター、ワームのテキサスリグ、ジグ、クランク、スピナーベイト、スイムベイト。

フロロカーボンライン:テキサスリグ、キャロライナリグ、ワッキーリグ、ジグヘッドリグ、ジグ、チューブワーム、バズベイト、クランクベイト、スピナーベイト、ジャークベイト、スイムベイト。

PEライン:フロッグ、フロッグワーム、バズベイト、トップウォーター、ジグ、テキサスリグ、アラバマリグ、フリッピングジグ。

リミットって何?

引用

If you have ever watched a bass fishing tournament on TV, you have constantly heard phrases like, “I am just looking for a limit,” or “I need to get a limit early in the morning.” An angler catches a limit when he or she has caught the maximum number of fish he or she is allowed to weigh in at the scales. In the vast majority of tournaments, a limit is 5 fish.

トーナメントの模様をテレビで見ているとよく聞く言葉に「ちょうどリミットに達したところだ」とか「できれば午前中にリミットを揃えたい」とあります。アングラーが計量に持ち込める引数には制限があるのです。多くのトーナメントの場合、そのリミットは5匹です。

”Cull(カール)”(日本ではキッカー)って何?

引用

Again, if you have ever watched a bass fishing tournament on TV, you have heard the word “cull,” as in, “I have limit, I just need to catch a big one so I can cull that little one.” Culling is the act of releasing your smallest fish from your livewell and replacing it with a bigger fish you have just caught.

また、同じくテレビで「カール」という言葉も良く聞きます。「ちょうど今大きいのが釣れたから小さいのとカールできる」カールとは、ライブウェルにいる最も小さい魚を出して、今釣れたばかりの大きな魚と入れ替えることです。(日本では、この大きな魚の方を指して「キッカーフィッシュが釣れた」「キッカーと入れ替えた」という言い方をします)

アワセってどうすればいいの?

引用

With a crankbait, it is not necessary to jerk the rod hard when you detect a bite. Instead, simple “lean” into the fish by pulling the rod further in the direction you are already reeling. You can use the same technique with spinnerbaits, but jerk slightly harder to get greater penetration.

クランクベイトやスピナーベイトなどを使っていて、バイトを感じた時はそれほど大きくアワセる必要はありません。今巻いている方向へさらにグイッとロッドを傾けて引っ張れば良いのです。

Soft plastics and slow moving baits like jigs require a more aggressive hookset than cast-and-retrieve lures. After you have detected a bite, reel in any slack that you may have in your line, lower your rod tip to about a 3 o”clock position, and quickly jerk the rod upward toward a 12 o”clock position.

ジグのような遅いルアーやワームを使っている場合は、より積極的なフッキングを必要とします。バイトを感じたら、ラインのたるみと巻き取り、ロッドを3時の方向に傾け、12時の方向へ素早くグイッと動かしてください。

While topwater bites are the easiest to see, setting the hook can be the most challenging. When a bass attacks a topwater bait, oftentimes they strike it to kill it first, not necessarily to eat it. For that reason, you have to be more patient when setting the hook. The first rule of thumb is to wait until you actually feel the weight of the fish on the end of your line. The second is to count two seconds in your head before setting the hook. Even if a bass misses it the first time, the will often strike multiple times on a topwater bait!

トップウォーターの場合はバイトが見えるので簡単だが、フッキングさせるには最もチャレンジングだ。バスが水面のエサを攻撃するとき、しばしば、彼らは最初にそれを殺すためにそれをたたきます。そして、必ずしもそれを食べるというわけではありません。そのため、フックアップさせるためにはより忍耐強くなければなりません。ルールのひとつとしては、ラインを通して魚の重みが伝わるまで待つことです。2つ目は、アワセを入れる前に頭の中で2秒数えることです。

もしバスが初めのバイトでミスっても、まだ何回かバイトしてくることもしばしばあります!

アメリカも日本も、バスはバス!

papet-smileこうして読んでいくと、アメリカも日本もバスはバスなんだなあって思うよね!

本当はもっとたくさんのことが記事内に書かれているんだけど、引用はここまで。読む人にとっては当たり前すぎることかもしれないけど、これがアメリカの記事だっていうところが、ちょっと面白いところだよね♪

今度はぼくも基本通り、トップウォーターから投げてみようかな!

みんなも参考にしてみてね!

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

 

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと