野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

今日の野尻湖”ゲスト:タク石黒!”2016.9.1その②

      2016/09/06

Pocket

961

こんにちは!店長の小山です!

今日はタク石黒氏をゲストにお迎えしての今日の野尻湖実釣動画②についてのタックルデータをお伝えいたします。

普段は琵琶湖でガイド業を営んでいるタクちゃん。忙しさのあまりラインを巻き替える暇もなくそのまま野尻湖まで来ちゃったものの、たまたまスピニングリールに4ポンドラインが巻いてあったため初日はそのままのタックルでやりました。

しかし軽量リグを繊細に扱う必要性を感じたタクちゃんは2日目は3ポンドラインに巻き替えてきたのです。こういうところが私と違うところなんですね…やってみたことを素直に反省することができれば、もしかしたら私ももうちょっと釣りが上手くなるかもしれません。

タク石黒使用タックル

2日目にボイル撃ちで使用したリグは何と「ドンキーリグ」。動画のタックルデータではノーシンカーと表示してしまいましたが正しくはドンキーリグです。申し訳ありません。

ドンキーリグは三つ又キャロのシンカーの代わりにワームを付けたような感じのリグで、同じワームを2つ使うのが原則。リーダーの長さをワームひとつ分長さを変えることで、トゥイッチした時に2匹のワームがじゃれあうように泳ぐのが特徴のリグですね。

これはフィーディングフィッシュはもちろん、ニュートラルな魚にもスイッチが入りやすいリグということなんですけど、今回は小さいワームでもワーム2つ分の重量があるからより遠くへ飛ばせるだろう、ということでこのリグにしたようです。

ドンキーリグ&ライトキャロ

2scenechange2

ロッド:ジークラック DDギャラクシー GXY-S64L マリオネット
ライン:フロロ3ポンド
ワーム:(ドンキーリグ) ジークラック リーフシュリンプ2.8”
(ライトキャロ) ジークラック ムーンカーリー

marionettoジークラック DDギャラクシー GXY-S64L マリオネットの売場へ行く

REEFジークラック リーフシュリンプ2.8”の売場へ行く
moonジークラック ムーンカーリーの売場へ行く
動画でも解説していましたが、ソリッドティップのロッドということでトゥイッチしているワームでもティップが柔らかいのでバスの口の中にスーッと入っていくようで、余裕を持ったアワセが良かったようです。このときはしっかりしたバットがしっかりフックセットしてくれるようですね!横で見てても滑らかな使い心地な感じがわかりました。

またライトキャロでは残念ながらフックアップには至りませんでしたが、この時期はなかなかバイトが小さいためティップが入るほどのバイトにはならないはずなのですが、しっかりティップが持っていかれるほど深いバイトが出ているのがお分かりいただけたかと思います!私自身、ソリッドティップのロッドが欲しくなってしまいました(笑)

参考までに私の使用タックル

9501 9512scenechange3

ロッド:ABU ファンタジスタ FC-67MHFR(旧モデル)
リール:ダイワ ミリオネア凛牙103HLC
ライン:フロロ12ポンド
ルアー:ジークラック メリーG100
ワーム:サワムラ ワンナップシャッドリアル2”
ジグヘッド:ケイテック スパーラウンド 1/20oz #4

onenupサワムラ ワンナップシャッドリアル2”の売場へ行く

MERRY

ケイテック スーパーラウンドジグヘッドの売場へ行く

タクちゃんがライトリグ、私がメリーというだいたいの役割分担で攻略しようという作戦を決行したわけですが、相変わらずメリーGが好調でした。逆の役割分担ならもう少しタクちゃんにも楽しんでいただけたのにちょっと空気を読めない自分を反省します…。

メリーGはキャッチ数は3本でしたがバラしとバイトはもう少しあってかなり楽しめました。タクちゃんも動画内で言っていましたがこういうクリアレイクでのワカサギパターンには効く!ということですので、もしまだ試したことのない方がいらっしゃいましたらかなり効果的ですのでオススメです!

使い方はボトムまで着底させて一定速度で巻き上げるだけ。非常にシンプルです。

また動画の中で紹介させていただいたメリーG FXの野尻湖チューンですが、現在制作中でございます。なおどうやらメリーG FXがメーカー在庫切れということで、普通のメリーG100でのご提供となりそうです。

でもめちゃくちゃ釣れるので普通のメリーGを使ってくださいませ!入荷しましたらただちにブログなどでお伝えしようと思います。

野尻湖病みつきです

さてタクちゃんもおっしゃっていましたが野尻湖、スモールマウスバス。中毒性がありますね(笑)

もしかしたらまた長野に来てくれるかもしれませんし、今より忙しくなってしまったらなかなか長野まで来られる時間は作れないかもしれませんが、本人は「帰りたくない~!」って言ってました!

病みつきになりそうな気持ち、よくわかりますよね!このブログをご覧の方ならわかってしまいますよねきっと(笑)

ライトリグの繊細な当たり、メリーGでの豪快な当たり、どちらも超気持ちいい釣りですし、これからさらに爽やかな高原の空気の中でやるスモールマウスバスフィッシング。皆さんもぜひお楽しみくださいね♪

それではまた。毎度ありがとうございます!

 

Pocket

 - 野尻湖, フィールド情報