野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

ラバージグでバスを釣る!基本の「キ」

      2017/01/25

Pocket

picture by fix.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより”Jig Fishing For Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:fix.com”Jig Fishing For Bass”WRITTEN BY TYLER BRINKS(海外サイトです)

 

皆さんはラバージグというルアーが好きでしょうか。

バスルアーの中でのラバージグというルアーの役割は、近年になるにつれ大きく広がりを見せてきたと思います。

遥か昔のバスフィッシング界では、ラバージグはただ単に冬に使うルアーとして扱われていました。

それがここに来るまでに、カバーの中にねじ込んで使う、スイミングで使う、小さくして使う(スモラバ)、巻いて使う(スコーンなど)、しゃくりで使う(跳ねラバ)、など、使い方がシチュエーションによって細分化と専門化が認められ、オールシーズン使えるルアーの代表にまでなりました。

信じられないかもしれませんが、ラバージグをカバーに入れて使うなんて、ベテランアングラーからすれば結構最近の話なんです(笑)

さてこの記事では、そんな細分化される前の段階…基本的なラバージグのことについて、主な種類、必要なタックル、それそれの使い方などが記されています。

おさらいの意味も含め、読んでみてはいかがでしょうか。

 

必要なタックル

Jig fishing works best on baitcasting equipment for several reasons: they are generally used with heavier line around thicker cover, and the weight of the lures makes them better on heavier baitcasting gear. A rod that is between 7’ and 7’6” in length with a medium-heavy action is an ideal jig rod. A baitcasting reel spooled with 12–17lb test fluorocarbon line rounds out the entire combination. The rod and reel should be sensitive enough to detect bites yet strong enough to get a good hookset when a bass bites your jig.

ラバージグの釣りは、いくつかの理由からベイトタックルが最も適しています。通常、より厚いカバーの周りでヘビーラインで使用されるため、ルアーウエイトが重くなり、ベイトタックルがより良い選択になります。ミディアムヘビーアクションの長さ7'~7'6 "のロッドが理想的なジグロッドです。そこに 12-17lbのフロロカーボンラインを巻いたベイトリールの組み合わせが一般的です。ロッドとリールは、バスがあなたのジグにバイトしたときにしっかり合わせられるよう、バイトを感知するのに充分な感度がなければなりません。

 

主なラバージグの種類

picture by fix.com

スタンダードジグ

The standard jig works great for short casts to submerged cover, but it works equally well in deeper water fished along the bottom after a long cast. These jigs are among the most versatile and common of all bass lures. The 3/8oz and 1/2oz sizes work well in nearly all situations, but sometimes heavier or lighter jigs are better. The lighter style works better in shallower water or when anglers want a slower fall from their jig, and the heavier models are better for deeper water.

スタンダードジグは、ショートキャストで水中のカバーを攻めるのに効果的ですが、ロングキャストしてディープウォーターをボトムに沿って釣るにも同様に機能します。これらのジグは、すべてのバスルアーの中で最も汎用性が高く一般的です。 3/8ozと1/2ozのサイズはほぼすべての状況で使えますが、より重かったり軽いジグのほうが良い場合もあります。より軽いスタイルは、よりシャローで、またはアングラーがジグをよりスローフォールさせたいときに良好に機能し、より重いモデルはよりディープで使う方が良いでしょう。

 

フットボールジグ

Like the name implies, the football head has a unique head design that resembles the shape of a football. This design allows great contact with the bottom, enabling you to stay in touch with your lure while not hanging up as much as with other jigs due to the head design. These jigs excel around rocks, and they work well from mid-range depths to much deeper water. Ideally, a football head works best in water between 10 and 50 feet deep. When it comes to sizes, the 1/2oz football head will cover most situations, but lighter jigs will allow an angler to get a slower fall. Heavier jigs, from 1/2oz to over 1oz, work well in heavy current or deep water.

名前が意味するように、フットボールジグは、アメフトのボールの形に似たユニークな頭のデザインになっています。このデザインはボトムとのコンタクトが非常によく、ヘッドデザインのために他のジグと同じくらいの誘いをかけている間、ボトムに触れ続けることができます。フットボールジグは岩の周りで優れており、ミディアムレンジからディープレンジでうまく機能します。理想的には、フットボールジグは水深3〜15メートルで最高のアクションをします。サイズで言うと、1/2ozならほとんどの状況をカバーするが、より軽いジグはアングラーがよりスローフォールさせたいときに、 1/2ozから1oz以上のより重いジグは、強い流れの場所またはディープウォーターで良好に機能します。

 

スイムジグ

Any jig could theoretically be used with a swimming retrieve, but the swim jig is specially designed with a pointed head to come through grass and cover while being retrieved. While most jigs are best when making contact with the bottom, the swim jig is best in motion in the middle of the water column. The swim jig is effective in shallow water less than ten feet deep and anywhere there is grass or wooden cover in the water. Since swim jigs are normally fished in shallow water, they are often much lighter than other popular jig types. Swim jigs sized 3/16 or 1/4oz are popular sizes, with 3/8oz being among the heaviest swim jigs bass anglers use.

すべてのジグは理論的にはスイミングリトリーブで使用することができますが、スイミングジグは鋭いヘッド形状でウィードやカバーの中を切り裂きながら通過するように特別に設計されています。ほとんどのジグはボトムコンタクトするときに最も適していますが、スイミングジグは中層で動かすのがベストです。スイミングジグは、深さ3メートル以下の浅い水域やウィードや木のカバーがある場所で有効です。スイミングジグは通常、シャローウォーターで使われるので、他の一般的なジグよりも軽い傾向があります。 3/16または1 / 4ozのサイズのスイムジグは人気のあるサイズで、バスアングラーは重くても3 / 8ozまでを使用します。

 

トレーラーについて

The trailer added to the end affects the action of the bait, the forage it is emulating, and the overall appearance of the jig. Soft plastic trailers are the most popular option for their convenience and array of styles and colors available. When rigging the trailer to your jig, it is important to make sure it is rigged straight on the hook of the jig so the action is not affected and it appears natural.

先端に追加されるトレーラーは、ルアーアクション、模倣しているベイト、ジグの全体的なシルエットに影響を与えます。ソフトプラスチックのトレーラーは、利便性がありスタイルや色の選択が可能な最も人気のあるオプションです。トレーラーをジグにリギングするときは、ジグのフックにまっすぐに取り付けられていることを確認して、アクションが影響を受けず、自然に見えるようにすることが重要です。

picture by fix.com

クリーチャー系

There are many creature baits on the market with multiple arms and appendages. While they may not look exactly like something in nature, the movement attracts bass. These work well when used as a trailer for all types of jigs, especially swim jigs.

市場には複数の腕や手足を持つ多くのクリーチャーベイトがあります。彼らは基本的に自然界に存在する何かのようには見えないかもしれませんが、動きはバスを引き付けます。これらはすべてのタイプのジグ、特にスイミングジグのトレーラーとして使用するとうまく機能します。

 

クロー系

The jig can look just like a crawfish moving along the bottom when paired with a soft plastic crawfish. They come in many colors to match all jig skirts, and the added appeal of the claws creates a total package. These work well for all styles of jigs.

ジグは、クロー系のワームと組み合わせると、底に沿って動くザリガニのように見えます。すべてのジグスカートに合うように多くの色が販売されています。そして、一対のツメが更なるアピールになりトータルパッケージを作り出します。これらはすべてのスタイルのジグに適しています。

 

チャンク系

Soft plastic chunks also imitate a crawfish, with the two arms of the bait undulating with each movement of the jig. Chunks are a good option for standard jigs.

チャンク系ワームはまた、ワームに付いた2本の腕がジグの動きごとに波打ち、ザリガニを模倣します。チャンク系は、スタンダードジグの良いオプションです。

 

グラブ系

The double-tail grub is another way to make your jig look like a crawfish or small fish swimming along. The tails look like a fleeing crawfish, and they create an enticing movement underwater. Grubs are an excellent choice for all types of jigs.

ダブルテールグラブは、ジグをザリガニや小さな魚のように見せかける、また別の方法です。テールは逃げるザリガニのように見え、水中で魅力的な動きを作り出します。グラブはあらゆるタイプのジグに最適です。

 

カラーの選び方

Jigs most often imitate crawfish, so colors that resemble them work well for most situations. Green pumpkin, watermelon, and other similar natural colors are good choices for most jig fishing. When fishing dirty or stained water, a black and blue jig and trailer work well to ensure that the fish can see the bait.

Jigs also imitate bluegill, sunfish, and shad if the colors match the forage. When imitating bluegill, a green pumpkin or jig with shades of blues will help “match the hatch” of what the bass are eating. When trying to imitate shad, white skirts with a white trailer work well.

ジグはほとんどの場合、ザリガニを模倣するので、それに似た色がほとんどの状況でうまく機能します。グリーンパンプキン、ウォーターメロン、および他の同様の自然な色は、ほとんどのジグ釣りにとっては良い選択です。ステインウォーターやマッディーウォーターを釣るときは、黒と青のジグとトレーラーがうまく効き、魚がルアーを見つけることができます。

ジグはブルーギル、サンフィッシュ、シャッドをも模倣します。ブルーギルを模倣するとき、グリーンパンプキンや暗い青の入ったジグは、バスが食べているものの "マッチザベイト"に役立ちます。シャッドを模倣しようとするならば、白いトレーラーの白いスカートがうまく機能します。

 

使い方

The appeal of jigs when fishing for bass is that they can effectively be used in many situations. Their weedless design allows them to be fished in heavy cover. There is no wrong place to use them, but they are among the best choices for bass anglers around rocks, grass, wood, and docks.

ジグの魅力は、多くの状況で効果的に使用できるということです。そのウィードレスデザインは、ヘビーカバーで釣ることができます。それらを使用するには間違った場所はありませんが、岩、草、木、ドックの周りがバスアングラーにとっては最適です。

 

ボトムバンピング

The jig works great with short casts, pitches, and flips to visible cover. Often, the bass will grab the lure as it falls, so it is always important to watch your line as the jig is falling. Once the bait hits the bottom, short hops that keep the bait near the bottom during your retrieve are best.

picture by fix.com

ジグはショートキャスト、ピッチング、および目に見えるカバーへのフリッピングで素晴らしい働きをします。しばしば、バスはフォーリング中にバイトしてくるため、ジグのフォール中は常にラインを見ることが重要です。ジグがボトムに当たったら、回収するまではジグがボトム近くをキープする短いホップが最適です。

 

ズル引き

One of the best ways to use a football head is also the simplest: drag the jig along the bottom. Cast it out, let it sink, and then use your rod to slowly move the bait along the bottom before you reel to pull in the slack. The football head can also be used with short hops along the bottom.

picture by fix.com

フットボールジグを使用する最善の方法の1つは、最も簡単です:ジグを底に沿ってズル引きすることです。キャストして沈み込ませたら、ラインのたるみを巻き取り、ロッドを使ってゆっくりとボトムに沿ってジグを移動させてください。フットボールジグは、ボトムに沿って短いホップで使用することもできます。

 

スイミングリトリーブ

The swim jig can be fished with a steady retrieve back to you. Small movements with your rod and pumps with your rod will allow the bait to move up and down in the water column as you retrieve your bait.

スイミングジグは、回収するまでステディリトリーブで釣ってください。ロッドを小さく上下に動かすと、ジグをリトリーブするときにロッドの動きに合わせジグが中層を上下に移動することができます。

 

チューンナップ

A jig right out of the package is ready to catch fish, but two simple modifications can increase hookups and change the action of the lure: trimming the weedguard and skirt.

Most jigs come equipped with weedguards to protect the hook from weeds, rocks, and debris. They work great for keeping you from snagging into cover, but they are often stiff and too long. To adjust the length of the weedguard, cut a small length of the weedguard off with scissors. An approximately ¼-inch section is usually best as long as the end of the weedguard is still longer than the point of the hook.

Another modification many bass anglers use is to trim the length of the skirt. By cutting it just below the bottom of the hook while the jig is vertical, you can get a more compact appearance for your jig.

picture by fix.com

パッケージから取り出したジグはすぐにバスをキャッチする準備ができていますが、2つの簡単なチューンにより、フッキングが向上し、ルアーのアクションが変わることがあります:ウィードガードやスカートのトリミングです。

ほとんどのジグには、ウィード、岩石やがれきからフックを保護するためのウィードガードが装備されています。それらはカバーの中で引っ掛かってしまうのを防ぐのに素晴らしい働きをしますが、しばしば硬くて長すぎます。ウィードガードの長さを調整するには、ウィードガードをハサミで短く切ってください。ウィードガードの端がまだフックポイントよりも約0.6センチも長ければ、しっかり機能します。

多くのバスアングラーが行う別のチューンは、スカートの長さを調整することです。ジグを垂直に立ててフックの一番下のすぐ下でカットすることにより、ジグのよりコンパクトなシルエットを得ることができます。

 

まとめ

いかがでしたか。

記事に出てきた3つの主なタイプのラバージグを使えば、ほぼすべての水深でバスを釣ることができて、すべての季節でバスを釣ることができるということがわかりますね。

またラバージグは最も汎用性の高いバスルアーの1つであることはわかりましたが、もうひとつ、大きなバスを釣るためのルアーの1つとしても評判がありますよね。

自分のタックルボックスの中にあるラバージグをもう一度、机の上に並べてみて、このジグはこんな時に、こんなところで、使ってみようとか、このラバジのスカートは切ってみようとか、あそこで使うならウィードガード要らないから切ってみようかな?とか、改めて考えてみるのもいかもしれません。

そういう時間の楽しさが、また釣りの楽しみのひとつでもありますからね(笑)

ラバージグで大きいの、釣りたいですね!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと