野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

ビッグスモールを釣るために”やっていない”8つのコト!?

      2016/07/01

Pocket

trophysmallmouth

photo By Chris Noffsinger, Don Wirth

トロフィーザイズのスモールマウスバスを夢見ている?

papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトで「巨大スモールを釣るために”やっていない”8つのコト」が書かれた記事があったので引用して紹介するよ!

引用先"bassmaster.com"(海外サイトです)By Chris Noffsinger, Don Wirth

ここには7パウンダー(3キロオーバー)のスモールマウスを釣るためにやっていないことが、トーナメンターのクリスさんによって解説されているんだ♪

やってはいけないことじゃなくて、「あなたがやっていないこと」ね♪

さあそんな夢のようなサイズが釣れるんなら、参考にしたいよね!ってことで8つ紹介するね!

1.大きい魚をターゲットとするためのゲームプランがない

引用

“If I go fishing often enough, sooner or later I’m bound to catch a big smallmouth!” is the epitome of wishful thinking. Unless you’re incredibly lucky, putting that beast in your boat will take planning and preparation. True, there might be a (as in one) 7-pound smallie swimming in the lake where you catch all those 13-inchers, but your odds of ever hooking it are beyond infinitesimal.

Therefore, your first step in developing a successful trophy smallmouth game plan should be determining not only where these superior fish live, but where they live in numbers large enough to warrant spending your precious time and hard-earned bucks to go there.

「よく釣り行くし、そのうち釣れるっしょ」これは希望的観測の典型です。信じられないほどの幸運でもない限り、
そんなモンスターをとらえるには計画と準備を必要とする。

まあ、30センチのバスがいつも釣れてる湖であれば7パウンダーがいるかもしれないが、それをフックアップする確率はごく微量だ。

したがって、あなたがトロフィーバスを手にするための最初のステップは、そんなバスがいるところに行くことだ。
そこに行くための時間や貯金を使うにも値するところ。

2.分厚いカバーで釣りたい気持ちが強い

引用

This is one of the “rules” of bass fishing that you need to unlearn if you’re serious about catching a giant smallmouth. While largemouth bass are indeed programmed to favor submerged brushpiles, matted grass, logjams and other forms of dense, gnarly cover, smallmouth bass relate more to a well-defined structural edge — such as a dropoff in a natural lake or a reservoir channel break — and to sparse, isolated pieces of cover, like a little patch of rocks on a sand flat or a lone stump at the end of a reservoir point. Many of the sharp dropoffs where I catch giant Great Lakes smallies have no cover at all; the fish are simply using the darkness of deep water for concealment. So when you embark on your trophy smallmouth dream quest, target structural edges and remember that less is more where cover is concerned.

これは、巨大スモールマウスを釣りたいならば忘れる必要のあるバス釣りのルールです。

確かにラージマウスは沈んだオダ、水生植物、丸太などの危険なカバーを好むものですが、
スモールマウスはよりハッキリした地形変化のエッジ(自然湖やリザーバーのブレイクの落ち込むところ)に関連しています。
そしてまばらなカバー、砂地のフラット地帯にポツンとある小さな岩やリザーバーなら独立したスタンプなどを好む。

私が行く湖のドロップオフには、カバーなどまったくない。魚は身を隠すために単純にディープの暗闇を使っている。
したがってあなたがトロフィーバス探しをするときは地形変化のエッジを狙って、カバーなどは少なくてもいいと思ってください。

3.夜釣りをしていない

引用

When the surface temperature of a clear, cavernous Southeastern lake climbs into the mid-90s during July and August, big smallies move deep and go into a stupor. But after dark, they’ll gravitate to shallow gravel and chunk rock banks to gorge on crawfish and will absolutely decimate a jig or short-arm spinnerbait. Here in northern Michigan, prime trophy smallmouth lakes such as Charlevoix and Torch are churned to a froth by pleasure boats during the summer tourist invasion, but I’ll often have the lake to myself after dark, when those big fish move up to feed.

7月から8月の間、表層水温が30度を超えてくると、大きなバスはディープでクラクラしている。
しかし日が暮れると、こぼれ岩や砂地の岸際でザリガニを食いに上がってくるのだ。
この時、ジグやショートアームのスピナーベイトで一網打尽にできる。

 

これは夜釣りを推奨するものではありません。あくまでも記事の引用に止まります。野尻湖においては遊漁時間はAM7:00~PM4:00(オカッパリはPM6:00まで)となっております。

4.ベイトフィッシュの群れから離れてはならない

引用

I’ve found that during the summer/fall transition, smallies will school by size and suspend around offshore baitfish schools — sometimes at extreme depths (see No. 8). Now the name of the game becomes locating a school of lunkers with your electronics; they’ll invariably be lurking around big clouds of baitfish, often near a sharp dropoff, an offshore reef or a submerged hump.

晩夏から秋にかけて、デカスモールはベイトフィッシュのスクールの周りで留まっている。
今やあなたは電子機器によって大きな群れを突き止められるようになった。
それらは常に、ドロップオフの近くや、沖合のハードボトム、沈みハンプの周りに潜んでいることに気づくだろう。

5.カレントを避けている

引用

Most bass fishermen find moving water a drag to fish. Besides making boat control tedious, current pulls your lure presentations off their mark and creates a bow in your line that makes light bites hard to detect. But smallmouth, much more than largemouth, are completely comfortable in current — and if you want to catch a big one, you should be, too! Instead of being scattered across a wide area, big smallies will stack up and position themselves in predictable places where moving water is present — in swirling eddies, behind midstream boulders and in flooded trees — and use current like a conveyor belt to deliver groceries to their downstream lairs. On river-run smallmouth reservoirs such as Pickwick Lake, the vast majority of the trophy-class fish caught annually are bagged while a healthy flow of water is being generated from the upstream dam, and the big fish bite can literally shut off like a switch the instant generation ceases. Even so-called slackwater lakes may exhibit significant water movement. I’ve fished in current on Lake Michigan that was strong enough to roll a 1-ounce sinker along the bottom like a marble, and high winds can create considerable current in neck-down areas of smaller bodies of water. When fishing fast water, use compact lures such as jigs and tubes that sink into the strike zone quickly, and hang on to your rod — a monster smallie hooked in swift current will pull like a freight train!

ほとんどのバス釣り師は、流れを避けて釣りをしている。
流れは操船をしなければならないし、ラインが弧を描いてしまって、軽いバイトを取ることが難しくなるためです。
しかしスモールはラージに比べ、流れの中を非常に快適に感じています。
だから大きなスモールを釣りたいならば、あなたもその中にいなければなりません。
大きなスモールは、水が流れる場所を知っていて、そこに身を置き、
まるでベルトコンベアのように流されてくるベイトを食べるためにその流れを使うのです。
速い流れで釣るときは、早くストライクゾーンまで沈むジグとチューブワームのようなコンパクトなルアーを使って、
ロッドを握って待つのです。
それに喰いついたモンスターバスは流れにも乗ってまるで貨物列車のように引くのです!

6.釣りやすい時しか釣りをしていない

引用

But big smallmouth love rough weather — the nastier, the better! In clear lakes, wind and wave action set up predictable food chain scenarios. Drifting plankton blooms are concentrated and blown toward shore, causing schools of threadfin shad or alewives to follow this food source into shallower water — and smallmouth to move from open water to gorge on the baitfish. Waves crashing against the bank and runoff from heavy rains will muddy the shallows, prompting smallies to move tight to shore to feed on crawfish. Here in northern Michigan, early prespawn and late fall smallies will stack up at the bottom of sharp dropoffs; they’ll slam a blade bait with a vengeance, even though lake water is barely 40 degrees and the air temp might be in the teens. Sure, it’s cold, wet and miserable out there, but it’s amazing how fast a 7-pound smallie will warm you up!

クリアレイクにおいて、波と風は食物連鎖を引き起こすため、天気は荒れるほど良いともいえる!
プランクトンが流され、続いてベイトフィッシュも吹き流される。そして、オープンウォーターいるスモールマウスバスは
そのベイトをむさぼり食う。

また波や大雨は、岸に打ちつけることで岸を濁らせ、スモールマウスがザリガニを食べるために浅瀬に上がることを促します。

ここミシガン州のプリスポーンや晩秋の時期は水温一桁、気温マイナスでもブレードベイトに襲い掛かってくるものだ。

そう。寒く、冷たく、みじめではあるけど、7パウンダーのスモールマウスがあなたを温めてくれるのだ!

 

これは荒れた天気での釣行を推奨するものではありません。あくまでも引用に止まります。規模の小さい野尻湖といえども、風力、ボートによっては危険なシーンとなります。皆様におかれましては安全第一でお願いいたします。

7.トップウォータールアーを投げていない

引用

You might want to rethink this decision, because giant smallies will absolutely plaster a Zara Spook, Tiny Torpedo, Pop-R and a host of other noisy topwater plugs. I’ve caught scores of monsters on top during postspawn and fall, when big fish are ambushing baitfish on points, channel drops, submerged rockpiles and other key structures. Even in gin-clear water, big smallies have a thing about brightly colored topwaters, so be sure to include hot colors such as yellow and chartreuse in your lure arsenal, and try dressing up your poppers with a gaudy feathered treble hook on the butt end.

もしそうなら考え直した方がいい。
ザラスプーク、タイニートーピード、ポップ-Rやその他のノイジープラグは巨大スモールを呼ぶからである。
私は、ポストスポーンから秋まで、チャンネルラインのドロップオフ、沈みオダ、その他のキーとなる地形変化のあるポイントで、
エサとなる小魚を待ち伏せているモンスターバスを記録した。
ジンクリアな水でさえ、ビッグスモールはチャートや明るい色のルアーを待っているので、タックルに混ぜておくこと。
そしてポッパーのリアフックを綺麗なフェザーフックに替えておくといい。

8.小さなルアーしか使っていない

引用

Sure, you’ll catch plenty of smallies on 4-inch tubes and itty-bitty drop shot lures, but don’t let its name mislead you — a smallmouth bass will strike a big bait! I routinely catch wallhangers on bulky 3/4- and 1-ounce spinnerbaits with oversize tandem willow blades, big swimbaits and mango-size goby imitators.

Keep at least one rod rigged with a big spinnerbait or swimbait to satisfy the hunger of those behemoth bronzebacks that are hankering for a full-meal deal!

たしかにミニチューブワームなどは多くのスモールに効くけれど、それだけじゃない。
スモールマウスはビッグベイトで釣れる!
私は3/4ozから1ozのデカすぎタンデムウィローリーフのスピナーベイトやデカスイムベイト、
それからマンゴーサイズのハゼ型で定期的にビッグバスを釣る。

最低一本は、飢えたモンスタースモールマウスバス用のビッグルアーをリグっておいた方がいい。

big_smalllures

photo By Chris Noffsinger, Don Wirth

野尻湖でも通用するかな?

papet-smileこんな感じで、アメリカ北部のスモールマウスバス攻略が紹介されているね。

気温マイナスとかびっくりだけど、アメリカのミシガン州って言ったらカナダ国境の5大湖なんだよね。日本で言うと北海道の摩周湖や阿寒湖なのかな?って言っても想像もつかないや(笑)

そんな環境だから、野尻湖や木崎湖と照らし合わせるのもそのまんまっていうわけにはいかないかもしれないけど、もしかしたら釣れる心当たりがある人もいるんじゃないかな?

僕も充分参考になると思うなあ!真似してみよっと♪

あっ、ただ、注意しなきゃいけないのは、夜釣りはいけないってことと、荒れれば荒れるほどいいっていう解釈ね。荒れた時は慎重になって、安全第一で行動してくださいね、これは絶対!

それじゃあ今日はこの辺で♪みんな、安全第一で良い釣りを!

.

Pocket

 - 攻略法, スモールマウスバス