野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

バズベイトの釣り

      2017/08/07

Pocket

Photo by mysterytacklebox.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Buzzbait Fishing 101: How To Fish A Buzzbait”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:mysterytacklebox.com”Buzzbait Fishing 101: How To Fish A Buzzbait”written by Clayton Davis(海外サイトです)

 

バズベイトは、昔からあるトップウォータールアーのうちのひとつで、その形状のおかげでなにかに引っかかってしまうことが少ないため、プラグのルアーでは躊躇してしまうようなブッシュやアシなどを果敢に、ダイレクトに投げ込むことができるルアーです。

これはつまりバイトのチャンスをアップさせることができるということですから、このルアーが好きでしょっちゅう投げているという方も多いと思います。

しかも、出ればデカい。

ただ、じゃあこのルアーばかり投げていればいいかと言えば、そうでもありません。いつでもどこでも有効なルアーというよりはむしろ、バズベイトが有効な期間やシチュエーションはまあまあ限られていると言えるかもしれません。

そんなわけですから、バズベイトのことをもっと詳しく知ったり、使いどころを見極めておきたいですよね。

この記事は、そんなバズベイトのことをもっとよく知るためのポイントが、いくつかの項目に分けて書かれています。

ぜひ読んでみてください。

 

ブレードのタイプ

Buzzbaits may all look the same on the shelf, but each has its own special features that will work better in different places. A basic buzzbait will simply spin the blade on the top of the water making a slight trail behind it and a slight noise as it moves. A buzzbait with holes in the blade will leave a bubble trail that mimics thrashing bait and give it a unique noise on the surface of the water. An arm with a clacker will give the buzz bait a louder noise under the water while also adding a slight flash in the right light. The final buzzbait blade has the blade slightly touching the head of the bait as it spins. This will give the lure a loud vibration under the water and make bass go crazy.

バズベイトはすべて同じように見えて、それぞれに合った場所でうまく動作する独自の特長があります。 基本的にバズベイトは、水面の上に出たブレードを回転させるだけで、通った後にわずかな痕跡を残し、動きに応じてノイズが発生します。 ブレードに穴が開いたバズベイトは、踊り狂う餌を模した泡を残し、水面に独特な騒音を与えます。 アームにクラッカーを持つものは、バズベイトに水中での大きな騒音を与え、わずかながらフラッシュも発生させます。 このバズベイトのブレードは、ブレードが回転するときにヘッドにわずかに触れるようになっています。 これは、水面下でルアーに大きな振動を与え、バスを狂わせるでしょう。

 

カラーチョイス

Just like all other top water baits there are only two colors you should consider when the water is distinctly clear or chocolate milk murky. When fishing in clear water, I would recommend white. White will imitate the bottom of almost every different bait, frog, lizard, or even mouse, that a bass would come across on the top of the water. For dark water, always go with black. Bass can’t see any more than you can in murky water, with a black color a bass will only be able to tell where the bait is and not what it looks like. When choosing either white or black, look for a bait that has a flashy flake on the skirt so that the bait has a more lifelike appearance.

他のトップウォータールアーと同じように、確実にクリア―ウォーターである場合や、カフェオレのように濁っている場合は、2つの色だけあればいいでしょう。 クリアウォーターで釣るときは、私は白をお勧めします。 白は、あらゆる餌となるもの、カエル、トカゲ、ネズミのお腹の色を真似しており、バスは水面まで飛びだすのです。 水の色が暗いときは、黒です。 バスは濁った水のなかで黒い色以上によく見えるものはありません。バスが何のエサだと思っているかはわかりませんが、黒は見分けがつくのです。 白か黒のどちらかを選んだら、ルアーがより生き生きとした外観になるようにスカートに派手なフレークを持つルアーを探してください。

 

チューニング

A buzzbait is a big bass catching machine out of the package, but there are a few modifications you can make to improve your hookup ratio. The first mod would be to add a trailer hook. Often you will miss buzzbait fish because the fish misses the hook. A trailer hook will make it much easier to catch a bass every blow up. The next bait modification you can make is bending the arm of the buzz bait so that the blade will hit the head of the bait, giving it an irresistible vibration in the water. The final modification you can make is adding a bait trailer. Adding a bait that will move in the water, ie swim baits, swimming craws, or even a buzz frog, will add a more lifelike appearance to your buzzbait.

バズベイトはパッケージから出してすぐに大きなバスを釣ることができるルアーですが、フックアップ率を改善するためのチューニングができます。 まず最初に、トレーラーフックを付けることです。 バズベイトでは魚がフックに掛からず、魚を逃すことがまあまああるでしょう。 トレーラーフックを使うと、一気にバスをキャッチするのが簡単になります。 次のバズベイトのチューニングとして、バズベイトのアームを曲げて、ブレードがヘッドに当たるようにして、水の中に魅力的な振動を与えます。 最後のチューニングは、トレーラーを追加することです。 水中を泳ぐもの、すなわちスイムベイト、スイミングフロッグ、またはバジンフロッグを追加すると、バズベイトにもっとリアルな外観が加わります。

 

タックル&テクニック

The best fishing rod to use with a buzzbait would be a medium-heavy or heavy, with a length of 7’ 0” or 7’ 0”, and a tip action of fast. For a reel only use a 6:1 gear ratio, a 5:1 is too slow while a 7:1 is way too fast. For line, either monofilament or braid for the floating action of the line. Never use fluorocarbon with a buzz bait, the line will sink and ruin the action of your bait. When fishing the buzzbait, start with your rod tip high when it hits the water. This will keep the buzzbait at the top of the water, then slowly lower your rod tip as it gets closer. A buzzbait will work just about anywhere, over sunken weeds or cover, over shallow flats, and perfect for going parallel with the bank.

バズベイトで使用するのに最適なロッドは、ミディアムヘビーからヘビー、長さは7'0 "前後で、ファーストアクションのものでしょう。 リールは6:1のギア比が適していて、5:1では遅すぎるし、7:1は速すぎます。 ラインについては、ナイロンラインかPEラインが浮力があるのでいいでしょう。 バズベイトをフロロカーボンで使用しないでください。ラインが沈み、バズベイトの持ち味を台無しにします。 バズベイトで釣るときは、着水したらロッドティップを高い位置から始めます。 これはバズベイトを水面上に保ち、ルアーが近付くにつれてロッドティップをゆっくりと下降させていきます。 バズベイトは、沈んだウィードやカバー、シャローフラット、バンクと並行に使うのに最適です。

Photo by mysterytacklebox.com

さまざまなバズベイト

The single metal blade buzzbait is not the only buzz bait on the market. There are buzz frogs, a weedless frog style bait with two paddle tail legs that make commotion above the water and is fished the same as a buzzbait. There is the River2Sea Double Plopper, which is a floating buzzbait with two “blades” that create a unique sound across the water. There is also a new craze sweeping the bass fishing market for a weedless frog with a buzzbait blade on the back.

バズベイト市場にはシングルメタルブレードのバズベイトだけではありません。 バズフロッグは、2つのパドルテールを持ち、ウィードレス性能が高く、バズベイトと同じように水面上を滑らせて釣るものです。 River2Seaの Double Plopperは、2つの "ブレード?"によって水に浮くフローティングバズベイトで、水中に独特の音を作り出します。フロッグの背中にバズベイトのブレードが付いたようなものも最近のバス釣り市場を賑わせています。


 

いかがでしたでしょうか。

気が付けばバズベイトにも色々な種類があり、昔からのバズベイトファンにはちょっと戸惑っていた部分もあったかもしれませんが、この解説でちょっとスッとした感じがありますよね。

バズベイトの基本形はあまりにもシンプルなので本当にちょっとした違いでしか差は出ませんが、そのちょっとした違いが分かりづらかったんですよね。

逆に言えば、そのちょっとした違いで性能の差が出るわけで、メーカーとしてもその部分をアピールするわけですから、基本が実力のあるルアーだということなのでしょうね。

いろんなバズベイトがありますが、色、形、音、引き心地などをよく吟味して、お気に入りのものをみつけてみてはいかがでしょうか。

 

シャラシャラシャラシャラーガボッ!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと