野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

バス釣り23の「豆知識」

      2017/01/02

Pocket

picture by Bass Fishing Tips & Tactics

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”More Quick Bass Tips”という記事があったので引用して紹介します。

引用先:Bass Fishing Tips & Tactics”More Quick Bass Tips”(海外サイトです)

情報過多と言われている現代、バス釣り好きな皆様方におかれましても、インターネットやSNSなどで釣りの情報やフィールドの情報など、調べてみることはあるかと思います。

もちろん私も、そういう情報を集めること自体が好きですし、得た情報で釣ることができる喜びも感じます。

しかし時代は情報過多時代。時には多すぎる情報量に見るのに嫌気がさしたり、長すぎる動画、多すぎる文字数に理解が追い付かなかったりすることもあります。

頭の中に詰め込むにはもっと簡単に、短い文章で表現したほうがいい、ということもあるかもしれません。

そこでここではバス釣りの豆知識というべきちょっとしたヒント23個を短い文章でまとめた記事をご紹介いたします。

知らなかったことがあるかもしれませんので、どうぞ読んでみてください♪

 

1.Best times to use “noisy” baits are when fishing dirty water, heavy cover, dense weed mats or trying for a reaction bite…

1.ノイジー系ルアーを使うベストタイミングは、マッディーウォーター、ヘビーカバー、濃いウィードマットで釣るときや、リアクションバイトを狙う時です。

 

2.Some of the noisest lures include lipless crankbaits, buzzbaits, poppers & chuggers, prop baits and crankbaits with rattles…

2.ノイジールアーには、バイブレーション、バズベイト、ポッパー&チャガー、プロップベイト、ラトル入りクランクも含みます。

 

3.Best times to use quiet lures are when fishing in clear water, on high traffic lakes, during cold fronts & when bass are short-striking…

3.サイレントルアーを使用するベストタイミングは、クリアウォーター、ハイプレッシャー、寒冷前線の通過中、バスがショートバイトの時です。

 

4.Some of the quietest baits on the market include soft plastics & swimbaits on jigheads, Texas-rigged plastics, & rattleless spinnerbaits…

4.市場にあるサイレントルアーの中には、ワームやスイムベイトとジグヘッドの組み合わせ、テキサスリグ、ラトルなしのスピナーベイトなども含みます。

 

5.Change your line often to avoid catastrophe when the “fish of a lifetime” hits…

5.生涯最高の魚が掛かった時のために、ラインはしばしば巻き替えてください。

 

6.Consider pegging your sinker when using Texas-rigged creature baits in heavy cover…

6.ヘビーカバーの中にクリーチャーワームのテキサスリグを使うときは、シンカーをペギングすることを検討してください。

 

7.Keep your soft plastic baits and jigs in contact with cover (rocks, weeds. wood) as much as possible for more strikes…

7.できるだけ多くのバイトを得るために、ワームやジグはできるだけカバー(岩、ウィード、木)などにコンタクトさせ続けてください。

 

8.One potential summertime hotspot is a flat point with steep drop close to deep water summer holding area…

8.夏の好ポイントのひとつは、広いフラットにあるディープへ急激に落ちる岬の近くです。

 

9.Did you know some “bass-perts” say larger bass can distinguish between live forage and artificial lures…

9.大型のバスには生きた餌と人工的なルアーを区別できるという「器官」があることを知っていましたか。

 

10.Sometimes crawling your floating minnow bait across the surface is more deadly than fishing it as a jerkbait!

10.フローティングミノーで表層全体を這わせることは、ジャークベイトで釣るよりも死にそう(な小魚)に見えることがあります!

 

11.Use a quiet topwater when the surface is dead calm and a noisier version when there's a chop on top…

11.水面が静かなときは静かなトップウォータールアーを使い、波立っている時はより騒がしいルアーを使ってください。

 

12.Four great deep water (> 20′) baits/rigs: Carolina rig, the football jig, jigging spoon & drop shot…

12.4つのディープ(6m以深)用ルアー/リグは、キャロライナリグ、フットボールジグ、メタルジグ、ダウンショットリグ。

 

13.Though slow rolling spinnerbaits is often touted as a cold water method it can be just as deadly during those hot summer night trips…

13.スピナーベイトのスローローリングは、冬の方法として紹介されていますが、夏の暑い夜間に激アツな場合があります。

 

14.Five “go-to” baits when there's a tough bass bite: a grub, an in-line spinner, a floating minnow, a weightless worm & hair jig…

14.タフったバスをバイトに導く5つのルアー:グラブ、スピナー、フローティングミノー、ノーシンカーワーム、ヘアージグ。

 

15.Pick the right rod, reel, line and crankbait combo when fishing offshore structures for the best results…

15.沖の地形変化での釣りで最適な結果を得るには、ロッド・リール・ライン・クランクベイトの組み合わせを選ぶこと。

 

16.Top fall bass baits include topwaters, lipless cranks, squarebills, jerkbaits, swimbaits, chatterbaits and jigs…

16.秋のバスを釣るルアーには、トップウォーター、バイブレーション、スクエアビルクランク、スイムベイト、チャター、ジグなどがあります。

 

17.When fishing a topwater bait, always keep a follow-up lure like a jig or lipless crankbait ready for short striking bass…

17.トップウォーターで釣るときは、ショートバイトなバスに備え、ジグやバイブレーションをフォローとして常に準備しておいてください。

 

18.Use an O-ring as a band around your soft plastic stickbaits when fishing them wacky-style & get more fish out of each bait…

18.ストレートワームやその他のワームをワッキーリグで釣る場合、Oリングを使ってより多くのバイトを引き出します。

 

19.Soft plastics baits sliding down the shaft of the hook when casting? Use a drop of super glue behind the hook eyelet to keep in place…

19.キャストのたびにワームがフックからズリ落ちてしまいますか?アイの後ろにゼリー状瞬間接着剤を落とし、良い状態をキープしましょう。

 

20.Keep a low profile and Sun in your face when fishing shallow, clear water bays to minimize the chance of spooking fish…

20.魚に与える警戒心を最小限にするために、クリアウォーターのワンドのシャローでは姿勢を低くし、太陽を顔に受けた状態(魚の方に影を落とさない)をキープしてください。

 

21.When fishing through the fall season, move from the points to the back of coves in mid-fall and back out towards points in late fall…

21.秋を通して釣りをするときは、秋の中旬までは岬の付け根のワンドに移動し、晩秋には岬の方に向かって戻ってください。

 

22.Swap your drop shot weight for a jig or skirted grub to offer bass different baits and increase success on pressured lakes…

22.ハイプレッシャーレイクで成功するために、ダウンショットのシンカーをジグやフラグラブに交換し、異なるルアーを(同時に)与えてみましょう。

 

23.Some anglers say that bass and other wildlife really become active and feed more on the “Harvest Moon”. Time to hit the water?

23.釣り人の中には、バスや他の野生生物が実に「満月」の時に活動し、より多くのものを食べていると言われています。キャストしてみては?


 

ちょっとした豆知識というべきものから、基本的な事柄もあり、おもしろい23個だったと思います。

もし知らなかったことがあればぜひ試してみたり、気にしておいてみてください。

それから、自分自身でこういった発見を現場でできるように心がけてみてください。それが真実かどうかはすぐには分からないかもしれませんが、それが釣りをさらに面白いものにすることは間違いないと思います!

 

また、釣りに行きたくなってしまいました。

 

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス