野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

テールスピンジグで冬バスを釣る方法♪

      2017/04/18

Pocket

こんにちは!

今日は海外サイトから”How to Trick Cold Water Bass with Tail Spinners”という記事を見つけたので引用して紹介するよ♪

引用先:wired2fish”How to Trick Cold Water Bass with Tail Spinners”LUKE STONER11/20/2015(海外サイトです)

みんなはテールスピンジグというルアーを知ってるかな?ここ最近、ヒットしたジャッカルのデラクーというルアーがあるんだけど、あれがテールスピンジグ。

アメリカではかなり前から存在するルアーなんだけど、いまいちマイナーな存在なんだ。でも、使っている人は釣っているっていう事実もあるらしいよ♪

日本でもビバのコーゾースピンなどかなり昔から存在していたんだけど、なんとなく定着していなかったジャンルだったよね。それでもデラクーの大ヒットでこのジャンルは今後も釣れるルアーとして定着する可能性があるからね、ここでひとつアメリカではどういう風に使われていたかってうことをおさらいしておこうと思うんだけど、ここでは特に冬のテールスピンということに絞ってあるようなので、冬に頼れるルアーを増やすということで参考にしてみてください♪

(記事はFLWツアープロでありガイド業も行うトム・レディントンへのインタビュー記事です)

テールスピンジグとは

When inspecting a tail spinner, you can understand why many anglers look past them. The lure itself consists of only a few simple pieces of hardware: a small piece of lead, a single treble hook, and a small Colorado blade. Not a lot of flash or “sexiness” to catch an angler’s attention. This very well may be the key to the lure’s effectiveness.

テールスピンジグを調べてみると、なぜ多くのアングラーが見過ごしてしまうのかがわかります。ルアー自体はわずかなパーツで構成されてます、小さな鉛、トレブルフック、小さなコロラドブレードです。アングラーの注意を引くようなフラッシュなどたくさんの「セクシーさ」はありません。これはルアーの有効性の鍵となるかもしれません。

“A tailspin is simply a cross between a jigging spoon and a spinnerbait,” Redington explained. “Those are two of the most effective lures that have ever been made. A tail spin may not be sexy, but it catches fish.”
Typical tail spins, like the Mann’s Little George or Revenge Tail Spinners are offered from 1/4-ounce up to 1-ounce versions, and can be used in wide variety of circumstances. Redington, who uses a tail spin exclusively for offshore scenarios in cold weather, throws either a 1/2-ounce or the 1-ounce model.

テールスピンジグはメタルジグとスピナーベイトのミックスです。これは今までに作られた最も効果的なルアーの2つです。テールスピンジグはセクシーではないかもしれませんが、多くの魚を釣ります。

マンズ・リトルジョージやリベンジベイツ・テールスピナーのような典型的なテールスピンジグは1/4から1オンスまで提供され、さまざまな状況で使用できます。レディントンは低水温期でのオフショアでは1/2オンスまたは1オンスを投げます。

Because so few people fish tail spins these days, Redington knows fish in deep, cold water will eagerly react to one; and not just bass either.
“Maybe the best way to tell a tailspin works, is how many different species of fish will eat this lure,” Redington said. “I have caught bass, bluegill, crappie, white bass, and even catfish when fishing with a tailspin. It is pretty incredible really; they must mimic a dying baitfish perfectly.”

最近では、レディントンは深く冷たい水の中の魚が熱心に反応することを知っています。バスだけではありません。
「テールスピンジグの良さを言うならば、多くの異なった種類の魚がこれで釣れるということだろう」とレディントン氏は語る。 "テールスピンで釣るときは、バス、ブルーギル、クラッピー、ホワイトバス、ナマズなどを捕まえました。それは本当に信じられないほどです。死にかけのベイトフィッシュを完全に真似しなければなりませんが。

Both from his experience on the FLW Tour and through years of running a guide business, Redington has noticed many anglers have a problem throwing such a small bait.
“This may be a tiny bait, but it is no doubt a big fish catcher,” Redington grinned. “I’ve had many guide clients on Lake Fork catch absolute monsters with these little things. It’ll get you a lot of numbers of bites, that’s for sure, but certainly don’t rule out the possibility of a big bass on a tail spin.”

FLWツアーでの経験とガイドビジネスの長年にわたる経験の両方から、レディントンは多くの釣り人がこのような小さなルアーを投げるのに疑問があることに気付いています(小バス専用でしょ?)。
「これは可愛いルアーかもしれないが、間違いなくビッグフィッシュキラーだ」とレディントンは笑った。 「私は、レイクフォークの多くのガイド・クライアントに、これらの小さなもので絶対的なモンスターを釣らせました。まあ確かにたくさんの小バスバイトもありますが、テールスピンジグでビッグバスの可能性がなくなるということではありません。

 

テールスピンジグを投げる場所

フラットにある岬

“A long, flat, relatively barren point is one of the best places to throw a tailspin,” Redington said. “On Lake Fork in the fall, bass will get in what I call ‘mega-schools’ with other bass, crappie, white bass, and even catfish. They’ll roam around these open points, following the baitfish. I use my Garmin Electronics to find the fish and stay on them. Making short casts to the school and keeping them fired up.”

「長いフラットのように比較的不毛なところにある岬はテールスピンジグを投げる最良な場所のひとつです」レディントンは言いました。 "秋のレイクフォークでは、バスは、他のバス、クラッピー、ホワイト・バス、そしてナマズと一緒に私が「メガ・スクール」と呼ぶものに付きます。彼らは、ベイトフィッシュに続いて、これらの岬の周りを回遊します。私はガーミン魚探を使って魚を見つけ、そこに留まります。スクールへショートキャストをし、あとはワクワクするのです」

 

主要河川にある大きなフラット

Redington oftentimes finds huge schools of baitfish in one little area of a flat inside a major creek. Usually they’ll congregate around one small area because of a depth change, or a certain piece of structure. During the fall and winter, when Redington finds the bait he knows the bass aren’t far away.
“With the new Garmin Panoptix technology, it is amazing how much an angler can see,” Redington explained. “Panoptix mounts on your trolling motor and actually scans the water right out in front of your boat. Making me 100x more efficient in finding the bait, and the bass. It sounds crazy but you can even see single fish roaming around on a flat. Then it’s just as easy as casting your bait out to them and setting the hook!”

レディントンはしばしば主要な川の中にあるフラットにベイトフィッシュの大きな群れを見つけます。通常、それは深さの変化、または地形変化の特定の部分のなど1つの小さな領域の周りに集まります。秋から冬の間、レディントンはベイトを見つけたとき、バスが遠くないことを知っています。
「新しいGarmin Panoptixテクノロジーにより、どのくらいのアングラーが見ることができるのかは驚くほどです」とレディントンは説明します。 "Panoptixはあなたのエレキ・モーターに搭載され、ボートの前で実際に水をスキャンします。ベイトと、バスを見つけるのに100倍の効率を上げます。それは大げさにも聞こえるが、フラットで回遊している単体のバスを見ることさえできます。それから投げるルアーにフックをセットしてもいいくらい簡単です!

 

オープンエリアでサスペンドするバス

The last scenario Redington opts for a tail spin is suspended fish in open water. Redington again uses his electronics to find the fish and then sits right over top of the bass and vertical jigs his tail spin for them.
Many anglers call this “video game fishing” as you can often watch the fish come to eat your lure on your electronics screen.
“When it gets sunny and slick in cold weather and those bass get suspended, they’ll still fall for a tailspin,” Redington said. “Once you find the fish, situate your boat right on top of the school and drop your tailspin down to them, almost like you’re ice fishing. Use your electronics to stay on the school, and you will catch the fire out of them.”

最後にレディントンがテールスピンジグを選ぶのは、オープンウォーターにサスペンドするバスです。レディントンは再び魚探を使って魚を見つけ、次にバスの上に留まり、テールスピンジグのバーチカルジギングをします。
多くの釣り人は、これを「ビデオゲームフィッシング」と呼んでいます。魚探の画面でバスがルアーを食べるまでが見られます。
「寒い晴れた日にバスがサスペンドすると、テールスピンジグをフォールさせるだろう」とレディントンは語った。「バスを見つけたら、群れの上にあなたのボートを置いて、テールスピンジグを落としてください。氷に穴をあけるアイスフィッシングと同じです。魚探を使って群れに留まると、それらのうちからかなり釣ることができるでしょう。

テールスピンジグの使い方

ただ巻き

“When I talk about stroking a lure, I am talking about explosive action,” Redington said. “I’ll employ this retrieve when the fish are aggressive and the water is still fairly warm. Start with your rod parallel to the water and then quickly lift your rod towards the sky with a swift motion. You really want to rip the bait off the bottom and try to get a reaction strike out of the bass.”

「私がただ巻きについて話す時は、リアクションバイトについて話している」レディントンは言います。「バスが積極的で、水温がまだ温かい時にこのリトリーブを使います。ロッドを水面と平行にしておいて、すぐに素早く空に向かってロッドを持ち上げてください。バスからのリアクションバイトが来るようにルアーをボトムから引っ張り上げるのです」

 

スローリフト&フォール

“Using a slow rise and fall retrieve is probably how I fish this bait more often than any other way,” Redington said. “After the bait hits the bottom, you want to slowly start reeling it back in, keeping the bait of the bottom and the blade of the bait slowly turning. Then you just want to vary the speed of your retrieve and oscillate your rod as you work your bait back to the boat. It’s almost like an exaggerated yo-yo retrieve. This works well on fish throughout all stages of the fall and winter, whether the water is warm or frigid.”

「スローリフト&フォールリトリーブを使用することは、おそらく、このルアーで他の方法よりも多く釣ることになります」とレディントンは言います。 "ルアーがボトムに当たった後、ゆっくりとリーリングしはじめ、ブレードがゆっくりと回転しつつルアーをボトムキープさせます。次にルアーをボートまで回収しつつ、リトリーブスピードを上げるようにロッドをあおってください。それは大げさなリフト&フォールのようなものです。これは、水が暖かいか寒いかに関係なく、秋と冬のすべての段階でバスにとって効果的です。

 

ワーミング

“The last way I find myself working a tailspin is by slowly creeping the bait along the bottom, or ‘worming it’ as I like to call it,” Redington said. “I do this when the water is really cold and the fish are inactive. Move your rod from 10 to 12 o’clock, maintaining some slack in your line, and slowly creep the bait along. You want to keep the tailspin low in the water column, bumping the bottom as you go.”

テールスピンジグの最後の使い方として、ゆっくりとボトムに沿ってルアーを這わせていく「ワーミング」と呼ばれるものです。水温が低く、魚の活性が本当に低い時に、これをやります。ロッドを10時から12時の方向に動かし、メインラインにいくらかたるみを持たせ、ゆっくりとルアーを這わせる。テールスピンジグを低いレンジに保ち、ボトムを叩くようにします。

 

テールスピンジグのタックル

Because he uses a tailspin in specific situations, Redington’s equipment for fishing a tailspin is extremely important and equally as explicit.
“I like a longer Dobyns 804 CB rod when fishing a tailspin,” Redington said. “There are a lot of reasons why, but mostly because it allows me to make longer casts and cover more water. Once I get a bite, that 8-foot rod really picks up a lot of slack in a hurry; which is important with those deep tailspin fish.
“The medium action of the 804 loads really well, so you don’t pull the lone treble hook from the fishes mouth. As far as a reel goes, just make sure you have a high-speed reel, like a 7:1:1 or faster. Same deal as with the longer rod, the high-speed reel will help you pick up slack and catch up to those deep fish.”

彼は特定の状況でテールスピンジグを使用しているため、レディントンのテールスピンジグ用タックルは非常に重要であり、また明白です。
「テールスピンジグで釣るときには、より長いDobyns 804 CBロッドが好きです。 理由はたくさんありますが、ロングキャストでき、より多くのエリアをカバーできるからです。バイトがあれば、8フィートのロッドならすぐにラインスラックを取れます。それはディープのテールスピンジグの釣りにとって重要なことです。」
「804のミディアムアクションは本当に素晴らしく、魚の口からトレブルフックがフックアウトすることがありません。リールはできる限り、7.1:1以上の高速リールであることを確認してください。長めのロッドと同じように、高速リールはラインすらっくを素早く回収し、ディープの魚をキャッチするのに役立ちます」

“I vary the size of my line depending on where I’m fishing,” Redington explained. “At home on Lake Fork where there are a lot of huge bass and lots of timber, I throw 17 to 20-pound P-Line Ultimate Fluorocarbon. But if I’m on a clear fishery away from structure to hang up on, I’ll go down to 10-pound or even 8-pound fluorocarbon. Fluorocarbon is really a necessity though, as it gives you the sensitivity to feel the blade thumping and to feel those light bites.”

「釣り場に応じてラインのサイズは変えています」とレディントンは説明します。「巨大なバスとたくさんの木材があるレイクフォークでは、17〜20ポンドのフロロを使います。しかし、クリアウォーターでストラクチャーへロングアプローチするときは、10ポンドまたは8ポンドのフロロカーボンにまで落とします。フロロカーボンはブレードの振動を感じ、わずかなバイトも感じる感度があるため本当に必要です。

 

冬になるとバスを釣るのは難しくなってしまうから、そんな時はレディントンのアドバイスに従ってテールスピンジグを試してみたらいいかもしれないね!

テールスピンジグはなぜか投げる人も多くなかったから、それがバスを釣るために実は効果的な理由のひとつだったし、寒い時期にどうやら本領を発揮するルアーみたいだから、冬でも巻いて釣りたい!って言う人はぜひ試してみて。その価値はあると思うよ♪

ちなみに当店ではやっぱりジャッカルのデラクーがおすすめ♪

ジャッカル デラクーの売場へ行く

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと,