野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

スモールマウスバスをジグヘッドで攻略!

      2016/06/30

Pocket

smallmouth-jig

photo by In Fisherman.com

素晴らしきスモールマウスバス用ジグの世界

papet-smile

こんにちは!

今日はスモールマウス用ジグの解説がされたページを発見したので引用して紹介するよ!

引用先"In-fisherman.com"(海外サイトです)by Matt Straw 

このなかでジグ(ジグヘッドリグ)は、バスはもちろんのこと、色々な魚に効く釣り界のメインステイ(頼みの綱)って言われてるくらい、あらゆるジグは水中の問題を解決してくれる存在として扱われているね。

たしかにその通り♪スモールマウスバスを釣るのにジグ、ジグヘッドリグは1年中タックルボックスに入ってるよね!

それからこうも言ってる。「誰かがよく言うじゃない、「1/8オンスのジグヘッドにワームで釣ったんだ」って。私はもっと知りたい。そのワームの名前と長さは?ジグヘッドの形とフックの長さは?だって、同じ1/8オンスのジグヘッドって言ったって、形が違えば同じ使い方とは限らないじゃないか」ってね!

年中有効なジグだからこそ、細かいところまで知らなきゃ意味がないっていうことなんだね。

そういう話からこの記事は書かれていて、ベストなセッティングや使うタックルによるアクションや特徴の違いについて話が進められているんだ。それもちょっと長いから、少しづつ引用していくね♪

ジグヘッドに万能なタックル、でも…

引用

Today's unbelievably light-yet-powerful 3- to 5-pound braided lines are like an elixir, transforming light-power Dr. Jekyl rods into maniacal Mr. Hyde whuppin' sticks. Tie in three feet of 6- to 8-pound fluorocarbon leader on your jig combo. It's capable of casting 5-inch grubs, worms, other plastics, and light hair jigs farther than you've thrown them before, with the right reel.

Many jigs match this system, depending on conditions.

The right shape, hook, and weight make this head ideal for swimming softbaits on spinning tackle with braid and a fluoro leader. But the vast “swim jig” category encompasses almost every style of jig and every kind of tackle. Go online to Tackle Warehouse and search for “bass swim jig.” Sixty models pop up. Most have skirts and weedguards.

今日のPEライン3~5ポンド(0.3~0.4号)と言えば信じられないくらい軽くて強い。そこに6~8ポンドのフロロカーボンのリーダーを1m結んでヘアジグを投げれば、今までのセッティングで投げてた5インチワームのジグヘッドリグよりも飛んでいきます。

状況にもよりますがこのシステムは多くのジグヘッドにマッチします。

スピニングタックルにPEラインとフロロリーダー、正常な形とフックと重さのジグヘッドを組み合わせてスイミングワームを泳がせれば理想的な泳ぎをします。しかし、「ジグヘッド」というカテゴリーは巨大で、ありとあらゆる種類のジグとタックルがあります。オンラインショップでスイミングジグと検索すれば60種類は見つかるし、ほとんどブラシガードやラバーが付いているんだ。

スイミングヘッド

swim-heads-in-fisherman

photo by In-fisherman.com

引用

Most manufacturers weigh the head, not the whole package. For lightweight operations, the Gopher Tackle Mushroom Head Jig with Gamakatsu 1/0 and 2/0 hooks excel. Gopher offers options in hook style and size with each head. They vary in weight, gap, sharpness, and bendability.

The flat back of the Gopher and other mushroom-shape jigs creates a seamless profile between the head and the softbait for a natural appearance in shallow water, where visibility is best.

がまかつフックを持つ"Gopher Mushroom Head Jig”は軽量化において卓越している。この他マッシュルームヘッドは、クリアウォーターの良好な視界において有効な、ヘッド部とワームのつなぎ目のない綺麗な見た目を作ることができる。

Every shape has its moments. But a balanced darter head, like the Gamakatsu Darter 26, actually flicks side-to-side slightly on a straight, swimming retrieve, adding a subtle ripple through the plastic, and a realistic swimming motion. Sometimes smallmouths prefer darter heads, sometimes not.

すべての形には(泳ぎの安定する)瞬間があるが、”がまかつ ダーター26”は上へチョンチョンと軽くはじくと、左右に跳ねる動きをし、リトリーブに戻すと、スイミングアクションに戻る。スモールマウスバスは時々、このアクションを好みます。いや、時々じゃあないね。

swim skirted jigs with single-tail grubs for smallmouths.  “I often swim them only 1 to 3 feet down over humps and reefs, and for bass suspended in 20 feet of water or more. In open water, I use a 1/4-ounce, homemade, Arkie-style head with no weedguard. If smallmouths go near it, they're hooked. I tip it with a 4-inch white Yamamoto grub. I match skirts to shad, shiners, ciscoes—whatever the predominant forage fish in the lake is.”

シングルテールグラブを付けたラバージグのスイミングはスモールマウスバスに効く。水深6mより深いオープンウォーターのハンプの中層にサスペンドするバスのわずか30㎝~1m下を泳がせる。自作したガードなしのアーキーヘッドラバージグをね。いればだいたい食ってくるよ。ゲーリーヤマモト4インチグラブの白を付けて。そこに住むベイトフィッシュが何であろうと、これならマッチするんだ。

since smallies are notorious sight-feeders. I use a similar tactic over and through weedbeds and tangled wood with skirted Terminator Finesse Jigs and Booyah Baby Boo Jigs. With a single-tail grub slowing the drop speed, small skirted jigs with premium hooks provide more hang time. Smallmouths locate them faster. But no jig is efficient in cover without a vertical eye placed at the nose. With horizontal eyes or eyes on top of the head, cover catches and clings to the head.

スモールマウスバスは目で食物を見つけることで有名だから、”ターミネーターフィネスジグ”や”ブーヤー Baby Boo Jigs”をウィードベッドなどで同様の戦術(リフト&フォール)で使います。シングルテールグラブのおかげでフォールスピードが遅くなり、より多くの時間をかけて見せることができる。スモールマウスバスはそれをすぐに見つけるだろう。しかし、アイが真上についているものでないとカバーをかわす効率が悪く、アイが横方向にあると、カバーにつかまります。

Monsoor swims jigs in the near-surface zone all summer, but works them deeper in spring and fall. “I reel steadily,” he says, “for smallmouths, largemouths, and spots. Sometimes I cast and let it drop through them, but I usually keep it within 3 feet of the surface. I like to be able to see it. If I start to reel too fast and I recite my mantra: ‘Floats like a butterfly, stings like a bee.'”

”Monsoor swims jigs”(写真にはありませんがスカートラバー量の少ないラバージグ)は、夏の間は表層近くで使いますが、春と秋は少し潜らせます。「ステディリトリーブで」彼は言う「スモールにも、ラージにも、スポッテッドバスにも効くよ。時々沈ませて使うけど、それでも水面より1mまで。それを見て動かしたいからね。私が早く巻き始める様を見てモハメド・アリの言葉を借りてこう唱えるのさ「蝶のように舞い、ハチのように刺す」

ボトム&万能型ヘッド

bottom-and-all-purpose-heads

photo by In-fisherman.com

引用

Lunker City Football Heads to swim plastics for smallmouths. “I'm still a big fan of light football heads with wire weedguards for grub fishing,” he told me. “I fish grubs slowly, and often let them rest on bottom. The football head lies flat, making it more snag-resistant than a ballhead. I usually fish 1/16- to 1/4-ounce versions with a twin wire guard if there's wood or rock cover to deal with.”

”Lunker City Football Head"は、スモールマウスバス釣りに有効だ。ラウンドヘッドジグヘッドより接地面積が広いため、1/16オンスのヘッドにグラブを付けゆっくりとリフト&フォール、時々ボトムに置くように使う。もし岩や枝などのカバーがあるなら、1/4オンスにダブルガード付きのものを使う。

Ballheads like the VooDoo Custom XX BallHead or Owner Ultrahead Round Head, otherwise the most stable, are great for swimming plastics, too. Every shape has its moments. But a balanced darter head, like the Gamakatsu Darter 26, actually flicks side-to-side slightly on a straight, swimming retrieve, adding a subtle ripple through the plastic, and a realistic swimming motion. Sometimes smallmouths prefer darter heads, sometimes not.

ラウンドヘッドなら”VooDoo Custom XX BallHead”か”Owner Ultrahead Round Head”がいいが、なければワームの泳ぎが安定するものがいい。

テキサススタイルヘッド

texas-style-heads-in-fisherman

photo by In-fisherman.com

引用

When swimming plastics through wood, reeds, or cabbage, I use 10-pound line with Texas-style jigs like the Fin-tech Title SHot Jig, Charlie Brewer's Slider Company Spider Head, or the Northland Jungle Jig-Loc.

All have eyes right at the nose, perfect for shedding cover on a straight retrieve.

スイミングワームを木、アシ、キャベツ(水生植物)の間を通して来たいとき、”Fin-tech Title SHot Jig”や”Charlie Brewer's Slider Company Spider Head”か”Northland Jungle Jig-Loc”などの「テキサススタイルジグ」を10ポンドラインで使う。

すべてアイが横にあり、カバーの中を真っ直ぐ引いてこれるものだ。

Treat these jigs like spinnerbaits—starting the retrieve just prior to splash down—and snags become rare, even in formidable cover.

これらのジグはスピナーベイトのように扱う・・・着水してすぐに巻き始めれば、恐るべきカバーでも引っかかることはまれである。

“For most softbaits, I use the Title SHot about 90 percent of the time,” Zaleski says. “It's virtually replaced the Texas rig for me. Fin-tech makes it in a variety of styles, but I use the standard streamlined version almost exclusively, typically in the 3/16- to 3/8-ounce sizes.”

ザレスキーは言う「ほとんどのワームに、私は90パーセント”Title SHot”を使うよ、もう事実上のテキサスリグさ」フィンテックのは色々なスタイルで使えるが、私は3/16オンスから3/8オンスまでのサイズのスタンダード流線型タイプばかり使ってるよ。

ワッキー&シェイキーヘッド

wacky-and-shaky-heads-in-fisherman

photo by In-fisherman.com

引用

Many jigs have been designed for wacky rigging, with smaller hooks and weedguards for finessing through cover, like the Keitech Tungsten Fine Guard Jig, which has a head that excels for “swim shaking” around cover in clear water.

多くのワッキーリグジグヘッドは、”ケイテック タングステンファインガードジグヘッド”のように小さなフックにブラシガードが付いており、クリアウォーターのカバー周りでシェイキングスイムができるように設計されている。

The Buckeye Flick-It was designed for wacky rigging on bottom. “We built it once we saw the success of Jackall's Flick Shake Worm,” Altman says. “It's designed for wacky presentations on bottom. The head is designed to get on bottom quickly, walk efficiently, and keep the bait in an upright position with a hook angle of about 60 degrees.”

” Buckeye Flick-It”はワッキーリグをボトムで使うためにデザインされました。「ジャッカルのフリックシェイクの成功を見てそれを作った」とし、ボトムに素早く到達し、効率的に歩き、60度のフック角度で真っ直ぐワームが保たれるようになっています。

専用ヘッド①

specialized-heads-in-fisherman

photo by In-fisherman.com

引用

The newest Buckeye jig is the Goby Sled, designed by inventive bass pro Anthony Gagliardi. “It's designed to lie on bottom, with the hook pointing up,” Gagliardi says. “Lift the rod tip and it glides along bottom. On the Great Lakes, I wanted to drag a goby lure on bottom because that's what gobies do—glide along the bottom.

”Buckeye jig is the Goby Sled”はボトムに付いたときにフックが上を向くのが正しい姿勢になるよう設計されています。ロッドティップを持ち上げた時、ボトムでジグが横に滑ります。

When a fish bites down on it, the shape of that head keeps the hook pointing up for a better hook-set. It never turns sideways like some jigs do.”

バスが下りてきて上からバイトするとき、フックは上向きをキープし、他のジグがそうなるように、このジグは倒れたりしません。

“I use 8- to 10-pound line in clear water for smallmouths, heavier line with casting gear in cloudy water, with a 7-foot worm rod,” he says. “I use hand-pours because the flat bottom seats nicely on that head.

クリアウォーターでスモールマウスバスを狙うとき、7フィートのワームロッドに8~10ポンドのラインを使います。そしてハンドポワードのワーム。その方がジグヘッドとフラットなボトムにぴったり沿うようになるからです。

If a style of softbait ever needed a specialty head, it's Berkley Gulp! It's a great fish-catching concoction, but so slippery it tends to slide down and bunch on the hook after a swing-and-miss.

ソフトベイトのスタイルが専用のヘッドを必要とするならば、それは”バークレイ ガルプ!”です。ガルプは、大きな魚がバイトしてくるような調合がなされています。しかし滑りやすく、ミスバイトなどがあるとすぐワームが下にズレてしまいます。

The Gulp! Grip Baitholder is the key, gripping the slippery stuff better than ever. Gulp! Heads, made with a new lead-free Tundra Composite, are available in three styles: JiggHead, Minnow JiggHead, and BDS (Bait Delivery System). The hooks are right for smallmouths—the 1/8-ounce versions with thin-wire, 1/0 and 2/0 needlepoints, and sizes up to 3/8- and 5/8-ounce for exploring deep.

ガルプは、ワームキーパーがカギでした。そしてこれまでより滑りやすいものでもキープできるようになりました。このガルプヘッドは3つの使い方で利用できます。ジグヘッド、ミノージグヘッド、ベイトデリバリーシステム。フックは対スモールマウスバス用に1/8オンスに細いワイヤーの1/0と2/0フック、ディープ用に3/8~5/8オンスがあります。

 

専用ヘッド② スイムベイト ジグ

swimbait-jigs-in-fisherman

photo by In-fisherman.com

引用
The growth of soft swimbaits demanded specialized heads for exposed-hook, horizontal techniques with dense plastics. Soft swimbaits tend to be heavy, demanding stout tackle and stout hooks. The Yamamoto Swim Jig, Buckeye J-Will Swimbait Head, and Lunker City Fin-S Head match swimbait tactics for big smallmouths. They're not too heavy, but certainly heavy enough.

柔らかいスイムベイトとスイムベイトを水平にスイミングさせるテクニックの成長は、スイムベイトに専用のヘッドを要求しました。スイムベイト用タックルは、重く、頑丈なタックルと頑丈なフックである傾向があります。 ”Yamamoto Swim Jig”や” Buckeye J-Will Swimbait Head”や” Lunker City Fin-S Head”などはビッグスモールマウスバス狙いに使用されます。それらはそれほど重くはありませんが、しっかりしたウエイトは確保されています。

最終的には調整

引用

The moral of my mixed-up nursery rhyme was to pay attention to drop speed and balance. No matter what smallmouth bass jigs we select (dozens of great options exist), we need to cover weights from 1/32- to 1/2-ounce. Each weight-class requires models with different hooks in different diameters to both alter drop speed and match different line diameters. Only then can your selection be “just right” for each situation.

どんなスモールマウス用ジグヘッドを選んだとしても、フォールスピードとバランスを調整するために1/32オンスから1/2オンスまでそろえておく必要があります。

各々の重さに異なるフックとフック経、結ぶラインの太さでフォールスピードを調整し、その時の「正解」を要求されるのです。

ジグヘッドのチューニング

引用
Keeping plastics in place during a hot bite creates better results.
“Most jigs have big, soft-plastic keepers of molded lead on the hook shank behind the head that tend to tear softbaits,” says In-Fisherman Field Editor, Gord Pyzer. “I cut those off with side cutters and use shrink wrap to make a much better keeper on a jig. Another trick: Cut off the thick lead collar and use Loctite Super Gel. I don't know why, but Loctite is much better than all the others.I talked to a soft-plastic manufacturer and he told me they use Loctite Super Gel to secure eyes on softbaits.

ワームにバイトがあったら放っておいた方が良い結果になりやすい(でもミスったらワームが避けて取れてしまう)。多くのジグはヘッドの後ろのシャンクにワームキーパーがあって、それがワームを裂いてしまう傾向にある。「私は収縮チューブをカットして巻き、より持ちを良くしています」もう一つ、ワームキーパー部の色を落として、”ロックタイスーパージェル(アメリカのゼリー状瞬間接着剤)”を塗ってください。なぜかわかりませんが、これが一番いいです。ワームのメーカーの人にこれが一番いいと教えてもらいました。それで、魚の視線がより長くワームに向くのです。

日本でも使えるかな?

papet-smileどうかな?
いろいろな種類が紹介されていたけど、たしかにどれもスモールマウスに効きそうな使い方だと思う♪
僕は「あっ、これ今度やってみたいな!」っていうのが何個かあったよ。

でもさ、アメリカのスモールマウスフィッシングってもっとパワーで押す釣りなのかと思ったら意外と日本っぽくちゃんとスピニング使って軽いジグヘッドでバランスを気にしたりするんだね!めっちゃ繊細♪
なんか、負けてらんないなーってなるね!

アフターの今頃から秋にかけて、ディープでジグ!っていうパターンがあるはずだから、試してみよう!
それじゃあ今日はこの辺で♪みんな、いい釣りを!

 

 

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと