野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

スピナーベイトのカラー戦略②(全2回)

      2017/02/16

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日も海外サイトより、”Largemouth Spinnerbait Color Scheming”という記事を引用してご紹介しております!

引用先:http://www.in-fisherman.com”Largemouth Spinnerbait Color Scheming”In-Fisherman August 22nd, 2012(海外サイトです)

全2回中の2回目です。1回目の記事はこちら→スピナーベイトのカラー戦略①

前回はトーナメンターであるケビンバンダムの意見を見ることができました。

今回は、このサイトのライターの一人で、熱心な釣り人であり漁業科学者である、ラルフ・マンスさんの研究結果と、ターミネーター社の広報担当であるアラン・マクガキンやその他メーカーの方の話となっております。

トーナメンターとはまた違った視点があるのではないでしょうか。興味がありますね。早速読んでみましょう。

 

カギとなるのはコントラスト

“Two key factors are whether a lure can be seen, and then whether it looks edible and catchable,” he says. “Bass can be selective, hitting only lures with the same colors or flash of the currently targeted prey. Usually this color fixation occurs only when bass have found an abundant prey supply and are feeding competitively.

“Visibility depends to a large degree on background color. Is the lure above the bass, under them, or at the same level? Is the background dark rock, green vegetation, or blue sky? A dark lure on a dark bottom or a green bait in vegetation is camouflaged and natural in appearance, but may go unseen. Solid colors like bubble gum or chartreuse that are interesting in silhouette may look phony on the bottom. But over a dark bottom, a bass may, for example, notice and approach a pumpkinseed-color spinnerbait with a chartreuse trailer.

“That sort of partial camouflage creates a lure that's hard to define but easy for bass to find because the trace of chartreuse contrasts and adds visibility. Two-tone spinnerbaits work well when fished near bottom, while those fished well above the fish would best mimic silvery baitfish.

“The cone cells that give bass color vision have maximum sensitivity to blue-green and red-orange. Red against green water or a vegetation background creates high visual contrast. Other pairs of colors that each stimulate different eye cells, like blue and yellow or green and orange, make lures easier for bass to detect.

“Red may be attractive by imitating blood and injury. In brown or silty water, however, where red to yellow light is predominant, red-orange and brown lures reflect available light and may be the most visible color.

“Red light is absorbed rapidly in the top few feet of water, regardless of water color. Green light penetrates deepest in green water. And in clear and deep water, every light frequency but blue is absent. All other colors tend to darken with increasing depth. In the depths, blue lures reflect light while reds are dark.”

「重要な要素として、ルアーが見えるかどうかに関わらず、それが捕獲可能か、食えるかどうか、の2つがある」と彼は言う。 「バスはセレクティブで、現在ターゲットとなっているベイトと同じ色またはフラッシュをするルアーでのみヒットさせることができます。通常、こういった色のこだわりは、バスが豊富なベイトを見つけて、競争的にベイトを食っているときにのみ発生します。」

「視認性は背景色と大きく関わっています。ルアーはバスの上か、下か、同じ目線か?背景は暗い岩か、緑色のウィードか、青い空か?暗い底での暗いルアーやウィード中での緑色のルアーはカモフラージュされ、自然な演出となりますが、見えなくなってしまうことがあります。バブルガムやチャートのようなソリッドカラーは、ボトムでは興味深いシルエットに見えるかもしれません。しかし暗いボトムの上では、バスは例えば、グリーンパンプキンカラーのスピナーベイトにチャートのトレーラーでは気づいて接近してくるかもしれません。」

「そのような部分的なカモフラージュは、定義するのは難しいのですが、バスが見つけるのに簡単なルアーを作り出します。ツートンスカラーのピナーベイトはボトム付近での釣りでも、バスの上で釣るときでも銀色のベイトフィッシュを最もよく模倣します。」

「バスに視覚を与える錐体(すいたい)細胞(色覚の基礎となるもの)は、青-緑と赤-オレンジに最大の感度を持っています。緑色の水やウィードの背景に対する赤色は、高い視覚的コントラストを作り出します。青色と黄色、または緑色とオレンジ色のように、それぞれ異なる目の細胞を刺激する他の色の組み合わせは、バスがルアーを見つけるのをより容易にします。」

「赤は血液と傷を模倣することで魅力的かもしれません。しかし、赤から黄色の光が優勢である茶色または泥底の水では、レッドオレンジおよび茶色のルアーは自然光を反射し、最も目に見える色であり得ます。」

「赤色の光は、水の色に関係なく、水面から数フィートで急速に吸収されます。緑色の光は、緑色の水の中では最も深く浸透します。そして、透明で深い水の中では、青以外のすべての光の周波数はなくなります。他の色は深さが増すにつれて暗くなります。ディープでは、青いルアーは光を反射し、赤は暗くなります。」

 

その他の色について

Texas anglers have long relied on red Rat-L-Traps and other vibrating baits in spring. At this time, rising water levels have made the water murky and have left dense beds of hydrilla and coontail several feet below the surface. Anglers fish red lures above the grass, barely ticking it, to entice a strike from below. Perhaps red in contrast against green vegetation, as Ralph Manns mentioned, contributes to red's effectiveness.

Innovative anglers have found red-hued spinnerbaits equally effective and more snag-free. Rick Collis, veteran guide on Lake Fork, fishes a Johnson spinnerbait with a red head and chartreuse skirt almost exclusively in spring when the water's dingy. “Red is just a killer color at that time, maybe because bass are eating a lot of crawdads,” he notes. Adding chartreuse gives an extra attractor in low visibility conditions.

“Bass feed heavily during the prespawn, and any help you can give them in finding a lure helps. That's why I use Colorado blades, to give off more vibration to let fish know something's out there.”

テキサスの釣り人は、春に赤いラトルトラップやその他のバイブレーションルアーに長い間依存してきました。このときは、水位の上昇により水が濁っており、水面下数フィートのクロ藻とマツ藻の高密度に床に残っています。釣り人は赤いルアーをウィードの上を、かろうじて動く速さで通し、下からストライキを誘惑する。ラルフ・マンスが述べたように、緑色のウィードとは対照的な赤色は、その効果があるのだろう。

革新的な釣り人は、赤い色のスピナーベイトが同等に効果的で、引っ掛かりも少ないことに気付きました。レイクフォークのベテランガイドであるリック・コリスは、春にはほとんど赤いヘッドにチャートスカートのジョンソンスピナーベイトで釣っています。 「赤はその時のキラーカラーです。おそらくバスはたくさんのザリガニを食べているからです。チャートを追加すると、視界の悪い条件でさらに視認性が得られます。」

「バスはプリスポーンの間にエサを大量に摂るため、どんなルアーでも見つけてくれるのを助けてくれます。だからこそ私はコロラドブレードを使って、よりバイブレーションの大きいもので魚に何かがあることを知らせています。」

 

業界的な視点

Alan McGuckin, Public Relations Manager for Outdoor Innovations, makers of the Terminator, comments on color from the business side.

“We follow the advice of our pro staff and do a lot of field testing to determine skirt, blade, and head combinations that make a lure effective.

“We offer a wide selection, but it seems that too many anglers want to buy only basic chartreuse, white, or combinations of chartreuse-white. We've had to remove some of our best colors from our spinnerbait selection. Our gizzard shad color, which included gold, silver, and black, was a killer, but it didn't sell well.

“Arkansas bass pro Rob Kilby designed the blue shad, with a SilaChrome blue skirt matched with two nickel blades. That bait is deadly in clear water, but the blue didn't interest anglers as much as it interested bass.” One of my favorite Terminator colors for northern lakes was shellcracker, with a touch of strawberry, blue, and chartreuse. Its sunfish appearance is a killer around vegetation, but it too is only available in a slip-on skirt, a great feature offered by companies like Outdoor Innovations and Northland Tackle. “I hope your article educates anglers in the need for different colors,” McGuckin adds.

ターミネータールアーの製造元であるアウトドアイノベーションの広報担当者、アラン・マクガキン氏は、ビジネス的な側面としての色についてコメントしています。

「我々はプロスタッフの助言に従い、魅力的な効果をもたらすスカート、ブレード、ヘッドの組み合わせを決定するために多くのフィールドテストを行います。」

「私たちは幅広い色の選択肢を提供していますが、あまりにも多くの釣り人は、基本的にはチャート、白、またはチャートと白の組み合わせだけを購入したいと考えています。私たちはスピナーベイトの選択から最高のカラーを廃盤にしなければなりませんでした。当社のシャッドカラーを含む、ゴールド、シルバー、ブラックカラーはキラーカラーでしたが、それはあまり売れませんでした。」

「アーカンソーのバスプロ、ロブキルビーは、「ブルーシャッド」という2つのニッケルブレードと合うシラクロームに青のスカートをデザインしました。そのルアーはクリアウォーターで効果的なのですが、バスがブルーに興味を示すほどは釣り人は興味がありませんでした」北部の湖で私の好きなターミネーターカラーの1つは、シェルクラッカーにわずかにイチゴと青、チャートのついたものです。そのサンフィッシュ的な外観は、ウィード周りのキラーカラー(必殺カラー)ですが、そのオプションスカートは、アウトドアイノベーションやノースランドタックルなどの企業によって提供される素晴らしい特徴のある物しか使われていません。 「あなたの記事で、色々な色の必要性があることを釣り人に教えてほしい」とMcGuckin氏は付け加えた。

Skirts Plus, the maker of the silicone roll-up skirts for both those companies, also offers their Nature Scale Kit. With the simple tool provided, you can create your own skirts, matching colors of preyfish or adding highlights that may increase bites under various conditions.

For versatility in blade choice, Terminator and Secret Weapon Lures offer special designs. Terminator's Jimmy Houston Speed Bead Series incorporates a small silicone bead on the wire frame that lets you swap the rear blade, and the Quik Clevis lets you change the front blade, too. Secret Weapon spinnerbaits feature a flexible arm with a snap at the end for changing blades, and an alternative color is packed with each spinnerbait for tinkering at home or in the boat.

For the ultimate in realism, check Millennium Lures, offering spinnerbaits with photo finishes of preyfish on the head and blades. According to company president Don Frey, images are dipped in rubberized clearcoat to provide a long-lasting finish to their special bent-blade willowleaf spinnerbaits.

Cliff Liddy of Persuader American Lures of California notes that western anglers seem more willing to break the mold when it comes to largemouth spinnerbait color. His company offers blades with powder painted blades and heads, a process by which colors are electrostatically applied, which is more costly than painting but gives a more translucent look.

”Our chartreuse-blue combination has been a fast seller for several years,” Liddy reports. “We sell loads of them in Arkansas and Missouri, suggesting that many avid anglers are seeking new blade combinations but are having a hard time finding them among local manufacturers. Our new rainbow trout model has found huge demand out west.”

Frank Johnson, president of Johnson's Jigs and Spinnerbaits of Quitman, Texas, notes another fact: Bass bite the spinnerbait you have tied on, not the one in the tackle box. “I've seen anglers catch fish on the most outlandish color combinations, then they try to find more like them, or else they call and ask us to make one like that.

“We offer a large array of colors that match many water conditions and common types of bass prey, but standard colors offer economic benefits to lure companies. Price discounts are associated with large purchases of standard colors, which result in larger profit margins for retailers. We get input both from the retailers who want the basics and from avid anglers seeking unique stuff.”

Overall, a trend to more lifelike spinnerbait skirts has occurred, matching them to traditional gold and silver blades. Stanley Jigs now offers primarily nature-based skirt combinations. “We see great demand for these new natural colors,” says company founder Lonnie Stanley. “Our Super Scales colors such as rainbow trout, peach perch, baby bass, crappie, Cajun crawfish, and sun perch have been successful, both for retailers and for anglers.”

スカートプラス社も、スカートのメーカーであり、シリコンロールアップスカートのキットを販売しています。シンプルなツールを使用することで、自分のスカートを作ったり、ベイトの色にマッチさせたり、さまざまな条件の下でバイトを増やすためのハイライトを追加することができます。

ブレードの選択肢の多様性のために、ターミネーター社とシークレットウェポンルアーズ社は特別なデザインを提供します。ターミネーター社のジミーヒューストンスピードビーズシリーズは、ワイヤーフレームに小さなシリコンビーズを組み込んでいるので、後ろのブレードを交換することができ、クイッククレビスで前のブレードも交換できます。シークレットウェポン社のスピナーベイトには、ブレードを交換するためアームの端にスナップを備えており、自宅やボートで交換ができるように、各スピナーベイトに別カラーのブレードが同梱されています。

リアリティの究極としては、ヘッドとブレードにベイトの写真仕上げのスピナーベイトを提供するミレニアムルアーをチェックしてください。社長ドン・フレイ(Don Frey)によると、独特の曲がりをしたブレードのウィローリーフに写真を写し、ゴム製のクリアコートに浸され、スピナーベイトが長持ちする仕上がりになっています。

カリフォルニアのアメリカン・ルアー社の営業マンであるクリフ・リディーは、西部の釣り人は、ラージマウスのスピナーベイトの色に関しては、より型破りであることをいとわないように見えると述べています。彼の会社はパウダー塗装のブレードとヘッドを備えたブレードを提供しています。これは色が静電的に貼り付けられるプロセスで、塗装よりもコストがかかりますが、より半透明な外観になります。

「このチャートとブルーの組み合わせは、数年前から急速に売れています。 アーカンソー州とミズーリ州では、多くの熱心な釣り人が新しいブレードの組み合わせを模索しているが、地元の製造業者の間で見つけるのは難しいことを示唆しています。私たちの新しいニジマスモデルは、その西部からの大きな需要を見出しました。」

テキサス州のジョンソンカスタムベイツ社(ジグ&スピナーベイト)のフランク・ジョンソン社長は別の事実に気づきました。バスはあなたが結んでいるスピナー・ベイトにバイトしました。タックル・ボックスの中のものではありません。 「私は釣り人が最も奇妙な色の組み合わせで魚をキャッチしているのを見ました。その後、似たような物を探し、なければ会社に電話してそのようなものを作るように頼んでいます。」

「我々は多くの水のコンディションや一般的なバスのベイトにマッチする多くのカラーを提供しますが、定番カラーは企業に対し経済的利益を提供します。 割引価格で買えるのは、定番カラーの大量仕入れが関係しており、その結果、小売業者の利益率がより高くなります。 私たちは定番カラーを求めている小売業者と、ユニークなものを求めている熱狂的な釣り人の両方からインプットを得ています。」

全体的に、よりリアル系のスピナーベイトスカートが、伝統的なゴールドとシルバーのブレードに合っています。 スタンレージグ社は、主にナチュラル系のスカートの組み合わせを提供しています。 同社の創業者であるロニー・スタンレー氏は次のように述べています。 「レインボートラウトカラー、ピーチパーチカラー、ベビーバスカラー、クラッピーカラー、ケージャンクローカラー、サンパーチカラーなどのリアルグラデーション系カラーは、小売店や釣り人にとって成功しています。」


 

いかがでしたか。

科学的な視点、それから色々なメーカーの社長さんや営業の方、広報の方の話など、いろんな視点で話されていたことや、具体的な商品名やカラー名が出されていたことが良かったですよね。

話が少し難しいのと、結局いろんな要素があり過ぎることも分かってしまいましたがね(笑)

まとめると、その水質や天気やベイトフィッシュに合った定番色(リアル系)を押さえつつ、とんでもない色のスピナーベイトも使ってみたほうがいいかもしれない、ということでしょうか。

それからリアル系のツートンカラーも効果あり、と。本当はもっと膨大な量の情報でしたけど(笑)

私も実際は白かチャートのスピナーベイトがメインで、あとは鮎とかシルバー系ばかりです。それだとベイトとのマッチングが足りなかったとか、他の人とかぶり過ぎて反応が悪かったのかもしれません。

いえ、釣れない理由は他にもいっぱいあるのでしょうけど、カラー選択を自信を持ってできるようになれば、あとは釣れない場合はリトリーブスピードやコースが悪いって考えられますから、こうやってカラーのことを知るのは大事なことですよね!

これでまた、釣りたい楽しみが増えてしまいました。早くラージマウスバスが釣りたいです!

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと