野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

ジグトレーラーをスーパー長持ちさせる方法♪

      2016/12/23

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は【小ネタ】です。

ラバージグやスピナーベイトにつけるトレーラー、どんな取り付け方をしますか?

だいたい通し刺しかちょん掛けですよね。ラバジの一体感を出したい場合は通し刺しで、またチョン掛けするとトレーラーが生々しく動くので、使い分けをすると思います。

ただこのちょん掛けが問題で、バスのバイトがあったり、ちょっとした根掛かりを外した時、スキッピングしたときなど、すぐになくなってしまいますよね?これがどうにもツラいのです。

そこでちょっとした方法でトレーラーの寿命を延ばしてあげようというセコテクをご紹介します♪

用意するものはつまようじを一本だけ。

つまようじをフックを刺そうとする場所より手前側に刺して貫通させてください。ここでちょっとした罪悪感が芽生えますがこれから節約できる効率を知れば今後は平気になります(笑)

貫通させたらニッパーなどではみ出したつまようじをワームギリギリのところで切り落としてください。刃物の取り扱いには充分注意してくださいね。

ラバージグにセットするときはつまようじの奥側へフックを通してください。

セットするとこんな感じ。分かりやすいように短めラバーと大きめワームを使ってますのでバランスは悪いですがそこはマネしないでくださいね(笑)

こうすることによりワームに掛かるフックの負荷が分散されるので、引っ張る力に対してものすごく強くなります。かなりの力でワームを引っ張ってもちぎれません!

せっかくいい場所にスキッピングで入れたのに、回収したらトレーラーが取れてるじゃーん!とか、バイトがあってフッキングが空振りしたとき、回収したらトレーラーがないー!なんてことは本当に多いですよね。

このセコテクは最近のお高いワームをなくすという精神的ダメージからあなたを守るほか、その分のおこづかいも守ります。そしてなにより、「回収したらトレーラーが取れてました現象」がなくなるということはバイトチャンスタイムが延びるということで釣果にも直結するのです。

はみ出たつまようじの見た目が気になる方はマジックなどで黒く塗れば、「目玉効果」も得られるかもしれません。

あまりに細身のワームでは意味がありませんが、太めなワームを使う場合は効果抜群ですし、上手く応用すればオフセットフックでも使えるかもしれませんね。

どうぞこの節約&釣れテク、お試しください♪

Pocket

 - フィッシングライフ