野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

シャローの冬バスを釣る7つのヒント

   

Pocket

Photo by scout.com

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”7 Tips for Catching Shallow Winter Bass”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:scout.com”7 Tips for Catching Shallow Winter Bass” Dec 3, 2013(海外サイトです)

 

バス釣りでは一般的にオフシーズンとされている冬。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私は回数は減ってしまうものの、冬でもバス釣りに出かけるのが大好きです。

フィールドへ向かう道中、ホームセンターで携帯用カイロのお徳用パック1箱を買い(貼れるタイプのやつ)、いざ現場に付くと全面結氷…このワクワクを返して…となることもままありますが(笑)、今はそんな気持ちすらSNSなどで共有してくれる人もいっぱいいますので、それがまた冬の釣りの楽しいところでもありますよね。

さて運よく釣りができるフィールドに到着するとまず考えるのが、釣れそうなところ。メディアなどで紹介される冬バスのセオリーとしては、深場を狙えという風になっていますので、私もそれにならってそのあたりで一番深そうな場所に目星をつけて粘るというスタイルになるのですが、冬でも、シャローの釣りを貫く方というのはいらっしゃいます。

セオリーに逆らうのが好きという限りではないと思いますが、自分のスタイルを貫いて釣る1本というものは、また格別な思いがあると思います。冬だからこそ、なのだと思います。

 

この記事は、アメリカの釣りメディア「Wired2Fish」の記者によるFLWのプロ、クレイトン・バッツ氏への取材から、シャローで冬バスを釣るための7つのヒントが書かれています。これから冬のシャローを攻略してみたいという方は、読んでみてはいかがでしょうか。

 

1:暖かい水に、アクティブなバス

You can certainly fish deep water schools and catch a bunch of bass. Wintertime bass schools don’t relocate very often, so it’s a great way to catch numbers of fish. If you’re looking to catch bigger bass and have a great chance at a huge limit, however, finding the warmest water is essential.

Did you know? Wind can significantly lower the water temperature in an area, so if it's super-cold and you're looking for a shallow bite, calmer areas can actually be more productive.

“When the water gets cold, bass don’t eat very much,” Batts said. “Their metabolism becomes ridiculously slow, resulting in very little feeding activity and small feeding windows. Shallow water warms up faster in sunny conditions, which is the reason I love to fish shallow in cold weather.”

As the sun becomes higher throughout the day, bass will gravitate toward the warmest water available and slowly move onto shallow flats and cover in order to feed. This sparks an increase in their metabolism and makes them more apt to chase down prey.

“Warm water doesn’t only attract bass,” Batts said. “It also attracts big schools of shad and makes the crawfish more active as well. When the bass slide higher into the water column and into shallower water, they have a virtual buffet just sitting there and waiting on them.”

It’s important to note, however, that bass behavior is unique to each specific fishery. On dream fisheries such as Lake Falcon, Lake Fork or Lake Guntersville, it may be totally possible to catch a 30-pound limit in 30 feet of water throughout the winter. On most “normal” fisheries—lakes that most of us likely fish—you can sift through hundreds, and sometimes even thousands, of small, deep water bass before catching a single 3-pounder. If you’re looking for that ever-elusive trophy bass, however, locating the warmest water temperatures is a must.

確かにディープにいる群れを釣れば、多くのバスをキャッチすることができます。冬のバスの群れは頻繁に移動しないので、数を釣るのには最適です。しかし、より大きなバスを捉え、マックスサイズのバスを釣るチャンスを掴むには、最も暖かい水を見つけることが不可欠です。

ご存知でしたか?風は特定のエリアの水温を大幅に下げてしまうので、寒さの中でもシャローでのバイトを求めているなら、静かなエリアはより有効になります。

「水温が低くなるとバスはあまり食べられない」とバッツは言います。 「彼らの代謝は非常に遅くなり、摂食回数がほとんどなくなり、摂食量も少なくなります。シャローは晴れた時にはより早く暖まるので、寒い季節にはシャローを釣るのが大好きな理由になります」

太陽が一日のうちで高くなってくると、バスは最も暖かい水の方へと引き寄せられ、ゆっくりとシャローフラットのカバーへ移動し、食べ物を探します。これによりさらに代謝の増加が促され、彼らをフィーディングする気にします。

「温かい水はバスを引き付けるだけではありません。 それはまた、大規模なベイトフィッシュの群れを引き付け、ザリガニをより活発にします。バスが中層から表層へ、またはシャローへ入り、そこに座って待っているだけで食事がやってくるのです。」

しかし、バスの振る舞いについてはそれぞれのフィールド固有のものであることに注意することが重要です。レイクファルコン、レイクフォーク、ガンターズビルレイクなどのメジャーフィールドでは、冬の間でも水深9メートルで13000グラムのリミットメイクが可能かもしれません。ほとんどの「普通の」湖では、私たちの大部分はおそらく1匹の3パウンダーを捕まえる前に、何百、時には数千ものディープの小バスを釣るはめになるかもしれません。しかし、それほど難しくない特大のバスを探しているなら、最も水温の暖かい場所を見つけることが必須です。

 

2:ディープが隣接するシャローに注目する

Winter bass don’t like to move if they don’t have to—I wouldn’t either if I were in that frigid water. Rarely will they totally pack up and relocate in the colder months. More times than not, they prefer to move vertically throughout the water column, making adjacent deep water a very important ingredient to a productive shallow pattern.

“If you’re talking about shallow bass fishing in the winter, you don’t want to target the very backs of creeks,” Batts said. “Instead, look for shallow water that has deeper water nearby.”

On many fisheries, these kinds of areas can be found on main lake or main river banks, channel swing banks or near primary points. These areas essentially give bass the best of both worlds—access to a shallow feeding area and the security of deeper water in which they can suspend. With very little exertion, they’re able to have everything they need to survive in a single, compact area.

冬のバスは、動き回ることを好みません。私がバスだとしてもそうなるでしょう。 彼らは冬にはめったに引っ越しも移転もしません。 多くの場合、水中を垂直に移動することを好むため、エサのいるシャローに隣接するディープを非常に重要視しています。

「冬のシャローのバス釣りといっても、バックウォーターは対象にしません。 代わりに、近くにディープがあるシャローを探してください。」

多くのフィールドでは、こういったエリアはメインレイクやメインリバーのバンク、チャンネルの曲がり角が接近するバンク、または主要な岬の近くにあります。 これらのエリアは基本的にバスをシャローのフィーディングエリアへのアクセスと、ディープでの安全確保の両方の面で最高のものにします。 非常に少ない労力で、ひとつの狭いエリアで、生きるためのすべてを持つことができるのです。

Photo by scout.com

3:初めはリアクションベイトで

Throughout the wintertime months, you won’t see me throwing soft plastics very often on my home waters. You can cast to some deep bass or pitch to cover in hopes of lucking up and catching a nice one, but a crankbait is always my starting point. It allows me to do two things—eliminate dead water and force reaction strikes from otherwise inactive bass.

Batts agrees with this theory, primarily focusing on hard reaction baits such as shallow-running crankbaits and bladed swim jigs.

“My first choice when fishing in the winter is a 3 to 5-foot SPRO John Crews Little John Crankbait,” Batts said. “Although the shallow bass you’re targeting are most likely looking to eat, you have to remember—they probably won’t be chomping at the bit. It’s important to make these bass react to something.”

Slow your roll! Crankbaits can really shine in the winter, but it's important to slow your retrieve to cater to the inactive bass. Many of your bites will come when the crankbait is barely wobbling side-to-side, so if you think you're fishing slow-- slow down even more!

Bladed swim jigs also provide a great “in-between” presentation for shallow, winter bass. When retrieved slowly, they represent a big, protein-rich meal that a big bass doesn’t have to aggressively pursue.

“When I throw a bladed swim jig this time of year, I like to stroke it slowly off the bottom,” Batts said. “It still provides enough thump and flash to force a reaction strike while its big profile tends to attract larger bass. This technique provides a lot of my kicker fish in winter tournaments, but you have to be patient. You’ll probably only get a few bites on it, but they’ll definitely count.”

冬の数ヶ月を通して、あなたは私がホームレイクでワームを投げることを見ることはないでしょう。ディープのバスへキャストしたりシャローカバーへのピッチングをすれば、運よくナイスワンをキャッチすることはできると思いますが、私はいつもクランクベイトからスタートするのです。それは私に2つのことをさせてくれます - デッドウォーター(可能性のないエリア)を排除しつつ、その他の非アクティブなバスから強制的にリアクションバイトを得られます。

バッツはこの理論に同意します。主に、シャロークランクベイトやチャターベイトなどのハードリアクションベイトに焦点を当てています。

「冬の釣りをするときの私の最初の選択は、1~1.5メートル潜るSPRO John Crews Little John クランクです。 ターゲットとしているシャローのバスは、食べようとしている可能性は高いですが、覚えておく必要があります。これらのバスをどう反応させるかが重要なのです。」

リトリーブを遅くしてください!冬のクランクベイトは本当に効くことがありますが、非アクティブなバスに合わせるためにはリトリーブを遅くすることが重要です。バイトを多くしたいなら、クランクベイトがかろうじてウォブリングする程度に、あなたがスローに釣っていると思うところから、さらに減速してください!

チャターベイトは、冬のシャローのバスのためのすばらしい「中間的な」プレゼンテーションを提供します。ゆっくりとリトリーブすると、ビッグバスが一生懸命に追う必要がない、タンパク質が豊富で、最高の食事になります。

「この時期にチャターベイトを投げるのなら、ボトムを切ってゆっくりと巻きます。これは大きなシルエットが大きなバスを引き付ける傾向がある上に、リアクションバイトさせるための振動とフラッシュを提供するのです。このテクニックは冬のトーナメントで多くのキッカーフィッシュを提供しますが、忍耐強くなければなりません。もしかしたらバイトは少ししかないかもしれませんが、やる価値があるのです。」

 

4:フォローでワームも使うが、使い方は異なる

If the shallow bite isn’t happening with your favorite hard reaction lures, a jig or heavy Texas rig is a great fallback option. You won’t be able to cover water as quickly, but you’ll still have the opportunity to elicit reaction strikes.

Although conventional wisdom dictates we choose the smallest, most non-threatening and natural soft plastics throughout the winter, you can catch some great big bass by simply upping your bait size and fall rate.

“I like to use a 1/2-ounce Secret Lures MVP Flippin’ Jig when it gets really tough,” Batts said. “I’m definitely going to stay in shallow water, but I’m going to slow down and bulk up my profile. For the same reason I prefer hard baits this time of year, I like a big, heavy jig so I can surprise that big bass and make her bite quickly.”

あなたの好きなハードリアクションベイトでもシャローでバイトがない場合、ジグやヘビーテキサスリグは素晴らしいバックアップオプションです。 エリアをすばやくサーチすることはできませんが、リアクションバイトを引き出すチャンスはあります。

普通なら、冬の間はスレさせないように小さくてナチュラルなワームを選ぶようにアドバイスするところですが、単にワームの大きさとフォールスピードを上げるだけでビッグバスを捉えることができます。

「シークレットルアー社のMVP Flippin 'Jigの1/2オンスを本当にタフった時に使うのが好きなのです。 私は釣れなくても間違いなくシャローに留まり、スローダウンしつつもシルエットは大きくします。 同じ理由で私はこの時期のハードベイトを選ぶとき、ビッグバスを驚かせてバイトさせられる大きくて重いジグが好きなのです。」

 

5:天気の移り変わりを理解する

A few weeks ago when I first got on this shallow, coldwater pattern, it was hit-or-miss for me. For the life of me, I couldn’t figure out why I was catching my big ones at lunchtime one day and catching them at sundown the next. After Batts and I got out there a few times together, I finally figured it out. It was something so simple that I couldn’t believe I missed it.

The sun is the determining factor.

“Shallow water warms up very quickly on a sunny day, especially when it’s stained” Batts said. “When you’re dealing with these big, shallow bass, feeding times tend to get thrown out the window. It’s all about that sun. Regardless of what time it is or how long the sun has been up, you need to be in shallow water when the sun is out.”

Sure—it kind of made me feel stupid, but it makes a ton of sense. It’s been sunny every time I’ve caught shallow fish lately. As soon as the clouds roll in, the bite totally shuts down. My Lowrance would light up with bass on nearby river ledges that I graphed without seeing a single fish when it was sunny. They simply slid into deeper water.

How, though, do you catch ‘em without the sun? After some experimentation, I found a pretty productive technique.

“When the clouds come in, a lot of the bass will instantly slide back into deeper water—no questions asked,” Batts said. “If you’ve been consistently catching them on a specific piece of cover in the sun, turn around and throw a jig or a heavy Texas rig to adjacent deep water. They won’t move much at all, so you have to comb the surrounding area and find where they relocated.”

数週間前、私が最初に冬のシャローパターンをやっていた時は、まあまあ行き当たりばったりにやっていました。このときはなぜランチタイムにビッグバスがキャッチできたのか、そしてなぜ次の日には夕暮れどきにキャッチできたのか、どうしても分かりませんでした。バットと私で数回いっしょに出かけたら、ついにそれが理解できました。それは信じられないほど単純なことでした。

太陽のせいです。

「晴れた日にはシャローの水が素早く暖まります、特にマッディウォータでは。 あなたがシャローのビッグバスに取り組もうとするなら、フィーディングタイムのヒントはここにあります。それは太陽についてです。いつ、またどれくらい昇っているかにかかわらず、太陽が上がっている間は、あなたはシャローにいる必要があります。」

ほんとなのかな…ちょっとだけ疑いたくなりましたが、それは意味をなしません。私が最近、シャローの魚を釣ったときは晴れていました。雲が出てくるやいなや、バイトは完全に止まったのです。私の魚探では、晴れたときに川棚の近くで見えていた魚が1匹も見ることができなくなりました。彼らは単にディープへ行ったのです。

では、どうしたら太陽がなくなった時に彼らを釣ることができるのでしょうか?いくつかの実験をして、私はかなり有効なテクニックを見つけました。

「雲が入ってくると、多くのバスが瞬時に何も告げずにディープへ戻っていきます。」とバッツは言います。 「もし太陽の下でカバーからバスをキャッチしていたなら、ジグやヘビーテキサスリグを隣接するディープへ投げてください。彼らはまったく動かないので、そのエリアの周囲を捜索し、たまっている場所を見つけなければなりません。」

Photo by scout.com

6:砂利や粘土質のバンクがアツい

As we’ve discussed, shallow winter bass fishing is all about warm water. To get the most out of your next fishing trip, make a concerted effort to look for bottom compositions that will conduct and hold heat.

“Gravel and clay bottoms conduct heat very well in the winter,” Batts said. “One of the best ways to catch a giant bass is by fishing small crankbaits in these areas. If you can find laydowns or nearby docks, it’s an added bonus that will only sweeten the deal.”

Throughout my recent guide trips, I’ve noticed the same thing. I can go down an entire shallow bank adjacent to deep water and not get a single bite until the bank transitions into a hard bottom. The previous areas looked great to the naked eye and fit my pattern perfectly, but the heat that the hard bottom was emitting was concentrating the bass into very small and specific areas.

前述したように、冬のシャローのバスフィッシングはすべて暖かい水に関係しています。 次の冬の釣りでこれを最大限に活用するには、熱を伝えやすく保ちやすいボトムの質を探す努力をしてみてください。

「砂利と粘土の底は冬に非常によく熱を伝導します。 巨大なバスを捕まえる最良の方法の1つは、これらの地域で小さなクランクベイトで釣ることです。 レイダウンやドックの近くで見つけることができれば、それはボーナスステージになり得ます。」

私が最近のガイドをしていたとき、このことに気付きました。 私は、ディープに隣接するシャローバンク全体を釣り下って行きましたが、バンクがハードボトムに変わっても一向にバイトがありません。 前のエリアではサイトで見事に探しだし、パターンは完璧でしたが、ここのハードボトムが放出していた熱は非常に小さく、特定のエリアにバスを集中させていたのです。

Photo by scout.com

7:キープキャスティング

Shallow water fishing isn’t the same in the winter as it is during other times of the year. You can probably work your way down a stretch of bank and crank up some fish, but it’s important to be a little more hardheaded than that. If you see a piece of cover, whether it’s a laydown, dock or stump that fits the pattern and looks like it should hold a bass—don’t give up on it.

Take a risk: Bass can get into some really thick, shallow cover this time of year, but you need to get your bait in there with them. The frustration of multiple hang-ups can be well worth it when you land a huge bass!

“If you think a bass is sitting on a specific piece of shallow cover, you need to make at least five casts to it,” Batts said. “That fish may not be looking for a meal, but if you make it mad enough, it’ll eventually get tired of the monkey business and crush your bait.”

Repeated casts are also important because shallow wintertime bass, especially here in the south, tend to get tucked very far into cover to absorb the heat it conducts. There’s a good chance it didn’t even notice your bait on the first cast, so you need to give it a fair chance at detecting and locating your offering.

冬のシャローの釣りは、他の季節と同じではありません。あなたはおそらくバンク沿いをひたすら釣り歩くことになるかもしれませんが、少し冷静になることが重要です。レイダウン、ドック、スタンプなどのカバーを見つけたとしても、シャローパターンに合っていて、バスがいるかどうか見極めなければなりません。ここで決してくじけないでください。

リスクを冒す:バスは実際に濃いシャローカバーにいることがありますが、あなたはそこにルアーを入れる必要もあります。巨大なバスをランディングしたいならば、根掛かりのリスクはそれに見合う価値があるかもしれないのです!

「バスがシャローカバーの特定の部分にいると思ったら、少なくとも5回はキャストをする必要があります。 その魚は食事を探しているわけではないかもしれませんが、怒らせることで、最終的には付き合いきれなくなって、ルアーを襲うでしょう。」

繰り返しキャストすることは重要です。なぜなら、冬のシャローのバス、特にアメリカ南部のバスは、吸収した熱を伝導しやすいカバーの奥へ隠れがちになるからです。あなたの最初のキャストではルアーに気づかなかった可能性もあるので、ルアーを見つけてもらう機会を与える必要があるのです。

Photo by scout.com


 

いかがでしたか。

なんだかこれを読んでいたら、冬でもシャローのバスを釣っているのがすごくカッコよく思えてきました(笑)

そんなことを言ったら、冬でもシャローを得意とする方からしたら、「かっこいいと思われたくてやってるわけじゃないよ!」と思われるかもしれません。もしかしたらですけど、単純にディープが苦手なだけかもしれませんし、ディープ用のタックルを持ってないだけという方もいらっしゃるかもしれませんから…ね。

そしてディープが得意な方だって、これを読んだからといって自分のスタイルを曲げてまでシャロー釣る必要はないかもしれません。もっと言えば、どっちが得意ということでもなく、臨機応変に対応するのが自分のスタイルという方もいますから、それもいい考えです。

この記事でも、太陽が有利に働かないならディープへ投げたほうがいい的なことが書いてありましたから、いろいろ試して、自分の好きな方法で釣ればいいと思います。

 

この記事を読んで、冬のシャローのいいバスを釣ることができて、冬のシャローが好きになったということになればそれでいいですよね。

私は、そうなりたいです(笑)

 

皆さん冬は、いかがお過ごしでしょうか。

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

Pocket

 - ラージマウスバス,