野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

アラバマリグでバスを釣る7つのヒント♪

      2016/11/22

Pocket

211

papet-smileこんにちは!

今日は海外サイトから”7 Tips on How to Fish for Bass with Umbrella Rigs”という記事があったので引用して紹介するね♪

引用先:wired 2 fish”7 Tips on How to Fish for Bass with Umbrella Rigs”JASON SEALOCK01/17/2013(海外サイトです)

みんなはアラバマリグでバスを釣ったことがあるかな?

アラバマリグが話題になったのは確か2012年ごろだったと思うんだけど、その頃はどんなやり方でも釣れたみたいな、お祭り状態だったんだよね♪

でも今はそんなこともなくて、バスの状態や周りの環境に合わせて使いどころや使い方をしっかり合わせていかないとなかなか釣れなくなってきたんだよね…

それで下火になってしまった感があるんだけど、それって普通のルアーと考え方は同じだから、逆に考えたら普通のルアーみたいに使いどころと使い方をバスに合わせて行けば釣れるリグっていうことなんだよね!

何回か投げたけど釣れなかったからやめた~っていう人はぜひこの7つのヒントの記事を読んでもう一度チャレンジしてみたらどうかな?

あとこれ、普通に単体のスイムベイトを使う時のヒントと同じだから、それも覚えておいて!

1.ルアーのサイズと形を試す

 Fishing recently with some good umbrella rig anglers, there were definitely smaller baits that produced well on certain days and colors of water. And there were also times where one big bait in the middle with 4 little ones around it caught bigger fish.

I actually keep a Plano box of 4 complete rigs all with different baits so I can mix it up constantly. One might have 5 grubs. One holds 5 hollow bodied swimbaits and one I lace with 5 shad tails to keep experimenting with profile and color.

アラバマリグの上手な使い手と最近釣りをしたとき、特定の日、水の色では明らかにより小さなルアーにしたことが良いということがありました。そして中央に大きなルアー、周りの4つを小さなものにした方がよりビッグフィッシュを釣るためにいいということもありました。

絶えずそれを使い分けることができるように、私のプラノボックスには違うタイプのルアーを4つずつ入れています。ひとつは5つのグラブかもしれません。ひとつは5つの中空スイムベイトかシャッドテールの形や色を試しています。

2.ブレードを使う

Like with any other rig or lure, multiple variations of umbrella rigs exist, but one variation, umbrella rigs with willow leaf blades, produces especially well. Deep, cold-water bass seem especially susceptible to spinners. When you're catching bass 20-30 feet deep, a spinner can help slow the rig down and help lock the bass on its target.

他のリグやルアーと同様に、複数のバリエーションのアラバマリグが存在しますが、その一つであるウィローリーフブレード付きのアラバマリグが特に優れています。ディープの冷水にいるバスはスピナーの影響を受けやすいようです。水深6mから9mのバスをキャッチしたいとき、スピナーはリグをゆっくり使うことができ、バスをロックオンするのに役立ちます。

3.ディープを釣る

When the water was a lot warmer just running the bays and flats and chunking and winding umbrella rigs worked well. But as the water quickly got colder, bass dropped off the side of channel breaks and stayed deep with the massive schools of shad trying to insulate against the freezing temperatures. For this reason an angler needs to get off the bank and focus more on the bottom of drops and deep flats.

まだ水温があたたかい時は、ワンドやフラットで大まかに巻いていればよく釣れました。しかし急激に水温が下がってしまった時、バスはチャンネルブレイクのサイドの落ち込みで冷水を避けるように大規模なベイトフィッシュの群れに付きました。この理由で、アングラーはバンクから離れ、よりディープの落ち込みやフラットに注目しなければなりません。

4.カーブフォールさせる

Folks assume you have to emulate trolling when fishing a castable umbrella rig. But truth be told, letting the rig pendulum down a drop is highly effective. I've seen and taken several bass this winter letting the rig pendulum down a deep break and before it gets into the school, a fight has already ensued.

アラバマリグを投げている時、トローリングのように巻いてこなければならないと想定しています。しかし真実はそればかりではありません。カーブフォールで落していくことが非常に効果的です。この冬、いくつかのバスを発見し、ディープのブレイクでカーブフォールさせましたが、それがスクールに届く前にファイトが始まりました。

5.フェイントを入れるのもアリ

The stutter step with a crankbait, a spinnerbait and even a topwater can prove deadly. Guess what? It works well with umbrella rigs too. Try to envision what the bass sees when you fish an umbrella rig. Five little shad go easing by, so he decides to follow it slowly behind. Not sure if he really wants to run it down. Then for no reason all the shad just sort of stop and collide and act frantic for a split second, then take off again. It's the trigger that fish needed to push him over the top.

クランクベイト、スピナーベイトやトップウォーターを使った誘いの動きには、致命的なことがあるとわかります。なんだと思いますか?それはアラバマリグでも同じことができるということです。アラバマリグで釣るとき、バスからどう見えるか想像してみてください。5匹のベイトがスイスイと泳ぐので、後をついていくことにします。それをしたかったかどうかはハッキリとは分かりませんが。それが急に止まってグチャッとなり、2秒間混乱し、再び泳ぎだす。それは目標を決めて襲い掛かるトリガーとなります。

6.バスはカバーの近くにいる

There is at least $30 tied up in one umbrella rig in most cases, and losing one nauseates most anglers. But that also means bass around cover aren't going to see as many. This is a little harder to master. But you need good lineups on your dead grass edges, brush piles, stumps, etc. You want to be able to run over or next to without being stuck. I've taken and seen some mighty big bass recently in deep water near large stumps and brush piles. It's worth the extra effort for a really big bass.

ほとんどのアラバマリグはルアー、ジグヘッド込みで少なくとも3,000円くらいするので、それをロストすることを嫌がります。しかしそれはまた、カバーの周りのバスを見て見ぬふりをすることを意味します。これはマスターすることが少し難しいです。しかしいい感じの枯草のエッジ、オダ、スタンプなどは必要でしょう。あなたは根掛かることなく走らせたいと考えますよね。私は最近、ディープのスタンプやオダの近くの大きなバスを撮影しました。それは本当に大きなバスだったので、これは練習する価値があります。

7.ゆっくり巻く

When the water is warm and the bass are schooled and competitive and willing to chase, winding the rig in at a good clip will produce some bites. But in cold water those bass are waiting for something to just creep in and out of their zone. You want to wind it just fast enough to keep it off the bottom and the blades turning and the tails kicking. Much faster than that and you're drastically reducing your bites in the winter.

水があたたかく、バスがスクールを作り活性が高い時は、リグを巻いていれば何度もバスがバイトしてくるものです。しかし冷たい水の中では、自分のテリトリーに出入りするものだけを待っています。あなたはワームのテールがキックし、ブレードが回るギリギリの速さでボトムをキープするように巻いてほしい。それより早く巻けば、冬の間のバイトは大幅に減ってしまうでしょう。

アラバマリグは秋から冬のルアー

papet-smileこれを読んでいて、冬とか冷水っていうキーワードが多く出てきたことに気付くよね♪

この記事が書かれたのが1月っていうのもあるんだけど、基本的にアラバマリグは秋から冬のルアーっていう風に位置づけられているからなんだね。

それは大きなベイトの群れが出来上がるのが秋からで、冬はバスが比較的温かいディープに居たいところにちょうどベイトの群れがリンクしているから♪

いつの季節にもアラバマリグが効くかというとそうでもないみたいだから、その辺は注意しなきゃだね!

まさに今、これから真冬に向けて水温が下がっていく時期がアラバマリグのシーズンだから、凍ってしまうような湖沼でもない限りは湖で、川で、水路で、池で試してみてくださいね!

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

Pocket

 - 攻略法, タックルのこと