野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

もっとバイブレーションで釣る3つの使い方♪

      2016/12/15

Pocket

こんにちは!

今日は海外サイトから”3 Ways To Use Rattling Baits To Catch More Bass”という記事があったので引用して紹介するよ!

引用先:mysterytacklebox.com”3 Ways To Use Rattling Baits To Catch More Bass”(海外サイトです)

バイブレーションプラグは一般的に、ラトルが入っていて、プラグの振動とラトルの音で誘うものだよね。

でもバスって、人間と同じような耳って、ないじゃない?

それなのになぜルアーの音が効果的なのかっていう疑問があると思うんだけど、実はバスには「内耳(ないじ)」っていう器官が頭の中にあって、それで主に高周波(高い音)を聞いているんだ。

あともうひとつが「側線(そくせん)」っていって、体の両脇の真ん中へんにある点々の線がエラから尻尾まであるんだけど、この側線で低周波(低音)を感知しているって言われているんだ。

あと水中は、空気中よりも音が5倍も伝わりやすいっていうことだから、人間よりもバスの方がより多くの音を聞いてるっていう話もあるくらいだよね。

ただ、視界は空気中よりもずっと悪いし、特にバスは障害物周りを好むから、沢山の音や振動を伝えるバイブレーションプラグが有効だっていうことになるんだけど、その使い方っていうのを知ることで、季節やシチュエーションに合わせて使い分けて、もっと釣っちゃおう!

っていうことでバイブレーションプラグの使い方をどうぞ!

1.バンクの高速リトリーブ

The thin body of lipless crankbaits makes these lures ideal for high-speed retrieves. Burning these sinking lures triggers reaction strikes when the crankbaits bang off of rocks along a riprap bank or logs and stumps on a mud flat. This retrieve is ideal for covering water quickly while searching for bass in the shallows (less than 5 feet deep). The best seasons for burning lipless crankbaits are summer and fall fishing when bass are actively chasing shad.

薄いボディのバイブレーションプラグというルアーは、高速リトリーブが理想的なものにします。このシンキングルアーによる高速リトリーブで、リップラップの岸沿いや泥底フラットの木材やスタンプに叩きつけられて離れた時に、リアクションバイトを誘発します。この高速リトリーブは、1.5m以内のシャローエリアを素早くサーチして行くのに理想的です。またこのリトリーブに最適な季節は、バスが積極的にベイトフィッシュを追っている夏と秋の釣りです。

2.ウィードエリアでのリッピング

During spring and fall, bass congregate on weedy flats where a lipless crankbait really shines for its ability to tear through the vegetation. By controlling the retrieve speed, you can run the lure at various depths of the weed columns. Slowing down the retrieve allows you to fish the lure over deeper weeds while speeding up crankbait lets you fish higher in the vegetation. Ticking the top of the grass works best for luring bass out of the cover, but if the rattle bait starts bogging down in the vegetation, a quick snap of the rod will rip the lure through the weeds to trigger strikes.

春から秋の間、ウィードフラットに集まるバスにバイブレーションがウィードを切り裂いて進む能力が輝きます。リトリーブスピードをコントロールすることにより、様々なレンジのウィードで使うことができます。リトリーブスピードを遅くするとよりディープを、速くするとウィードのより上を通すことができます。ウィードトップ(ウィードの先端)を通すことはカバーからバスを引きずり出すのに最適です。しかし、ウィードの引っ掛かりを感じ始めた時に、ロッドを素早くあおってウィードを引き裂く(リッピングする)こともバイトのきっかけとなります。

3.リフト&フォール

Hopping lipless crankbaits off the bottom in a yo-yoing fashion is an effective way to catch inactive bass throughout the winter and early spring when the water is cold. After the lure settles to the bottom, slowly lift your rod so the rattle bait rises a foot or two and then let it fall again on a semi-taut line. Strikes usually occur on the fall so watch for any line movement indicating a bite.

バイブレーションをリフト&フォールでボトムでホッピングさせることは、水が冷たい冬から春の間、活性の低いバスを釣る効果的な方法です。ルアーがボトムに付いたら、バイブレーションを30センチから60センチ上昇するようにゆっくりとロッドを持ち上げて下さい、そしてハーフテンション状態で再びフォールさせます。バイトは通常、フォール中に来ますので、バイトによるラインの動きに集中しましょう。

ということです!

ここで補足なんだけど、「リッピング」っていう釣り用語が日本とアメリカでは言葉の使われ方がちょっと違うんだね。

日本ではロッドでプラグを引っ張る、「ジャーク」に近い意味で使われることが多いと思うんだけど、アメリカでは「Rip=割る・引き裂く・切り裂く」っていう意味でのリッピングだから、日本でいう「ハングオフ」に近い使い方なんだ♪

アメリカでリッピングの説明を受けた人が、ウィードが見えていないために、ロッドをあおっている姿だけを見て、それがリッピングだと思ってしまったんじゃないかな?

そんなわけでバイブレーションプラグの3つの使い方ね、一応、季節ごとに合った使い方ということにはなっているけど、いろんな季節、いろんな場所でこの3つを試してみてもいいと思うんだ♪

バイブレーションは結構ガツーンと来てルアーを丸呑みにされるバイトが多いからたまらないんだよね!

そんなルアーだから、自分の釣り場に合った使い方をマスターして、楽しんでね!

それじゃあ今日はこの辺で!みんな、良い釣りを♪

 

Pocket

 - 攻略法, ラージマウスバス, タックルのこと