野尻湖釣具店ブログ

スモールマウスバス、野尻湖、木崎湖を攻略!野尻湖釣具店のブログ♪

いい写真を撮りましょう!

      2017/04/24

Pocket

こんにちは!店長の小山です!

本日は海外サイトより、”Fishing for the Perfect Photo.A Guide to Capturing Great Fish Shots”という記事を引用してご紹介いたします。

引用先:fix.com”Fishing for the Perfect Photo” WRITTEN BY JACK SCRINE PUBLISHED ON May 2, 2016(海外サイトです)

 

釣りに行って大きな魚を釣ったりすると、写真に撮りますよね。

昔はジージーと巻き上げるときに音がするカメラが持ち運びに便利でしたが、短い距離ではピントが合わないものだったので、自撮りには使えませんでしたが、カメラ付き携帯電話の登場とともに写真を撮ることが劇的に増えて、スマホとさらにSNSの登場で自撮り写真も多く撮られることが増えたと思います。

私たち釣り人の多くは、自然を愛していて、魚に対してもリスペクトしています。

しかし写真を撮るという行為は少なからず魚に余計なダメージを与えてしまうことも確かで、友達に見せるだけならまだしも、SNS上ではそういった配慮が足りないために見る人によっては不快感を与えてしまい、時には炎上などということにもなり、せっかくの自己記録の魚の写真だったはずが苦い思い出になってしまうこともあるかもしれません。

いい写真というのは、写っている魚のダメージが少ないことや、その写真を見て、「自分も早く釣りに行きたい!」と思えるようなものだと思います。

この記事では、魚へのリスペクトを見る側に伝えつつ、かっこよく、新しい、写真の撮り方をプロの写真家さんがガイドしてくれています。

釣りをすることに直接関係のない内容ですが、ちょっとだけ時間をいただき、読んでみてはいかがでしょうか。

 

健康的な魚が素晴らしい写真を作る

準備する

Have your camera ready to go before you land the fish. Whether you get your fishing partner to grab your cell phone out of your pocket as you fight the fish or set up your DSLR to the right calibration, you’ll get better photos if you don’t have to mess around with preparing your gear with a writhing fish on the deck or dock. When using a DSLR, I find the AV or aperture priority mode is a great, quick go-to for on-the-water, still fishing photos, while the TV or shutter speed priority mode is great for action shots.

魚をランディングする前にカメラを準備しましょう。 もし連れがいて、あなたのポケットからあなたの携帯電話を出して魚とのファイトを撮ったり、あなたの一眼レフカメラを適切な設定にするにしても、そういう道具を準備することで周囲を煩わせる必要がなくなってから、 デッキやドックの上に魚を置きましょう。 一眼レフを使用しているとき、AVまたは絞りモードは、水上写真、釣りの写真、そしてTVモードまたはシャッタースピード優先モードがアクションショットに最適です。

 

魚を大事に扱う

Wet your hands before touching the fish. This will help you avoid the risk of infection and damaging the fish’s slimy scale coating if you plan to release it, and it will help the fish look great for the photo shoot. “Swim” your fish between photos by dipping it in the water (with a careful grip), allowing it to revive itself and get a bit of wet, glistening goodness back for the next photo.

Treat the fish as though it’s made of glass! Be gentle; you’ll find the fish is more cooperative when you hold it confidently but gently instead of gripping your hands around it as though you’re trying to choke it. You’ll be less likely to drop it or squeeze the life out of it, which makes for a better-looking fish. In addition, hands tightly squeezing a fish never makes for much of a photo and never says anything good about the angler! It also goes without saying that an un-smashed fish makes for an easier release.

魚に触れる前に手を濡らします。 これは、リリースする予定の場合、感染症のリスクを回避し、魚の粘膜によるコーティングを損なってしまわないようにするのに役立ちます、そしてそれは魚の写真を撮るためのすばらしい助けになるでしょう。 魚を水の中に浸して(慎重に掴んで)写真を撮る前に泳がしておくことで魚を回復させて、写真を撮るときにはいい感じに濡れた輝きを取り戻すことができます。

ガラス細工のようにやさしく魚を扱ってください!; 息を殺しているかのようにバスを掴むのではなく、自信を持って、しかし静かにバスを持つと、魚はよりおとなしくなってくれることがわかります。 魚を落としてしまうなどの深刻なダメージを与える可能性が低くなり、より美しい魚になります。 さらに、魚をしっかりと手に持っていれば無駄に多くの写真を撮る必要もなく、釣り人にとっても良いことしかありません! また、ダメージの少ない魚がより簡単にリリースできることは言うまでもありません。

 

落ち着く

Be quick but stay calm. Many times a photo of a fish turns out badly because your adrenaline is running high as you frantically try to fight your fish, avoid tangling your line with your partner’s, find your camera, net the fish, celebrate, and then take a photo! In this situation, your first instinct is often to think that any photo will do. Relax! The hard part is over. Swim your fish for a moment while you catch your breath, take a second to gather yourself, and make a game plan. Think about the type of photo you want. It’s easy to forget how much the picture of this fish matters in the thrill and excitement of the moment, so reminding yourself to settle down and concentrate on the serious task of capturing a great photo is very important.

まずは平常心をもってください。 だいたい、魚の写真がひどくなってしまった原因は、魚と狂ったようにファイトしたり、連れのラインと絡まってしまいそうになったり、カメラ位置を確認したり、魚をネットインさせたり、喜んだりしているところを写真に撮ろうとしたりして、アドレナリンが高くなっているからです! このような状況では、写真映りなんてどうでもいいやと思ってしまうものです。 リラックスです! もう峠は越えたのです。 あなたは息を呑みながら、魚を泳がせ、自分に集中してゲームプランを作ってください。 自分がどういう写真を撮ろうか考えてみてください。 この魚の写真がどれほどの喜びと興奮に満ち溢れていたのかなんて簡単に忘れてしまうものです。素晴らしい写真を撮るという深刻な課題に集中することを自分自身に言い聞かせることは非常に重要です。

 

友達を撮ってあげる

When your friend or fishing partner has hooked a fish, you have an opportunity to take photos of the fight, the netting process, them proudly holding their fish, or their face when they lose their fish at the last second! The point is, you’ll never have a better chance to practice your fishing photography than when you don’t have to focus on landing the fish. Don’t sit and watch – pick up the camera and document the experience. You’ll have the benefit of clean, dry, calm, steady hands, and you won’t be distracted. There’s no better time to practice than on someone else’s fish, and they’ll owe you one when you land your next monster!

あなたの友人や釣りのパートナーが魚を釣ったときや、最後の数秒で魚をバラしてしまったときなどは、シャッターチャンスになります。 ポイントは、自分が魚をランディングすることに集中する必要がないという場合でも、釣り写真を練習するチャンスだということです。 座って見てないでください - カメラを取り、経験を積んでください。 巧みに、冷静に、穏やかに、手の震えを抑え、取り乱さないようになるでしょう。 他の誰かの魚よりも練習するのには良い機会です。もし次に自分がモンスターを釣り上げた時は、あなたには貸しがあることにもなるのですから!

 

水中にいるときの写真

Finally, consider an in-water photo. Your fish will never look better than when it’s fighting on the end of a line, and if you or your partner can get photos of it as it comes to the net, swims alongside the boat, or is released, you’ll have something truly special.

最後に、水中写真を考えてみましょう。魚は、ラインのむこうでファイとしているときほど見栄えの良いいものはありませんので、あなたや連れががネットに入れたところ、ボートの横を泳ぐところ、リリースされたところ撮ったりすると、 それはまた特別なものになります。

 

より良い釣り写真の構図

Now that you know how to handle your fish and set up a great photo, let’s talk about composition! We will start with the rule of thirds. All serious photographers are aware of the rule of thirds, and they all utilize it to some extent. Sometimes fishing photographers forget that the same rules apply to them! The rule of thirds states that you should compose your photos based on the idea that the frame is divided into thirds horizontally and vertically, thus creating nine boxes in each photo. Place points of interest near the intersecting horizontal and vertical “thirds” lines, and watch your results improve! Many modern cameras and even phones have a feature that shows you a grid to help with the rule of thirds. Subjects like the head of the fish, the smiling face of the angler, or even an outstretched net reaching for a trout are good examples of photograph elements that should be placed along the powerful “thirds” lines and intersections. The beauty of this rule is that it is applicable to cell phone photographers and to professionals who have spent thousands of dollars on gear. It will improve your results no matter what camera you use.

魚を扱い方といい写真を設定する方法を知ったので、構図についてお話しましょう!私たちは3分の1のルールから始めます。すべてのプロの写真家は、3分の1のルールを認識しており、誰もがそれをある程度活用しています。時には釣り写真家が同じ規則が適用されることを忘れることさえあります。

3分の1のルールは、フレームが水平と垂直の3分の1に分割され、各写真に9つのボックスが作成されるという考えに基づいて写真を作成する必要があります。交差する水平および垂直の「3分の1」線の近くに重要なポイントを配置し、結果が向上するのを実感してください!

現代の多くのカメラやスマートフォンでさえ、3分の1のルールを支援するグリッドを表示する機能があります。魚の顔、釣り人の笑顔、または魚の方にいっぱいに伸ばしたネットでさえ、その「3分の1」の線の交差点に沿って配置されるのが良い写真要素の例です。このルールの美しさは、スマートフォンで撮る場合でも、道具に何万円も費やしたプロの写真家にも当てはまります。あなたが使用するカメラに関係なく、結果は向上するのです。

 

角度を利用する

Experiment with angles. Try taking a photo from up high, down low, up close or far away. Get your subjects to be creative, too. Ask them to play around with the angle at which they hold their fish to create interesting depth-of-field effects (this can have the added benefit of reducing glare against the fish’s body). Get the angler to hold the fish high, low, or even underwater! The traditional “grip and grin” photo is overdone and boring, and the further you’re willing to go to utilize different angles and levels, the cooler your shots will look! Again, this rule applies to every level of fishing photographer, from those using cell phones to those using DSLRs!

角度を試してみてください。 上から、下から、接写、遠く離れた場所から写真を撮ってみてください。 テーマもクリエイティブになるようにしてみましょう。 興味深い奥行感のあるフィールド効果を作り出すために魚を持つ角度を作り出してください(これは、魚の身体に対する反射を減らすという更なる利点があります)。 釣り人が魚を上へ、下へ、または水中で持つなどしてみてください! よくある 「バス持ちと笑顔」の写真はありきたりで退屈です。そして、あなたがさまざまな角度や高さを利用しようとする気があるほど、よりクールな写真になります! ここでも、このルールは、スマートフォンを使用しているものから一眼レフを使用するものまで、あらゆるレベルの釣り写真家に当てはまります。

 

影について

Shadows are tricky. When we’re on the water fishing, we often don’t have the luxury of choosing the time of day at which the fish will bite or selecting the best angle from which to shoot due to limited deck space. Do your best to remove shadows by using the fill flash setting on your camera to boost a burst of light into the shadows on your subject’s face (but beware of overexposure, especially if your subject is holding a silvery fish). If you can, get their face at an angle to the sun that reduces the problem to begin with. If your subject is wearing a cap and sunglasses, have him or her take them off for the photo. They will often cast shadows, and it’s not neglecting sun safety to take them off for 30 seconds.

影は厄介です。水上で釣りをしているときはだいたい、魚のバイトの日時を選べたり、限られたデッキスペースで撮影するのに最適な角度を選ぶという贅沢はありません。 被写体の顔に落ちる影に光量を増やすためにカメラのフラッシュを使用するなど影をなくすために最善を尽くします(ただし、被写体が銀色の魚を保持している場合は、露出オーバーに注意してください)。 可能であれば、太陽に顔を向けることで、まず問題を減らします。 被写体がキャップとサングラスを着用している場合は、写真を撮る時は外すようにしてください。 それらはだいたいが影を落としますが、30秒くらい外しても陽射しからの安全確保を無視されることはありません。

 

背景

Think about your background and peripheral surroundings when shooting photos. A beautiful scenic background is the perfect accompaniment to a great fishing photo, but distracting branches or fishing rods in rod holders can make a photo appear messy and cluttered. Use your discretion when deciding which background helps your photo, and if it looks cluttered, select a different backdrop or remove the distractions from the shot if possible. In addition, make an effort to keep your horizon straight. This can be difficult to achieve when you’re on a rolling sea; however, most image editing software will allow you to straighten your horizon in post-production. Even cell phone editing software often features this option.

写真を撮るときは、背景や周りの環境を考えてください。 美しい景色の背景は、素晴らしい釣り写真には最適ですが、ロッドを立て掛けた枝などが邪魔になり、写真が乱雑に見えてしまうことがあります。 どの背景があなたの写真を際立たせるかを決める際には自分の裁量で判断しますが、迷ってしまう場合は、別の背景を選択するか、可能であれば邪魔なものを排除してください。 さらに、水平線を真っ直ぐに保つために努力してください。 荒れ狂う海にいるときにこれをするのは難しいかもしれません。 しかし、ほとんどの画像編集ソフトウェアでは、事後編集であなたの水平線を真っ直ぐにすることができます。 スマートフォンの編集アプリでさえ、このオプションを使用することがよくあります。

 

結露

Take a moment to wipe your lens, even if you’re using a point-and-shoot camera or a cell phone. Water is everywhere when you’re fishing, and it’s amazing how easily it can get onto your camera’s lens and how often we don’t notice it until we get home and review our photos. Ensure that the lens hasn’t fogged up or gotten blurry as a result of condensation or attempts to clean it. Taking 30 seconds to take care of this will work wonders for your photos.

全自動カメラやスマートフォンを使用していても、レンズを拭いてください。 釣りをしているときはどこにでも水があるため、カメラのレンズに知らぬ間についてしまい、家に帰って写真を見直すまで気づかないこともあります。 結露によりレンズが曇ったり、ぼやけたりしていないことを確認してください。 これを直すのに30秒もかからず、写真が驚異的にうまくいくでしょう。

 

ごまかさないようにする

Holding your fish out from your body and towards the camera is an old technique to make a fish look big, engage the viewer, and create an interesting depth of field. Go too far with this, though, and you’ll be accused of trying to make a minnow look like a marlin! You shouldn’t reach so far toward the camera with your fish that you get tennis elbow. Think about how you hold your fish and how it affects the angle and depth of field, rather than simply how large it makes the fish look. The relative size of your fingers/hand compared to the fish will tell the real story to any seasoned angler. While we’re on the subject of hands, try and keep them out of the picture as much as possible! Cradle them under the fish’s belly rather than wrapping them around its flank in full view of the lens. This helps ensure that the fish stays healthy for the photo and/or release, and it helps a lot with the photo composition because the camera can focus on the fish rather than your hands!

魚を身体からカメラに向かって突き出すことは、魚を大きく見せて、観る者を魅了し、興味深い奥行き感を作り出すための古い技術です。 しかし、これをあまりにもやり過ぎると、小魚をカジキのように見えるようにしようとしていると非難されてしまうのです! あなたは肘を痛めてしまうほどカメラに向かって魚を突き出すべきではありません。 魚をどのように持つか、そして魚がどう見えるかという単純な大きさではなく、角度や奥行きにどのように影響するかを考えます。 魚と比較してあなたの指/手の相対的な大きさは、誇張しても釣り人には本当のサイズが伝わります。 可能な限り、握っている手から大きさを推測されることなど多くの人は無関心でいられるような写真にしましょう! もう一方の手はレンズから良く見えるように魚の脇腹の周りを手の全体で包むのではなく、お腹の下で支えるようにしてください。 これは、写真からリリースまでの間に魚を健康に保つのに役立ちます。カメラがあなたの手よりもむしろ魚に焦点を合わせることができるので、写真の構成にも役立ちます!


 

いかがでしょうか。

意外と内容が濃くて、最後まで読むのが億劫になりましたか(笑)?

フジカラーさんが100年も品質が変わらない写真とされる100年プリントを開発してから100年も経たないうちに、写真は分厚いアルバムではなく、パソコンの中にしまうものになってしまいました。これからも変わっていくのでしょうか。

しかし、写真を良く見せようとする気持ちは変わらないと思うんです。

こういうプロの写真家の基本原則を知っていれば、友達の写真を撮るときも喜んでもらえますし、教えてあげれば自分もそのように撮ってもらえます。

撮った写真の出来栄えの良さに満足することは、その日の釣行をより充実したものにしてくれますし、友人への感謝とか、ちょっと大げさですけど、仲間の大事さをお互いに感じることにもなりますよね。

そういう大事なものを家に持ち帰れるって、いいことです。

いい感じの写真を増やしましょうね!

 

─ここから宣伝─

そして、当店では、そんないい写真をA4サイズのミニポスターにしようじゃないか!というサービスがございます。

こんな感じで写真を雑誌の表紙のようにし、お客様へお届けするものです。

日付、場所、タックルなどご希望のデータさえいただければ、あとはほとんどおまかせで作れてしまいます。

いいバスが釣れて、いい写真が撮れたら、ぜひご利用くださいね!

A4オリジナルポスターの案内を見に行く

 

それでは、また。

 

毎度ありがとうございます!

 

Pocket

 - フィッシングライフ